各種発電(原子力・石炭・LNG・石油・揚水式水力・一般水力・
その他)効率について教えてください。
(1)各発電効率
(2)その各発電効率は1日の平均なのでしょうか?
(3)時間帯で発電効率は違うのでしょうか?
(4)時間帯別の発電効率のデータは開示しているのでしょうか?
(5)また、そのデータのURLはあるのでしょうか?
 (できれば、各電力会社毎)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

取りあえず、先ずは回答を。



(1)発電効率
  a.火力(※1)
    旧式の火力:39~42%前後
    コンバインド:45~50%前後
  b.原子力
    恐らく30%前半(※2)
  c.揚水発電所
    揚水単体としては70~80%前後
    揚水の動力源の電源が効率40%の火力なら
    40%×70~80%で28~32%になり
    ます。
  d.一般水力
    90~95%

※1
 火力は、基本的に燃料によって効率は変化しません。  と言いますのも、燃料によって構造が変化するのは
 ボイラだけでして、後段のタービンや発電機は共通
 仕様ですし、ボイラ効率も極限値まで引き上げた物を
 使うからです。
 ただし、コンバインド発電の場合は別。
 これは、ガスタービンを使いますから、当然ながら
 石炭は使えませんで、国内既存のコンバインド発電は
 大抵がLNGを使います。

※2
 原子力の正確な熱効率は不明。
 と言いますのも、原子炉の燃料源であるウランの
 正確な発熱量(燃料を入れた前後のカロリー差)が
 測定できないからです。
 ただし、原子炉の構造から、原子炉単体の効率を
 推定することは可能で、これはカタログ値としても
 存在しますから、ここから見たら、上の数字あたりに
 なるでしょう。


(2)については、一日平均ではありません。
発電所は、需給状態が許せばテスト環境(一定の負荷で
ボイラ等を安定させて数時間掛けてデータを測定する)
で「効率試験」を行います。
この時、大体の発電所では定格負荷の1/4・2/4
3/4・4/4の4条件で試験を行いますが、大抵の
発電所は定格出力である4/4が最も高効率でして
その数字が上の値です。
で、中間負荷の効率ですが、これは発電所の機器構成で
大きく変わります。


(3)について。
時間帯で変わると云うより、「負荷」で変わります。
大抵は定格負荷で最大効率が出て、負荷が低くなるほど
効率は落ちます。
ただしコンバインド発発電だけは別で、これは複数系統
のカスタービンを持っていますから、一台目が最大負荷
になったら効率が上がり、二台目を起動した瞬間は二台目
の負荷は低いために効率が悪く、二台目が最大負荷になる
とまた効率があがり、以後は全ガスタービンで同傾向と
なります。(ちょうど、車のギアチェンジとトルクor馬力
の関係と同じ様な感じですね。)

で、火力や揚水発電(そして一部の貯水式水力)は、負荷
の変動を吸収する役目を持っていますから、時間帯によ
って負荷が変動すれば、当然ながら効率も変動します。


(4)について。
基本的に公開しません。
なぜなら
 ○発電効率の正確な値は、上に書いたようにテスト
  を通じて出すものであり、瞬時瞬時に変動する
  時間毎効率は正確ではないからです。
  (最近はプラントコンピュータで近似値は出して
   いますが、その元はテストで得られた負荷と効率
   の関係式を元に、その時の効率を推定する方式
   です。)
 ○カタログベースの数値は公開されても当然として
  運用ベースの数字は当然ながら各社毎のノウハウ
  や運用計画の元になるわけですから、おいそれと
  公開はできません。


(5)について。
ですから、URLで公開するようなことは、およそ有り得な
いと考えて良いでしょう。
ただし、定格出力時の実効率については、通産省刊行資料
等に記載されている場合もありますが、こいつは非売品
だった筈です。


もし、どうしてもデータが必要と云うことでしたら、身分
と理由を明らかにして電力会社に質問されたら如何でしょ
うか?
大学の研究で必要という理由でしたら、一部くらいは
公開してくれるかも知れません。(ここらは各社によって
対応は違うと思いますが...)

