マンガでよめる痔のこと・薬のこと

allerと不定法 (-するところだ)
venir deと不定法(-したところだ) などの不定法ってどんなものなんですか?例などあったら是非教えて下さい!お願いします。

A 回答 (1件)

はじめまして!フランス語は主語によって動詞がいろいろ変化するのが面倒ですよね。


私も去年の秋からフランス語を習い始めたばかりの初心者なんですが、教科書によると「不定法」とは動詞の原型のことらしいです。

・Ce train va paltir. この電車はまもなく発車します。
trainは男性・単数名詞なのでilと考え、allerがvaに変化し、動詞の原型paltirを後ろにつけます。
・Je viens de voir mon ami. 私はたった今友達に会ったところです。
voirは「見る、会う」という動詞の原型です。

こんなんで良かったでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!不定法てゆうのがどんなものかやっとわかりました。ほんとありがとうございました。

お礼日時:2002/02/19 23:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次のフランス語の文章中の「d'」の意味を教えてください

フランス語の初級者で、NHKラジオ講座で勉強中の者です。

Qelle est la population de la Colombie?(コロンビアの人口はどれくらいですか?)
という問いかけに対して、
Sa population est d'environ 48 millions d'habitants.(その人口は、およそ4800万人です。)
と答える文章に出会いました。
1. d'environの 「d'」は、品詞は何で、どういう意味ですか? また、これは、無くても良いような気がしますが、なぜ、必要なのでしょうか?
2.d'habitantsの 「d'」は、品詞は何で、どういう意味ですか? また、これは、なぜ、必要なのでしょうか? もし無いと、どうなりますか? 文の中で、どういう働きをしているのでしょうか?

フランス語にお詳しい方、ご教示かた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1. d'environ の de
ここでは、補語(属詞)ですね。
「人口」が「およそ4800万」という数字であるはずはないので、形容詞的にする必要があります。
英語で言えば、of +抽象名詞で形容詞扱いにするのと同じです。
類例を挙げておきましょう。
Sa capacité est de 565 millions m³, la superficie est de 14,2 km², et son hauteur est de 726 mètres.
「体積は...、表面積は...、高さは...」
La température est de 20 degrés.
「気温は20度」


たとえば、考えてはどうでしょう。
le voyage de 14 jours 14日の旅行

これを主語と補語(属詞)に分離すると、
le voyage est de 14 jours. 旅行は14日だ

de が出てきますね。



同じように、
population de 27 mille habitons 2万7千人の人口
La population est de 27 mille habitons 人口は2万7千人だ。

ね、de が必要でしょ?


数字以外ではこういうのもあります。
Le ciel est de couleur bleue.
「空は青い色をしている」


英語や日本語では出てこないし、「無くても良いような気が」するかもしれませんが、フランス語では必要です。



2.d'habitants の de
これはくだくだ説明するより、million 以上の桁を表す数字の特殊性によると思って下さい。
million, milliard などは de を挟んで名詞が来るのです。
deus millions de francs 200万フラン
un million d'hommes 100万人
un milliard d'euros 10億ユーロ

1. d'environ の de
ここでは、補語(属詞)ですね。
「人口」が「およそ4800万」という数字であるはずはないので、形容詞的にする必要があります。
英語で言えば、of +抽象名詞で形容詞扱いにするのと同じです。
類例を挙げておきましょう。
Sa capacité est de 565 millions m³, la superficie est de 14,2 km², et son hauteur est de 726 mètres.
「体積は...、表面積は...、高さは...」
La température est de 20 degrés.
「気温は20度」


たとえば、考えてはどうでしょう。
le voyage de 14 jou...続きを読む

Qフランス語、encore の使い方

親子で知らない町を旅しています。父は迷ってないと主張しますが子供はいぶかしげです。

Pe're: Un agent de police. On va lui demander.
Fils: C_a y est! On est encore perdus!

ここで質問なのですが、encore はpas とともに用いられる用法はなじみがあるのですが、この文のencore はどう訳すのですか?pas がなくてもencoreだけで「まだ~ない」の意味になりうるのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合は「まだ」でなくて「また」ですね。
encoreは pasを伴う時は 英語のyetに近いですね。
pasを伴わないと againかstillに近いです。この場合は againの方ですね。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Qフランス語の「Oui」について

こんにちは。

フランス人の方から、よく「Oui(ウィ)?」といわれます。


Ouiは英語でいうと「Yes」ですよね。
これを疑問系にすると、
大丈夫?とかいう意味になるのでしょうか?

