グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

9月下旬に60代の両親と一緒にヨーロッパ旅行を計画中です。

この旅では、趣きのある建物や街並みを堪能できればと思っています。
また、母が音楽好きで、今年はちょうどモーツァルト生誕250周年でもあることから、オーストリアには行きたいと思っています。

したがいまして、オーストリアを基準に「ドイツと組み合わせるか」「チェコ・ハンガリーと組み合わせるか」で迷っています。

今迷っているプランは、大きく分けて2つあります。

(1)ドイツ&オーストリア8日間
行程:ドイツ(ライン川クルーズ~ハイデルベルグ~ローテンブルグ~ロマンティック街道~ディンケルスビュール~ノイシュバンシュタイン城)→ オーストリア(ザルツブルグ~ザルツカンマーグート~ウィーン)

(2)中欧3ヶ国(プラハ・ウィーン・ブタペスト)8日間
行程:ハンガリー(ブタペスト~ドナウ川クルーズ)→オーストリア(ウィーン)→チェコ(チェスキー・クルムロフ~プラハ)

私は、中世の美しい街並みが堪能できそうな(2)に傾きつつあるのですが、両親にとってはチェコやハンガリーはドイツに比べてマイナーなイメージであまりピンとこないようなのです。

そこで、これまでドイツ・チェコ・ハンガリーに行かれたことがある方に「ドイツ派」か「中欧派」かのご意見・おすすめ情報等をいただければと思いご相談させていただきました(全ての国の情報でなくとも、いずれかの国について教えていただけるだけでも嬉しいです)。

ちなみに、旅行代理店の添乗員付きツアーに参加する予定です。両親も私も、ヨーロッパはこれまでイタリアのみ行ったことがあります。

勉強不足のため的を得ていない質問になっているかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。

ハンガリー以外の国に個人旅行で行ったことがあります。
人それぞれ見方も違うということを前提にしてですが、私は中欧派です。

私はチェコとオーストリアが大好きです。ドイツは嫌いではないのですが、ドイツの町、特にロマンティック街道は、同じような町並みが多く飽きてしまうので、印象に残っていないことが多いです。
整然としすぎた個性の無い町が、他のヨーロッパの国に比べても多いような気がします。
別格で、個性のある独特な雰囲気を持ったハイデルベルクは私も大好きで、ドイツの中でここだけはまた行きたいと思わせる町でした。
ノイシュバンシュタイン城は綺麗過ぎて、逆にそのまま当時のまま(砲弾の痕跡がそのまま残ってたりしています)をさらけだしているハイデルベルク城のほうが魅力的です。
夕日に照らし出されたハイデルベルク城は、ため息がでるほど素敵です。
あと、ドイツでお勧めの町はドレスデン・マイセンです。
音楽がお好きだということですが、旅行に何をメインに置かれるかで行かれる場所も変わるのではないでしょうか?
自然を楽しまれたいのなら、オーストリアのザルツカンマグート地方はお勧めです。映画“サウンド・オブ・ミュージック”の背景が広がっています。私はハイリゲンブルート・ハルシュタット(世界遺産)が一番印象に残っています。
音楽をテーマに旅行されるのならチェコです。スメタナやドヴォジャークの足跡がたどれますし、あと、モーツァルトは晩年、貧困生活の中、オーストリアの貴族には無視されましたがプラハの貴族に援助され、プラハはとてもゆかりのある町になっています。中でもブルトラムカ荘はお勧めです。“ドン・ジョバンニ”を書き上げたところです。モーツァルトのゆかりの品々が展示されています。

建築物をテーマに周られるなら、これはもう好みですよね。私は整然としたものより、個性があって雑然とした絵になる街並みが好きなので、プラハです。質問者様は、プラハに陰・ドイツに陽という印象を持たれていますが、私は逆にプラハのお城や建築物のほうが遊び心満載で、楽しませるものがあるので大好きですし、例えばスグラフィットの装飾など、装飾がとても細やかです。
カルルシュテイン城なども印象に残っています。とても女性らしい景観で、中の内装もとても印象に残っていて私は大好きです。

