セシウムの常温から-100℃までの蒸気圧がわからなくて、とても困っています。
どなたか教えて下さい。

A 回答 (1件)

セシウムとは、周期表中の第1族、第6周期、元素番号55の物質のCsですよね。



この物質の単体の融点は28.45℃、沸点は、1640℃ですので、通常は、蒸気圧を考える必要の無い物質です。むしろ、昇華の時の平衡圧が必要なのでしょうか。

補足をお願いします。もし、金属の単体であれば、無視できる程度の微量な昇華量だと思うのですが、この微量という判断では、だめなのでしょうか。

tukitosan でした。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
その「微量」が無視できません。定量的な値が必要です。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2000/12/26 08:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不織布袋の英訳

輸出の際ダンボールの表面に文字を書くのに英訳がわかりません。お願いします。「不織布袋」とは繊維を織らず編まずに作った布です。

Aベストアンサー

不織布はnon-wovenです。
non-woven fabric, non-woven materialという用法が一般的(個人的にはマテリアルのほうが良く使われると思います)。素材を特定したいのでしたらnon-woven PP material などと書きます。
袋でしたら
bags made of non-woven material
または、シンプルに
non-woven bags
でよいです。

Q蒸気圧について。

物質の蒸気圧について。 蒸気圧とはどの様な現象かを説明したいのですが うまく説明できません。 聞く人が 理解してくれる説明にするには どの様に説明したらよいか ご助言お願いいたします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・聞く人はどの程度の基礎知識を持った人ですか?
・どの程度のレベルで理解させるのですか?

 補足下さい。

 なお,「蒸気圧」をトップページで検索すると類似質問が,検索エンジンで検索すると説明のあるページがヒットすると思います。それらを参考にされては?

Q炎色反応で用いる水溶液について

炎色反応で用いる水溶液について
炎色反応の実験で、教科書では白金線を用いると書かれていることが多いです。
実際は水溶液を濾紙にひたしてガスバーナーであぶれば炎色反応は見る事ができます。
しかし、硫酸銅はすぐ見る事ができるのですが、ナトリウムやカルシウムはなかなか見れません。
特にナトリウムは水酸化ナトリウム、塩化ナトリウムどちらの水溶液でも
正しい炎色反応(黄色)は出ませんでした。
ナトリウムやカルシウムの炎色反応を見るには、
どんな水溶液を用いればよいか、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

水溶液の問題ではなく、濾紙を使うことに問題があるのでは有りませんか?
白金線が無くとも、アルミ箔やステンレスの金網などでうまく水溶液を捕まえて、炎を近づけて見てください。

Qなぜ蒸気圧が高くなると液体になるのですか?

なぜ蒸気圧が高くなると液体になるのですか?

Aベストアンサー

水を張ったコップを想像してください。目で見てもわかりませんが、実際には水面では水が空気中に飛び出そうとする力(蒸気圧)とそれを抑えようとする力(大気圧)が働いています。
さて、やかんでお湯を沸かすことを考えてみましょう。温度が低い状態では蒸気圧より大気圧(一定)のほうが大きいので蒸発はほとんどしません。しかし温度を上げていくと水分子の運動が激しくなり水が空気中に飛び出そうとする力(蒸気圧)が大きくなります。水が約100℃になると蒸気圧と大気圧が等しくなるため、水が蒸発し始めるのです。今回は想像しやすいように液体から気体になる現象について説明しましたが固体から液体になる現象についても同様に説明できます。

Qセシウム137の人体への影響

お世話になります。
某本で、セシウム137が人体に取り込まれた時の影響というものが書いてありました。

その本によると
"30Bq/kgのセシウムを取り込んでいる幼児には心電図などで影響が出る"
というような記載が見られます。


ここで一つ疑問がわきます。
セシウム137は3E12Bq/gであるようです。

これはつまり体重10kgの幼児は10E-10gのセシウム137を人体に取り込んでしまった時点で害が生じるという解釈になるのでしょうか?・・・・・Aとする


また、体に固着?するセシウム137は全吸収量の何%ほどになるのでしょうか?・・・Bとする


次に疑問は
現在自然放射線の分を除いて、私が住んでいる地域では基準の測り方で2μSv/h程度が確認されています。
仮にすべてセシウム137由来であったとするなら地面1平方メートルあたりどれくらいの量のセシウムが存在しているという計算になるのでしょう?・・・Cとする


とりあえずAとBとCの影響を踏まえて概算すれば
どの程度セシウム137を騒ぎ立てればいいのかひとつの指標になると思いますがこの考え方は専門家の方からみたらどうなのでしょうか?