但し、一個人が何かをしたいからという理由なら、ほぼ
100%断られちゃいますが....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kenchinさま たびたびありがとうございます。
そうですか、負荷によって発電効率は変わるのですか・・・
ということはほとんど、天気や気温などにも影響されることに
なってしまいますね。
ちなみに電力会社に質問してましたが、断られてしまいました。
参考になりました。ありごとうございました。

お礼日時:2002/02/23 17:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子力発電は地球温暖化防止に有効ですか?

原子力発電は地球温暖化防止に有効ですか?もし世界中の電力をすべて原子力でまかなえたとしたらかなりのCO2を減らすことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に原子力発電のほうが火力発電よりはるかにCO2排出量は少ないです。
ただし原発は基本的には1年以上の期間、一定量の発電をしっぱなしです。夏だから発電を増やすといった運用は極めて不向きです。

全ての火力発電を原発にといった運用をしてしまうと、夏1ヶ月だけ発電する原発とか発生してしまい、大変非効率なことになります。原発は燃料や運用コストは安いのでトータルでは安いすが、施設作りには火力よりはるかに高いコストとエネルギーをかけています。

よってざっくり言って日本だと総発電量の6~7割までは、環境によい効果が期待できるでしょうが、それ以上となると良い効果はないと思われます。ただ世界的に見ると、有効に働ける需要を満たす発電量に、原発はまったく足りない状況です。おそらく今後20年で3倍くらいに増えるのではないでしょうか?

日本では現在の原発の発電量は、日本の発電需要の最低ラインを多少超える程度です。この需要の少ない夜間電力を増やすこと(同時に昼の需要を減らせれば一挙両得)を目的として、夜間電力の低減やエコキュートなどの普及が行われています。

基本的に原子力発電のほうが火力発電よりはるかにCO2排出量は少ないです。
ただし原発は基本的には1年以上の期間、一定量の発電をしっぱなしです。夏だから発電を増やすといった運用は極めて不向きです。

全ての火力発電を原発にといった運用をしてしまうと、夏1ヶ月だけ発電する原発とか発生してしまい、大変非効率なことになります。原発は燃料や運用コストは安いのでトータルでは安いすが、施設作りには火力よりはるかに高いコストとエネルギーをかけています。

よってざっくり言って日本だと総発電量の...続きを読む

Q揚水式発電の発電量が最大になる時間は?

揚水式発電の発電量はベルヌーイの定理から推察すると揚水する時間は12時間が限界で最大になるんでしょうか?

Aベストアンサー

ベルヌーイの定理は直接には関係しないでしょう。
通常は夜間の負荷が少ない時に揚水し、昼間や夕食前後等のピーク負荷時に発電させます。
夜間の発電余力が十分あれば短い時間で、発電余力が少なければ長時間で揚水すると思いますが、揚水が12時間以上となることは少ないのではないでしょうか。

(社会 ▼ >エネルギー ▼ >電力発電 ▼ カテゴリの方が適しています)

Q火力発電 デメリット ・大量の化石燃料を必要とする ・円安になると収益が悪化する ・地球温暖化の原因

火力発電 デメリット
・大量の化石燃料を必要とする
・円安になると収益が悪化する
・地球温暖化の原因である二酸化炭素を多量に排出する
・大気汚染の原因となり得る硫黄酸化物や窒素酸化物を排出する
このデメリットについての反論意見を教えてください

Aベストアンサー

反論ではありませんが、火力発電の燃料は別に化石燃料である必要はありません。
化石燃料以外を使えば、質問文のデメリットは全て無くなります。
ただし、今よりコストアップする可能性は大きいし、化石燃料以外で必要な燃料が確保できないのも確かです。
当然ながら、制御特性も化石燃料より悪いでしょう。

Q水力発電の簡単な計算問題の質問です。

水力発電所において、最大出力98Mw
を発電する為に必要な流量は?
ただし有効落差250m、総合効率を80%とする。


この公式は、Q=P/Hη =98×10^6/250×0.8ではないのですか?
因みに答えの単位はm^3/sです。

Aベストアンサー

>公式は、Q=P/Hη =98×10^6/250×0.8ではないのですか?
違いますよ。
No1の回答にある通り、Q=P/(9.8Hη)です。

そして、この数式の各項目にも単位があることを忘れてはいけません。
Qはm3/s PはkW、Hはm です。
公式のPの単位がkWだから、問題文の単位が何であろうと、計算をkWで行わないと正しい答えは得られません。
ということで計算は Q=98×1000/(9.8×250×0.8)となります。