私は、どちらかというとチェコのお城や街並みのほうが、男らしいドイツの町より可愛いと思うのです。世間一般では、ドイツの“ロマンティック街道”という名称が先行して、可愛いというイメージが出来上がっちゃっていますが、チェコの城や街並みが“ロマンティック街道”と言われてもおかしく無いと思うのです。ただ、ドイツのように観光地誘致をしていないだけだと思うのです。
そういう視点から見て頂いて、マイナーだから外そうというのではなく、自分の価値観に合う所、また行きたいと思う所に素直に行くのが一番いい選択方法だと思います。
今は、ドイツはイメージがちゃんと出来ているけれど、チェコのことは・・・?だと思うので、このままだと、チェコに分が悪いので、チェコのことももっと知ってから、決められてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
それぞれの街の雰囲気がすごく伝わってきて、とても参考になりました!
アドバイスを読ませていただいて、私はますます中欧に行きたくなりました。
両親にも、みなさんからのアドバイスを読んでもらったところ、中欧の国々にも大変関心を示しておりました。
ただ、父・母ともに以前から一度ドイツに行ってみたいと思っていたようで、どちらにも行ってみたいから、
(1)にすれば、ドイツも行けるし、中欧の国も1ヶ所だけだけど行けるからいいかもね、
ということで、今回は(1)にしようかね、という結論に達しました。
でも、今回みなさんにチェコやハンガリーの魅力を沢山教えていただきましたので、いつかぜひ機会を作って行きたい、、、
行けたらいいなとおもっています。
今回の旅では、arrozdoce様おすすめのハイデルベルクの街並みをじっくりとこの目に焼き付けてきたいとおもいます。
的確かつ詳細なアドバイスをいただき、本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/06/17 14:36

既にそうなさっているかもしれませんが、


ご両親に一度候補地のガイドブックを読んでいただくといいんじゃないかと思います。

とりあえず、「地球の歩き方」でも「街物語」でも「るるぶ」でもいいので、お近くの図書館や書店にあるもので、それぞれのツアーで訪問する場所の写真など見るとイメージが湧きやすいかもしれません(特に2の中欧の都市の)。

旅行の準備期間も含めてご家族で楽しめるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びアドバイスいただきありがとうございます!
自由な時間がたっぷりある両親にとって、図書館を利用して情報収集するというのは
とても適しているとおもいます。
実家の近くにも図書館があるので、散歩がてら行ってみるよう勧めてみます。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/06/15 09:18

私も#5の方のご意見同様、ご両親の希望を優先して


さしあげたらいいかと思います。

ロマンチック街道は名前に期待すると「がっかり」に近い
ものがありますが、ローテンブルグやハイデルベルグは
とても素敵な町ですよ。
(1)とほぼ同じコースのツアーに行ったことがありますが
ザルツカンマーグートの蒸気機関車も「サウンド・オブ
ミュージック」さながらで楽しかったです。

この日程で、インスブルッグには行かないのですか。
ハプスブルグ家の由来のこの街はとてもよかったですよ。
アルプス?ノルテケッテ山脈?の山々がとても美しかったです。

南ドイツの観光のハイライト「ノイシュバンシュタイン城」は
海外旅行の王道?という感じで、きっとご両親もお喜びに
なると思います。ワーグナーの印象があちこちにありますし
ドイツの神話の予習をしていかれるともっと旅行が
楽しくなるでしょう。

実は、今年中欧にいく予定で、(2)のコースと
ほぼ同じツアーに行きます。
プラハもとても素敵だそうなので、楽しみにしています。

ということで、今回はご両親と一緒なら
定番かもしれませんが、(1)がいいと思います。

音楽がメインなら10月以降がいいですよ。
コンサート、オペラは10月から始まるので。
10月中旬なら紅葉もきれいでしょう。
わたしが10月のはじめに行ったときは、オクトーバー・フェスト
の名残があって、まちの広場にはまだあちこちお祭りの飾りがあって
きれいでした。
でも、ザルツカンマーグートとフュッセンでは雪が降り
寒かったです。紅葉前に雪が5cmほども積もっていました。
蛇足で済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
どちらの国に行ってもきっと楽しいことには違いはないんですよね。
どちらにも行ったことがあって、比較した結果「○○の方がよかった」と思うことはあっても。
「ノイシュバンシュタイン城」を観て喜んでいる両親の横顔が目に浮かびました。
インスブルックは行程に入っていないようですが、そちらも素敵そうですね!
でも、10月初めでもう雪が積もっているなんて想像以上に寒そうですね。
教えていただきありがとうございます。とても参考になりました。
中欧旅行、お気をつけて!

