人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

現在56歳,1996年から三井生命「大樹STAR」に入っています.10年目の更新時期を今年迎えますが,これまでの保険料18,000円が同一内容では47,800円となります.これまで病気やけがもなく,現在の健康状態も良好ないことから保険料の支払いを停止し,「払い済み保険」に変更しようかと考えています.疾病に対しては他の掛け捨て保険を考えています.この保険以前には1984年から現在の保険に転換するまでの12年間は同社の「ザらいふ」に加入していました.このような場合,以前の保険で積み立てていた分は払い済み金額に上乗せされるのでしょうか.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

払い済み保険というものは、現在加入なさっている保険を解約したものとみなして解約返戻金を割り出し、その解約返戻金を使って一時払い終身保険に加入すると考えていいでしょう。



1996年に転換されているとか。
そのときも前契約をいったん清算したと仮定して、解約返戻金を頭金として活用したように扱い、転換後契約の保険料を割り引いていたはずです。(厳密に言えば頭金活用より、有利に割り引かれていたはずです。)

三井生命の保険種類は詳しくないので、他の回答者のご意見を参考にしますが養老保険に12年加入していれば積立金もかなりあったでしょうからその分も上乗せされると考えていいのでは
…。

貸付を受けてから払い済み保険に変更の手続きをするのも”手”ですよね。
変更の際に貸付金は清算されますから。

もちろんその分保障額は下がってしまいます。

ただ私の以前いた会社では、更新が近くなると契約変更(転換や払い済みに変えるなど)できなかったのですが。
その点が気になりましたので担当の方や窓口で確認した方がよいと思います。
    • good
    • 0

現在の保険は、養老保険から定期付終身保険へ転換したものですよね。

その時に終身部分をいくらにするかは、ある程度自由に設計できます。そこで終身部分をいくらにしたかで解約返戻金が違ってきます。終身部分が大きければ返戻金は多いです。(払い済み保険金額は解約返戻金が元)
以前積み立てされていたものは、転換した時点で精算されてますのであくまで現在の保険のみの話になります。いずれにしても、保険会社に相談をして、納得いくまで話を聞き何枚でも設計書を見て検討される事をお勧めします。
    • good
    • 0

養老保険から、定期付終身保険への転換ですので、おそらく終身部分はかなりおおきいものと思われます。

以前積み立てされていたものは、必ず上乗せされます。ですから払い済みにするのもメリットかと思われます。また、現金を引き出してから払い済みにするのもいいかも。
    • good
    • 0

ご質問拝見しました。



現在の契約を払済に変更をご検討のようですが、
質問者様の保険は、更新型の定期保険ですよね?

基本的に払済保険に変更可能であるのは
解約返戻金があり、その返戻金で保障と買うものですから
更新型の定期保険は、解約返戻金もほとんどなく
払済に変更するのは難しいかと思われます。
保険料が安く保障が大きい分、解約返戻金はごくわずか、もしくは小額となるのが普通です。

あくまで定期保険ですので、掛け捨て。
解約返戻金があるのは、終身保険や養老保険・年金・生存給付金付定期保険等です。

質問者様が担当者や保険会社で確認した上での
ご質問であれば回答違いとなりますが、
一般的な回答としては上記となります。

一度、コールセンターで現在の解約返戻金と払済に可能か確認されてはいかがでしょうか?
その上で、更新時減額をして更新するかをされてはいかがでしょう。

質問者様の保険会社のHPで確認しましたが、
現在ご加入の保険種類がなく、
定期=Rタイプ(更新型)として回答しました。
お許しください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3営業日後に解約金 株じゃないんだからなぜ遅い?

三井生命で生命保険を解約しました。
解約金が3営業日後に口座振替で入金となったのですが、
後で気付けば即日(間に合わなければ少なくとも明日)に出来ないのでしょうか?