よろしくお願いします


ちなみに自分は一応理工系ですのである程度の物理概念は理解できると思います。


自分の現時点での知識は
Bqは崩壊できる回数。崩壊する物質が決まれば完全に安定した物質になるまでに放出されるそうエネルギーEが決定される

この総エネルギーEは全方向に当方的に放出される。そのエネルギー密度(フラックス)は距離と崩壊頻度(半減期など)によって定まる。

このエネルギー密度E/m^2sを人体の有効断面積Sで乗じて、生物に影響を与える係数を乗じたものがSv/sだと理解しています。

お世話になります。
某本で、セシウム137が人体に取り込まれた時の影響というものが書いてありました。

その本によると
"30Bq/kgのセシウムを取り込んでいる幼児には心電図などで影響が出る"
というような記載が見られます。


ここで一つ疑問がわきます。
セシウム137は3E12Bq/gであるようです。

これはつまり体重10kgの幼児は10E-10gのセシウム137を人体に取り込んでしまった時点で害が生じるという解釈になるのでしょうか?・・・・・Aとする


また、体に固着?するセシウム137は全吸収量の何%ほどになるの...続きを読む

Aベストアンサー

 放射線による人体への影響ですが、基本的には放射線による「電離」によって、細胞が破壊されたり、癌化したり、遺伝子に損傷を与えることにより発生します。ただし、人体には局所的な細胞レベルの損傷を修復する力もありますので、特に「少量を長期に」被ばくした時の影響は、明確なことは分かっていません。
 これを踏まえると、

>"30Bq/kgのセシウムを取り込んでいる幼児には心電図などで影響が出る"

の意味が分かりません。もともと、人体には放射性の炭素14やカリウム40が存在しており、体重60kgの人で6000ベクレル程度の放射線を体内で出しています。10kgの幼児でも1000ベクレル、1kgあたり100ベクレルです。
 「30Bq/kgのセシウム」でどんな影響が、しかも急性で発生するというのでしょうか。しかも、放射線で「心電図などで影響が出る」ことは考えられません。
 この情報の出典は一体何でしょうか? 不確実な情報に基づく無駄な議論はやめましょう。

 従って、「A」は「30Bq/kgのセシウム」では影響が出るとは考えられません。

 ちなみに、「セシウム137は3E12Bq/g」というのは、「天然には存在しないセシウム137を1g集めたら」という意味であり、そんなに集中して存在することはあり得ません。
 この手の議論には、とてつもない桁数が出てきますが、そもそもグラムオーダーの物質の「原子の数」は、「アボガドロ定数:6×10E23」の世界ですので、幻惑されないように注意してください。


 「B」については、セシウムは、骨に蓄積されるストロンチウムや、甲状腺に蓄積されるヨウ素と違って、特に蓄積・吸着することはないといわれています。従って、取り込まれた場合には、通常の生体の新陳代謝の流れで一定期間体内にあるということになります。この間、体内で被ばくすることになります。
 下記のWikipediaでは、「経口で10000 Bqを摂取した時の実効線量は0.13 mSv」とあります。単位時間のmSv/hではなく、体内に留まって被ばくする「積算量」であることに注意してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0137


 「C」については、下記の「日本物理学会」サイトにあるように、セシウム137はベータ線を出し、ベータ線は空気中でも1~2m、人体の皮膚程度で止まるので、外部からの影響はほとんどなく、危険なのは体内に取り込んだ内部被ばくです。

http://radi-info.com/q-293/

 ただし、セシウム137はガンマ線も出します。この影響は、上記Wikipediaのよれば「1 mの距離に1.00 MBqの線源があった場合、ガンマ線によって1日に1.9 µSv」とのことです。「1日に」ですから、 µSv/hに換算するとこの1/24ということです。
 外部のセシウム137の影響はこの程度ということです。


 結論からすると、「A」「B」「C」とも、「大した影響はない」ということになるのでは。

 ただし、最初に書いたように、少量の被ばくを長期間継続すると、どのような影響が表れるかは分からない、といううことですので、少ないに越したことはありません。ただし、「ゼロ」以外は危険、という「0か1か」ということではなく、上にも書いた「自然界の放射性物質により、体重60kgの人で6000ベクレル程度の放射線を体内で出している(これは一生続く)」という現実との定量的評価で判断する、という論理的な対応が必要と思います。(ベクレルは、1秒あたりに発生する放射線の数です)


