えと、先日先輩からモニタスピーカーYAMAHA MSー10を譲り受けました。これを設置する場所なのですが、パソコンのディスプレイの横に置きたいのですが、なんかの記事で防磁対策とかなんだかであまりよくない、って見た事があります。
実際のトコロどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

同じような状況で10Mを使用しております。


今は離してますので問題ないですが 以前、全く同じ状況でディスプレイの歪みに悩まされました。

防磁シートを試しましたがあまり効果はありませんでした、でもやらないよりちょっとはましです。
東急ハンズで売ってます。

離す以外根本的解決法はないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。防磁シートはってもあまり効果がないのですか。
とりあえず離して置く方向で考えたいとおもいます。

お礼日時:2002/02/20 23:37

参考URLを見る限りはNS-10、一応防磁対応してあるようなのですが、


実際にお使いになられている方のほうが正しいでしょうね。
あと磁力防止は結局シートじゃダメなのかも知れませんね。

でも間に鉄板なんかおいちゃったり、金属製のケースに入れちゃうと
共鳴して音に影響しちゃうのかなとか・・・
ディスプレイはそれでまず守れるはずなのですが。

すみません、温室についてはあまり繊細でないので
分からないところがあります。

ま、もっとも家の中も広くないとの事なのでスピーカー方面から攻めるのではなくて「液晶ディスプレイを導入する」のが場所も広くなるし、一石二鳥なのかもしれませんよ。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/news/96072501.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お察しの通り、狭い部屋なので、この際、液晶ディスプレイの購入も考えようと思います。

お礼日時:2002/02/20 23:41

MS-10に間違いないですか?『N』S-10ではないですかね。


それであっても、枝番がどれかは特定できないですが、カタログによるととりあえずは「防磁」となっているようです。
只、どちらにせよあまり密着させない方が無難だとは思うのですが・・・あまり気にもしていませんが(笑)・・・

NS-10はかなり昔からあるオーディオスピーカーでは有名なシリーズですので、古い型(昔の奴はバカでかくて、とても重い)なら「防磁」型でないことも考えられます。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/index.html

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/index.html

この回答への補足

お答えありがとうございます。
早速ですが、すみません。誤字ありました。NS-10です。
MODEL NS-10M
とかいてあります。

補足日時:2002/02/18 21:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考リンクは自分ではチェックしてませんでした。ありがとうございます!

お礼日時:2002/02/18 21:51

 


  モニタースピーカを追加して、ディスプレイとPCに及ぶ影響、もしくは、ディスプレイかPCがモニターに及ぼす問題ということでしょう。
 
  ディスプレイが液晶の場合、原理的に、モニター程度の磁場では関係ないと思います。PCにもたいしたことはないでしょう(CRTディスプレイの磁場は強いですが、PC本体の上や真横にディスプレイを普通置きますね)。
 
  ディスプレイがCRTの場合、外部磁場で、CRTの画面が歪むというのはありますが、よほど大きな磁場の場合で、モニタースピーカー程度では、大したことはないでしょう。モニターの音が、CRTの電場・磁場で影響を受けるということの方が大きいと思います。
 
  しかし、何にしても、大して影響はないと思います。わたしのPCの最初のものは、CRTディスプレイで、外部モニタースピーカーをPCとCRTの両側に並べるスタイルでしたが、別に問題はなかったように思います。
 
  CRTの画面が歪むとか、スピーカーの音がひずむとかだと、磁場が影響しているということになりますが、その場合、少し離せばよいと思います。(どんなスピーカーか分かりませんので、自信なしにします。外部電源駆動のモニターは、いま外部スピーカー(3WAYです)で使っていて、支障はないのですが、ディスプレイのすぐ傍らではありませんから。ステレオ音響だと、やはり、或る程度スピーカーを離しています)。
 

この回答への補足

誤字ありました。すみません。NS-10です。
家もCRTですので強い磁場があるんですね。
やっぱり少し距離をあけて置いた方がいいんですね。
しかし、机がせまいのでなんとも...

補足日時:2002/02/18 21:44
    • good
    • 0

スピーカーが防磁タイプでない場合はディスプレイの横に置かないでください。



ディスプレイは磁気の変化に非常に敏感で、ひどい場合はディスプレイその物が磁化して正常に映らなくなる場合があります。

金属の板を置くのも多少は効果がありますが、大型のスピーカーの場合は1mほど間を空けて使用してください

この回答への補足

すみません、誤字です。
NS-10でした。
それで、説明書とかもないので、防磁タイプなのかどうなのかもわかりません。知ってたら教えて下さい。NS-10です。

補足日時:2002/02/18 21:42
    • good
    • 0

磁力という意味ではスピーカーとディスプレイはどちらも強烈な磁力を放つもの。

本来は接近はあまりよくないですね。CRTの場合は画面がひどく乱れることがあります。液晶はあまり影響ありません。

ただ、スピーカーによっては本体の材質を一部金属製(特に鉄は防磁が高い!)にして磁力の発散を防止するものも多くあります。MS-10はちょっと古めのスピーカーらしく、ちょっとWebからは調べられなかったのですが。

ま、間に鉄の板でも一枚はさめば防磁についてはまったく問題ないですけど。ただ、どっちの近くにもフロッピーなどは置かないように。一発でデータが飛びます。そっちのほうがむしろ怖い。

この回答への補足

すみません、誤字です。
NS-10です。
それでも同じ事が言えるのでしょうか?