三井生命だけでしょうか?  お願いします。

Aベストアンサー

3営業日だと、がんばってる方だと思いますよ。
普通1週間ぐらいかかるって言われますし。

大きな会社なので、受付け後帳票のコンピューター計上、本店での確認、会計課での送金手配ということで、それなりの時間が必要なのでしょう。

一般的に、外資は早いところが多いようですが・・・。

余談ですが、ある保険会社は解約手続きから1週間経っても手続きが完了しない
ので問い合わせたら放ったらかしにされていたとか・・・。
原因は、営業成績の締めがって解約を計上したくなかったとか・・・。
世の中何を信用して良いやら(苦笑)

Q払い済み保険って解約できるの?

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生前給付(だったかな)についても払い済みになっておりこちらは同様に約20万です。

ふたつあわせると100万くらいになるのですが解約できるなら解約して現金を手元に置いておきたいなぁと。(子供が生まれるので学資保険の一括払いに充当とか)

ちなみに60歳とかだと解約返戻金はもっと高くなるのですが老後に備えてこのままにしておくのがいいのか・・・とも思います。

保険会社はソニー生命なんですが別の外資系に吸収される?とか先行き不安というウワサを聞いているので万が一、ソニー生命がなくなってしまったりすると「ゼロ」とは言わないまでもかなり減額される可能性はあるのでしょうか?

何かアドバイスをいただけると助かります。

主人が若いときに契約した終身保険があります。

私と結婚をしたときにその保険を払い済み保険に変更して普通の定期つきの保険に入りました。

もともと1,500万の終身保険でしたが払い済みに変更したことにより約200万の保険になっています。

払い済み保険への変更証書に記載された「解約返戻金」ですがこれは普通の保険を解約したときと同じなのでしょうか?

証書には変更のあった日から何年目で何万という記載になっており今年の末の時点で終身保険で約80万の返戻金となっています。これとは別に生...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん、解約すれば、返戻金がもらえますよ。
そして、払った額に、年々運用益が乗るわけですから、基本的には、後で解約するほど高い返戻金ということになります。

ソニー損保が破綻もしくは破綻寸前ということにでもなれば、当然もらえる額は減ったりゼロに近くなったりということもあり得るでしょうが、現時点では経営自体は健全なようですから吸収されるても既存の保険は受け継がれるでしょうから、それが原因で返戻金が無くなったり減額されたりすることはないでしょう。

ということで、今解約して、手元に置いておくのも悪くはないでしょうが、すぐに必要なお金でなければ、保険の形のままおいておいて、必要が生じたときに解約する方が、一般的に考えれば、得なケースが多そうです。

Q三井生命の保険を解約する方法で困っています。

三井生命の保険を解約する方法で困っています。
保険を見直した結果、三井生命の保険を解約することになりました。数年前にも解約しようと思い、統括支部(担当の人に連絡したらこちらに案内されました)に行き、説得させられ解約することができませんでした。※私が説得に負けただけかもしれませんが。。。
今回は、この解約に時間をかけたくありません。平日は仕事があるので相談窓口のようなところにはなかなかいけないので、書類などを送って解約する方法はあるのでしょうか。短時間で解約する方法を教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ネットでの解約手続きはできないみたいです。
面倒でも電話で解約書類を郵送してもらうしかないみたいです。
http://www.mitsui-seimei.co.jp/procedure/telservice.htm
証券番号をあらかじめご確認のうえ、お電話ください。

Q三井のベクトル

はじめまして、三井のベクトル保険についてなんですが、自由に設計ができて、積立部分もある程度積み立てれば引き出して使うことができる
いい保険だと勧誘の方に言われはいったのですが、積立に毎月1000円しか貯めていなく、約5年ぐらい31000円ずつ払っております。
10年更新で31000から今度約2倍近く払わなければなりません。
結局ほとんどの保障を半分にしてもらい、12000円くらいの設計にしてもらったのですが。入院1日5000円ぐらい。妻のファミリーなし
中身が薄く、ただ保険料を下げるための設計にしか思えず。
夫48 妻43 52歳更新 10年更新 80歳払いになっておりますが、このまま保障をけずっていったら、わずかに薄い保障しか残せず、高い掛け金になりそうです。この保険って積立部分にお金を貯めていき、保険の部分に充当していき、更新保険料を安くする、利率がいいなら貯まった積立金に利息がつくが、今の現状だと無理、今解約するともらえる金額
がだいたいですが350000円、でも1000円×5年間分は自分が積み立てたお金ですよね。
実際は290000円分ぐらいですよね。お得だとは思えません。実際この保険にはいったときも運用の仕方も説明してもらえず、現在になって大変なことに気づきました。積立を貯めて運用しないと、意味ない保険だと、勧誘の方にもきいたのですが、はっきりと答えてくれません。好きに組み換えができますし、悪い保険ではないと言うばかりです。ベクトルにはいってる方はどのように考えで、運用していく方法をとっているのでしようか、アドバイスお願いします。
私的には、貯めたものも充当してあとは、保障の薄い保険という考え
になってしまいます。あまりにも更新した保険料が高いので。

