数年前に母親がB型肝炎を発病し、その時母がキャリアであったことと自分が母子感染している可能性があることを知りました。現在36歳ですが、今まで大病をしたこともなく、職場で行われる健康診断の血液検査等でも全く異常になる項目がなかったので自分でも信じられません。なんとなく恐くて、職場の血液検査以外、特別な検査は受けたことがありません。もし、母子感染していれば、キャリアであるということですが、キャリアの場合、発病する前に治すことは可能なのでしょうか?治すのには時間がかかるのでしょうか?入院せずに自宅で治したりできるものなのでしょうか?不安ばかりがつのる毎日です。何か教えていただければ大変ありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

B型肝炎の、母親からの感染率については、前の方の回答では、10%前後と回答されておりますが、多分その前後と思われますが、潜伏期間等を考えると、もう少し増加するのではないでしょうか?。


 肝炎(ABC型肝炎)に対する、予防として、髭剃り・クシ・タオル・寝間着等は、一諸に使用しないことです、
それと、キッス・セックス時にも感染する事もありますので、ご注意ください、感染の予防の為・発病の予防のためには、「シマカンギク(不知火菊)」を食べて予防して下さい。
 私達の年代(60歳代)の若い時代には、予防注射での注射針での回し射ちでしたので、その反動で、C型肝炎が多発しておりますが、そのキャリアでその子孫に影響が出ているのが現在の、C型肝炎の多発です、
フジテレビ系列で、C型肝炎の実体が放映されて居りますので、参考のために観て下さい。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。何と言っても「知らない」ことの不安が一番大きいと思います。今回、よいアドバイスをいただきましたので、今後の生活に生かしていきたいと思います。

お礼日時:2002/02/24 18:29

B型肝炎の、お母さんとの事ですが、貴方も一応、B型のキャリアと考えた方が良いと思いますが、そんなに思い込む事はないと思います、現在、36歳との事ですが、出る時期が遅いような気がしますが、母親のキャリアであれば、23歳位から30歳位までに出るのですが、治療方法としては、インターフェロン療法その他の治療方法があると思いますが、インターフェロン療方法は、体力的に大変ですので、出ていない時期から、自然療法をして下さい。


 その方法は、「シマカンギク(不知火菊)」で肝炎の発病を抑えて行くものです、現在、肝炎(ABC型肝炎)の中で、九州地区(佐賀県)では、C型肝炎の方が、多く発病しておりますが、「シマカンギク(不知火菊)」を食べて、発症を抑えておりますのが現状です。

この回答への補足

ありがとうございます。シマカンギクというのは、薬局とかで手に入るものなのでしょうか。
それから、できればもう一つ教えていただきたいことがあるのですが、B型肝炎に感染する確率というのは、どのくらいなのでしょうか。実は母がキャリアであったにもかかわらず、父は全く感染していなかったのです。感染すると感染した人もキャリアになってしまうということなのでしょうか。自分のことより、人に感染することの方が不安です。

補足日時:2002/02/21 20:53
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。今回のアドバイスを今後の生活に生かしていきたいと思います。健康の大切さを実感しました。

お礼日時:2002/02/24 18:33

私もB型キャリアーの1人です。

 率直に言ってキャリアーは治らないです。
 しかし、だからと言って発症して病の床に伏さねばならないかというとそうでもないです。 不幸にして私は約20年ほど前に発症してしまい、1年半程病の床に伏せておりましたが、今はインターフェロンとかB型肝炎用の特効薬が出たそうで、それほど深刻にならなくても通院治療で軽快することも望めるようになってきたとの話もあります。(くわしくはDrに聞いて見て下さい)
 私の場合、生まれたときから親からもらったウイルスを保菌していたため不完全な抵抗力をもっておりGOT GPTが2000近くまで上がったのですが自覚症状はなかったのです。
 ともあれ、自分はキャリアーなんだという自覚を持って深酒など火に油を注ぐような生活を避け半年に1度くらい定期的に血液検査をされて自分の肝臓の健康状態を客観的に監視することが必要なのではないでしょうか。
 ちなみに私は発症当時HBS抗体、HBC抗体、HBe抗体とも陰性でしたが、ステロイド剤によるリバウンド療法でHBS抗体を除く2つの抗体ができ、現在はなんら
支障無く日常生活を送っております。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。お酒が好きなので飲酒を抑えるのはかなりつらいことなのですが、今後はアドバイスをもとに自分の健康管理に努めたいと思います。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 18:36