補足日時:2002/02/18 21:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの自作に役立つHP、本を教えて!!

みなさん、はじめまして!!

初めてのスピーカーの自作を考えています。
とりあえずユニットはEVの209-8Aで組もうと考えています。
初めてのスピーカー自作ということで知識が全くないため、初心者向けにスピーカー自作を解説したHP、本を教えてください!!

あと、『初めての時は、ここらへんは注意しといたら!』みたいなアドバイスも大歓迎です♪
どうぞ、よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここはひとつ、一挙にマルチウェイにチャレンジすることをお勧めします。ハードルの低いものから順にご紹介しますね。

(1)
http://www.ritlab.jp/shop/news/20060606.html

これは半完成のいわゆる「キット」です。説明書通りに組み立てれば完成します。箱の設計からネットワークまで他人がやってくれたもの。=出来合いですので「自作の醍醐味」は無いですが性能は確実です。あなたがサラから設計/制作したとしても、決してこの値段では収まらないでしょう。そういうコストパフォーマンスという意味では最高です。
私は麻布の回し者ではありませんが、ここのエンジニア関係者と話をしてみると、妥当な人格/技術力を持っていることはすぐに分かります。信頼できますよ。
最初はこうしたキットから始められるのもいいでしょう。基本的にスピーカーに必要な要素を理解することができます。

(2)
ネットワークは難しいし荷が重いなーという事でしたら…
中古でJBL LE-8Tを入手し、50L程度のバスレフ箱に収めてください。ただし入手困難ですしかなり高価です。

(3)
国内で入手できるドライバーを使い、思い切ってマルチウェイを作ってみませんか? 難しいですが、No6さんも書かれていますが難しい分本当に楽しいですよ。ぜひこの趣味へ。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/morel.html
の[morel] MDT30S
 +
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/usheraudio.html
の[UsherAudio] 8945A
で2wayを組んでみる。ネットワークや箱など、全然分からないと思いますが別途ご相談に乗ることはできます。箱の設計しだいでは恐ろしいまでのワイドレンジも狙えます。

(4)
思い切ってドライバは海外から個人輸入しませんか? 私はほとんど国内で買う事はありません。その方が安いからというのが理由です。
http://www.madisound.com/
http://www.partsexpress.com/webpage.cfm?WebPage_ID=30
http://www.zalytron.com/

未曾有にドライバーが転がっていますが、直感的にピンとくるドライバーを選択しても良いでしょう。最初は6~8インチの2wayから始められることをお勧めします。
T/Sパラメータの見方がわからないと選択しにくいかも知れませんが。

ドライバーの選択。箱の設計。ネットワークの設計。…これらは難しそうに感じられるかも知れませんが今はPCがあるので結構かんたんですよ。別途ご相談に乗れると思います。

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここ...続きを読む

Q曲名を教えて下さい~オマエなんか,オマエなんか♪

どうしてもタイトルを思い出せずにいる曲があります。どうにも心持ちが悪いですので,
もしご存じの方がいらっしゃいましたら,教えて下さい。

と言いましても,情報が極少なのですが,
おそらく,20年以上前の「ポンキッキ」か「みんなのうた」か「おかあさんといっしょ」
で流れていた曲で,曲中に,
・・・オマエなんか,オマエなんか,オマ~エなんか~,魚みたいにペロリッと食べちゃうぞ♪
という歌詞があります。
さらに曲中で,クジラが踊っているようなアニメーションがあったようにも思うのですが。

もちろん急ぎの用ではありませんので,ごゆっくりで構いません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら,ぜひ教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

歌では魚はペロリと食べれません。魚が僕を嫌ってるから。

『さかなとにんじん』
今のところCD化されてないようですね。
レコード盤では「テレビどうようベストアルバム(2)」に収録されていたようです。
入手難度は不明。

Qスピーカースタンドの自作の方法について。

スピーカースタンドの自作の方法について。
型番?などは忘れましたが、ホームシアターセットを持っています。リスニングポジション?は高さ1mほどです。
ひとつにつきスピーカーのサイズはだいたい正方形で10cmぐらいで重さは0,5kgぐらいです。
スピーカースタンドの形は下に四角の板があって支柱が一本でその上に四角の板があるかんじのポピュラーかと思いますが、そういうスピーカースタンドを自作したいのです。
そこで、サイズなのですが、私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか?あと、センタースピーカーのスタンドの自作ですが、センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保しても良いでしょう。