はじめまして、三井のベクトル保険についてなんですが、自由に設計ができて、積立部分もある程度積み立てれば引き出して使うことができる
いい保険だと勧誘の方に言われはいったのですが、積立に毎月1000円しか貯めていなく、約5年ぐらい31000円ずつ払っております。
10年更新で31000から今度約2倍近く払わなければなりません。
結局ほとんどの保障を半分にしてもらい、12000円くらいの設計にしてもらったのですが。入院1日5000円ぐらい。妻のファミリーなし
中身が薄く、ただ保険料を下げるための設計にしか...続きを読む

Aベストアンサー

私はベクトルには加入していませんがアドバイスさせてください。
(ちなみに私はD社の「DD人生」に入っています)

結論から言いますと、
今の保険はやめて全労災・都民共済に加入した方が良いでしょう。
その上で、足りない保障(ガン等特定疾病時の上乗せや死亡時遺族保障)を
ダイレクト系の保険で追加契約します。
(私も近日中にそうする予定。商品に詳しい保険業界の知人も太鼓判)
こうすることで、今よりもずっとパフォーマンスの良い設計ができますよ。

例えば次のような設計です。

ベース部分:
全労災「こくみん共済 大型タイプ」
 (保険料月額5400円)
 事故死亡3000万円、病気死亡1200万円、
 事故入院日額10000円、病気入院日額6000円
 通院日額3000円

追加部分(がんを含む医療保障):
アリコ「てごろでがっちり入院保険 シンプル10000円コース」
 (保険料月額2000~3000円程度)
 生活習慣病入院日額10000円、
 生活習慣病以外の病気・ケガ入院日額10000円、
 所定の手術10万円、
 死亡100万円

保険料月額10000円足らずでこの内容です。
さらに余った保険料を貯蓄や投資にまわせば今よりもずっといいでしょう?

強いてデメリットを挙げるとすれば、「すべて掛け捨ての定期」という点。
しかし逆に掛け捨てでない保険はどうですか?
無駄に保険料が高い割に返戻率は低いはず(yayasan2さんのように)。
だったら初めから保険料ではなく現金として自分で運用したほうがマシ。
あと、終身保障ではなく定期保険という点ですがこれも電卓をはじけば分かります。
高額な死亡保障でももらわない限り、
結局、払込保険料累計額と保障金額を比較すると損もしくはトントンです。
(保険会社にしてみれば「安心を買ったんでしょ」「マイナス分は安心の値段」ですね)
さらに極論を言うと、医療保障をはじめとする生きるための保障は
再発して何回も給付を受けてやっと保険料分を取り返せる程度。
結局は自分で貯蓄していたほうが得だったりもします。

長くなりましたが
大金持ちでないのなら、ちゃんと電卓をはじきましょう。
例えば「50歳でガンになり45日間入院、数年後に再発、死亡」
こんな風にシミュレーションしてみることです。

あと、保険会社(共済でなく)はあくまでも営利企業です。
契約者から集めた保険料でいかに儲けつつ・安定した事業運営をするかがビジネスの基本ですから、
払い込んだ保険料が増えて戻ってくることはほぼありませんよ。

貯蓄や運用は保険会社に任せるより、
自分で貯蓄なり投資信託なりにまわしたほうが絶対いいです。

私はベクトルには加入していませんがアドバイスさせてください。
(ちなみに私はD社の「DD人生」に入っています)