キャリアかどうかは血液の検査をしないと分かりません(職場の健康診断には通常はその検査は含みません)。


母親から感染したB型肝炎のキャリアの場合、身体からウイルスを排除する方法は今のところありません。しかし、ほとんどの人は、たいしたことにならずにすんでいます。10%程度の人に慢性肝炎が起こります。
ウイルスは排除できませんが、慢性肝炎の治療法はありますから、過度に不安になる必要はありません。一度、病院で検査を受けることをすすめます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「過度に不安になる必要はありません」の一文で少し気持ちが楽になりました。今後は自分の健康管理に気をつけたいと思います。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 18:38

母子感染しているかもしれないとのことですが、


母子感染でB型肝炎ウイルスのキャリアになった場合、
ほとんどの人が成人になるまで発病しないまま過ごします。
しかし、このうち1~2%の人だけは発病して慢性肝炎に移行します。

ウイルスを体内から取り除くことは不可能です。
今は予防接種で感染は予防出来るのですが、
感染してしまっているとしたらどうにもなりません。

キャリアかどうかというのは病院に行けば検査出来ます。
もしキャリアであったならこまめに(年に1回とか)
肝臓の検査をしてもらうのが大事でしょうね。
また、肝炎ウイルスは性行為でも感染することがあるので、
あなたがどなたかとsexする場合にはちゃんとその辺を考えた方がよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。自分のことより人に感染する可能性のあることの方が厳しい現実です。でも、現実は現実として受け止め、今回のアドバイスを今後の自分の生活に生かしていきたいと思います。

お礼日時:2002/02/24 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎損害賠償訴訟問題について

集団予防接種の注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに
感染したとして、全国の患者らが国を訴えている損害賠償訴訟問題ですが、
同じく注射器の使い回しが原因とされているC型肝炎の損害賠償訴訟問題を
聞いたことがありません。
(過去にあったとしたらいつ頃で結果はどうなっているかも知りたいです)

なぜ、B型肝炎罹患者の方たちだけが訴訟を起こしてC型肝炎罹患者の方たちが
沈黙しているのかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

C型肝炎ウイルスが比較的新しいウイルスであり現在の医学では科学的に感染経路を辿るのが非常に困難なためです。
C型肝炎ウイルスは1970年代半ばに発見されました。
B型肝炎ウイルスは戦前から確認されておりWHOより注射器の使い回しを止めるように日本政府は再三通告されてました。
政府は聞く耳持たずで予防接種を義務化し多くの乳幼児に接種し続けました。
これは1985年当時まで行われており85年以降の感染率は大幅な減少傾向にあります。
一方C型肝炎ウイルスに関しては感染経路が多数あり症状も水平感染・垂直感染共に同症状であるため集団予防接種で感染した事を見極めるのが困難であり立証する事が出来ないので訴訟に至ってません。
一方B型肝炎ウイルスは水平感染と垂直感染を客観的に見極める事が出来き、また立証出来るため訴訟に至っております。

QB型肝炎について 教えて下さい。父親が 母子感染のB型肝炎ウィルスキャリアの場合、生活する上で 子

B型肝炎について 教えて下さい。
父親が 母子感染のB型肝炎ウィルスキャリアの場合、生活する上で 子供たちが気を付けなければないないことはありますか?

Aベストアンサー

あまり深く考えなくてもいいと思います。
ただ、お父さんキャリアなのなら、
発病しないように、定期的な通院必要ですね!
普通の人より、肝硬変・ガンになる確率が高いので、定期的な検査は必要だと思います。

QB型肝炎訴訟

父が3年ほど前に、B型肝炎→肝硬変→肝臓癌(末期)で亡くなりました。
このような場合、B型肝炎の訴訟は起こせるのでしょうか?