 なお、放射線の影響は、「放射線の種類」(ベータ線、ガンマ線)、被ばくのルート(対外、体内)と被ばく線量、人体への影響、といった側面から評価することが必要です。
 
 質問者さんがおっしゃる、

>Bqは崩壊できる回数。崩壊する物質が決まれば完全に安定した物質になるまでに放出されるそうエネルギーEが決定される
>この総エネルギーEは全方向に当方的に放出される。そのエネルギー密度(フラックス)は距離と崩壊頻度(半減期など)によって定まる。
>このエネルギー密度E/m^2sを人体の有効断面積Sで乗じて、生物に影響を与える係数を乗じたものがSv/sだと理解しています。

に関しては、これらのプロセス全てを考慮して「シーベルト(Sv)」という単位になっています。「シーベルト」は、「生体の被ばくによる生物学的影響の大きさ(線量当量)の単位」ということです。たたし、これは「積算量」「総量」であって、線量の測定には単位時間当たりの被ばくの量として「シーベルト/時」(Sv/h)が使われます。この2つは、混同すると大変なことになりますので、注意してください。(マスコミも、事故直後は混同することが多かったようです)

 質問者さんは「自分は一応理工系ですのである程度の物理概念は理解できる」とのことですので、是非ご自分の手で「定量的な計算」をしてみることをお勧めします。残念ながら、日本のマスコミはほとんど「おかみの発表」「東電の発表」を伝えるだけで、それがどの程度のものなのか、適切に理解・評価して報道できていませんので。「重大なこと」と「些細なこと」をきちんと第三者の立場で検証して伝えてほしいものです。

 放射線による人体への影響ですが、基本的には放射線による「電離」によって、細胞が破壊されたり、癌化したり、遺伝子に損傷を与えることにより発生します。ただし、人体には局所的な細胞レベルの損傷を修復する力もありますので、特に「少量を長期に」被ばくした時の影響は、明確なことは分かっていません。
 これを踏まえると、

>"30Bq/kgのセシウムを取り込んでいる幼児には心電図などで影響が出る"

の意味が分かりません。もともと、人体には放射性の炭素14やカリウム40が存在しており、体重60kgの人で...続きを読む

Q人類は100年(1世紀)周期で進歩していると聞いたことがあります。19cには蒸気機関 20cには核が

人類は100年(1世紀)周期で進歩していると聞いたことがあります。19cには蒸気機関 20cには核ができましたが19cよりも前はなにが発明されましたか?

Aベストアンサー

羅針盤、鉄砲、活版印刷

Q放射能 「暫定」基準値、いつまで実施するつもり?

放射性物質を浴びて、作物の汚染数値が上がった。
汚染濃度に合わせるように「暫定」基準値が実施された。

ヨウ素は、半減期1週間ぐらいだけど、セシウムは半減期が30年とのこと。

「暫定」って、そもそも「しばらくの間」「当座の期間」って意味でしょ。

たとえば、30年間「暫定」基準値で運用されたら、そもそも本来の意味である「暫定」の意味がなくなるよね。

「暫定」って、一体、どのくらいの期間を指すのだろう?

誰か「暫定」基準値の「暫定」の「一定のメド」を教えてください

Aベストアンサー

当面使用するため。という名目でつくられた「当用漢字」、制定されたのが、1946年?
1981年に「常用漢字」と名前を変えるまで、「当面の間」使用され続けていたわけです。

暫定だ、一定のメドだなんてのも、「いや、まだメドが立っていない」と言い続けていれば(言い方を変えよう「めどが立ったと言わなければ」)、二十年、三十年だって使い続けられるわけです。しかも、改正に次ぐ改正で、いくらでも値を変えられるわけですよ。

Q小学3年生の女の子がとても偏食、好き嫌いが多くて困っています。

小学3年生の女の子がとても偏食、好き嫌いが多くて困っています。
給食もほとんど食べていません。
食べれる物は、うどん(何も入っていないうどん)カレー(バーモント甘口以外は無理)
魚(鮭とさばだけ) ハンバーグ(ドンキーのしか無理) 王将(餃子と天津飯ばかり)
豆腐など・・・ご飯もふりかけやたらこがないと食べません。
この上記の物だとバクバク食べます。