結論から言いますと、
今の保険はやめて全労災・都民共済に加入した方が良いでしょう。
その上で、足りない保障(ガン等特定疾病時の上乗せや死亡時遺族保障)を
ダイレクト系の保険で追加契約します。
(私も近日中にそうする予定。商品に詳しい保険業界の知人も太鼓判)
こうすることで、今よりもずっとパフォーマンスの良い設計ができますよ。

例えば次のような設計です。

ベース部分...続きを読む

Q生命保険(住友)を解約します。担当者を懲らしめたいのですが。。

住友生命のライブワンという商品(生命保険と医療保険がパックになったもの)
に5年ほど前から加入しております。
会社に来ていた外交員(今の担当者)の話を聞いて加入しました。
半年前までは、保険には入っていたものの「使う」という事象は
おこりませんでした。
しかし、半年前(3月)に風邪を拗らし肺炎で入院となってしまい
はじめてその保険を使う時が来ました。

加入していた商品が悪かった&自分の勉強不足もあるのですが、
保険に加入していればほとんど手出しが無い状態で病気を迎えられる
というふうにイメージしていたにも関わらず、ほとんど給付金が
下りない事態となってしまいました。手出しの方が断然多い
出費となりました。

そこで初めて保険を勉強しないといけないと思い、保険の窓口のよう
なところに行き、勉強を始めました。

それと同時ぐらいに、担当者に現在の保険の不満と保険を解約も
含めて見直すという話を持ち出しました。
その辺りから担当者の態度が一変し、話し方も急によそよそしく
なり、全ての手続きを自分では無くこれからはサービスセンター
に電話してくれと突き放されました。
(解約したければサービスセンターに電話したら出来るよ~みたいな)

保険の窓口で紹介してもらった保険の方が内容を理解できた上で
現在のものよりも格段に良いと思ったので、その時にその担当者
の態度に怒りにまかせて解約してやろうかと思ったのですが、
とある掲示板で、入院後は新しい保険に加入できない可能性が
あるから気をつけた方がいいと言われました。

また、その方から、普通は保険の担当者からその旨説明がある
との事でしたが、その話の中でも一切教えてもらえず、その
後も電話等一切かかってきておりません。

そういう事って説明するかどうかは担当者によるところなんでしょうか?
社内で解約の意志がある人にはその説明をする事となっていても
よさそうな事項だと思うのですがどうなんでしょうか?
どうも、分かっていてやったのではと思います。
言い方悪いですが、こちらをはめようとしてというか・・。

でその話を聞いて今でも住友に加入しているのですが、
これは予定に無かったのですが、今回目の手術を受けることに
なり給付金を請求することになりました。
もちろんサービスセンターに電話したのですが、
そのサービスセンターの方が担当者にも連絡がいくようになっております。と言われたのに案の定、電話の一本も無い状態です。

肺炎から半年が経ち、そろそろ新しい保険にも加入できるので
住友を解約したいと思っているのですが、正直言ってこのまま
素直に辞めてしまうのがどうも府におちません。

最後ぐらいその担当者を懲らしめて辞めたいと思うのですが、
どのようにしたら担当者に痛い思いをさせられるのでしょうか?

1.まず私が解約したことで担当者にペナルティみたいなものがあるのでしょうか?

2.解約する際、態度が一変したこと、新しい保険に加入できない可能性がある説明が無かったことを、担当者の上司等にクレームを
入れる事は効果がありますか?


それ以外にもギャフンと言わせられる方法を教えていただけないでしょうか?

住友生命のライブワンという商品(生命保険と医療保険がパックになったもの)
に5年ほど前から加入しております。
会社に来ていた外交員(今の担当者)の話を聞いて加入しました。
半年前までは、保険には入っていたものの「使う」という事象は
おこりませんでした。
しかし、半年前(3月)に風邪を拗らし肺炎で入院となってしまい
はじめてその保険を使う時が来ました。