ちなみに、父の母は亡くなっていますし、証拠になるような物がありません。(病院のカルテはあると思いますが・・・)
可能ならば、弁護士に依頼して訴訟を起こしたいのですが、よい意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなくても20年経過で時効となります。
訴訟には、原告立証責任というのがあり、相談者さんの父親がB型肝炎ウイルスに感染したのは不法行為が原因であると証明しないとなりません。

たしか、カルテの保管期間は5年と記憶していますが、父親が感染した理由が判明しないと難しいでしょう。

B型肝炎は、比較的接触での感染率が高いのはご存じでしょうか?
性行為でも、感染してしまいます。

1)感染経路の証明
2)感染させた相手(被告)の責任があるか
3)総合して、違法性があるのか
上記を、クリアーしないと難しいでしょう。

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなく...続きを読む

Q手術前の感染症の血液検査の結果について

2年ほど前に形成外科で小さな手術(眼瞼下垂)をしました。
手術の一週間ほど前に、血液検査をしたのですが、確か「肝炎
とHIVのチェックをするね」と言われたような記憶があります。
手術自体はうまくいったのですが、血液検査の結果について、
一言もお話がありませんでした。
当時は手術のことで頭がいっぱいで、何も問題がなかったから
何も言われなかったのかな?程度に思っていたのですが、
後々になって、なぜあの時何も結果について何も言われなか
ったんだろう?せめて結果の紙くらい渡してくれてもよさそ
うなのに。と思うようになりました。

そこで詳しい方にお尋ねしたいのですが、小さな手術でも、
感染症チェックは必ず行うものなのでしょうか。
その結果何かが陽性だったら、患者が結果を教えてほしいと
頼まなくても、患者に知らせるものなんでしょうか?
逆に、肝炎やHIVが陽性だった場合に、患者に知らせないと
いうことはありえますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

急患で外来にて(小さな傷など)縫合する場合は改めて血液
検査をしていた記憶はありません。(わたしが勤めた個人
病院では) 

手術室で行う場合は必ず感染症チェックは行います。
これは何故行うかというと、患者さん自身の体の状態
をもっとよく知るためでもあるでしょうし、仮に感染症
が見つかった場合、手術中に使用した器具の消毒方法
が違ってくる為でもあると同時に、医療従事者への
感染も予防する為です。知らないうちに医療従事者へ
感染してしまったりすると、他の非感染者の人へと
感染してしまう可能性があるからです。
みんなが安全にいられる為に、予防接種をするのと
似ていますよね。(微妙に違うかも?(^_^;)

結果が陽性だった場合は、特殊な事情の場合を除いては
本人に告げるはずです。
陰性の場合は、特に患者さん本人からの要望がなければ
伝えないドクターもいますし、結果のコピーを渡さない
場合もあります。
なので、私自身が患者として病院へ行った時は何の検査
をしても、必ずコピーを下さいとドクターに言っています。

患者さんと医師は対等な関係ですから、何事も遠慮せず
よく質問し、納得のいくように物事を進めてください。
そうすれば後々小さな事で「どうなんだろう?」と
いった疑問もなくなると思います。

その後、眼の具合はいかがですか?
お大事になさってくださいね。

急患で外来にて(小さな傷など)縫合する場合は改めて血液
検査をしていた記憶はありません。(わたしが勤めた個人
病院では) 

手術室で行う場合は必ず感染症チェックは行います。
これは何故行うかというと、患者さん自身の体の状態
をもっとよく知るためでもあるでしょうし、仮に感染症
が見つかった場合、手術中に使用した器具の消毒方法
が違ってくる為でもあると同時に、医療従事者への
感染も予防する為です。知らないうちに医療従事者へ
感染してしまったりすると、他の非感染者の人へと
感染し...続きを読む

QB型肝炎訴訟 母死亡のため証明書類が難しい場合は?

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていましたが、
最近和解したことを知りました。

予防接種で感染した証拠となる書類が必要との事ですが、
祖母は今から9年前に亡くなっております。
医療機関に問い合わせてみますが、カルテが破棄されていた場合、
他に証明する手立てとしては「年長」の兄弟の血液検査結果が必要との事。
ですが、母は長女のため年長の兄弟がおりません。
その場合は、訴訟を諦めるべきでしょうか。

B型肝炎医療費助成制度があるようですが、キャリアには適用されないのでしょうか?