私は料理も好きですし、色々工夫などもしていました。料理も娘にしょっちゅう手伝ってもらいますが
味見をお願いすると「おいしい」と言いますが、いざ食卓に付くと食べません。
下の弟は好き嫌いも一切なく何でも残さず食べてくれます。
娘のあまりにも好き嫌いの多さに毎日ご飯の時は私も憂鬱になります。

何度か過去にものすごく怒りました。するとご飯を食べると吐いたりするようになり
最近は食べなくても何も言わないようにしています。
ですが見た目もガリガリで体重も20キロしかありません。3歳下の弟と同じ体重なんです・・・

あまり食べないせいか体力もあまりありません。すぐに疲れたやしんどいって言います。

お菓子はあればちょっと食べるという感じです。
ジュースはオレンジジュース以外飲みません。以前はりんごジュース以外飲まなかったのですが
今はオレンジジュースだけでりんごジュースは飲まなくなりました。
今の所、毎朝カレーを食べています。

今まで食べてたのを急に食べなくなったり、同じのをばっかり食べたり、
ハンバーグとかにしてもドンキーは食べれるけど、普通のお子様ランチや他店のハンバーグや
ハンバーガーは無理など、自分の子供ながら理解できない所がたくさんあります。。。

みなさんのご経験など聞かせてもらいたいです。よろしくお願いします。

小学3年生の女の子がとても偏食、好き嫌いが多くて困っています。
給食もほとんど食べていません。
食べれる物は、うどん(何も入っていないうどん)カレー(バーモント甘口以外は無理)
魚(鮭とさばだけ) ハンバーグ(ドンキーのしか無理) 王将(餃子と天津飯ばかり)
豆腐など・・・ご飯もふりかけやたらこがないと食べません。
この上記の物だとバクバク食べます。

私は料理も好きですし、色々工夫などもしていました。料理も娘にしょっちゅう手伝ってもらいますが
味見をお願いすると「おいしい」と言...続きを読む

Aベストアンサー

学校では、他に問題などは出ていませんか?

他の方も言うように、発達障害か、心理的なものを感じます。
心理的な理由での拒食についてはわかりませんが
発達障害的なものであれば
一度覚えた味にこだわりがあり、他の銘柄や
同じ料理でもメーカーが変わると食べられないといったお子さんはいます。
同じ食べ物ばかり食べるといった偏食もよくあります。

たとえば、ササニシキしか食べられないとか
明治のプリンは食べるけどグリコのプリンは食べない、
未知のもの、初めての食べ物が口にできないので
食べられるものが広がりにくい、など…。

小学生であれば、児童相談所もしくは、発達障害支援センター
学校にカウンセラーがいる場合はそちらなどに一度相談してみてはどうでしょうか。

とりあえず栄養面だけでも小児科で貧血など一度検査してみては。

ところで、さらっと読んでしまいましたが
弟さんは20キロはかなり大きい方では?

お母さんも工夫されてるみたいですし
家庭で、一人で対処するレベルは超えていると思います。
栄養士や心理士など専門家の意見を入れた方が良いと思います。

学校では、他に問題などは出ていませんか?

他の方も言うように、発達障害か、心理的なものを感じます。
心理的な理由での拒食についてはわかりませんが
発達障害的なものであれば
一度覚えた味にこだわりがあり、他の銘柄や
同じ料理でもメーカーが変わると食べられないといったお子さんはいます。
同じ食べ物ばかり食べるといった偏食もよくあります。

たとえば、ササニシキしか食べられないとか
明治のプリンは食べるけどグリコのプリンは食べない、
未知のもの、初めての食べ物が口にできないの...続きを読む

Q静岡産茶葉からセシウム 食品の検査がEU全体に拡大

【原発問題】フランスで静岡産茶葉から規制値超す放射性セシウム 1038ベクレル/kg。静岡県産食品の検査がEU全体に拡大も[06/17]

#仏に空輸の静岡茶からセシウム検出

 【パリ=清水俊郎】フランス競争消費違反取り締まり総局(DGCCRF)は17日、
日本からパリ近郊の空港に空輸された静岡県産の緑茶の葉から欧州連合(EU)
の許容基準の2倍を超える1キログラムあたり1038ベクレルの放射性セシウム
が検出されたため、押収したと発表した。