ちなみに、ワットは大文字の「W」が正解です。小文字の「w」ではありません。
またキロは小文字の「k」、大文字の「K」は間違いです。
単なるタイプミスなら良いのですが、正しく表記するよう心がけましょう。

Q地球温暖化の悪は、原子力発電所?

以下のようなのが教えての他でありました。

>これらの海域(日本海)には、原子力発電所(火力発電所もある)が沢山設置(日本52基、韓国14基、中国?)されていてる。この海域および日本の周辺海域の海水温の上昇は、世界の海の海水温の2倍以上になっていて、海水からの炭酸ガスの放出に大きく影響している可能性があります。原発の熱エネルギー効率は32%前後で、総発電電力(原発の電力は日本の電力の42%位)の2/3が熱排水として海に1年24時間放出されています(放出基準は海水温+7℃)。

実際のところ、原子力発電所は
「ウランを使用するだけで、非常にクリーンなエネルギー」
とされ、90年代以降、全世界で大量設置されています。

それとも車の排出の方が温度上昇影響割合は大きいのでしょうか?
原子力発電よりも火力発電の方が、実はクリーンということはありますか?
しかし、シムシティーDeluxをやるとよくわかりますが、
クリーンな太陽発電所を2、3建てても、原子力1個にやっとなるかならないかの電力しか得られません。
火力も同様に電力不足になりがちです。
95年にPCが増え、家庭内電力が急増したのもあるとは思いますが、

実際のところは、世界人口が急激に増えてきていて、かつ、豊かになって
資源消費量が激増して、CO2も激増してしまっているということでしょうか?
結局は、世界人口爆発を止めなければ、この問題は止めることは不可能ということでしょうか?

そもそも、人口爆発が起きているのは、医療の発達やら、食料に恵まれている、
など色々とありそうですが、戦争をアメリカが止めているのも原因なのでしょうか?
核の抑止力のせいでしょうかね?
戦争というのは確かに悪影響も大きいと思いますが、
欧州の歴史を見ても解るとおり、産業革命以前の戦争は、
人口調整の意味合いが非常に大きかったと思います。

日本や中国も、産業革命を境に大きく歴史は変わっていると思うし、
結局、便利な「電気・ガス・水道?」蒸気機関などは廃棄する必要が出てきたのでしょうか?
しかし、人間は廃棄しようとはしないです。

以下のようなのが教えての他でありました。

>これらの海域(日本海)には、原子力発電所(火力発電所もある)が沢山設置(日本52基、韓国14基、中国?)されていてる。この海域および日本の周辺海域の海水温の上昇は、世界の海の海水温の2倍以上になっていて、海水からの炭酸ガスの放出に大きく影響している可能性があります。原発の熱エネルギー効率は32%前後で、総発電電力(原発の電力は日本の電力の42%位)の2/3が熱排水として海に1年24時間放出されています(放出基準は海水温+7℃)。

実際のとこ...続きを読む

Aベストアンサー

核燃料が容易に入手でき、かつ、原発が簡素な構造物であるのなら原子力発電がクリーンなエネルギー源となるとなるかも知れません。
しかし、核燃料と言うのは、そう簡単にできるものではありません。天然ウランはそのままでは核燃料になりません。これを核燃料として使えるレベルまで「濃縮」するには膨大なエネルギーが必要です。なぜかといえば、高校化学でも習うように、核燃料として使えるウラン238と使えないウラン235は同位体の関係にあり、その質量差はわずか1.3%程度であるために、分離は極めて困難であり、そのために多くのエネルギーを必要とします。同位体の分離が極めて困難であることは高校生でも知っていますよね。
また、原発自身も火力発電所と比較して。頑丈な作りであり、建設に要するエネルギーも火力発電所よりもはるかに大きなものです。しかも耐用年数も決して長いともいえません。使用済み核燃料の処分(というか保管)施設の建設、管理などのエネルギーも必要です。そういったことまで考えた上で原発がクリーンであるかということに関しては疑問符がつきます。