以前、定期的に検査をしていた時期もありましたが、2ヶ月に一度、5,6千円程かかり
6ヶ月に一度1万円。
結構経済的に苦しいので、痛い出費です。健康のためには仕方ないとはいえ…

アドバイスよろしくお願いします。

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていまし...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんが母子感染でないことを証明するのに
(1) 祖母さんのHBc抗体陰性か低力価→これはムリ
(2) 年長の兄弟が陰性→ムリ
(3) その他、医学的知見を踏まえた個別判断
という条件があり、このうち一つを満たす必要があります。で、(1)(2)はムリなので、
(3)の可能性を探るしかありません。すなわち、弁護士に検討してもらうしかありません。

Q歯科医でやばいウイルスの平行感染の危険性。妊婦検診の血液検査で、肝炎、

歯科医でやばいウイルスの平行感染の危険性。妊婦検診の血液検査で、肝炎、風疹、白血病、HMVといった法律で検査が定められている全ての細菌/ウイルス検査をしまして、全て陰性でした。
が、しかし、数ヶ月前に某歯科医で虫歯を抜歯をしたことを思い出しました。
そこで、街の婦人科クリニックで、もう一度妊婦検診の血液検査をしてもらいに行きました(妊娠以後これで3度目。前2回も勿論全て陰性)。
採血時に看護婦さんが私の血液アンプルに何か細工をしていないでしょうか?採血管に前の人の血液が残っていたり、注射針の使いまわし、サンプルの取り違えとか(サンプル管に自分の名前が書かれているか毎回確認していますが)。また、分析にまわした検査業者でも、血液の取り違えや機械の故障、嫌がらせで陰性なのに陽性といってきたり・・・・。
不安で不安で発狂しそうです。ちなみに臨月です。
産科の主治医にこれを言ったら、あはははっと一笑に付され、再度の血液検査をやってくれませんでした。

Aベストアンサー

歯科医院は外科処置に入るので、器具はすべて高圧滅菌されています。
病院によってはガス滅菌されているところもあります。
ですから、心配は無用ですよ。大丈夫ですから安心されてください。

ヒューマンエラーが怖いと感じられているようですが
検査機関や病院もヒューマンエラーを根性だけで解決しようとしているわけではありません。
ダブルチェックなどミスが起こりそうな場面はそれを防ぐマニュアルがありますし
マニュアル自体も常にシェルモデルなどで要因分析を行ってブラッシュアップしています。
安心されてください。
ですから、あなた様の言われているような事が起こる確率は
空から隕石が降ってきてそれにあたるような低いものです。
そのレベルを心配しても仕方がないでしょう?
臨月とのこと。雑念にとらわれず、リフレッシュして心静かに過ごされてください。
それがあなたの一番の仕事ですよ。

QB型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

B型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

45歳の男性です。私は現在B型肝炎の抗体を持っております。抗原は全て-です。
その当時の医師には、知らぬ間にかかって治ったのでは?と言われました。
そんな私でも、予防接種感染ということで国から賠償を受け取る事ができるのでしょうか?

抗体については検査にて判明したのですが、全く自覚症状はありませんでした。唯一以前に肝機能(GOP、GPT)上昇し発熱が1ヶ月続いたことがありました。がその際は原因がはっきり解らず単核球症という病名でした。
現在でもγーGPTのみが大幅に正常値を超えています。自覚症状はなく定期的に病院で血液検査を行っている程度で薬の服用も特にしておりません。
前述症状はB型肝炎抗体には因果関係はないと思いますが?

以上を踏まえて賠償訴えの可否について、ご教示いただくと幸いです。

Aベストアンサー

質問文からは、肝炎治療もされたことが無いようですが、
そもそも質問者さんは、どういった事(損害)に対する賠償を求めるおつもりでしょう?
質問文からは、そこが不明なのですが。

下記URLの「訴訟をお考えの方へ」を、よくお読みください。

http://www.b-kan-sosho.jp/index.html

Q白血球 血液検査 血液内科

30歳の男です。
約2年ほど前から、原因不明の痛み(頭痛・主に腹痛)が続いています。病名は慢性疼痛という 神経 の病気と一応診断され、さまざまな薬を試しましたが効果はありません。担当医師も打つ手が無い様子です。
痛みとして、主に腹部の痛みであり、下腹部が張るような痛みがあったり、きりきりとした痛みもあります。
さらにはっきりした場所は、へその下辺りにある場所が痛く、医師に尋ねたところ、リンパのところであるといわれました。
また、 盲腸 にあたるところが常に痛く、いつもゴロゴロしており、毎日ガスが出ます。
内科や精神科の医師は神経が過敏に反応して、そうなっていると言っています。
もちろん、医師も色々な検査を見てそう言っているのですが...。

