Cl-は「塩化物イオン」と習いましたが,「塩素イオン」と呼ぶ場合もありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 昔の呼び名なので間違えて呼ぶことはあります。


 しかし、塩化物イオン=Cl-
      塩素イオン=Cl+
 です。

この回答への補足

Cl+になるのは,どういう原理ですか?

補足日時:2002/02/18 15:08
    • good
    • 0

塩素原子の価電子は7個で、1個の電子を容易に取り込んでオクテット


を形成することはご存じと思います。塩素がイオンになると言えば、
普通はCl-なので、Cl-を塩素イオンと呼ぶこともあったのでしょう。

Cl+になる原理とのお尋ねですが、電子1個をはじき出してCl+に
するには大きなエネルギーを要し、「身の回りの環境」でCl+が安定に
存在することは困難でしょう。塩素系漂白剤でお馴染みの次亜塩素酸
イオンClO-の中の塩素原子はCl+に近いと言えるかもしれませんが、
電子対の共有でオクテットは保たれており、単原子イオンCl+とは
事情が違います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング