日米首脳会談によりデフレ阻止が目標にあげられましたが、これが実現されると
して、デフレ阻止(インフレ)により有利になる金融商品をお教えてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

不動産関係の投資に関し、以下のように考えている為、否定的です。



1.企業収益が下落していく中で、リストラによる用地売却は継続する
2.人口が数年後にピークアウトすることを考慮すれば、足元で好調な個人用住宅需要も将来的には期待し難くなっていく
3.企業が商業用不動産を取得する場合、業績回復による新設備による取得が大きいため、状況の好転は不動産よりも株式市場の方が遥かに早い
4.3と同様ですが、不動産投資は企業業績の回復を見てから行っても充分間に合う
5.対外価格差が縮小したは言え、日本の不動産価格は外国に比べてまだ割高
6.ペイオフを控えた一時的なブームで若干割高になっている可能性がある

不動産の専門家ではありませんが、足元で不動産市況が下落しているのはそれなりの理由があると思います。勿論株式も同じことが言えますが、一般的に流動性の高いものの方が売られ過ぎ買われ過ぎを発生しやすく、高いパフォーマンスを上げやすいと思います。(勿論、見通しが間違えないことが前提です)

他に、インフレ方向性の場合、変動利付債(金利が上がれば受取が増えるもの)は債券ですが投資対象になり得ると思います(低金利が持続し、発行が非常に少なくなっています)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になります。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/25 20:44

念の為、私なりの変動利付債と実物資産(仮に土地とします)の比較をさせて頂きます。


変動利付債 利息:インフレ連動 元本:額面に固定
土地    賃料:インフレ連動 地価:インフレ連動
このように単純化する『なら』、変動利付債に対して土地は明らかに優位です。
しかし、インフレ連動といっても、利息にせよ土地の賃料や時価にせよ、必ずインフレに連動するわけではありません。「だいたいそうなる」ととりあえずは考えて良いだろう、というぐらいの話です。相対論では、土地の賃料と地価にくらべ、変動利付債の利息の方が連動率が高くなる確率が高いんじゃないでしょうか?。(平均的なインフレ率以上に地価があがるものも、可能性としては入れての話です。)

実際には「どれくらいのインフレ率を予想するか」が重要だと思います。きついインフレであれば、土地などの個別商品それぞれの需給関係よりも、インフレの影響の方が大きくなり、変動利付債の元本が額面に固定されているデメリットがより強くでるでしょう。緩やかなインフレであれば、個別の需給関係の影響が強くなります。ですから、「土地自体の需給関係は悪そうだ」と考えていても、きついインフレを予想するなら、「それでも変動利付債よりはましそうだから、土地を買う」かもしれません。緩いインフレなら、「連動しそうもない土地よりは、変動利付債を買う」かも知れません。

書いているときりがないので、やめておきますが、投資対象を悩む為に割ける時間が限られている個人の場合は、私が個人的に大切だと思う点を順番にあげると、(1)大雑把な相場観(=きついインフレか緩いインフレか等)を持つ、(2)商品毎の大雑把な特性を考える(例えば上記の変動利付債と土地のようなもの。)、(3)個別商品毎の状況(不動産は需給が悪そう、など)、という感じです。その後で、手に入る商品の中から、自分の相場観にあった「一番ましに思える組み合わせ」を作ればよいと思います。参考になれば幸いです。

おまけですが、
変動利付債
1. 元本部分は実質的に目減りしていく事を忘れないで下さい。(しつこくてスミマセン。)
2. 変動利付債自体の利息がインフレ率を上回っていても、その利息を再度投資に回した際の利回りがインフレ率を下回ると、「元本まで考えても目減りしない、という保証」が無くなります。投資金額が小さい個人投資家の場合、利息の再投資の利回りは(ますます小口資金になる為)下がって行くので、ここ迄考えるかどうかで、変ってくる可能性はあります。

不動産市場
1. 不動産を売っている企業側の発想として、その行動の主な理由の『一つ』に、「デフレ下では、金を借りて実物資産を持っていたらまず間違い無く損をする」という、実に単純なものがあると考えます。(一サラリーマンの私としては、最大の理由、と言いたいところです。)インフレ気味になれば、その理由はかなり軽くなります。また、企業業績自体も、利払負担に耐え切れず退場して行く会社を除けば、「まし」になる確率の方が高いです。

2. 「流動性が高い」というのは、例えば株で言えば「売り買いの板が厚い(=注文がたくさん入っている)」という事ですから、「流動性が高い」=「売られ過ぎや買われ過ぎは発生し『にくい』」というのが一般的な考え方でしょう。ですから、流動性の違いからくる高パフォーマンスを『もし』期待するなら、その理屈からは、株よりはむしろ不動産、って事になるでしょう。(相場の「初動段階」では、皆こわごわなので、間違えた時に損切りがしやすい「高流動性商品」が最初に動く、という事はあるかも知れません。)

この2つをあわせると、「今の不動産市況が、その流動性の低さから、企業からの投売りで売られ過ぎている」と、『もし』考えるなら、それが止まっただけでも、相当違う世界があるかも知れません。(『かも』です。)
デフレ下での企業の行動が、インフレ下でも同じと思って良いのか、一応悩んでみる価値はあるようにも見えますね。(悩んだ結果、やっぱり企業は売り続けるはずだ、と考える方がいても、決してそれを否定するものではありません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/25 20:45

気になることがあります。


『デフレ阻止 = インフレ状態になる』とお考えでしょうか?
1.デフレ阻止政策の効果が出過ぎてインフレになる場合
2.デフレ阻止政策が程よい効果であったから物価上昇率0%(もしくは僅かなプラス)となる場合
3.デフレ阻止政策の効果が小さく物価下落率は低下するが僅かながら下落している場合
上記の3つに大別されると思いますが、それぞれで取るべきスタンスが変わってくると思います。
>デフレ阻止(インフレ)
とあることから1をイメージなされているのだと思いますが、政府が目指している方向は2だと思います。

政治的な方向性を予測することは困難ですが、日本国債や円通貨の信任を損なうことなく、1の方向になることはないと思っております。この場合に最も有利なパフォーマンスを得るのは外貨投資と予測しています。そのことを期待(懸念)して、外貨預金や外債への投資が増加しているのだと思います。

理想を言えばどのような状況になってもパフォーマンスがあがる資産を維持することです。実際はこれは難しいと思いますが、資産が預貯金に集中させているとすればインフレによる目減りリスクが将来的に発生する可能性が出てきたため、このリスクを回避するご努力はなさることを目標とされると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

勉強になりました。

お礼日時:2002/02/20 12:14

「そもそも論」からすれば、インフレとは、「お金」に代表される金融資産に比べ、実物資産の価値が高くなって行く事を言いますから、一般論として、金融資産より実物資産の方が有利になるので、結構難しい話です。



まず、最初にはずせるのは、固定利付債や固定金利の預貯金です。変動金利商品(例えば信託銀行のビッグ)は相対的には「まし」ですが、インフレによる元本部分の実質的目減りは避けられません。(勿論、短期的な「小遣い稼ぎ」を狙いに行くなら、No.1の方が最初にあげたような作戦もありうるかも知れません。)

株式の場合、理屈上は会社の収入も費用も同じインフレ率で増えれば利益も名目上は増えて行くし、どんな会社もほぼ例外無く他人の金を借りて実物資産を買っているから、インフレの時に債券や預貯金をしていると不利なのの裏返しでメリットを受けるので、本来はインフレに強い商品はずなんですが、

・ 債券の利回りがインフレで上がれば、株に要求する期待リターンも上がる(⇒利益がほぼ同じ、あるいは直ぐには増えないと考えれば、より低い株価でしか買えなくなる。金利上昇は株価を下げる要因になりうる。)

・ 業績があまりに悪い会社だと、債務の重荷がインフレにより実質的に軽減されるメリットを享受する前に、利払資金不足で破綻するリスクもゼロではない。

の2点から、株式全体で考えるならば、ちょっと今一つです。その中でも、探せば、既にNo.1の方があげたように、たぶんあるのでしょうが…。

そこで、「そもそも論」に戻って、実質的に実物資産を買ったのに近い金融資産を考えて見ると、普通に思いつく鉱業株は、商品市況は日本単独よりも世界市場に引っ張られるので、maruhaseさんのイメージが「日本でのインフレ」だとすればあまり面白くないでしょう。また商品ファンドも、同じ理由もあるし、「商品が上がりさえすれば、多分儲かるだろう」という単純な仕組みでは無いので、これも今一つです。(商品ファンドは、世界的にきつめのインフレあるいはきつめのデフレを予想する時には、有力な候補になるでしょう。)

そこで他に何かないか、と考えて見たら…、ありました。不動産投信(REIT)です。不動産投信の投資対象のビル等は、インフレだと、不動産価格そのものの上昇だけでなく、賃貸収入もインフレで上昇するので、理屈上は「インフレ・ヘッジの有力候補」になります。(キャッシュフローの増加に特に注目するなら、金への投資よりも上ですね。)

というわけで、理屈で考えれば、金融資産の中で探すのなら、実質的に実物資産に投資している不動産投信が有利だろう、と言って良いと思います。最初から実物資産を探す人にとっても、小口の投資家ができるものといったら、金への投資ぐらいに限られているので、REITは対象になるでしょう。

以上は、あくまで理屈の上の話(但し、一応の根拠はあるが)なので、実際に投資されるかどうかはご自身で判断して頂きたいのですが(当たり前ですね。失礼)、「インフレ下では、極力実物資産(に近いもの)にシフトする」という考え方自体は間違い無いと思うので、何かの参考にして頂ければ、幸いです。(既にご存知で質問されていたのなら、余計なお節介でした。)
尚、円建以外の資産まで考えるのなら、外貨建債券やMMFが候補になりうるのは、No.1の方の言う通りだと思います。

参考URL:http://www.morningstar.co.jp/finance/reit/index2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。

長文ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/20 00:37

この回答は難しいです。

デフレ阻止の目標を掲げましたが、その具体的方法が明示されていないからです。

選択されるかどうか別にして、方法論としてあがっているものを出します
・日銀が国債の買入オペを大幅に増額する
・円安誘導を行う
・従来型の拡大財政政策論
・銀行に公的資金を導入し、不良債権を一括処理
他にもあると思いますが、主なものです。個別に有利な投資方法を明示

<日銀が国債の買入オペを増額する>
当初は長期金利が低下するので、長期の国債が有利。暫くすると、インフレの芽が出てくるため、短期の国債か別商品での運用を考える必要がある

<円安誘導を行う>
何といっても外貨運用が有利です。外貨建てMMFや外債などが宜しいかと思います。輸出企業の株に投資するということも考えられます。

<従来型の拡大財政政策論>
大幅に下落している建設会社の株式が妙味がありそうです(会社選別が難しいですが)

<銀行に公的資金を導入し、不良債権を一括処理>
金融セクターの株式投資に妙味が出そう

単純な発想で上記のようなものはどうでしょうか。但し、複合で行われたり、全く別の選択肢がなされる場合は前提条件が変わってきます。何よりもデフレ阻止ができずに確定利回りものが一番良かったという可能性も充分あります。(結論はご自身でお願いいたします)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧な回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2002/02/19 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?日本はデ

【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?

日本はデフレって言いますけど、インフレ??

Aベストアンサー

円安というより、ドル高。対米貿易の一部のみ、影響がありますが、日本国内のデフレ、インフレと連動してるわけではありません。

値段が上がってる品もあれば、下がってる品もあります。
完全なインフレやデフレではなく、あえていえば、物価が不安定、でしょう。

Qインフレと不動産価格

今度マンションを購入する検討をしていますが、これから国債価格の暴落(金利の上昇、インフレ)の状況になった際に、不動産価格はどう推移するのかお教えください。金融危機のあった韓国など参考になると思っています。

Aベストアンサー

条件設定次第。

不動産価格、その土地がどれだけ利益を生むかという収益還元法という考え方がある。
一気に国家が破綻して、物流なども含む経済活動もほぼ停止したような場合、国際価格は暴落してインフレになる。その場合、日本の経済活動が停止しているのだから、土地の価値は大きく下がる。
銀座の土地が高いのは、それだけ収益が見込めるからであり、日本が壊滅状態で銀座でモノを買う人も誰もいないようになれば銀座の土地の価値は大きく下がる。通貨価値も大幅に下落しているので、名目上での不動産価格は上がるかもしれないが、実質価値は下がる。


一方、土地への需要が強いままに国債暴落だけが起きた場合は、実物資産への需要が増えることが想定されるのでインフレ以上に不動産価格が上昇して実質価値が増える可能性がある。

Q【日本のデフレ、インフレで儲けた話を】聞かせてください。 日本のデフレ時に円高でメルセデスベンツの

【日本のデフレ、インフレで儲けた話を】聞かせてください。

日本のデフレ時に円高でメルセデスベンツのCクラスが300万円代後半の380万円とかで売ってましたが、半年もしない内にインフレで円安に傾きすぐに400万円代に戻り、今では400万円半ばで売ってます。

もし380万円で買ってたら、今では450万円で70万円もお買い得に新車のメルセデスベンツが買えてたわけです。

さらに日本のデフレ時にロレックスは68万円でしたがインフレになって88万円が新品の価格になってしまいました。

これももし仮にデフレ時に買えていたら20万円もお買い得に買えてたわけですよね。

メルセデスベンツなど高級外車、ロレックスのような高級時計の他に日本のデフレ時に買ってインフレ時に価格が上がって、デフレ時に買って、インフレ時に売れば粗利が稼げる商品って何がありますか?

FXなどは例外です。商品でお願いします。

Aベストアンサー

1994年に、商品先物取引で、金1g=1124円で5枚購入し、結局現物で受け取りました。

価格は結局1g=1210円です。
これの100gの延べ板が5枚、
田中貴金属で受け取りました。

暫く金庫に眠っていたのですが、2014年に金価格が値下がりし出したので、1g=5400円で売りさばきました。

54万円x5枚=270万円-60.5万円=約210万円儲かりましたね。

合わせて持ってた30万円のロレックスも質屋のゴールドで売り捌き、これも50万円くらいになりました。

Q株はインフレに強い?

一つ下の質問をした者です。ふと気になったのですが、

(1)
JRのように、つぶれにくい(と思われる)会社の株は、日本の会社の株でもハイパーインフレに強いと思ってよいのでしょうか?

ハイパーインフレの時、物価がどんどん上がるので、タンス預金の価値は相対的に下がっていきますよね?しかし、企業側から見ると、物価が上がれば収入は上がるので、「企業の価値」はタンス預金ほどは下がらないと思ったのです。

(2)
つぶれにくい業種ってなんでしょうか?私が思いつくのは、準国営企業(?)で、どんな状況でも必ず皆が利用せざるを得ないJR、JAL、ANAなどですが、一方、IT関係は弱いような気がします。

Aベストアンサー

(1)は、そんなものかなと思います。なぜJRなのだか分かりませんが、、、。

(2)JAL、ANAは、潰れる可能性がありますね。アメリカでは大手航空会社の破産が起きています。銀行・生保の破綻以来、日本でも潰れない会社はなくなりました。民事再生ですと、再上場もありますが、既存株主は破綻の責任を負うことになるでしょう。
潰れにくい代表格は、電力会社だろうと思います。
また、潰れにくい企業としてはトヨタですね。最近は、業種の勝ち負け以上に同業種であっても、勝ち組み企業、負け組企業の両極化が進んでいるのはご存知だと思います。

個別企業が潰れるのが心配なら、ETFに投資すれば企業の倒産は心配しなくて良いです。

前の質問と関連するなら、預金封鎖などの経済危機をお考えのようですので、株への投資はいかがなものかと思います。

Q円高ってデフレで起きるんですか?それともインフレ?

円高ってデフレで起きるんですか?それともインフレ?
それとも円高円安はデフレインフレには関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

デフレは、物の価値に比べて、お金の価値が上がりますから
円高になりやすいです。
反対に、インフレはお金の価値が下がりますから、円安に
なりやすいです。

ただ、円高円安という為替は、金利とか景気の良し悪しにも
左右され、一概には決まらないことが多いです。

アメリカのオバマさんは、アメリカの輸出を増やすために
ドル安に持って行こう、その為にドルをせっせと印刷して
増やす、という政策を採り、ドル安円高になりました。

このように政治的理由で為替が変動することもあります。

Qインフレスパイラルってあるの?

デフレスパイラルってありますよね。

物価が下がって
賃金が下がって
さらに物価が下がる
賃金が下がる

の繰り返しと理解しているのですが、

インフレスパイラルってあるのでしょうか?

逆で考えるならば、物価があがって
賃金が上がる
物価が上がって
賃金が上がる。

どっかで物価が上がって勝手にデフレの方向に
いくのでは?とおもうのですが、あってるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の高度成長期は、インフレスパイラルそのものでした。賃金が上るのが後になりますから、生活は苦しいです。

インフレを抑制するより、デフレから脱却するほうが困難ということは、今の日本が示すとおりです。

デフレは、資産(主に土地)デフレから始まっていると思います。

Qインフレギャップとデフレギャップ

インフレギャップとデフレギャップについて質問したいのですが。デフレギャップとインフレギャップとは?と聞かれたらなんと答えればいいのでしょうか?
回答の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

潜在GDP>現実GDP⇒デフレギャップで不況
潜在GDP≒現実GDP⇒好況
潜在GDP<現実GDP⇒インフレギャップで景気過熱からインフレが懸念される

潜在GDPとは、一国の資本、労働力を無理なく十分に稼動させたときに達成できるGDPの大きさのことを指します。

Qハイパーインフレになった場合

ハイパーインフレになった場合

一部の経済学者がハイパーインフレになると言っていますが、金で資産を保有しようとしても、金の値段はバブル的に高騰しているような気がします。(金もまだ買いなのかもしれませんが。。。)
そこで、株券を買った後、ハイパーインフレが起きた場合、株券の枚数に対して、インフレで金額も増えるのだから、株価が上がってハイパーインフレに対するリスクから抜け出すことができるのでしょうか?もちろんつぶれたら日本経済が終わるような会社の株券を購入した場合ですが。

Aベストアンサー

NO3です、補足します。
>日本の株式で得た利益は将来的に実効税率19%が適用されると、
>米国の10%より多く税金が取られるので、米国の方が良いということですね?
違います、東証上場日本株式の場合は配当課税は現在は税率が10%、米国株式は二重課税(米国10%、日本10%で実効税率19%)になります。
売買益は現在、どちらも10%です。

>金においてインフレ程度のリターンが得られるなら、
>金融の素人の人にとっては、米国の株式で株価が下がることのリスクと比較すると、
>おとなしく金でリスクヘッジしておいたほうが良くないですか?
金も株価も両方とも変動します。
ですから、どちらもリスクがあります。
どちらが良いかは質問者様の判断になると思います。
私は米国株式や米国ETFを保有しています。

米国株、米国ETFは配当課税については二重課税されるのが痛いですが、選択肢が広いので私は日本株ではなくて、米国ETFを使っています。
米国ETFを使えば世界中の株式、REIT、債券に分散投資が簡単にできるからです。

ちなみに、金に投資するETFもあります(東証上場1326 SPDR GOLD)
http://www.spdrgoldshares.com/sites/jp_ja/