ただ、今までの薬が効かなく、その他の原因では?と考えるようになっています。
つまり、痛みがある部分はリンパが通っている部分であり、盲腸の部分もずっと痛いわけで。

長々となりましたが、ここからが質問です。

いわゆる急性虫垂炎はどのような症状なのでしょうか?
少し調べましたが、食欲不振や吐き気があるとのことですが、
残念ながら僕はありません。頭痛はあります。

また、血液検査ですが3ヶ月前ですが、一般的な血液検査をしました。結果ですが、問題の白血球の数値は7,000と異常な数値は見られませんでした。
医師にリンパの疑いなどを聞きましたが、数値を見る限り異常な感じは見られないといわれました。

それでも、血液内科のような専門機関で検査を受けるべきでしょうか?
一般検査で異常が無い場合、血液内科で検査しても、あまり意味ないのでしょうか?
それとも、血液内科では、白血球をもっと細かく検査をしてくれるものなのでしょうか?

そもそも、血液内科は簡単に検査させてもらえますか?

長々と書いてしまいました。
少しでも構いません。情報をいただけたらありがたいです。
専門的なことでも、簡単なことでも良いのでお願いします。

30歳の男です。
約2年ほど前から、原因不明の痛み(頭痛・主に腹痛)が続いています。病名は慢性疼痛という 神経 の病気と一応診断され、さまざまな薬を試しましたが効果はありません。担当医師も打つ手が無い様子です。
痛みとして、主に腹部の痛みであり、下腹部が張るような痛みがあったり、きりきりとした痛みもあります。
さらにはっきりした場所は、へその下辺りにある場所が痛く、医師に尋ねたところ、リンパのところであるといわれました。
また、 盲腸 にあたるところが常に痛く、いつもゴロゴ...続きを読む

Aベストアンサー

>>一般的な検査で、異常が無い場合それ以上検査する意味は無い...ということですね。

必ずしもそうとは言えませんし、膠原病や悪性リンパ腫ではないのかと言われれば100%違うと言い切れる人はいません。
ですが、症状と現在の検査結果を考え合わせるとまず違うので、それ以上精査してもおそらく何も分からないだろう、
従っておそらく意味がないだろう、そういう意味です。

>>急性虫垂炎と疑わしい場合は血液検査以外に判断する場合はあるのでしょうか?

腹部の触診ですね。これが極めて重要な位置を占めます。
触診上疑わしければ、腹部エコーで虫垂の腫大を捕まえられれば虫垂炎と言えます。
触診上疑わしくてもエコーで捕まえられなければ、造影CTを行います。
これでも虫垂の腫大が捕まえられなければ虫垂炎とは言えません。

>>また、リンパ節が痛いとのことで、疑わしい病名は悪性リンパ腫・膠原病などあります。
>>それ以外に疑わしいとされるリンパに関係する病気はあるのでしょうか?

特発性のリンパ節炎とかでしょうか。

QB型肝炎の訴訟は何人でもできますか?

私を含め、娘、息子の三人がB型肝炎であることが検査の結果わかりました。
いろいろ検索したのですがわからなかったので、質問させてください。ネットなどでは本人のみの訴訟について書かれていますが、私のように自分の子供も感染している場合、何人までなら訴訟できるなど詳しく書かれていませんでした。私のような場合、訴訟はできるのでしょうか?体調も思わしくないので早めに解決したいです。どこに相談に行ったらよいかなど、教えてください。

Aベストアンサー

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)です。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

なので、あなたが集団予防接種などにより感染した疑いが強い場合は、母子感染されたお子様も対象となります。 相談は、弁護士事務所でそのようなケースをとり扱っているところにされるのが良いでしょう。

Q尿検査や血液検査なしで大丈夫?

夕方になると、すね、腰と背中、後頭部が痛むようになり、その後38度弱の熱がでる状態が5日間ほど続き、昨日、内科を受診しました。問診と、のどが少し赤い、お腹を押してみて恥骨上部の圧痛、左右耳下の圧痛から感染性胃腸炎と言われました。便がゆるいときはありますが、下痢ではなく嘔吐もありませんので違う気がするんですが・・・。血液検査や尿検査もなく不安です。

Aベストアンサー

多分どこの内科でも最初は様子見といった感じで、自分から検査してくれと言わないかぎり検査はしないと思います。
昨日受診ということなのですが、もらった薬は効いているのでしょうか?効いているのならば診断結果があながち間違いという訳でもないと思います。が、やはり自分の体の事ですので、診断結果が違う気がするのであれば同じ病院で検査してもらうか、その病院に不安があるのであれば他の病院で今までの経緯を説明して検査をして欲しいと伝え、検査してもらうのが良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報