ニ価と三価の鉄イオンを分離定量する方法を教えてください。液の中にはほかに塩酸が含まれています。
大体の含有量がわかる方法を教えてもらえるとありがたいのですが、別々に定性できる方法でもかまわないのでよろしくお願いします。
できればキレート滴定のような、機器や市販のテスト薬品を使わない方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは


鉄の分析でニ価と三価の鉄イオンを分離定量する方法としては、o-フェナントロリンを用いる方法があります。o-フェナントロリンは二価の鉄としか反応しないので、分離定量が可能です。全鉄を求めたい場合は、塩酸ヒドロキシルアミンを添加して、三価の鉄を二価に還元することによって、可能になります。発色はオレンジで、吸光度は540nm位に極大値があると思います。
酸化還元滴定では他の還元性物質の影響を受けるため、難しいです。
原子吸光は全鉄の分析しか出来ません。
キット試薬を使った簡単な試験方法はURLに示しました。
詳しい分析方法はJIS k0101(工業用水試験法)、k102(工場排水試験法)、上水試験法を参考にして下さい。

参考URL:http://www.tech-jam.com/items/8052-310.phtml
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキレート滴定

キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
また緩衝溶液の調製法をおしえてください。

キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?

Aベストアンサー

<注意>
何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。
…て書いてありますけど。
今朝も一件削除されたし。

>>キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
強酸性ではキレート試薬が全て酸型になり、配位できなくなる。強アルカリ性では金属イオンがOH-と結合したオルト酸型になり(鉄酸、アルミン酸、亜鉛酸…)キレート試薬と反応しない。
>>緩衝溶液の調製法
検索エンジンで調べて下さい。化学便覧も見てね。理科年表にも書いてある。まず第一にどのpHが欲しいのか決めなけりゃ…。
>>キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?
初めて聞きました。そう言えばそう言えるかも…。キレート試薬が陰イオンで金属イオンが陽イオン、中和して塩はできるナー…。

Qキレート滴定での金属指示薬と溶液のpH調整について

EDTAで直接金属イオンを滴定する際、溶液のpHと指示薬を上手く組み合わせないと、副反応等で妨害イオンの影響を受けると聞きました。
そこで、これら金属指示薬と溶液のpH、測定する金属イオンについてどの組み合わせがよいか調べたいのですが、参考になるホームページや書籍を紹介いただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

分析化学便覧

Qキレート滴定について

マグネシウム塩溶液(0,500mol/)50cm3をEDTA溶液(0,500mol/l)で滴定する時、当量点におけるpMgの値とEDTA溶液を60cm3添加した場合のpMgを求めよ。 
という問題なんですが解き方が分かりません。EDTA溶液を50cm3添加した時が当量点だということは分かったのですが…
どなたか解き方を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

要は、化学平衡の問題ですよね?安定度定数(生成定数)が関係しますよね。
つまり、Mg2+-EDTAの解離平衡の平衡定数から、それぞれの場合の[Mg2+]を計算して、それからpMg=-log[Mg2+]を計算すればいいんじゃないですか。
データは与えられてないんですか?

Qキレート滴定について

キレート滴定で、
水道水中のMg2+の濃度: 0.77×10-4  mol dm-3
水道水中のCa2+の濃度 : 2.80×10-4  mol dm-3 
というデータを得たのですが、これをppmで表す方法がわかりません。教えてください。あと、滴定で、最初に、水道水中のMg2+ とCa2+の総量をもとめ、次に、pHを変えて水道水中のCa2+の濃度 求めることによって水道水中のMg2+の濃度を得たのですが、pHを変えて滴定することにより両イオンを定量できる理由がわかりません。教えてください。
滴定に使ったのはEDTA溶液で、指示薬には、BT指示薬とNN指示薬を使いました。マスキングには、トリエタノールアミン溶液を使いました。pHを変えるのには、KOH水溶液を使いました

Aベストアンサー

ppmで示す方法ですが
ppmというのは parts par millionの略で%(par cent)に類似したものです。
ですからモル濃度がわかっているのであれば
質量濃度をだしてあげて、あとは%への変換の容量でppmに直すことができます。

この問題は、1グラムの食塩を99グラムの水に溶かしたら
何パーセントの食塩水ができますかといわれてるのと同じです。
あまり難しく考えないでいいと思います(^-^)

2つ目の疑問ですが
>pHを変えるのには、KOH水溶液を使いました
私がかつて行った実験では
KOHは水溶液中のマグネシウムを沈殿させるのに用いました。
つまり溶液中のマグネシウムイオンを除いたのちに
滴定で求められた濃度はカルシウムイオンの濃度となるわけです。
これでいかがでしょうか?

Q鉄イオンの定量・定性

ある溶液中に、鉄イオン(2価もしくは、3価)が入っています。
で、この鉄イオンの量を定量したいのですが、この溶液中は、同時に金属封鎖剤を含有しております。
そのような系で、封鎖剤によって“金属封鎖されていない鉄(=錯体を形成していない鉄)”、つまり自由な状態で存在している鉄イオンだけの量をしりたいのですが、このような場合、どういった方法が考えられるでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

含有している金属封鎖剤よりもキレート安定度定数の低いキレート剤を用いて、フリーの鉄イオンをキレート滴定する方法はいかがでしょうか?ただし2価の鉄イオンは安定度定数が低いので、3価に酸化してやる必要があります。
自信ありませんが、ご参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報