中学の理科の、光合成についての実験で、葉っぱの”ふ”の部分にはでんぷんは出来ないとあったのですが、この”ふ”ってなんですか?枯れたところですか?わかる方いたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

斑というのは,葉(或いは組織細胞内)の葉緑素が全くなくなってしまったり,少なくなった場合に起こるものです。

斑の部分の色は白っぽかったり,黄色かったり,赤かったりしますが,これは葉緑素が失われて緑色がなくなったところに,他の成分が含まれている場合に見える色なんですネ。
斑の部分は光合成をする能力が全くなかったり,周囲の正常部分に比べて劣っているものです。ですから,斑の中でも葉緑素が少し残ったままの状態の部分では,少しは光合成が行なわれて,デンプンの生産が行なわれているのですヨ。
斑が入る原因には不明の部分がありますが,現在までに;
遺伝的要因(植物体そのものの遺伝の場合と,葉緑素の遺伝による場合があります)によるもの
ウイルスによるもの
などが挙げられていますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。遺伝的なものもあるんですね。勉強になりました。

お礼日時:2002/02/20 17:34

 こんばんは。



 季節はずれの例えで申し訳ありませんが。

 例えばアサガオの葉っぱって普通は緑色ですが、ところどころ白っぽくなっているところがありますよね。あの部分が「ふ」です。植物の種類によっては、黄色っぽくなることもあるみたいです。

 で、この部分は葉緑素がないんですよ。なので光合成ができない、というわけです。

 参考になれば幸いです。
 

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。今度アサガオをよく見てみたいと思います。

お礼日時:2002/02/20 17:33

枯れているわけではないのですが、突然変異などの原因で一部だけ葉の色(葉緑素)の量が少なく、他の健康な部分に比べて白っぽく見える部分が出来ます。

これが斑(ふ)です。代表的な物は朝顔に入る斑で、白っぽくまだら模様になっていますよね?

斑は澱粉の生産に必要な葉緑素が少ないため、澱粉を作る事が出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

枯れているわけではないのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 17:31

アオキの葉などで白い斑(ふ)入りのところは、葉緑素の少ない光合成の出来にくい場所だということです。



http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …

参考URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、葉緑素の少ないところなんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 17:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中一理科の光合成の実験について

熱したエタノールにつけて脱色したのち、ヨウ素液を加えて反応を調べる実験において、まず「熱湯につける」という手順がありますよね。教科書や多くの参考書ではその理由を「葉をやわらかくするため」とありますが、熱したエタノールに、少し長く入れるだけで充分にエタノールはしみこみ脱色できるように思います。葉をやわらかくするためというだけなら必ずしも必要な手順ではないように思うのですが、どうなんでしょうか。
また、調べていると熱湯につけるのは「デンプンが糖に変わるのを防ぐため」と書いてあるのもありました。その理由のほうが納得しやすいのですが、そんなに早く糖に変わってしまうのなら、葉をとってすぐに熱湯につけなければ意味はないわけで、エタノールに入れる直前の処理としては理由がおかしいように思います。

次に、エタノールにつけた後水洗いする理由について調べていたら「ヨウ素液がデンプンと反応する前に、葉に残ったエタノールに溶けるため」と「すぐに乾いてぱりぱりになるのでエタノールがしみこまないため」のふたつを見つけました。(もっと簡単に「葉をやわらかくするため」とだけ書いてあるものを一番多く見かけましたがこれは後の理由と同じと解釈しています)どちらも正しいように思うのですが、よくわからないので教えてください。

熱したエタノールにつけて脱色したのち、ヨウ素液を加えて反応を調べる実験において、まず「熱湯につける」という手順がありますよね。教科書や多くの参考書ではその理由を「葉をやわらかくするため」とありますが、熱したエタノールに、少し長く入れるだけで充分にエタノールはしみこみ脱色できるように思います。葉をやわらかくするためというだけなら必ずしも必要な手順ではないように思うのですが、どうなんでしょうか。
また、調べていると熱湯につけるのは「デンプンが糖に変わるのを防ぐため」と書いてあ...続きを読む

Aベストアンサー

最初の熱湯には、2つの意味があると考えられます。1つは、細胞を殺してそれ以上の光合成やデンプンから糖への分解が起こらないようにすること。もう一つは、細胞を柔らかくしてエタノールがしみこみやすくすることです。前者の理由を考えれば、光を当てない部分は実験の直前まで光を当てないのが理想です。後者については、エタノールに長時間つけすぎると葉が固くなりボロボロになるので、短時間で効率よく処理できるようにしているわけです。
エタノール脱色後の水洗いは、エタノールに浸って固くなっている葉を柔らかくするためです。実際に実験をするとわかりますが、エタノールに浸った葉はとても固くてピンセットで操作しているうちに割れてしまうこともあります。それを水洗いして軽く水に浸すと、水が吸い込まれて柔らかな状態になります。

Q赤い葉っぱで光合成は大丈夫?

植物の葉っぱは緑色が定番です。
ところが中には、赤い葉っぱがあります。
葉っぱが緑なのは葉緑素があるためだと聞いています。
赤い葉っぱでも光合成はできるのでしょうか?