お礼日時:2006/06/10 08:03

ご質問のドイツ・オーストリア・ハンガリー・チェコは、どの国も大好きで何度かずつ行ったことがあります。


これまでに回答している皆様とは逆ですが、私は1をおすすめします。

というのは、ご両親の世代(私の両親が同世代ですが)の思い描くヨーロッパというのはやはり(1)の方が近いと思うからです。
ハンガリーもチェコも、ドイツに比べたら少し明るさに欠けるというかこぎれいでないというか(私はそれがまた魅力だと思っていますが)そういう雰囲気があります。

60代のご両親がこの先何度もヨーロッパまでいらっしゃることがあるかどうかはわかりません。
pochinekoさんはまだお若いので行く機会がたくさんあります。
今回はご両親の希望を優先してさしあげた方がいいのではないかと思います。

(1)と(2)の日程を拝見しましたが、この中で中世の街並みなのは、ローテンブルク、チェスキークルムロフ、ディンケルスビュール、ハイデルベルクの4都市、少し落ちてプラハ、という感じです。
よって、中世の街並みを楽しめる度合いとしては、むしろ(1)の方がいいくらいですね。

ドイツはとてもいいところです。きっと楽しめると思いますよ。
自由時間があればローテンブルクの城壁を散策したり、ハイデルベルクの哲学者の道を歩いたりするのがおすすめです。

ちなみに、ハンガリーの街角でロマ音楽が~という話が下に出ていますが、
残念ながら、街頭で演奏している人が他の周辺国と比べて特に多いということはありません。ロマ音楽の割合は高いですが。

また、チェコもハンガリーも既にEUに加盟しており、オーストリアやドイツとの物価差もあまりなくなってきています。そういった面でのメリットは既に薄いと考えた方がいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスいただきありがとうございます!
中欧の方がベターというご意見が続いていたので、かなり気持ちが中欧に傾いていましたが、根底にはやはり両親が行きたいところに行きたいという気持ちがあります。
両親は年金暮らしでそんなにお金に余裕はないため、ヨーロッパに行けるのは今回が最後かもしれないと言っていました。
すると尚更今回の旅行を思い出深いものにしたいという気持ちが強くなり、もしかしたら両親は中欧の良さを知らないだけかもしれないと思ったんです。
そこで、皆さまにそれぞれの国の良さを教えていただき、両親に伝えて、どちらがいいか選択してもらうのがいいかなと思いご相談させていただきました。
racooncocoonさんのおっしゃるとおり、私もドイツは「陽」、チェコ・ハンガリーは若干「陰」な印象があります。
悪い意味ではありませんが、いぶし銀のイメージというか、アンティークというか。
中世の街並みを楽しみたいのであれば、(1)の方がいいのですね!
自由時間に両親と3人でのんびりと異国の街を散策なんて、実現できたら素敵だなーとおもいました。
自分の目線ではなく、両親の目線になって今一度考えてみたいとおもいます。
的確なアドバイスをありがとうございました!

お礼日時:2006/06/09 23:08

お母様が音楽に興味がおありでしたら、絶対にチェコ・ハンガリーは行くべきではないでしょうか?



プラハはモーツアルトのシンフォニーのタイトルにもなるようにゆかりの土地です。
そしてチェコの代表的な作曲家、ドヴォルザークや「モルダウ」でおなじみのスメタナの博物館もあります。音楽好きならあの素晴らしい曲の題材となったモルダウ川を眺めて想いを馳せてみたいなんて思うんじゃないかな♪

同じくハンガリーもハンガリー舞曲で有名なブラームスをはじめ多くの作曲家が多大な影響をうけたといわれるロマ(いわゆるジプシー)音楽のメッカです。
そして、リスト・バルトーク・コダーイの故郷でもありますのでもちろんこちらも記念館があります。

また、ハンガリーは街のいたるところでロマ音楽の生演奏があるようで特に夜になると音楽とダンスを楽しみながら食事できるスポットもたくさんあるようですよ。ウィーンの貴族や市民に根付いた音楽とはまた違う文化の民族に根付いた音楽を堪能できるのではないでしょうか。

実は私も音楽好きで、ゼヒ行きたいと思って調べていたのですがウィーン以外まだ行ったことはありませんので、こまかい情報ではないのですが参考になればと思って書き込みました☆
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
中欧の国は音楽とは切り離せない国なのですね。
私が物心ついたころから、実家ではいつも音楽が流れていました。
音楽は、時に心を明るくしてくれたり、時に心を癒してくれたり、時に心を洗い流してくれたり。
音楽のある景色は優雅で素敵ですよね。
母が音楽を重視したいと思っているようであれば、中欧の国々にした方がよいようですね。母に意向を確認してみたいと思います。
とても詳しいアドバイスをいただきありがとうございました!

