最新閲覧日:

先日、仕事中に、某生命保険の方がきました。
生保の勧誘ですね。
無碍に断るのも失礼かなーと話は聞きました。
といっても、こちらも仕事中ですし早く帰ってもらいたかったので、アンケート用紙に名前と生年月日を記入しその日は終わりました。
その翌日。帰ろうと事務所の片付けをしていたら、その生保の方がきました。
「昨日のデータで生保プランをつくってきた」と。
仕事終了時間とはいえ、このプランの説明を始めました。
それよりも、早く帰りたかったのと、生保に入る気はないので断りながら、話を進めていたところ
「こうして話を聞いてくれるだけでいいんです」とのこと。そして、今日の昼休み。また、やってきました。
そこで、教えてもらいたいのですが,生保に限らず、飛び込み営業の場合,
「話を聞くだけでも・・・」と良く言いますが、これってなにがいいんでしょうか?
これで結果がついていけばいいですが、そいうい場合って少ないですよね?
あと・・・仕事中に来る場合。
これって、迷惑だと相手の方は思わないんですか?
口先では「お仕事中失礼します」なんて言って、30分近く居るとか。
帰ろうとした頃やお昼休みにくるとか。
就業時間ではありませんが、早く家に帰りたいとか、お昼休みだからこそ、ゆっくりしたかったり、社外に出掛けたりする時間であるとも思うんです。
どんな仕事であれ、仕事を妨害されるとあんまりいい気分じゃないですよね?
このふたつの点について、
営業経験者のご意見や、わたしのような体験をされた方のご意見。なんでもいいので教えてください。
今度、この生保の人がきたらどうしたらいいのか?困っているので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.fsa.go.jp/notice/noticej/kinyuusyouhi …

金融サービス法(金融商品の販売等に関する法律)が策定され、どの金融機関も勧誘方針というものが決められているはずです。当該生命保険会社の勧誘方針が決められておりこれを確認すれば、勧誘方針に反していると思います。
<顧客が希望しない時間には勧誘しない>などの条文が入っているはずなので、これで追い返せるはずです。

・金融サービス法に基づく貴社の勧誘方針を明示してください
・この勧誘は勧誘方針に抵触していないか?

この二言で勧誘を打ち切ることは可能です。(大体30秒で終わります)
『用事があればこちらから電話するので、それまで職場にこないで欲しい』位は言った方が良いと思います。

私は断るのに相手の立場とかを一切考えないですよ。(希望を持たせる方が残酷)
    • good
    • 0

No.2の追加です。


肝心の「断り方」を書き忘れました(^^ゞ
私の周囲では「親戚に保険の勧誘員をやっている者がおり、そこで入らざるを得ない」で結構引き下がります。
「どこの保険会社?どんなプラン?」と聞いてきたら「おたくじゃないことは確か。どんなプランか教えて、”それよりウチのこの商品の方が・・・”なんていわれても義理の世界だからどうしようもない。」と答えています。
 「前回はそんなこと言ってなかったのに」ときたら「前回プランを作ってもらったことを親に話したら”親戚に勧誘員がいるのに!お世話になってる人が優先だろ!”と怒られた」という回答も用意しておきます。

 ※あくまで、本当にその保険に加入したくない場合の断り方です。
  保険に入ることにやぶさかでないのなら、「他社の見積もりをとって比較検討したい」というほうがスジが通っていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#2.#3とお答えありがとうございます。
わたしが名前を書いたことで「営業成績」として認めらたんですよね?ま、ボランティアだ。いいとしよう。
断る手についてですが、ウチは某大手企業なので「会社の保険に入ってる」と言って断りました。ですが引き下がらないんですよね。わたしもそれなりの文句は言いましたが、聞き慣れているんだろうな~って。ついでに、生保の女の子。新人さんみたいで、ひとりで営業に来た時「ここの会社募集してませんか?」なんて転職活動もしてましたよ。そういう人が営業にくるから困るんですよね。自己利益ばかり考えているのが見え見え。同情してあげたいけど「あんたが選んだ仕事なんだからちゃんとせい!」と思いました。だから生保の勧誘って嫌われるんだと思います。

お礼日時:2002/02/18 17:22

1.「話を聞くだけでも・・・」の効果


営業マン(レディ)は何件契約をとったかという実績が重視されるのは当然ですが、プロセス管理として「現在見込み客をどれだけ抱えているか」という管理もされているはずです。(見込み度のランク付けを含め)
 各営業所の管理職は、で自テリトリで今期どれくらいの契約が取れるか、アクティブな客はどれくらいいるのか、この営業マン(レディ)はどれくらい活動していてどれくらいの契約を取れる可能性があるか・・・・。
 見込み客が少ない営業に対しては当然指導(叱責)があるでしょうから、営業としても見込み客は欲しいのです。したがって、プランが作られた時点であなたは「見込み客」となり、その営業マン(レディ)の活動実績としてカウントされております。

2.仕事中の訪問
保険については、その必要性は感じていても積極的に商品比較を行い、検討してから加入するよりも「勧誘されて」「おすすめプラン」に加入する人も多いのではないでしょうか?
 中には「仕事の邪魔をするとはけしからん、あんたのトコには絶対入らん!」という人もいますが、「どうせどこの保険会社(商品)も大差ないし、しつこくて面倒くさいからいいや」で加入する人もいます。飛び込み営業からすれば、こういう人が100人中10人でも存在する限り、指摘された勧誘方法はやめないでしょう。
    • good
    • 0

その保険の勧誘から逃れられるようにするには、まずドアを開けない事ですね。

会社だと勝手に入って来るのでしょうか、その場合は「忙しい」とはっきり伝える事!それでも駄目なら無視してください。無視される事は慣れてるので別に傷ついたりしませんよ。

それと生保の場合、何のアンケートでも名前と生年月日を答えてくれただけで、その人の事をもしかしたら契約をもらえるかもしれない見込みになってしまうので、むやみやたらに教えてはいけませんよ!(プレゼントにつられないように)

そのアンケートをもとに色々話を切り出していくのですが、その「聞くだけでも・・・」って言葉は皆言います。何故なら、そこから契約に結びつく可能性が少なからずあるからです。はなっから入る気持ちのない人はアンケートも書いてくれません。

しつこい営業の人は人の気持ちなんか考えてないと思いますよ。契約取るのに必死ですから。

本当に迷惑ならきっぱり断る事が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。タオルやら手帳やら。いらないけどくれるんですよね。今度は断ると思います。

お礼日時:2002/02/18 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報