森瑤子さんという作家?わかりますか?

http://www.synapse.ne.jp/~tkam/
↑↑この方が出版した本の一覧です。↑↑

私もこの方分からないのですが、ある人から「この人が昔カナダに住んでいた場所をしりたいから、探して」と言われたのですが、検索しても探せません。(カナダの無人島しか分かりません。)
カナダの何処に住んでいたのか細かい詳細がほしいです。
分かる方いましたら教えてください。お願いします。

A 回答 (3件)

http://www.hcc-web.co.jp/blog/archives/000053.html
この方のブログだとヴィクトリアにあると書かれてますが...
    • good
    • 0

これによれば、バンクーバーに一時期住んでいたけど、日本に戻ってきたという感じのような…?


http://www.e-sumai.com/portal/e-sumai/ll/3/pro.htm

与論島にも別荘があったようです。
http://www.minc.ne.jp/yoronto/island.htm
    • good
    • 0

森さんが亡くなってから、もうかなりたちますよね。


恋愛小説を多く書いていらしたと思います。
私もかなりの数読みました。

ご質問の件はわかりません。ごめんなさい。

お近くの図書館にいかれたらいかがでしょうか?
彼女は人気作家でしたので、たくさん蔵書があると思います。
解説などにかかれているかも、です。30~40代の司書さんならご存知でしょうから、直接尋ねてみるのもいいかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年が無人島生活をする日記(実話)のタイトル

昔読んだ無人島生活の日記のタイトルが分かりません。
ご存知の方がいたら教えてください。
覚えている事は、
・無人島へ漂着して一人で生き延びた少年が救助されるまでの日記(実話)
・ムール貝を食べる機会が非常に多い
・ウドを食べる機会も多い
・一度食あたりをして死にかける以外はひたすら淡々としている
・日本ではなく、海外の話
です。

Aベストアンサー

「孤島の冒険」ニコラーイ・ヴヌーコフ
かな?

Q1918年出版の和書の入手法

1918年出版の和書を探しています。国内の大学でも20くらいしか持っていません。古本ネットで探すと、1970年代に改編されたものばかりがかかります。

川村多実二「日本淡水生物学」(上・下)裳華房 1918年

数万円でも是非ほしいと思っています。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんばんは。

お探しの資料は中々入手困難なようですね。しかも、調べた範囲では、それ以降出た版違いもすでに入手困難なようです↓。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon_result?p_shomei=%93%FA%96%7B%92W%90%85%90%B6%95%A8%8Aw&p_chosya=&p_gyou=50&p_shomei_option=2&p_chosya_option=2

大学図書館で原本所蔵は全国で36大学だけですね。

どうしても初版入手にこだわれるようでしたら、オーソドックスですが、日本の古本屋サイトの探求書にする↓
http://www.kosho.or.jp/servlet/tankyu.ksT001

あるいは、楽天、ヤフーなどにWantedをかけるしかないのではないでしょうか。

また、古書店連盟が古書展を毎年決まった時期に行っていて、業界(大学図書館など)を相手にしたもので、主にレアブックばかりですが、大正7年刊となると場合によっては貴重なものとして取り扱いがあるかもしれません。最も近くで行われるのは「七夕古本市」ですね。

ご参考まで。

こんばんは。

お探しの資料は中々入手困難なようですね。しかも、調べた範囲では、それ以降出た版違いもすでに入手困難なようです↓。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon_result?p_shomei=%93%FA%96%7B%92W%90%85%90%B6%95%A8%8Aw&p_chosya=&p_gyou=50&p_shomei_option=2&p_chosya_option=2

大学図書館で原本所蔵は全国で36大学だけですね。

どうしても初版入手にこだわれるようでしたら、オーソドックスですが、日本の古本屋サイトの探求書にする↓
http://www.kosho.or.jp/servlet/ta...続きを読む

Q感動をうけた作家は誰ですか?

ちなみに私は林真理子さんです。まんがありでおねがいします。

Aベストアンサー

★小山ゆう : おれは直角!(マンガ)
 最後のストリーは、涙なくして読めませんね。友情に涙しました。

★三好達治 : 乳母車(詩)
 せつない詩です。亡き母を想うと、泣けてきます。

★三島由紀夫 : 金閣寺(小説)
 その豊かな語彙に、日本語を超えた日本語に感動

★尾崎豊 : シェリー
 メロディーに刻まれた、その歌詞に感動

★朝比奈颯季 : 青空バスケット(小説)
 せつなく純心な恋心に、感動

★上野正彦 : 死体は語る(ノンフィクション)
 恐ろしくも美しい監察医の経験談

Q星新一好きの私にオススメの作家・・

眠る前の2~30分のために、短めの話が何話も載っているような本を探しています。

また、星新一のような短い話専門のような作家がいたらぜひ読みたいなと思っています。星新一のほかにそういった作家はおりますでしょうか?

条件としましては、1話が30ページ以内くらい(もちろん2~3ページでも可)なら、なんでもOKです。

なにかオススメの作品、もしくは作家はいらっしゃいますでしょうか。もしあったらぜひ教えてください!

※ 以前、家にたまたまあった眉村卓さんの作品を呼んだのですが、オチがよくわからなくて受け付けませんでした。

Aベストアンサー

No.2です。
海外作家でもOKであれば、短編の名手フレドリック・ブラウンがお勧めです。
SFショートショートをはじめミステリ・サスペンス風の短編まで幅広いです。
驚くような結末や機知に富んだ作品やユーモアたっぷりの作品が多く、テンポよく読める作家で後味の悪さもありません。
お勧めは「スポンサーから一言」。最近、星新一翻訳の短編集「さあ、気ちがいになりなさい 」も出ています。

あと個人的好みでは、ジャック・フィニイ。
ファンタジックでノスタルジー溢れる短編を書いています。分野としてはSFやファンタジーになると思います。
ブラウンと違ってあっと驚くような機知に富んだ作品とは違いますが、読後にほんわかと心温まる作品が多く、なごむのにはもってこいです。
お勧めは「ゲイルズバーグの春を愛す」。

Q紀行専門の作家

紀行文だけしか書かない作家はいるのでしょうか?
鉄道系ですと宮脇俊三氏が思いうかびますが、一般的な紀行作家といえば、誰なのでしょう?

ご存知でしたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

紀行文専門の作家というのは思いつきませんが、
民俗学のジャンルにはいる宮本常一
街道をゆくシリーズを書いていた司馬遼太郎
ちょっと異種かもしれませんが、奥の細道をたどって
あるいてみたりしている「シェルパ斉藤」
というのが思い浮かびました
ご参考になれば


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報