 福島第1原発の事故後、フランスに輸入された日本産食品から放射性物質が検
出されたのは初めて。

 EUでは3月下旬から福島や東京など12都県産の食品を輸入する際、放射性
物質検査を義務付けているが、静岡県産の食品は対象外としていた。ただフラン
スは日本からの食品に対して独自に検査していた。

 フランスは今回の結果を受け今後、静岡県産の検査を強化していくことを決定。
さらに欧州全体でも従来の12都県産に加え、静岡産も検査対象とするよう欧州委
員会に要請する。

 AFP通信によると、問題の緑茶の葉は162キログラムのひとまとまりの荷で、
日本の出荷元などは明らかにされていない。   (中日新聞)

ソース:中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011061890105936.html

あ~あ予想どおりフランスが静岡のせいで日本の輸出品に厳しくなっちゃったね
風評被害も増えて日本製品不買運動とかになるのかな?いったいどうしたらまともになると思う?

【原発問題】フランスで静岡産茶葉から規制値超す放射性セシウム 1038ベクレル/kg。静岡県産食品の検査がEU全体に拡大も[06/17]

#仏に空輸の静岡茶からセシウム検出

 【パリ=清水俊郎】フランス競争消費違反取り締まり総局(DGCCRF)は17日、
日本からパリ近郊の空港に空輸された静岡県産の緑茶の葉から欧州連合(EU)
の許容基準の2倍を超える1キログラムあたり1038ベクレルの放射性セシウム
が検出されたため、押収したと発表した。

 福島第1原発の事故後、フ...続きを読む

Aベストアンサー

いまさらと、言った感じです。

福島原発事故以来、日本のメディアも政府もEUでは信用されていません。 

日本は放射線基準をICRPを参考にしていますが、EUの殆どの国はECRRが基準ですので、放射線に対しては日本より200倍は厳しいと思います。

事故後、EUでは日本から届く製品、特に食物輸入には線量検査を強化しました。

EUでの緑茶の消費などは寿司レストランやバーでの消費が殆どでたかが知れていると思います。

問題なのは、工業製品、精密機械かも知れません。 それにしても、3ヶ月前の規制となんら変わりないと思います。

放射線量が高ければ、税関から日本に戻されるだけで、不買運動にはならないと思います。

Q分子量44の気体A19.8g 分子量不明な気体B24.8gからなる混合気体 全圧が100kPaである

分子量44の気体A19.8g
分子量不明な気体B24.8gからなる混合気体
全圧が100kPaであるとき
気体Aの分圧22.5kPaであった
気体Bの分子量はおよそいくらか?

理数系が苦手です 解き方が分からないので教えてください

Aベストアンサー

気体AもBも「理想気体」だと仮定すると、どちらも「ボイル・シャルルの法則」
  PV = nRT
に従います。
 
 2つの気体が混合・同居しているので体積、温度は等しく(この体積、温度をV0, T0とする)、気体A、Bの圧力、モル数を各々Pa、na、Pb、nb として、
  Pa*V0 = na*R*T0   (A)
  Pb*V0 = nb*R*T0   (B)
ということです。つまり、同じ値をまとめると
  (A) → Pa/na = R*T0/V0
  (B) → Pb/nb = R*T0/V0
つまり
   Pa/na = Pb/nb   (C)

 各々の数値はどうなるかというと、

(1a)気体Aのモル数
  na = 19.8 / 44 = 0.45

(1b)気体Bのモル数:分子量を X として
  nb = 24.8 / X

(2a)気体Aの圧力
  Pa = 22.5 kPa

(2b)気体Bの圧力
  Pb = 100 - 22.5 = 77.5 kPa

 以上を(C)に代入して
   22.5 / 0.45 = 77.5 / (24.8 / X )
   X = 16

 つまり、気体Bの分子量は「16」です。

気体AもBも「理想気体」だと仮定すると、どちらも「ボイル・シャルルの法則」
  PV = nRT
に従います。
 
 2つの気体が混合・同居しているので体積、温度は等しく(この体積、温度をV0, T0とする)、気体A、Bの圧力、モル数を各々Pa、na、Pb、nb として、
  Pa*V0 = na*R*T0   (A)
  Pb*V0 = nb*R*T0   (B)
ということです。つまり、同じ値をまとめると
  (A) → Pa/na = R*T0/V0
  (B) → Pb/nb = R*T0/V0
つまり
   Pa/na = Pb/nb   (C)

 各々の数値はどうなるかというと、

(1a...続きを読む


人気Q&Aランキング