お礼日時:2006/06/09 22:19

両方ともそれなりに面白いとは思いますが、どちらか先にと仰れば中欧(以前は東欧といわれてました)でしょうか。


チェコ、ハンガリーは少し前まで鉄のカーテンの中にあった国で東ベルリンと同じくまだ牧歌的なところが残っています。ご存知と思いますがオールトリアとこの国々はハプスブルグ家の遺産がいまだに極めて良く残っている稀有な国です。
確かに日本ではドイツの方が名が通っていて、とりわけロマンティック街道なる言葉が何となく人を惹きつけますが、この中欧3カ国はそれ以上のものがあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
甲乙つけるとしたらやはり中欧ということですね。
そうなんです、「ロマンティック街道」などというネーミングはすごく心惹かれますし、想像力もかきたてられますよね!
母の友達にはドイツに行ったことがある人は何人かいるようで、みんなが口をそろえて「すごく良かったわよ~」と言っているそうなんです。
でも、中欧に行ったことがある人はいないので、イメージが湧かないみたいです。
でも、k_johnさんの「牧歌的なところ」という表現はイメージがつかみやすく、心惹かれるものがありました。早速両親にも伝えたいと思います。
やっぱり私は「それ以上のもの」をこの目で見てみたいなぁ。両親はどんな反応をするかな。。。
わかりやすいアドバイスをありがとうございました!

お礼日時:2006/06/09 20:04

親孝行ですね~私は去年(2)のコースで旅行しました。

ずいぶん前ですが、ドイツも行った事がありますが、私も(2)の方を薦めます。3カ国共に中世の美しい街並みで綺麗でした!一番ウィーンが目当てでしたが、意外にもプラハやブダペストに感激しました。食事もビールもワインも美味しかったですよ!v(^^)v 物価もウィーンより安かったです。これも、オーストリアがEU加盟でユーロになったからだと思います。イタリアやギリシャもユーロになった途端物価が上がりましたから。。(^^; チェコ、ハンガリーもEUに加盟する前に行った方が得策ですよ~
では、楽しい旅行となる事を願ってます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
親孝行なんてとんでもないです。普段離れて暮らしていることもあり、親孝行らしいことは何ひとつしていないんですよ。
でも、昨年初めて一緒に海外旅行に行って、父も母も喜んでいるのを見て、なんだかすごく嬉しかったんです。
段取りから旅行中のフォローもろもろで、ものすごーーーーく疲れましたけど(汗
すみません、前置きが長くなりました..。
やっぱり中欧に1票ですか!
333nanaさんがおっしゃるように、ノーマークのところの方が先入観がない分意外と感激的だったりしますよね。
そういう意味でも、中欧は意外性があって面白そうですね!
なるほどEU加盟前が狙い目ですか~。
確かにイタリアはユーロになって物価が高騰したと言っていました。
貴重なアドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2006/06/09 19:50

どちらにも行ったことがあります。

どちらも素敵です。

趣味の問題としか言えませんが、私なら (2) です。「百塔の街=生きている建築博物館」と世界で一番広い城のプラハ、城から美しい眺望のブダペスト、など何度でも行きたい街です。

なお、ハンガリーやチェコはマイナーな国ではありません。オーストリア・ハンガリー帝国時代にはヨーロッパの中心です。社会主義時代の悪いイメージで評判を落としましたが、ドイツよりも文化的に高い面があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
趣味の問題ですかー...
両親はこれまで海外旅行経験があまりなく、父が定年してから初めてお友達に誘われ、台湾に1回、中国に2回、イタリアに1回行ったことがあるだけです。
どちらかが病気になったりすると旅行にいけなくなってしまうので、元気なうちに行っておきたいようです。
イタリアには、両親と私の3人で行ったのですが、「ミラノ・フィレンツェ・ベネチア・ローマ・ポンペイ・ナポリ」とまわり、それぞれの感想は、
父→絵が好きなので「最後の晩餐」が観れたことと、ポンペイの遺跡が面白かった
母と私→最も良かったのは水の都ベネチア。フィレンツェの可愛らしい街並みよりも落ち着いたミラノの雰囲気の方が好き!
という感じでした。父だけ、若干着眼点が異なるようです。
私の想像では、ドイツはイタリアでいうところのフィレンツェ(おとぎの国のような雰囲気)、中欧3カ国はシックで荘厳なミラノの雰囲気に
似ているんじゃないかなと思っているのですが、もしそうであれば、おそらく後者の方が趣味に合うとおもいます。
でも、どちらも素敵とのことなので、最終的には両親の希望を優先して決めたいないとおもいました。
とても参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2006/06/09 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中欧旅行 11月と12月、どちらがおすすめ?