なお、投資の場合は初心者向けの商品は存在しないので、金も米国ETFも失敗する可能性があります。

NO3です、補足します。
>日本の株式で得た利益は将来的に実効税率19%が適用されると、
>米国の10%より多く税金が取られるので、米国の方が良いということですね?
違います、東証上場日本株式の場合は配当課税は現在は税率が10%、米国株式は二重課税(米国10%、日本10%で実効税率19%)になります。
売買益は現在、どちらも10%です。

>金においてインフレ程度のリターンが得られるなら、
>金融の素人の人にとっては、米国の株式で株価が下がることのリスクと比較すると、
>おとなしく金でリスクヘッ...続きを読む

Qインフレとデフレ

学校の課題でインフレとデフレの影響について調べています。
経済の先生にインフレとデフレではインフレの方が経済にとっていいがなぜそうなのか、また、インフレがいいと言ってもどのくらいまでがよいとされるのかと言われネットであちこち検索しているのですが、よくわからなくて困っています。詳しい方助けて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

↓コレなんか結構わかりやすく解説されてると思います。
http://manabow.com/qa/inflation.html

Q日本は破綻しインフレ到来!?

年収600万円弱の会社員が、一年間に850万円も使ってしまう。足らない分(250万円)は新たに借金する。積もり積もった借金はなんと8300万円・・・こんな奴に金貸さないですよねーって
よくセミナーなんかで国の財政をサラリーマンに例えて説明したりしますが、冷静に考えてもこの8300万円、いや830兆円が返せるとは思えません。

対処方法は、穏やかなインフレ政策によって830兆円の借金の価値を下げて逃れるしかない、そうなると個人はインフレに強い、不動産や株、外貨建て資産にシフトしておいて自らの財産を防衛するしかないって話を聞きますが、
実際、その論理展開に落とし穴や実現不可能な点はないのでしょうか。
そもそもそんな可能性あると思いますか??

インフレは暴れだすと誰もおさえられないのでそもそも制御できるかどうかも不明ですが。

Aベストアンサー

日本政府の赤字は、通常の手段であれば、徹底した支出削減と増税によってしか消すことができません。今のところ、まだ日本政府の発行する国債の信用力は、国際的な格付け会社によれば、比較的高い水準にとどまっています。

政府がインフレを意図的に操って借金の価値を下げるという手段は古典的なものですが、不動産、株、外貨建て資金にシフトしても、経済がグローバル化した今では、無駄でしょう。むしろ、日本発の世界大恐慌の危険性すらあります。そうなると、もはや、絶対的な価値を信頼できるのは、純金積み立てくらいではないでしょうか。

ちなみに、日本のことを、加工輸出貿易で成り立っている国だと未だに信じている人が多いのですが、2年前から、輸出にゆる収入より投資の回収による収入が多いという逆転現象が起きています。将来の日本は、投資立国になるでしょう。

また、日本政府は赤字ですが、大量の円借款を海外に貸し出している債権国であるという事情も考慮する必要があります。いざとなれば、「期日はまだだが、今すぐカネ返せ、ゴルア」という手があります。これも、あまりやりすぎると、日本発の世界経済の大混乱を巻き起こしますが。

厄介なのが、日本の外貨準備のほとんどが米ドルで、リスク分散が出来ていないことです。おまけに、中国もほとんど米ドルで外貨準備を溜め込んでいます。日中が米ドルを売りに出すと、一気にドル安となるし、逆にドルが暴落すると、手持ち資産が目減りするということです。そろそろ、日本はユーロへの分散投資を始めるべきだし、中国も人民元を米ドルに固定する制度から卒業すべき時です。

日本政府の赤字は、通常の手段であれば、徹底した支出削減と増税によってしか消すことができません。今のところ、まだ日本政府の発行する国債の信用力は、国際的な格付け会社によれば、比較的高い水準にとどまっています。

政府がインフレを意図的に操って借金の価値を下げるという手段は古典的なものですが、不動産、株、外貨建て資金にシフトしても、経済がグローバル化した今では、無駄でしょう。むしろ、日本発の世界大恐慌の危険性すらあります。そうなると、もはや、絶対的な価値を信頼できるのは、純金...続きを読む


人気Q&Aランキング