支柱は、1本の木材だとほぼ確実に撓ったり反ったりするので、細長く切った板を口の字型に組み合わせるべきです。中によく乾燥させた砂利を詰めると、重量を稼げます。ただし、特に長さ方向の加工精度が要求され、1mmでも狂っていると天板が傾き、剛性も落ちます。ホームセンターにあるパネルソーの加工精度は、良くて1mm前後、悪いと3mmくらいの狂いが出るので、微調整が必須です。

>> それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか? //

木工用ボンドで接着するだけでも十分な強度が出せます。不安なら、釘で固定するだけでもかなり違います。釘は、細めのものでも構いません(接着剤が固まるまでの仮止めだから)。木ネジを使う場合の太さ・長さの目安は、厚さ方向の2~3倍の長さ、1/3以下の太さ、くらいです。

つまり、天板の厚さが15mmならその2~3倍で30mm~45mm前後の長さが必要です。対して、口の字型に組んだ支柱も厚さが15mmなので、太さは1/3以下つまり5mm以下に抑えないと、板が割れる原因になります。

なお、釘も木ネジも下穴が必要になります。キリでも構いませんが、集成材のように場所によって密度の違う木材を使うと先端が柔らかい方へ逃げていくので、ドリルの方が望ましいです。

>> センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか? //

天板の前の辺に適当な厚みの角材(割り箸でも良いかも)を貼付ければ良いでしょう。角度が急でスピーカーが後ろに倒れそうなら、後ろを支える支柱を別に立てる必要があるでしょう。

その辺りは創意工夫というか、自分でいろいろ考えて、トライ&エラーで作っていくのが自作の良さなので、現物合わせでやることになります。逆に、自分でアイデアを出せないなら、自作は諦めて既製品を買うか、専門の業者に依頼して作ってもらうか、しかないでしょう。

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保し...続きを読む

QYAMAHA MD8をiMacに接続するには?

音楽活動に役立てたいと思い、最近iMacを購入したのですが、何をしていいのか分からず困っています。
私は比較的ハードなバンドをやっていて、レコーディングでは、YAMAHA MD8を使っています。
そこで、今一番やりたい事は、YAMAHA MD8で録った音をiMacに接続して、編集したいのです!!
しかし、なにぶん素人なもので、いったい何が出来るのかさえイマイチよくわかりません。
どんなソフトが必要で、どんな事が出来るのかなど、詳しく教えて下さい。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
お答えします。

必要なものは音声編集ソフトかシーケンスソフトです。ただ音声編集ソフトよりもシーケンサーの方が融通が聞くのでシーケンスソフトをお勧めします。
シーケンスソフトではcubaseかDigitalperformarかどちらかでいけると思います。あとそれにasio対応のUSBオーディオインターフェイスが必要なんで(mac標準のサウンドボードは発音が遅れるためasioは必要)
yamahaのUW500なんていかがでしょうか?

それと編集で出来る範囲はかなり広いです。特にcubaseはいろんなエフェクトや仮想サンプラ-など結構プラグインが豊富です。
多分編集できる範囲は教えてgooで聞くよりも楽器屋に行って詳しく聞いた方がいいかもしれないです。

Q自作スピーカーのユニットの取り付けについて

スピーカー自作の場合でSPユニットをボックスに取り付けるときは一般的に木ねじですが、メーカー製スピーカーは六角ねじで取り付けてあります。自作する場合ではメーカー製のスピーカーのように六角ねじで固定することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要があるので、下穴のサイズがけっこうシビアな上に、正確に直角が出ていないとボルトが斜めに入ってしまうので、あまりお勧めしません。

一方で、そこまで苦労して音質面でメリットがあるかと言えば、あまりないでしょう。メーカーで多く使われているのは、大量生産に向いているからだと思われます。穴あけは機械加工なので正確に垂直が出せ、ボルト止めの際に電動工具が使えるようになるので、生産効率が良くなります。

まあ、ドライバを日常的に付け外しするようなら、ボルトの方がネジ山が長持ちはしますが、ドライバを付けたり外したりするということ自体が変なので、ボルトにこだわる意味はないでしょう(内部を調整する必要があるなら、むしろ背面を開けられるようにした方が作業性が良いです)。

ということで、メーカーは生産効率の都合で採用しているけれど、個人の一品制作では意味がないので、普通に木ネジで止めておけば何も問題ない、と思います。

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要がある...続きを読む

QYAMAHA ミッドラジオプレーヤ

こんにちは。(^_^)
「YAMAHA ミッドラジオプレーヤ」でMP3は聴けるのですが、
キーが変えられません。(>_<)
どうすればいいですか?
よろしくお願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