今年の冬、ウィーン・プラハ・ブダペストの三都市を
8日間程度で旅行する予定です。
現在11月か12月で迷っています(どちらの月も第一週に出発する予定です)。

クリスマス市がある12月が第一候補なのですが、寒さのことを考えると少しでも早い11月のほうがいいのかなぁと考えてしまいます。

どうか、旅行経験もしくは居住経験のある方のアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウィーンにだけ、しかも旅行経験だけです。

どっちも第一週ならば断然12月です!
私は数年前の12月初旬に行きました。
どうやらこの時季はオフシーズンらしく、6泊8日のウィーンのみ滞在で、航空機+宿泊費(4つ星ホテル・朝食つき)のフリープランの旅費が10万円を割っていました。
11月は、同じホテルの宿泊費が倍以上だったんですよ~。

ご存知とは思いますが、ウィーンのクリスマス市、今年は11月18日~12月26日だそうです。
・市庁舎前 http://www.christkindlmarkt.at/
・シェーンブルン宮殿の前庭 http://www.weihnachtsmarkt.co.at/
などでやっています。
もちろんグリューワインは欠かせません。温まります。
もっとあま~いプンシュもありますよ(キンダープンシュはノンアルコール)。
もちろんカップはお持ち帰り。お土産にもなります。
昼食は、屋台で売っているブラートカルトッフェルンやヴルストで済ませることもできますし。

> ウィーンですとオペラ座から大聖堂に向かう街並み
ケルントナーシュトラーセといいますが、オペラ座の横で、樅ノ木を売っていたりします。

ブダの温泉も行ってみたいんですよね~。
うらやましいです。

寒いというより、ウィーンは石畳なので「冷える」というカンジはしますが、風通しの悪い服装と、ホカロンで充分大丈夫だと思います。
あ、ホテルは乾燥注意です。
暖房設備の関係だと思いますが、夜お風呂で洗濯をして、部屋干しをすると翌朝には乾いていたり…(便利なんですけれどね)。
お風呂にはお湯を張って、お風呂の扉を開けて休まれた方がいいですよ。

ウィーンにだけ、しかも旅行経験だけです。

どっちも第一週ならば断然12月です!
私は数年前の12月初旬に行きました。
どうやらこの時季はオフシーズンらしく、6泊8日のウィーンのみ滞在で、航空機+宿泊費(4つ星ホテル・朝食つき)のフリープランの旅費が10万円を割っていました。
11月は、同じホテルの宿泊費が倍以上だったんですよ~。

ご存知とは思いますが、ウィーンのクリスマス市、今年は11月18日~12月26日だそうです。
・市庁舎前 http://www.christkindlmarkt.at/
・シェーンブルン宮殿...続きを読む

Q★中欧ヨーロッパ・ベストな時期等色々教えて下さい★

中欧ヨーロッパ(オーストリア・ハンガリー・チェコの3カ国か4カ国)のツアーに行こうと思っています。本では、5月~9月がベストシーズンとありますが、花(シェーンブルン宮殿など)については何も書いてないように思いました。母親を連れていくので(50代後半)せっかくなら少々高くても綺麗な時期に連れていってあげたいなぁと思っています。私は名古屋在住ですが、直行便があり、7月後半・8月中旬・9月後半があります。どの時期が行くには一番良いでしょうか?

一:ツアーによっては、ザルツカンマーグートに行くものと、ドナウベント地方に行くものがありますが、どちらがお勧めでしょうか。もちろん、何が好きかという好みはあると思いますが、皆さんの良かったなぁという意見を教えていただければと思います。

二:コンサートですが、楽友協会とシェーンブルン宮殿の物があります。どちらがお勧めでしょうか?

三:ウィーンの森観光・ボヘミア古城観光はオプションで付けたほうが良いでしょうか?お勧めですか??

四:ヨーロッパはホテルがあまり良くない(欧米のような快適・綺麗さは無いという意味で)と聞きますが、やはり高いホテルにしておかないと快適さは無いでしょうか。

いくつか書いてしまいましたが、皆さん是非色々と教えてください。宜しくお願いいたします!

中欧ヨーロッパ(オーストリア・ハンガリー・チェコの3カ国か4カ国)のツアーに行こうと思っています。本では、5月~9月がベストシーズンとありますが、花(シェーンブルン宮殿など)については何も書いてないように思いました。母親を連れていくので(50代後半)せっかくなら少々高くても綺麗な時期に連れていってあげたいなぁと思っています。私は名古屋在住ですが、直行便があり、7月後半・8月中旬・9月後半があります。どの時期が行くには一番良いでしょうか?