その女性に「Ouiって英語でYesよね?」と質問したところ、
そうだと答えました。それ以外の意味は答えず、ニコニコしていました。

こういわれたとき、私はそのまま{Oui?」と返してよいのでしょうか。

フランス語で辞書にはない、
特殊(?といっていいのかな?)な意味もあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。12/4のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<フランス人の方から、よく「Oui(ウィ)?」といわれます。>

状況・場面によります。

1.ご質問文にあるように「Oui?」と疑問形になっていたのなら、相手がhottoさんに何か質問して、「それでいいの?」「それでOK?」と承諾、許可を求めている可能性もあります。

2.Oui?の前に、何か質問らしきコメントはなかったかどうか確認されるといいと思います。何かコメントがあって聞き取れにくかったら、
Pardon?(仏語ならパルドン?)
「え?何ですか?」
と聞き返されると、間違いがないと思います。

3.また、Oui?と語尾が上がるように聞こえても、疑問のニュアンスでない場合もあります。

その場合は単なる承諾、肯定、確認で、
「いいわよ」「OKよ」「もちろん」「大丈夫」
といった意味になります。

4.変わった例としては、Oui?と上がり調子になることで、電話の対応で受話器をとった途端、Alloの代わりにOui?「もしもし?」と使う人もいます。

5.また、Ouiの語尾を「ウィ~」「ウィーーー」と延ばす場合は、「ばっちし」「抜群」「最高」「その調子」という感嘆詞の代わりに使われます。

6.また、語尾を切ってouiを連続させると、サッカーの試合や競馬などでよく使われる間投詞になります。
例:
Oui, Oui,,,,
「よし行け」「さあ行け」「その調子だ」「ゴーゴー」
と言った、呼びかけにあたる間投詞として使われることもあります。


ご質問2:
<こういわれたとき、私はそのまま{Oui?}と返してよいのでしょうか。>

状況によります。上記でご説明した通り、もし相手が何か質問していて、その確認だとしたら、質問の内容を確かめた方がいいでしょう。

その場合の聞き方は
Pardon?(パルドン?)
「え?何でしょうか?」
Comment?(コモン?)
「同上」
Vous avez demande quelque chose?(ヴ・ザヴェ・ドゥモンデ・ケルク・ショーズ?)
「何かお尋ねになりましたか?」

と言って確認された方がいいかもしれません。状況によりけりですが。

あまり大した内容でなさそうなら、おっしゃるように笑顔で「Oui」と返されたのでいいと思います。

レストラン業もいろいろな人と接することができて面白そうですね。また、面白いエピソード、困ったこと、フランス語の疑問などがあれば教えて下さいね。

以上ご参考までに。

こんにちは。12/4のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<フランス人の方から、よく「Oui(ウィ)?」といわれます。>

状況・場面によります。

1.ご質問文にあるように「Oui?」と疑問形になっていたのなら、相手がhottoさんに何か質問して、「それでいいの?」「それでOK?」と承諾、許可を求めている可能性もあります。

2.Oui?の前に、何か質問らしきコメントはなかったかどうか確認されるといいと思います。何かコメントがあって聞き取れにくかったら、
Pardon?(仏...続きを読む

Qフランス語:LaとLa-basの違い

「あそこ」という意に相当するフランス語は「La」と「La-bas」があります。
違いはどこにあるのでしょうか?
辞書に「La-bas」で「遠くを指して」とありますが、遠くを指さない場合は「La」なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。9/6のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<違いはどこにあるのでしょうか?>

la「そこ」の正確な位置付けがあるかないかの違いです。

1.laは場所以外にも、時や範囲、条件や事情をさすことがあります。

2.ご質問にある「場所」に限定して言えば、laは文字通り、「そこ」「そこに」「そこで」という、日本の「こそあど言葉」の「そ」の距離感と同じ感覚です。

3.laはiciの対義語で、少なくとも話し手の手の届かない場所にある対象物を指して使われます。

4.一方la-basは、laにbas「下へ」という副詞がついた複合語で、「そこ」より遠い位置の「あそこ」「あちら」という意味に使われます。

5.basの意味を込めて、「あの低い所へ」「地下に」という意味で使われることもあります。

6.このようなlaとの複合語は他にも以下のような副詞があります。
例:
la-contre「その側に」「それに対して」
la-dedans「その中に」
la-dessous「その下に」
la-dessus「その上に」「そこで」
la-haut「あそこに」「あの高い所に」*la-basの反対の位置になります。


ご質問2:
<辞書に「La-bas」で「遠くを指して」とありますが、遠くを指さない場合は「La」なのでしょうか?>

話し手の主観により使い分けます。

1、例えば2階の部屋の中で、2m先の机の上をlaで表せば、 1階はla-basになるわけです。

これが、1階から2階を指す場合はla-hautとなります。

2.一方、戸外で20m先をlaと表し、100m先をla-basということもできるのです。

3.さらに、会話の中では、遠い外国や、宇宙を指してla-bas「あそこ」ということもできます。

4.つまり、実際の距離ではなく、話し手が主観的に感じる「距離感」によって、laとla-basを使い分ければいいのです。

5.使い分けの例:

