最新閲覧日:

中学の理科の、光合成についての実験で、葉っぱの”ふ”の部分にはでんぷんは出来ないとあったのですが、この”ふ”ってなんですか?枯れたところですか?わかる方いたらお願いします。

A 回答 (4件)

斑というのは,葉(或いは組織細胞内)の葉緑素が全くなくなってしまったり,少なくなった場合に起こるものです。

斑の部分の色は白っぽかったり,黄色かったり,赤かったりしますが,これは葉緑素が失われて緑色がなくなったところに,他の成分が含まれている場合に見える色なんですネ。
斑の部分は光合成をする能力が全くなかったり,周囲の正常部分に比べて劣っているものです。ですから,斑の中でも葉緑素が少し残ったままの状態の部分では,少しは光合成が行なわれて,デンプンの生産が行なわれているのですヨ。
斑が入る原因には不明の部分がありますが,現在までに;
遺伝的要因(植物体そのものの遺伝の場合と,葉緑素の遺伝による場合があります)によるもの
ウイルスによるもの
などが挙げられていますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。遺伝的なものもあるんですね。勉強になりました。

お礼日時:2002/02/20 17:34

 こんばんは。



 季節はずれの例えで申し訳ありませんが。

 例えばアサガオの葉っぱって普通は緑色ですが、ところどころ白っぽくなっているところがありますよね。あの部分が「ふ」です。植物の種類によっては、黄色っぽくなることもあるみたいです。

 で、この部分は葉緑素がないんですよ。なので光合成ができない、というわけです。

 参考になれば幸いです。
 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今度アサガオをよく見てみたいと思います。

お礼日時:2002/02/20 17:33

枯れているわけではないのですが、突然変異などの原因で一部だけ葉の色(葉緑素)の量が少なく、他の健康な部分に比べて白っぽく見える部分が出来ます。

これが斑(ふ)です。代表的な物は朝顔に入る斑で、白っぽくまだら模様になっていますよね?

斑は澱粉の生産に必要な葉緑素が少ないため、澱粉を作る事が出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

枯れているわけではないのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 17:31

アオキの葉などで白い斑(ふ)入りのところは、葉緑素の少ない光合成の出来にくい場所だということです。



http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …

参考URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、葉緑素の少ないところなんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 17:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