一:ツアーによっては、ザルツカン...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
もうすぐ出発なさるんですね、楽しみですね~♪

けっきょくわたしが7月に渡欧したのはチェコとポーランドのみですので
お返事できる範囲も限られますが、分かる範囲で書きますね。

1、ウィーンに先に行かれるようなので最初にユーロをお使いになるはずですから
基本的には日本でユーロを両替して持っていってください。
ドルとユーロは基本的には日本で両替するほうがレートは良いのです。
チェコではプラハのみしか分かりませんが、プラハのショップやレストランでは
かなりの確率でユーロ表示もあり、ユーロでも支払えるようになっています。
ただユーロでの支払いは当然ですが、若干ながらチェココルナよりは悪くはなっています。
でも滞在数が1~2日というようなスケジュールであるならば
もう割り切ってユーロで支払いをするようにしたほうが面倒がなくなります。
カードの場合は当然基本的にはコルナでの支払いになっていますので
気にせず使うことが出来ます。ごくたま~にユーロ、コルナどちらで
支払うか聞かれることもありますが、コルナで支払っておくほうがいいと思います。
少なくともわたしの場合はコルナでの支払いのほうが損をしなかったので。

物価に関してですが、わたしの印象としては思ったほど低いとは感じませんでした。
ポーランドからチェコに移動して数日過ごしたので余計にそう感じたのかも分かりませんけど
旧市街(観光地)のレストランなどは日本のレストランで食べるのと
あまり変わらない価格帯のところもわりとあって、ランチを二人で
スープとメイン1品、飲み物もと食べて日本円で4千円弱はかかりました。
食の細い人ならスープとパンと飲み物だけでも十分お腹いっぱいになると思うので
これだけでもいいと思います。そうすれば一人千円以内で食べられます。
あ、あとイタリア料理(ほとんどがピザかパスタですが)がかなり流行っているようで
ピザとパスタの看板だらけですが、パスタは食べないほうがいいです。
まるでゴムのようなパスタが出てきます(苦笑)
多分ピザはまだマシなんだと思いますけど、お勧めはしません。

2、これもプラハのみの情報になってしまいますが、お土産にたくさん
配らなくてはいけないのでしたら、マグネットなどはいかがでしょうか?
旧市街にあるお土産屋さんで買うと割高なので、旧市街広場の裏側に
青果市場がほぼ毎日開かれているのでそこに行ってみてください。
この市場にはお土産品も売られていて、ここならマグネットも安く売られています。
わたしも友達への土産と自分用にいくつか買いました。でもディスカウントは受け付けていないみたいで
トライしてみましたがわたしはダメでした。
でも90個も買えば絶対に安くしてくれるはずですので試してみてください、英語は通じます。

あとは旧市街ならテスコ(イギリス系のスーパーですが)に行ってみてください。
このスーパーで売られているチェコの子供たちに人気があるコンデスミルクのチューブで
「PIKAO」というチョコレート味のコンデスミルクがあるんですが
これが安くてとってもおいしかったです。この夏はバニラアイスに
これをかけて食べてました、おいしくて食べすぎて太ってしまいましたが(笑)
いくらだったか忘れましたが、1本数十円程度だと思いますのでオススメです。
ただ、90本もとなるとかなりの重さが出てくるので帰国時に荷物の重量制限を
超えてしまう可能性がありますから、コンデスミルクよりはマグネットのほうを勧めます。
他のお菓子系では大袋に入ったチョコレートやグミなどがあります。
大袋の場合は中には小分けされたのが入っているのでそれをばら撒くこともできます。

自分用に、また大切な方へのお土産はManufaktura、Blue Prahaなどに行くと
チェコらしい木のおもちゃや雑貨、パペットが売られています。(でもわりと高いですよ)
またボヘミアンガラスもかなりオススメです、日本より3割は安かったです。
またカレル橋を渡っていると橋の上で絵画を売っているお店があります。
http://www.charlesbridge.cz/home.html
上記ウェブサイトを持っているアーティストのお店なのですが
チェコらしいキュートなタッチの絵ですごくかわいいんです♪
値段もそう高くないので自分用にとわたしは購入しました。
主にネコや魚などとカレル橋や旧市街の街並みが描かれています。
橋を渡るついでにのぞいてみてください、プラハ城に近い橋のたもとにお店はあります。

3、プラハ城にはトラムや徒歩で行けるのでもし観光ルートに入っていなければ
ぜひ行ってみてください。黄金の小道もステキでしたし、聖ヴィート大聖堂の中の
ステンドグラスも美しかったです、聖堂内のとてつもなく長い螺旋階段を
登っていくとプラハ市内が一望できる展望台に行けるのですが
心臓破りの螺旋階段ですごい大変でした。でもその後のあの景色は言いようのない美しさでした。
あとは半日のフリーなのでプラハ市内を堪能してもらいたいです。
まずトラムに乗って新市街、旧市街を散策してみてください。
夕方ごろがオススメです、夕日に写るあの美しい街並みをトラムの
窓から眺めた時は本当に感動しました。
ヨーロッパは8カ国くらい旅してますが、その中でもプラハの街並みは
今わたしの中ではダントツ1位となっています。
モウダウ(ヴルダヴァ)川のほとりからプラハ城が見える場所に座り
日が落ちていく様子を眺めているととても幻想的な空気を感じます。
プラハだけでも3~4日では足りないほど見所のある観光名所とあの美しい
街並みがありますので、あれもこれもとただ闇雲に詰め込むだけの
観光の仕方はあまりオススメできませんので、できるならプラハの町を思う存分散策していただきたいですね。
どうしてもどこかに観光なさりたいとのことでしたら、プラハ市内にある
ストラホフ修道院をオススメします。ここは行く価値のある観光名所です。
この修道院の建物の隣に図書館があるんですが、この中の神学の間の
天井に描かれている装飾(フレスコ画)は圧巻です!
行ってみて絶対に損はしないほどの感動があるはずです。