加入していた商品が悪かった&自分の勉強不足もあるのですが、
保険に加入していればほとんど手出しが無い状態で病気を迎えられ...続きを読む

Aベストアンサー

解約してしまえば担当者の成績が下がりますから懲らしめにはなるでしょうが、今の時点(手術の予定)では難しいですよね。
やはりクレームを入れて、担当を変えてもらうのが良いと思います。サービスセンター(苦情受付)に言うのが良いかと。所属部署の上司でもいいかもしれませんが、生命保険会社の場合上司より現場の担当の方が強かったりするので…

Q生命保険(三井生命)について

友達の話しですが・・・
三井生命の保険に生まれて20年ほど加入してます。
去年、保険の種類(赤ちゃん保険→終身の保険)を変えて、現在は月¥15000程払ってます。
ですが、問題があって、解約しようか悩んでます。
問題というのは、控除の用紙が毎年来なかったり
(毎度、担当にTELをして発行して貰う)
担当の言葉がいい加減(詳しくは解らないですが、値段の
更新無しタイプなのに、20年後に約2倍になっている
金額がプラン内に掲載)らしいです。

20年間保険料を支払ってきたので
なかなか踏み切れないみたいですが、今解約すると
損なのでしょうか??

Aベストアンサー

保険のお悩みですね。
お話・内容を正確にお聞きしないと解らないのですが
私も経験があるのでわかります。
保険外交員の方の対応がいいかげん?なのは、保険の内容を理解しておらずハッキリと説明できないのです。
私自身保険関係の仕事についていたことがあるのですが、身内の保険のは他社の保険に加入しており、必要があり内容を確認したのですが、営業の方と2・3度お話ししましたが要領がつかめませんでした。
保険内容について何度か質問したのですが、理解してなかったようです。面倒なので、自分で調べて確認しました。結果必要ないということで、その後解約しました。

今回のお悩みは、20年間支払ってきた保険料がもったいなく踏み切れないようですが、今後必要な保障なのか?
今後いくらぐらい保険料を払うのか?計算して見ると冷静に考える事が出来ると思います。

更新なしの20年後2倍の保険料を払うと言うのは、たぶん更新型なのですが、それを言うと解約されるので、更新ではないのですが、保険料は2倍になります。と聞こえますね!
20年後のことは、その担当には関係ないと考えているのでしょう?

上記のような営業は多いので、必要なければ、担当をまともな方に変えるか?保険会社・保険内容を見直す必要がありますね!見直してこれでいいと言う結論でもいいと思いますので・・がんばってください。

保険のお悩みですね。
お話・内容を正確にお聞きしないと解らないのですが
私も経験があるのでわかります。
保険外交員の方の対応がいいかげん?なのは、保険の内容を理解しておらずハッキリと説明できないのです。
私自身保険関係の仕事についていたことがあるのですが、身内の保険のは他社の保険に加入しており、必要があり内容を確認したのですが、営業の方と2・3度お話ししましたが要領がつかめませんでした。
保険内容について何度か質問したのですが、理解してなかったようです。面倒なので、自分で...続きを読む

Q払済保険の金額について

現在の終身保険を払済保険にすべく、外交員の方に保険金額がいくらに
なるか試算してもらったところ、現在の保険金額より少し高くなるとのこと
でした。
払済保険というのは、保険料の払い込みを中止するが、解約せずにその時点
までの解約返戻金をもとに保障額が少ない保険に変更することと思ってましたが、
保険金額が高くなる場合もあるのでしょうか。外交員の説明では、
定期保険特約が平準払いであり、責任準備金があったので、もとの保険金額より
高くなった、との説明ですが、本当なのでしょうか。
なお、現在の契約は次のとおりです。
---------------------------------
保険契約者1962年生まれ(現在41歳)
1991年に契約 2022年払い込み完了

主契約(終身保険)234万円   保険料384円/月

定期保険特約  3080万円(15年更新)
災害割増特約   500万円
障害特約     500万円
災害入院特約 本人3000円/日 妻1800円/日(5日以上入院で5日目から)
疾病医療特約 本人3000円/日 妻1800円/日(5日以上入院で5日目から)
 特約部分保険料 12857円/月

