現在、大河ドラマ「利家~」に、利家の弟として登場する「佐脇良行」の事についてご存知の方、教えて下さい。実在した人物なのでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「佐脇良之」

ご参考まで。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/busho/oda_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。面白いですね。他にも見てみたい人物がいるので、じっくり見てみようと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/19 13:28

少々補足を。


佐脇良之は実在にの人物ですが、大河ドラマ「利家~」はあくまでもドラマで
あって史実とは若干違います。脚色もございますのでその点だけご注意下さい。
例えば・・・ドラマでは信長の弟信行を手にかけるのは良之でしたが「信長公記」
では川尻青貝とされています。
  (「川尻・青貝」両名という説と「川尻青貝」という一人の名という説が
    ありますが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですよね。面白いといっても、脚色には注意しないといけないですね。ドラマであっても、あまり史実から離れてしまうのも考え物ですね。

お礼日時:2002/02/19 13:30

下記のところに載っています。


佐脇良之、5男、~1572年

参考URL:http://www.bushinav.com/~mutou/nbusyoden.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ところで、残念な事に、教えてくださったURLにはどうしてもつながりませんでした。どうしてでしょう?

お礼日時:2002/02/19 13:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新撰組の大河ドラマに登場する犬について

 今年放映されている新撰組を楽しく見ています。

 最後の豆知識の部分で、最後に少年と犬が登場します。少年の方は、新撰組の羽織を羽織っているので、隊士なのだと分かるのですが、この犬に、何か意味はあるのでしょうか?

 ご存じの方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕もまったく自信がありませんが、
>総司が、壬生寺にいた犬(野良?)なんかを可愛がっていたらしいのですが・・・。
については、そうだったそうです。
どこかに載っていたので。

>ドラマでは全くそんなシーンがありませんし・・・
については、実際のと大河ドラマのはかなり違っています。
最近気付いたんだけど・・・・。
色々なサイトで調べるうちに「えっ!」ってことがあったので。
でも、大河ドラマは面白いですよね。


推測ですが、僕は、上のこともふまえて、ただ隊士一人だけ出てくるのよりも何か他のものも一緒に出てきたほうが良いと思ったからではないでしょうか。
でもそれが、もうひとりも隊士だったらなんか変なので犬にしたんではないでしょうか。
人間と昔から付き合っていた動物ですから。


本当に知りたければここに聞いてください。
【http://www3.nhk.or.jp/taiga/】

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/taiga/

QNHK大河ドラマ「北条時宗』に登場する北条時輔について

ドラマの中で、時宗の兄時輔は高麗に渡って、その後元の軍船に乗って博多に戻って来たという設定になってますが、これって史実?それともフィクション?
 ご存知の方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

史実では、六波羅で討たれたことになっています。
ただ、源義経が平泉で生き延びてモンゴルに渡った、という伝説があるように、恐らく「判官びいき」のようなもので色々な伝説が残っているようです。
大河ドラマはその「伝説」の方を採用したと思われます。
参考URLに時輔伝説の一例が載っています。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/bau/dog/tokisuke.htm

Q映画・ドラマの股旅モノの登場人物の実態は?

映画やドラマで、賭場を渡り歩きながら弱者を助けるといった、いわゆる股旅モノがあります。
あの人たちのモデルになった人たちが実在したのでしょうか?
ばくちで勝ち続けることは難しいですし、そもそも旅行の目的はなんだったのでしょうか?
正業に就くのが嫌で、といってヤクザになるもの嫌という人でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>あの人たちのモデルになった人たちが実在したのでしょうか?