また、電気料金の仕組みからして、コストのかかる電力を供給した方が電力会社が儲かる仕組みになっている(参考URL)という指摘もあります。つまり、たとえ稼働時間が短くて、不経済であったり、環境への負荷が大きかったりしたとしても、それがクリーンなエネルギーですといって原発をつくれば儲かると言うことです。

原発稼働時に二酸化炭素が出ないというのはわかりきったことですが、それ以外の部分を無視するのはいかがなものかと思います。

参考URL:http://www.nuketext.org/suishin.html

核燃料が容易に入手でき、かつ、原発が簡素な構造物であるのなら原子力発電がクリーンなエネルギー源となるとなるかも知れません。
しかし、核燃料と言うのは、そう簡単にできるものではありません。天然ウランはそのままでは核燃料になりません。これを核燃料として使えるレベルまで「濃縮」するには膨大なエネルギーが必要です。なぜかといえば、高校化学でも習うように、核燃料として使えるウラン238と使えないウラン235は同位体の関係にあり、その質量差はわずか1.3%程度であるために、分離は極めて困難であ...続きを読む

Q各気象データの各種ランキング

各地方ごと(東海・北陸・近畿・関東とか。中部地方とかある程度までは統一されても可)の最低気温のランキングや最高気温など各種ランキングを見れるとこはどこかありませんか? パソコンでも携帯でもスマホでも構いませんクワのダニはいつ寄生するのですか? またなんでダニはクワに寄生いるのですか

Aベストアンサー

http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html

http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/cgi-bin/view/index.php

ソースはここだから、ランキングは作れます

Q太陽光発電は地球温暖化になるのではないですか

火力発電は地球内にあるエネルギーを燃焼して宇宙に熱を放出していると思うのですが、太陽光発電は太陽光エネルギーを地球内部に効率よく取り入れて、蓄えているということは、太陽光発電が進めば進むほど温暖化にならないのでしょうか。
火力発電は温室ガス発生は分かっています。
将来(太陽光メイン発電となった場合)地面や空気に蓄えた熱エネルギーを宇宙に放熱する量と、
太陽光発電が電線や、これから開発されると思われる電力蓄積装置(地中エアータンクや揚水タンク)に蓄えるエネルギーとは釣り合わなくなってしまうのではないのでしょうか。

Aベストアンサー

 >夜は宇宙に熱を放熱をしていきますけど、夜に昼間に蓄積した電力を消費していくと1日中、地球の宇宙放熱が間に合わずどんどん温度とか上がっていったりはしないですか(電力を熱負荷消費ばっかりした場合)

確かに電気を熱に変換すれば、空気又は物質との間で熱交換されますので、多少は温室効果はあるでしょう。
しかし、火力発電だけを取ってみても石油を燃やしているわけですから、その熱量の方が遥かに高いのです。
電気を得るために発熱し、電気を使っても発熱している今日の状況より、発熱せず発電し、電気によって熱を得る太陽光発電の方が、温暖化には有効だと思います。

ただ一つ難点があるとすれば、まだまだ十分な電力が得られないことでしょうね。

Q小型風力発電用発電機評価について

小型風力発電システムを作ろうと思っています。
現在考察中なのが、発電機です。
風力発電システムを設計する上で、発電機の特性は非常に重要なポイントであると
考えます。
質問は、発電機の特性をどのように変化させると、このようになるという指標です。既製品ではトルク特性、定格など示されているのですが、理想的な特性を持つ発電機はありません。メーカーに作ってもらう前に理論的な裏ずけを確認したいのです。発注する際、パラメータが必要になってきます。具体的には、回転数、トルク、磁束、発生電力等です。例えば、回転数ートルク曲線のピーク値を回転数の高いところに持っていきたい場合にどのパラメータを変化させると良いのかなどです。発電機の特性と一口に言ってもいろいろあると思いますが、変数とアウトプットの関係を明らかにしたいのです。
困っています。どんなことでもかまいません。助言、回答をよろしくお願いします。
また、発電機に関するわかりやすい書物、ホームページなどございましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何回読んでも、どうも質問の意味がわかりません。
でも、どんなことでも...と書いてあるのでヨタ話です。