以上、プラハのみになってしまいましたが参考になりましたら幸いです。

最後に服装ですが、下記のサイトを見ると分かるようにかなり冷え込んできていますので
綿素材のタートルネックや長袖シャツ、Tシャツとカーディガン
ジャケットは外側は綿でも中綿が入っているような物や
ハーフ丈くらいのトレンチコート(ライナーつき)は必要だろうと思います。
またババシャツ(キャミソールタイプとか)はあったほうがいいと思います。
キャミソールタイプのババシャツを着ていれば、上に着る服が薄手でも半袖でも体を冷やすことがなくとてもいいですよ。
http://weathernews.jp/world/

楽しい秋のヨーロッパ滞在になりますように☆

No.1です。
もうすぐ出発なさるんですね、楽しみですね~♪

けっきょくわたしが7月に渡欧したのはチェコとポーランドのみですので
お返事できる範囲も限られますが、分かる範囲で書きますね。

1、ウィーンに先に行かれるようなので最初にユーロをお使いになるはずですから
基本的には日本でユーロを両替して持っていってください。
ドルとユーロは基本的には日本で両替するほうがレートは良いのです。
チェコではプラハのみしか分かりませんが、プラハのショップやレストランでは
かなりの確率でユー...続きを読む

Qウィーンを拠点に日帰り観光をするとしたら、プラハとブダペストのどちら?

来週からウィーンへ観光旅行へ行きます。往復の航空券とホテル以外は完全フリープランというツアーを申し込んだため、ウィーンにあるホテルへ5泊する予定になっているのですが、そのうち1日は、周辺諸国へ行きたいと考えています。そこで、プラハかブダペストを考えているのですが、どちらが良いでしょうか?

ブダペストのほうが距離は近いので行きやすいと思うのですが、プラハのほうが美しいという噂も聞きます。早朝出発で、ウィーンへ帰って来るのは夜遅くでもかまわないと思っているのですが、アドバイスをいただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

「どちらがいいか?」をお話しする前に、まず大事なことから伝えなければなりません。


今、ハンガリー国鉄はストライキのため、正常の運転ができてない状態らしいです。
このため現状では、残念ながらブダペスト行きはおすすめできません。


で、仮にハンガリー国鉄が正常運転に戻ったらの話として進めさせていただきますが、、、


どちらがいいかとなれば、やはりブダペストがいいと思います。

単に「どちらの街がいいか」という質問自体ならば甲乙付けがたいのですが、ウィーンからの日帰りとなると、どうしても所要時間&滞在時間を考えなければならないと思います。

参考までに列車の時刻をご紹介させて頂きます。

★プラハ往復
ウィーン南駅→プラハ・ホレショヴィチェ駅
6:58→11:29

プラハ・ホレショヴィチェ駅→ウィーン南駅
16:30→21:02
17:30→22:02


★ブダペスト往復

ウィーン西駅→ブダペスト東駅
7:05→10:19
8:25→11:34
9:50→12:49

ブダペスト東駅→ウィーン西駅
17:05→20:08
18:05→21:05
19:05→22:08
20:10→23:08

この辺りの列車が適当かと思われます。
どれも予約された方がいいと思います。
(一部は予約義務)


あと、ウィーン、ブダペスト、そしてプラハ、乗る駅、ご注意ください。

特にプラハの駅、中央駅ではありません。
郊外のホレショヴィチェ駅からです。
地下鉄で中心街まで行けますが、そこまで20~30分の余裕を見たほうがいいと思います。

となると、プラハでの滞在時間は最大5時間あるかないか。
これだとお城と中心街の散歩だけで終わりそうですね。
レストランで食事をされるとなると一箇所で終わるかも。。。

一方、ブダペストだと、中心のドナウ川辺りまでは10分15分程度で地下鉄で着くし、滞在時間も最大9時間以上取れます。
最終列車で帰るなら、ドナウの真珠とも呼ばれるドナウ川の夜景を見れますよ!