端緒は、幡随院長兵衛と言われています。

侠客はどうして生まれたか:
幕府の小普請組は、お城の小工事や石垣を直したりする役目。御用の時には出動しなければならなかったが、自分では出動せずに、中間や小者を働きに出した。しかし、貧乏旗本でいつくるかわからない工事のために、常に中間や小者を抱えているわけにもいかず、そこで、そういう需要に応えたのが「割元」という「口入屋」。町人でてはあったが「寄子」(よりこ)と呼ばれるさまざまな職種の若い者を常時抱えていて、旗本の需要に応じて人足を出したが、「割元」は何十人もの「寄子」を抱えていたため、人望がある者がなり、やがて「侠客」として名を売ることとなった。

義理人情に厚い:
割元は若い者を集めておくので、まずは、彼らに対して押さえがきかなくてはならない。大勢の人間を心服させるだけの、人情に厚く義理を重んじ、腹のすわった者でなければ務まらない。つまりは、伊達男の資格を持っていなければならなかったのです。ここに、後の遊侠の原形があるのです。

博徒が田舎にはびこる:
江戸時代も天保年間(1830~1843)頃になると、水野忠邦の天保の改革で江戸では食えない無頼の徒が関東の各地に流れ、地方に根を降ろし遊侠の徒となった。中でも機業地として景気の良い上州、房州、駿河など金まわりのよい土地にはびこった。
そして、各地で賭場を開き、子分を抱えて縄張りを広げた。その縄張り争いでいがみあうこともあったが、逆に、横のつながりで官憲に対抗することもあった。
百姓仕事に熱意を失った若者たちが、遊んで暮らす博徒に憧れ、仲間入りすることは自然のなりゆきであった。
大前田英五郎、国定忠治、小金井小次郎、勢力富五郎、祐天仙之助らは皆天保前後の侠客である。

股旅もの:
この「股旅」という語源は、昭和3年長谷川伸の戯曲「沓掛時次郎」から生まれたものだとされています。続いて翌年「股旅草鞋」(わらじ)が世に出てから「股旅もの」というジャンルが生まれました。

その正体は?
「雲助」や旅を続けながらの「こそ泥」、「ごまの灰」がモデルとされている。「雲助」は文字通り「雲水」のような流れ者で、すぐにどこへでも行ってしまうので、足止め策として博打が黙認されていた。人足小屋では貸元、中盆、壺振などまで揃っており、本格的な賭場であった。つまりは、博打をしても貸元側なので「損」をすることはなかった。

木枯文次郎:
「そいつぁ、あっしには関わりねえことでござんす」と、粋な三度傘をよこちょにかぶり・・・と無責任時代の現世相を反映したものです。

股旅姿:
別に、俗に言う「股旅姿」は、やくざ独特のものではなかった。三度傘も合羽も手甲、脚絆も、すべて江戸時代の「一般の旅行者」のスタイル。違っていたのは、法定の中差ではなく、二尺以上の長脇差を差していたくらい。
ただ、江戸時代の書物の中には、旅姿として、よれよれの着物でゴザの巻いたのを担いで歩いたとの記述があり、こちらが本物かもしれないが、ドラマでは「さえない」のでカット!!

宿場も村も無警察状態?
ドラマなどでは官憲は一人も出てこないものもあるが、一体どうやって人々は生命や財産を守ったのか・・・。
そこには、住民の自治意識により補われていたのである。事あれば、農民であれば鋤(すき)や鍬(くわ)を持って集団で対抗したのです。
辻斬りで百人余りを殺したと言われる「平井権八」も大宮在での強盗殺人事件では、村人に取り巻かれて仲間三人と共にふん縛られている。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>あの人たちのモデルになった人たちが実在したのでしょうか?

端緒は、幡随院長兵衛と言われています。

侠客はどうして生まれたか:
幕府の小普請組は、お城の小工事や石垣を直したりする役目。御用の時には出動しなければならなかったが、自分では出動せずに、中間や小者を働きに出した。しかし、貧乏旗本でいつくるかわからない工事のために、常に中間や小者を抱えているわけにもいかず、そこで、そういう需要に応えたのが「割元」という「口入屋」。町人でて...続きを読む

Q老子は実在の人物ですか?