合計保険料 13241円/月

契約書に載ってる解約返戻金
  経過年数10年 49.6万円
  経過年数15年 49.9万円
--------------------------------

現在の終身保険を払済保険にすべく、外交員の方に保険金額がいくらに
なるか試算してもらったところ、現在の保険金額より少し高くなるとのこと
でした。
払済保険というのは、保険料の払い込みを中止するが、解約せずにその時点
までの解約返戻金をもとに保障額が少ない保険に変更することと思ってましたが、
保険金額が高くなる場合もあるのでしょうか。外交員の説明では、
定期保険特約が平準払いであり、責任準備金があったので、もとの保険金額より
高くなった、との説明ですが、本当なのでしょうか。
...続きを読む

Aベストアンサー

本当です。

厳密には複数年契約の定期保険(医療特約含む)は掛け捨てではありません。
契約期間の終了時には解約返戻金は0になりますが、途中で解約した場合は解約
返戻金が発生します。(参考URLをご覧下さい)

15年定期であれば、通常12~13年目に解約返戻金は最大になりますので、
現在の返戻金は50万円をかなり超えているはずです。

もし、よろしければいくらの払済終身になるのか教えて頂けませんか?
(350~400万円くらい・・・かな?)

参考URL:http://www.interq.or.jp/smart/soflife/semi/chukyu/sekinin.html

Q終身保険の入院特約について教えてください

18年前(1987年)に会社に来る勧誘のおばさんに勧められて、三井生命の大樹に入りましたが、入院特約について良く分からないので教えてください。
災害、疾病入院給付金は1日5000円なんですが、これは保険払い込み期間満了の60歳以降でも支払われるものなでしょうか。それとも60歳以降は終身保険の360万が死亡時に払われるだけなんでしょうか。
年齢とともに病気の事が心配になってきました。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>80歳以上の長生きした場合に生命保険が無くなってしまうのは心配ですが、80才から医療保険特約をさらに延長することはできないのでしょうね。

80歳からさらに変更することはできません。
ただし、保険は刻々と変化していきますので、その時点で、非常に多くの顧客がいて、延長可能となるかもしれませんが、保険料はばか高いでしょうし、そうなる可能性は??です。

>そこで、払込期間満了の60歳で特約はすべてはずして終身保険にし、今のうちに終身の医療保険に入ろうかと思います。こういう方法は可能でしょうか。

その選択もよいと思います。
ただし、18年前に加入したとの事ですが、保険料が非常に安く設定されています。ちょっともったいない気もします。(ただし、18年前から一度も更新とか、下取りとか、転換とかしてない場合ですが)
入院保障も1万円といわれている昨今、入院を1万円に増額したいのなら、現在の入院を生かしながら、追加で終身の医療保険5000円新たに加入という手もあります。
また、5000円でよいなら、もったいないですが解約して、新たに終身の医療保険に加入する手になりますね。
現在の年齢がわからないので詳しい数字をあげて説明できませんが、「入院保険]は保険会社にとっても顧客にとっても、どちらがもうかるといった保険ではありません。
1入院の限度を180日に設定している会社も多いですが(約款を確認してください)、720日であっても、だいたい180日(半年)入院すれば、治るか、死ぬか(ごめんなさい)でしょう。
180日×5000円=90万円を受取るのに、保険料をいくら支払うのか。なんて考えると、解約して、新たに入って80歳以降の入院に備えるなら、安い保険料の現状のまま続けて、新たに加入したとして差額を貯金するなんて考えもあります。
手術給付金とか様々な数字を無視してのザクッとした考え方ですか、18年前というのが引っかかって書かせていただきました。

>80歳以上の長生きした場合に生命保険が無くなってしまうのは心配ですが、80才から医療保険特約をさらに延長することはできないのでしょうね。

80歳からさらに変更することはできません。
ただし、保険は刻々と変化していきますので、その時点で、非常に多くの顧客がいて、延長可能となるかもしれませんが、保険料はばか高いでしょうし、そうなる可能性は??です。