またある植物は、新緑の季節だけ赤で、その後みどりになるものがあります。
これはなにか意味があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

芽吹いたばかりの葉は,完全な状態ではありません。そんな状態でクロロフィルが光を受けると,毒性の強い活性酸素をつくり出します。光酸化といいますが,活性酸素の作用で葉の細胞が破壊されてしまいます。「葉焼け」とも言いますね。

クロロフィルは,青色で光合成を最も活発に行います。この青の光をクロロフィルから遮ってしまえば,活性酸素生成の生成は抑えられます。アントシアニンは青色の光をよく吸収してクロロフィルの働き抑制し,光酸化からの障害を避けていると考えられています。

秋に紅葉しますモミジ等は,芽吹く時期にも紅葉するものが多いですが,これらの植物は強い光で元々光酸化障害を起こしやすく,本来は少し日陰を好む植物です。また,シソ等の赤い葉にも同じような原因でクロロフィルの暴走を防ぐ目的もあると思われています。

時間がないのでこの辺で…
参考URLの芽吹きの色の項を参考にしてください。

参考URL:http://nosaku.hp.infoseek.co.jp/st_forest.html#mebukicolor

Q葉っぱが光合成に利用している電磁波の波長は?

Q1.葉っぱが光合成に利用している電磁波の波長はどこら辺からどこら辺までの波長ですか?
Q2.あと、葉っぱは緑色の光を浴びても光合成しませんよね?
Q3.赤くなった葉っぱは光合成をしますか(イチョウとかです)?個人的にはしていないよう気がしますが。

上の3つのうち一つでも答えられるものがありましたら答えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

Q3.に関して、分かる範囲でお答えします。
答えは、「完全に紅葉した植物はほとんど光合成をしていない」だと思います。

冬になって日光が弱まれば光合成の効率が落ちます。
植物としては、エネルギーを費やしてクロロフィルを作っても、元が取れる程エネルギー生産ができず、また維持のコストがかかるのでクロロフィル生産を止めてしまいます。植物は現実的な性格の持ち主です(笑)。

紅葉するカエデ、ツタなど一部の植物は、アントシアニンという色素を作り出し、葉が赤色に染まります。
上記で述べたように、効率に厳しいはずの植物がアントシアニンを作る理由として、「日焼け止め」説があります。アントシアニンはポリフェノールの一種で、活性酸素と反応してこれを消去する働きがあります。日光を吸収するクロロフィルがなくなると光の作用で活性酸素ができやすくなるため、身を守るためにアントシアニンを作るということです。

アントシアニンは、簡単に言うと植物が寒さなどの‘ストレス’を感じたら作ります。しかし、近年の地球温暖化の影響で、夜の厳しい冷え込みが減り、それに伴ってアントシアニン色素の合成が減っているようですよ。

Q3.に関して、分かる範囲でお答えします。
答えは、「完全に紅葉した植物はほとんど光合成をしていない」だと思います。

冬になって日光が弱まれば光合成の効率が落ちます。
植物としては、エネルギーを費やしてクロロフィルを作っても、元が取れる程エネルギー生産ができず、また維持のコストがかかるのでクロロフィル生産を止めてしまいます。植物は現実的な性格の持ち主です(笑)。

紅葉するカエデ、ツタなど一部の植物は、アントシアニンという色素を作り出し、葉が赤色に染まります。
上記で述べた...続きを読む

QC3型光合成とC4型光合成について

C3型光合成とC4型光合成の類似点について教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

類似点ですか?? 相違点ならいくらでも説明できますが・・。
あえて言うなら
チラコイドでの光化学反応・H2Oの分解・NADPH2,ATPの合成は共通でしょう。
カルビン・ベンソン回路も共通です。ただC3型とC4型とでは場所が違います。

Q光合成の実験について

自由研究も大詰め。
ただいま実験中です。
時間がなくて あせっています。

オオカナダモという水草の葉を
重曹水の中に入れ、
光をあてると光合成をして
葉が浮き上がる
という実験をしています。
(自由研究の本をみてやっています。)

本に載ってないことでわからないことがあるので
質問です。

1 なぜ光合成の実験は、水道水ではなく、重曹水を使うのですか。
2 なぜ光合成をすると、沈んでいた葉が浮かんでくるのですか。

すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

> 1 なぜ光合成の実験は、水道水ではなく、重曹水を使うのですか。
・重曹が水に溶けると(炭酸&二酸化炭素)水になります。
植物は、十分な光の下では、光合成により二酸化炭素を吸収し、酸素+窒素を吐き出すからです。

> 2 なぜ光合成をすると、沈んでいた葉が浮かんでくるのですか。
・光合成により、水草の周囲に酸素+窒素の気泡を付けるので、気泡の浮力により浮きます。

実験時の注意
炭酸水は酸性です。
オオカナダモはpH5.0以下では、酸性過ぎて光合成速度が鈍ります。
重曹を入れすぎると、水草は枯れだし、実験が台無しになるので、ご注意を!!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報