自然エネルギーネタはわりと好きで、
水力(or風力)発電とか、水撃ポンプをかじってます。
そもそも発電機が高いです。
そこで、発電機に特性を求めるのではなく、
発電機の持っている特性を生かすようにしたらどうでしょう。
たとえば、自動車についている発電機(オルタネータ)は、
中古車から取り外すことで、ただみたいな値段で手に入ります。
この発電機の特性を利用した発電を考えれば、
コスト削減になると思いますが、いかがでしょうか。
研究資金が豊富な場面においては、
こんな意見は何の役にも立ちませんが...。

Q地球温暖化って本当にありますか?

地球温暖化って本当にあるんでしょうか?
小学生なのでよくわかりません

Aベストアンサー

地球はゆっくりと暖かくなったら寒くなったりします
今は暖かくなっているのです これは止められません
今大騒ぎをしているのは この暖かくなるのを人間が加速していると
騒いでいるのです
1万年単位で暖かくなり また 寒くなります
それ以外にでも1000年単位でも有ります
私はこのように周期が重なっただけではと思っています
地球単位ですから人間にはどうすることも出来ません
自然現象ですから 避けようがないのです
でも日本はお金持ちですから 全滅するのは最後です
今は殆どの家庭にエアコンがあり職場も有りますから
気候変動で死ぬ事は有りません 日本以外は多数死んでいます

Q原子力発電に代わる発電技術はありますか?

原子力発電に代わる発電技術で確か火力発電で
パワーアップした技術があると聞いたことがあります。

あまり有名ではないかもしれませんが教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

コンバインドサイクルのことかな?
GTCCと言うけど、LNG火力で使う。
ガスタービン発電とスチーム発電の併用で
エネルギーを二重に取り出す技術。
最近、前段で燃料から取り出した水素を別に利用する
トリプルコンバインドというのもあるらしいが。

あるいは、石炭火力のUSC?
超高温超高圧のボイラー焚きで巨大なスチームタービンを
グングン回す技術の事だけど、
圧力を限界まで高めたもので革新的な技術というものではない。

原子力発電はその性質上、ベース電源と呼ばれるものになります。
稼動させると非常に安定して電力を得られる。
四六時中発電しっぱなしで基本は停止させない。
理由は、稼動停止を繰り返すと原子炉などの金属が
膨張と収縮を繰り返して痛みが早くなるから。
原発は(放射線があるので)簡単には修理できないのでね。

その代替えとなると、熱による膨張収縮を繰り返す状況が同一の
火力発電って事になるのですが、
火力は燃料供給の不安定さという課題を抱えている。

戦争になって某国の潜水艦が日本のシーレーンを遮断したら
半年もたたないうちに燃料が無くなり、発電できなくなります。
そのため、海上自衛隊は
米海軍をも上回る強力な対潜水艦部隊を保有していますが・・・・。

東日本大震災の際に、燃料代が高騰しましたが
世の中は人の不幸を幸いに、足元を見るものです。
いくら新技術があっても、
どれだけシーレーンを防御しても
売ってくれないならどうしようもない。

で、先の大戦で燃料欲しさに東南アジア侵略したのが日本なんですが
電力事情を語る場合には、
そういう観点まで深入りしないと意味ないですよ。

コンバインドサイクルのことかな?
GTCCと言うけど、LNG火力で使う。
ガスタービン発電とスチーム発電の併用で
エネルギーを二重に取り出す技術。
最近、前段で燃料から取り出した水素を別に利用する
トリプルコンバインドというのもあるらしいが。

あるいは、石炭火力のUSC?
超高温超高圧のボイラー焚きで巨大なスチームタービンを
グングン回す技術の事だけど、
圧力を限界まで高めたもので革新的な技術というものではない。

原子力発電はその性質上、ベース電源と呼ばれるものになります。
稼動させると非常...続きを読む