「ミッドラジオプレーヤ」内でキーが変更できるのは、MIDIデータを演奏しているときだけです。
したがってMP3データを選択したときはキー変更はできません。
そうしたい場合は、「MP3を編集できるソフト」などを使って、キーを上げ下げしてから別の名前で保存し直してください。

Q自作スピーカーのスピーカーグリルの調達は

ここ数年、オーディオスピーカーの自作に凝っています。ただ悩みの種はスピーカーグリル。Fostexの製品なら純正グリルが別売で手に入るのですがその他のメーカーは純正製品はありません。自作派の皆さんはスピーカーグリルをどうやって作っているか知りたいのですが…。本格的な製作方法は勿論、思いもしなかった日用品をスピーカーグリルに転用しているなどのユニークな方法も含めて教えて下さい。尚、この質問はあくまでもスピーカーグリルについての質問でサランネットなどのスピーカーネットのことではありません。

Aベストアンサー

低予算で、10インチ以上なら下記のグリルを加工して使ってます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^10GRILL^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^18GRILL^^
他12.15インチ有り。

QYAMAHA XGworksSTの使い方について

全くの初心者で一からDTMを学ぼうと思い、
XGworksSTを購入しました。
まずサンプルとしてついていた、
BADCITYの打ち込みを始めたのですが、
余計な休符がついてしまったり、
思うように打ち込めません。
何かコツがあれば教えて欲しいです。
回答お待ちしてますm(__)m

Aベストアンサー

お世話様です。

「XGworksST 思うように打ち込めません。」ですかぁ!

相変わらずなのかなぁ。それって、新しいヤツ?

わたしは、XGworks3.0MAC版(2000年頃のヤツ)を使っています。
かなり、レスポンスが悪いです。
と、言うのは、その前から、使用していて、平行し、使っている、
『Melody Assistant』が、比べモノにならないほど、
レスポンスが、良いんですよねぇ。

各ソフトの、特色が有りますから、両方使ってますけど、
XGworksのレスポンスの悪さは、どーしようも、ないって事かな!!

相変わらずの、レスポンスの悪さのようなので、
数をこなして、自分なりの、コツを、掴むしか無いですねぇ。

回答になって無いかもしれませんが、
『こいつはチョイと気が利かないなぁ!』と、認識して下さい。

打ち込み時のストレスが、多少減るのでは、、、、

参考になれば、幸いです。

Qスピーカーの自作・・・

PC用の小型スピーカーじゃ物足りなくなってきたので
スピーカーを作りたいと思っているんですが・・・

自作スピーカーの場合、別途アンプを購入して
接続しないといけないのでしょうか??

初心者ですので何もわかりません・・・
回答おねがいします。

Aベストアンサー

NO.1の方へ
スピーカーを自作すると言ってもそんな1から作るわけではありません。
秋葉原などには単体のスピーカーユニットが数多く展示、販売されており、
その中より自分の気に入ったスピーカーユニットを買い、また箱を設計して木材を切り、組み立てます。

マルチウェイ(スピーカーを複数設置し、
高域用と低域用などに分けるもの)にしますと、
スピーカーネットワークも必要になります。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker(netwok)r.htm

ネットで"スピーカー 自作"と検索すると非常に多くのページが
ヒットします。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/sptop.htm

Qms処理について

ms処理について教えていただけますでしょうか?
マイク1本でモノラル録音したもの(1トラックのみ)をステレオでバウンスして
WAVES の S1 MS MATRIXを使用してミドル音とサイド音で分けると
サイド音が無音になります。
やり方が間違っているのでしょうか?
ms処理をする目的としてはステレオ感の付加です。

Aベストアンサー

MS処理は本来ステレオで録音された音源に対して行い、左右の音と真ん中の音を別々に処理することを言います。
ステレオ音源でも真ん中に聞こえる音は左右チャンネルが全く同じ波形で、左右に行くほど左と右では波形が異なってきます。
MS処理はこの性質を利用しています。
MS処理は左右の一方の波形を反転させて真ん中と左右の音を取り出すので、モノラル音源だと当然全てが±0になり音が消えてしまいます。
(モノラル音源をステレオでバウンスしたところで、左右のチャンネルは全く同じ波形です。)

ステレオ音源がモノラル音源と違い、広がりのある音になるのは、左右の音が微妙に位相がずれていたり違っていたりするからであるため、モノラル音源をステレオは音源にするためには位相をちょっとずらしたり、左右に振り分けた状態で別々の処理をすることで、若干ステレオ感を出すことは出来ますが、ステレオ録音されたように再現するのは難しいでしょう。

参考URL:http://sleepfreaks-dtm.com/dtm-mix-technique/ms_master/


人気Q&Aランキング