タオに関する本を読んで、老子に興味を持ちました。
老子というのは伝説の人物ですが、確かに実在したという証拠はあるのでしょうか?
もし実在したのなら、孔子のように具体的な年表が残っているはずですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

司馬遷の史記に
「老子は楚の苦県の厲郷、曲仁里の人である。姓は李、名は耳、字は伯陽、おくりなして(たん)、周の守蔵室の史」と伝記が記されています。
その他には有力な証拠はなく、確かに実在したどうかは疑わしいとされています。
しかし、老子の学問は、才能を隠し無名であることを旨としていますので、書物以外では消息がつかめないということかもしれません。実際、「道」「徳」の二編を残して以来、行方はわからないわけですからね。

また、楚の出身で道家の老莱子という人が生きた時代も合うため、その人だという人もいるようです。

一般的には、複数の道家の思想集とみた方がいいようですね。しかし、老子はてんでバラバラなものではなく一環した「個」性をもった書物ですので、個人としてもさしつかえないと、私は解釈しています。

Qキリストの血を浴びたロンギヌスって実在の人物?

ゴルゴダの丘でキリストを槍で処刑した人でロンギヌスという人がいるそうです。
そのとき血を浴びたせいで目が見えるようになったとか、改心したとか、その槍が奇跡を起こすようになったとか。

このロンギヌスっていう人物は実在したと考えられているのでしょうか?聖書に載ってます?
それとも単なる伝説にすぎませんか?
そもそも目の悪い人が処刑人になっているのもおかしな話ですし。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

聖書のヨハネの福音書だけを読んでみれば(それでもいろんな解釈があるのですが)、
「イエスは殺されたのではない、自らの意思で引き取ったのだ」というのがまず重要なので、決して”刺し殺した”のではないのです。

彼は十字架の上で「終わった。」と言って、自分で、息を引き取るのです。
で、十字架から死体を下ろすために兵士たちがやってきたところ、
イエスと同時に十字架にかけられ処刑された他の罪人たちはまだ死んでいなかった、そこで兵士は彼らの脛を折った(こうすると早く死ぬらしい)。
イエスだけはもう死んでいたので、脛は折らなかった。しかしひとりの兵士が、槍でわきを突き刺した。そして血と水が流れた。。。てなことをヨハネは書いてます。
(この兵士の目が見えなかった、病気だった、とは一切書いていない。)

…なぜ既に死んでいるのにあえて刺したのか?
これをヨハネは、旧約聖書に記された
「神に捧げる生贄の骨は一つも砕いてはならない」
「彼らは自分が刺し通した者を見るだろう、そしてその者のために嘆き悲しむだろう」
というふたつの預言が成就されるためだった、と言います。
つまり、骨を折らなかったのも、あえて刺したのも、兵士の意思がそうさせたのではない、先に預言があったからだ、というのです。
そして、「刺した者は悲しむ」と預言されているくらいだから、きっと悔い改めるだろう、と言いたいのだと思います。

結局、ヨハネがこう書いたことで、この兵士は非常に重要な役割を果たしたことになったので、
悔い改めたんだって?目が悪かったんだって?イエスの血を拭った布で治ったんだって?
と様々な説が生まれ、聖書ではただの「兵士」だったのが、名前を持つ男になっていったのでは。
聖書に書かれていることも伝説みたいなものですから、何を事実と考えても、事実と考えなくても、いいと思います、、、

聖書のヨハネの福音書だけを読んでみれば(それでもいろんな解釈があるのですが)、
「イエスは殺されたのではない、自らの意思で引き取ったのだ」というのがまず重要なので、決して”刺し殺した”のではないのです。

彼は十字架の上で「終わった。」と言って、自分で、息を引き取るのです。
で、十字架から死体を下ろすために兵士たちがやってきたところ、
イエスと同時に十字架にかけられ処刑された他の罪人たちはまだ死んでいなかった、そこで兵士は彼らの脛を折った(こうすると早く死ぬらしい)。
イエ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報