ハンガリー国鉄次第になると思われますが、どちらを周られるにしろ、楽しい旅行をされることを願ってます。

よいご旅行を!

こんにちは!

「どちらがいいか?」をお話しする前に、まず大事なことから伝えなければなりません。


今、ハンガリー国鉄はストライキのため、正常の運転ができてない状態らしいです。
このため現状では、残念ながらブダペスト行きはおすすめできません。


で、仮にハンガリー国鉄が正常運転に戻ったらの話として進めさせていただきますが、、、


どちらがいいかとなれば、やはりブダペストがいいと思います。

単に「どちらの街がいいか」という質問自体ならば甲乙付けがたいのですが、ウィー...続きを読む

QJALPAK、JTB旅物語どちらを選ぶ?

ヨーロッパの添乗員同行のツアーで、日程ありきの旅行のため、希望のプラン(行き先は少し違いますが)で2社の空きを見つけることができました。

JALPAKと競合するならばおそらく、LOOKJTBだと思うのですが、旅物語しかあいていなくて・・・しかし旅物語はネット上ではあまり良い評判を見かけません。

旅物語はJTBの廉価版でクラツーや阪急のトラピックスと同じような性格のもののようですね。

訪れる国も違うので一概には言えないと思いますが、JALPAKが9日間で30万円程度、旅物語が8日間で25万円程度(いずれもサーチャージ込み)なのですが、みなさんだったらどちらを選ばれるのでしょうか。

ちなみに、安さを追求した旅ではなく、ホテルや食事もできれば楽しみたいと思いますし、朝食もコンチネンタルスタイルではなくアメリカンスタイルが良いなと思っております。(JALPAKはアメリカンスタイルの朝食のようですが、旅物語はその記述が見つけられません)食事について、旅物語で後悔したとかありますか?

また、ホテルがどちらも基本的にBグレードとなっておりますが、JALPAKのBグレードと旅物語のBグレードは同等を考えてよろしいのでしょうか?また、それはLOOKJTBのBグレードとも同等なのでしょうか?

ちなみにヨーロッパ旅行はフリープランで都市間の移動は飛行機やユーロスターで都市内の移動は地下鉄などで移動して旅したことはありますが、今回は観光名所などにも行くということで交通の便から添乗員同行のツアーにしています。
英語すらほとんどしゃべれないので・・・。

ヨーロッパの添乗員同行のツアーで、日程ありきの旅行のため、希望のプラン(行き先は少し違いますが)で2社の空きを見つけることができました。

JALPAKと競合するならばおそらく、LOOKJTBだと思うのですが、旅物語しかあいていなくて・・・しかし旅物語はネット上ではあまり良い評判を見かけません。

旅物語はJTBの廉価版でクラツーや阪急のトラピックスと同じような性格のもののようですね。

訪れる国も違うので一概には言えないと思いますが、JALPAKが9日間で30万円程度、旅物語が8日間で25万円程度(いず...続きを読む

Aベストアンサー

JTBは何回も利用しています。阪急やクラブツーリズムも複数回経験があります。残念ながらJALPACKはありません。

私は会社ごとの差よりも、そのツアーの企画と添乗員の差のほうが大きいと思っています。
結局安いツアーそれなりですし、高いツアーはその値打ちがあります。同予算であれば会社ごとのその差はそれほどありません。

これに対して添乗員は千差万別です。私はそれほど変な思い出ではありませんが、新人に当たって大丈夫かなとこちらが心配したことはあります。
もっともそれよりは参加者の方に変な人がいる方がよほどアンラッキーですが。たまに横柄な人や身勝手な人がいて周囲が困ることがあります。でも平均的な日本人の参加者は皆紳士淑女ですね。

日本の大手旅行社はいずれも永年の営業経験で信用もあります。どの会社が良いとか悪いとかは多分たまたまその人が当たったツアーでの経験だけでの感想でしょう。私は平均すればどこも同じという感想です。

ということで予算がある程度あるのならば高いツアーのほうが不満は少ないと思いますよ。

ただJTBは最大手なので品揃えは最も多くあります。日程や目的地でうまく会わないときはJTBをみると何とかなるという気はしますね。

JTBは何回も利用しています。阪急やクラブツーリズムも複数回経験があります。残念ながらJALPACKはありません。

私は会社ごとの差よりも、そのツアーの企画と添乗員の差のほうが大きいと思っています。
結局安いツアーそれなりですし、高いツアーはその値打ちがあります。同予算であれば会社ごとのその差はそれほどありません。

これに対して添乗員は千差万別です。私はそれほど変な思い出ではありませんが、新人に当たって大丈夫かなとこちらが心配したことはあります。
もっともそれよりは参加者の方に変な人...続きを読む


人気Q&Aランキング