(1)近い距離感:
A「私の財布どこ?」
B「そこ(la)、そのテーブルの上」
A「定期は?」
B「あそこ(la-bas)、向こうの部屋の箪笥の上」

(2)やや遠い距離感:
A「交番はどこですか?」
B「そこ(la)の角を曲がって、向こう(la-bas)の信号までまっすぐ歩いて」

(3)遠い距離感:
A「OO山はどれ?」
B「そこ(la)、その正面に見える山」
A「XX山は?」
B「あそこ(la-bas)、その向こうの山」

といったそれぞれの違いがあります。
以上ご参考までに。

こんにちは。9/6のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<違いはどこにあるのでしょうか?>

la「そこ」の正確な位置付けがあるかないかの違いです。

1.laは場所以外にも、時や範囲、条件や事情をさすことがあります。

2.ご質問にある「場所」に限定して言えば、laは文字通り、「そこ」「そこに」「そこで」という、日本の「こそあど言葉」の「そ」の距離感と同じ感覚です。

3.laはiciの対義語で、少なくとも話し手の手の届かない場所にある対象物を指して使われま...続きを読む

Qフランス語の"droit"に「右」と「真っ直ぐ」と両方の意味があるのはなぜですか?

フランス語の初学者です。"droit"という単語に、「右の」と「真っ直ぐな」と両方の意味があって、不思議に思いました。恐らく前後関係でどちらの意味か理解できるのでしょうが、合理的なやり方ではないように思います。どういてこのようなことになってるのでしょうか?実際フランスでは、この単語をそれぞれの意味で日常的に使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

英語の right にも、「右」「正しい」の他にも「まっすぐな」という意味があります (例: a right triangle 直角三角形)。
何かを「まっすぐに」するのに右手を使うから、というのはこじつけになりましょうか。
日本語でも「正義」と「まっすぐ」は親近性があるように感じます。
「正義」と右手が結び付き、「右」と「正義」が結び付き、「正義」は「まっすぐ」である(前に障害物がない状態)という関係では? (私の憶測ですが)

なお、「右」と「正しい」についての質問が下記のところにありました。
→ http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa921859.html

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q●フランス語の女性名詞と男性名詞ってどんなもの?●

●フランス語に限らず、日本にはない「女性名詞」「男性名詞」というものがあるという
のを知ったのですが、これは、フランス語の名詞を男性名詞と女性名詞に分類した
ということなのでしょうか?それとも、女性名詞は女性が使うもので男性名詞は男性が使うもの
ということですか?(同じ一つのものを指すときに、男性と女性で呼び方が違うとか?)よくわからないので、女性名詞と男性名詞とは何かから教えてください。

●それと、フランス語で、何が女性名詞で何が男性名詞なのか分かる法則があったら教えてください。

Aベストアンサー

フランス語を勉強している大学生です。

フランス語の名詞の性別は、男性が使うか女性が使うかということで決まるわけではなく
最初から「男性名詞」、「女性名詞」と分類されています。
なぜ男性か女性かで区別するのかはわかりませんが、これは理屈ではなく
この名詞の性別はこれだ!と暗記するしかありません。
性別の違いにより、名詞につける冠詞(英語でいう a や the)が変わってきます。
男性名詞には「Le」、女性名詞には「La」をつけますが、
例えばフランス語で「太陽(soleil)」は男性名詞なので「Le soleil」
「海(mer)」は女性名詞なので「La mer」といった感じです。
形容詞も修飾する名詞が男性か女性かで発音や綴りが変わります。
ただ、話し手が男性か女性かで変化する名詞もあります。
「私は日本人です」と言いたいとき
男性の場合→ Je suis japonais.
女性の場合→ Je suis japonaise.
と「日本人」の部分である「japonais、japonaise」が話し手の性別によって変わります。
これは「私」である話し手の性別を同格である「日本人」の性別と一致させなければいけないからです。

前述したとおり名詞の性別は暗記するのが基本ですが、「e」で終わる単語は
女性名詞という法則もあったりします。
また、接尾辞によってつくられる動詞や形容詞の派生語などは
その接尾辞の種類によっても性別が決まります。
例えば「proposer(提案する)」を名詞化すると「proposition(提案)」ですが、
動詞を名詞化する語尾(-ion)でつくられる派生語は必ず女性名詞です。

専門家ではないので詳しくは語れないのですが
だいたいこんな感じだと思いますm(_ _)m

フランス語を勉強している大学生です。

フランス語の名詞の性別は、男性が使うか女性が使うかということで決まるわけではなく
最初から「男性名詞」、「女性名詞」と分類されています。
なぜ男性か女性かで区別するのかはわかりませんが、これは理屈ではなく
この名詞の性別はこれだ!と暗記するしかありません。
性別の違いにより、名詞につける冠詞(英語でいう a や the)が変わってきます。
男性名詞には「Le」、女性名詞には「La」をつけますが、
例えばフランス語で「太陽(soleil)」は男性名詞なので「Le...続きを読む


人気Q&Aランキング