>そこで、払込期間満了の60歳で特約はすべてはずして終身保険にし、今のうちに終身の医療保険に入ろうかと思います。こういう方...続きを読む

Q払い済み保険への変更時期

現在47歳です。ちょうど20年前FK生命のハイライフと言う保険に入り現在に至っております。
定期付終身保険で死亡3000万+終身500万+80歳までの医療保障と死亡2000万+終身500万の2本の契約となっております。
65歳で満期となりますが、55歳以降子供も社会人になりますしそれ以降なら死亡保障も減らしても良いように思います。
「払い済み」という方法で終身部分をより厚く出きると聞いたことがありますが、何歳の時点での変更が有利になるのでしょうか?
その際出来れば医療保険部分は残しておきたいのですが果して可能なのでしょうか?
また医療保険部分を充実させることもできるのでしょうか?
「払い済み」という事自体あまり良く分かっておりません。アドバイスあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

morikuma40さん

「払い済み」保険というのは、他の方もおっしゃっている通り、「それまでに払った保険料において責任準備金として積み立てられたもの≒解約返戻金にもとづき、予定利率を計算し、終身保険として作り直したもの」です。
特約は消滅します。

現在ご加入の保険が、
(1)主契約:終身保険500万 特約:定期保険3000万
(2)主契約:終身保険500万 特約:定期保険2000万
(3)医療保険80歳
とのこと。

現在の死亡保障額が、(1)と(2)の合計で、6000万円。
65歳までの間でmorikuma40さんに万一のことがあったときには、6000万円がもらえる保険にご加入です。

ところで、morikuma40さんは、何のために(1)と(2)の保険にご加入ですか?
遺族が生活に困らないため?
想像してみてください。(大変失礼ながら)明日、morikuma40さんに万一のことがあり、ご遺族が6000万円もらったら、どのようにお使いになると想像しますか? 

奥様は一切働かずに過ごすでしょうか? お金のためだけではなく心身の健康のためにも働くことにならないでしょうか?

もし、morikuma40さんが会社員なら月にして13万円~15万円程度の遺族年金が支給されます。

もし、もらった6000万円の保険金のうちから月10万円づつ使っていったら、50年分の金額です。必要なくても無理やり月10万円づつ使っていって50年掛かる金額です。

もし、ご自分に万一のことがあった場合に、どれくらい必要となるかについて、こちら(http://money.goo.ne.jp/hoken/seiho/choice/hituyou.html)を参考に、この際お考えになってみたらいかがでしょう。

>「払い済み」という方法で終身部分をより厚く出きると聞いたことがあり
>ますが、何歳の時点での変更が有利になるのでしょうか?

何歳の時点が有利になるかは、払込金額に対して、いつの時点が最も高い保障額(最も高い解約返戻金額)になるか、で判定できると思います。

他の方もおっしゃっていたと思いますが、(1)又は(2)の保険のうち、終身保険部分については、年毎に解約返戻金が増加していき、定期保険部分については、ある時期を境に解約返戻金は減少に転じて、契約期間満了期(65歳)には、ゼロになります。

考え方の一つとして、「解約返戻金額÷払込合計額」が最も高い時点で「払い済み保険」に変更する方法も有るでしょう。しかし、
もし、そもそも、現時点での保障額が過剰であるならば、例えば(1)の保険は「払い済み」とし、(2)の保険については、「定期保険部分」を必要な額まで減額するという方法も考えられると思います。

仮に(1)の保険を払い済みにしても、現時点で、約1千万円近くの保障が確保できるようですから、(2)の保障額と併せれば、結構な保障額となります。
そうすることにより、もちろん、月々の保険料も節約できます。

「何歳の時点での変更が有利になる」かという基準だけではなく、他の観点からもご検討をされ、morikuma40にとって、また、ご家族にとって最も有効となるご判断をされますよう。

morikuma40さん

「払い済み」保険というのは、他の方もおっしゃっている通り、「それまでに払った保険料において責任準備金として積み立てられたもの≒解約返戻金にもとづき、予定利率を計算し、終身保険として作り直したもの」です。
特約は消滅します。

現在ご加入の保険が、
(1)主契約:終身保険500万 特約:定期保険3000万
(2)主契約:終身保険500万 特約:定期保険2000万
(3)医療保険80歳
とのこと。

現在の死亡保障額が、(1)と(2)の合計で、6000万円。
65歳までの間でmorik...続きを読む

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング