太陽の表面の自転速度は、赤道付近が極付近に比べて速いということですね。
太陽の中心部はひと塊になって自転している、
つまり、自転速度はほぼ一定と辞典の中に記述がありました。

私は、「自転速度」といえば、「ある緯度の表面の速度」と考えていましたので、
太陽の中心部がひと塊になって自転していれば、
緯度の高さによって自転速度は違ってくると考えていました。

しかし、上記のように宇宙の辞典の中の記述によると、
「自転速度」とは、速度ではなく「自転周期」または「角速度」ということになってしまいます。

定義を知りたいと、検索したのですが、見つかりませんでした。
「自転速度」の定義についてのページをご存知の方は教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。

(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/ …

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をしています。
角速度が一定であっても,回転に伴うある1点の速度は,回転軸からの距離に比例して大きくなりますが,そんなことはあまりにも自明なことですよね。
自転速度について論じるとき,「私の立っている地面はどのぐらいのスピードで動いているか」とか「東京と赤道とでそのスピードは何倍違うか」などといった議論は,一般人向けの話題は別として,少なくとも天文学の研究について話すときは,めったに出て来ないのではないでしょうか。

太陽の場合は固体ではなく気体ですが,その場合でも,緯度による自転速度の差を論じる場合,固体の回転と同様のイメージがありますので,速度ではなく角速度を意識するのは自然なことだと思います。

そんなわけで,文脈上どうしても必要なとき以外は,自転角速度の意味で,自転速度という一種の省略形が使われるのでしょう。

このへんは英語でも同様で,rotation velocityという単語を,角速度の意味で使っていたり,速度の意味で使っていたりしますが,ある程度学術的な内容の時は角速度の意味で使っている場合が多いようです。

ただ,「自転周期」の意味で「自転速度」を使う例も時々見かけますが,これはちょっと拡大解釈のしすぎではないかなと思います。(たとえば「自転速度は約27.3日で」のように)
    • good
    • 0

太陽ね固体じゃ無いので



地球(表面のみ固体ね)みたいに全体が同じように回転します

その為に・・・

自転速度」といえば、「ある緯度の表面の速度

固体である・・地球や月、などには適応できますが
自転周期」または「角速度」に置き換えることが可能ですが

所が

問題は固体じゃ無いのです
赤道付近と極付近では周期に違いが出てきます
ここが問題なんですね

したがって
赤道の自転周期」または「角速度」にしないと駄目なんですよ
別に直径が判れば・・・
(ある緯度の表面の速度では問題が・・・でるので)
これを赤道の表面の速度に置き換えるのは可能です

通常は赤道の自転周期」または「角速度」ですので
(通常は赤道は省略されてます)
固体であれば、どこでも自転周期」または「角速度は同じです

固体であれば、ある緯度の表面の速度でも問題は発生しないが・・計算するのがややこしいし
からずしも球体で無いので
どの星も、楕円です(表面のデコボコは除く)ので
この比率もある緯度の表面の速度に居るようになるのです

したがって
赤道の自転周期」または「角速度となります

ちなみに・・・

また、太陽なんか赤道付近は安定してるが・・
極に行くにしたがい、じゃっかんバラつきが出てきます

http://db.gakken.co.jp/jiten/ta/302220.htm


赤道は25日くらい高緯度地帯では28日をこえている
と観測から判ってます
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自転速度」とは、自転周期のことですか?

太陽の表面の自転速度は、赤道付近が極付近に比べて速いということですね。
太陽の中心部はひと塊になって自転している、
つまり、自転速度はほぼ一定と辞典の中に記述がありました。

私は、「自転速度」といえば、「ある緯度の表面の速度」と考えていましたので、
太陽の中心部がひと塊になって自転していれば、
緯度の高さによって自転速度は違ってくると考えていました。

しかし、上記のように宇宙の辞典の中の記述によると、
「自転速度」とは、速度ではなく「自転周期」または「角速度」ということになってしまいます。

定義を知りたいと、検索したのですが、見つかりませんでした。
「自転速度」の定義についてのページをご存知の方は教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/2-3/2-3-4-3.html

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をしています。
角速度が一定であっても,回転に伴うある1点の速度は,回転軸からの距離に比例して大きくなりますが,そんなことはあまりにも自明なことですよね。
自転速度について論じるとき,「私の立っている地面はどのぐらいのスピードで動いているか」とか「東京と赤道とでそのスピードは何倍違うか」などといった議論は,一般人向けの話題は別として,少なくとも天文学の研究について話すときは,めったに出て来ないのではないでしょうか。

太陽の場合は固体ではなく気体ですが,その場合でも,緯度による自転速度の差を論じる場合,固体の回転と同様のイメージがありますので,速度ではなく角速度を意識するのは自然なことだと思います。

そんなわけで,文脈上どうしても必要なとき以外は,自転角速度の意味で,自転速度という一種の省略形が使われるのでしょう。

このへんは英語でも同様で,rotation velocityという単語を,角速度の意味で使っていたり,速度の意味で使っていたりしますが,ある程度学術的な内容の時は角速度の意味で使っている場合が多いようです。

ただ,「自転周期」の意味で「自転速度」を使う例も時々見かけますが,これはちょっと拡大解釈のしすぎではないかなと思います。(たとえば「自転速度は約27.3日で」のように)

定義そのもののページがうまくみつかりませんでしたので,「自転角速度」の意味で「自転速度」を使用している例を紹介します。(個人のサイトではなく,公的なところで)

質問4-4) 1日の長さは変化しているの?(国立天文台)
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html

2-3-4-3. 自転速度の変化(日本測地学会 測地学のテキスト)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/part2/2-3/2-3-4-3.html

これらのページでは,明らかに(地球の)「自転の角速度」の意味で「自転速度」という言い方をして...続きを読む

Q地球の自転速度あるいは自転周期の測定方法

3年半ぶりとなる「うるう秒」が2012年7月1日に「午前8時59分60秒」として挿入されると聞きました。現在の1秒はセシウムを元にした原子時計で定義されるということも分かりました。さて、地球の自転周期がだんだん遅くなっているということですが、この地球の自転速度あるいは自転周期のどのようにして計測するのでしょうか?? 詳細ではなくても良いので大体のところをご教示願えれば幸いです。

Aベストアンサー

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年~西暦1200年頃の自転周期の大きな変動の推定カーブが計算されています。http://www.wagoyomi.info/suiko/suiko.html
 
人類の記録が日付や場所、事実かどうか疑問がある時代や、人類が記録を残せない時代については、サンゴなどの成長が縞となって残っている日輪、年輪を調べるのだそうです。地球の公転1回の間に寒暖があると成長記録の縞でそれが残ります。一日の昼夜の成長記録が縞に残ると日がわかります。1年間に何日あったのかを、太古のサンゴやオウムガイの化石の縞で調べるそうです。また、地層を調べると海の潮の干満がパターンで残っているところがあるので、そうした堆積物の状況でも1年の日数を調べることができます。他の観測や事実確認から、公転周期が大きく変わっていないことがわかれば、1年の日数の変化から、1日の時間の変化が推定できるそうです。 http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf114-3/p419-433.pdf (下の図はp11/15にあります)
 
その他にも月の運動を調べる方法で、太古の地球の自転が1日10時間以下だったらしいという推定もあるそうです。
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/chishiki/answer06/index.html
「そもそも地球が誕生したころは、自転周期は5時間程度だったと考えられています。6億年前でも約22時間程度で、今よりもずっと早く自転していました。では、どうして地球の自転は遅くなっていくのでしょう。 地球の自転にブレーキをかけているのは、主に「潮汐作用」です。とりわけ月の影響が大きくあります。月は1年に約3cmずつ遠ざかっています。ぐるぐる回る地球の自転のエネルギーを、潮汐作用を通じて月が受けとっているため、月はしだいに遠ざかってしまいます。その結果、エネルギーを吸い取られた地球は、自転が遅くなります。 地球だけに限ってみれば、自転が遅くなるのはわかりやすいといえます。潮の満ち干によって移動する海水と海底との摩擦で、自転のエネルギーが失われます。正確にいえば、地球潮汐(地殻の上下)や、地球の中心の液体核、それに地球の大気と地面との摩擦なども効いています。さらに細かく調べると、地球の自転速度が遅くなっていくペースも一定ではないことがわかってきました。過去の日食の記録による調査からは、地球の気候変動が自転速度に影響を及ぼしていることや、最近の正確な地球の自転運動の研究から、大きな地震の前後で自転速度が変化してしまうことなどがわかりつつあります。」
 
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html
「地球の自転速度は、長期的には、主に「潮汐摩擦」(潮の満ち引きによって起こる海水と海底との摩擦)によってだんだん遅くなっています。 しかし、数年から20年ぐらいの期間で考えると、地球内部にある「核」の運動の変化や、地球規模での水(海水、陸水、氷河)の分布変化などが原因となって変動し、自転速度は、必ずしも一定の割合で遅くなっているわけではありません。 それでは地球の自転はどのぐらいの割合で遅くなっているのでしょう。 19世紀の約100年間の地球の自転による1日の長さの平均が24時間に等しくなるように定められましたが、1990年頃には、地球は24時間より約2ミリ秒(1ミリ秒は1秒の1000分の1)長くかかって1回転しています。1回転にかかる時間が100年間で2ミリ秒長くなっていることになりますので、もしもこの割合がこれからもずっと続くと考えると、5万年で1秒、1億8千万年で1時間長くなることになります。このことはつまり、1億8千万年後には、1日の長さが25時間になってしまうということを意味しています。 しかし、この割合でずっと地球の自転が遅くなり続けるのかどうかはわかりません。現に、2003年現在、地球の自転を観測すると、地球は24時間より約1ミリ秒長くかかって1回転しています。1990年のころと比べると、地球の自転速度は、むしろやや速くなっているのです。」

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年...続きを読む

Q公転と自転の矛盾について

まず、月は地球に裏を見せないように1回公転につき1回自転をしていると習いました。

地球と太陽に置き換えます。
地球は、1回公転する間に365回自転するので昼と夜がそれぞれ365回あります。
地球が太陽の周りを1回公転する間に1回自転するとします。
最初の文により、<公転1回・自転1回のとき、地球は太陽にうらを見せない>となります。
すると、今、日本が真昼だとすると、何回公転しても真昼が続きます。
しかし、地球が1回公転する間に1回ずつ昼と夜がないことになるのでこれは矛盾しています。

<公転1回・自転2回の場合>
地球は、公転も自転も反時計回りに回っています。(反時計回りに回る視点から見てください)
実際に、何かを動かしてみるとわかるのですが、公転1回・自転2回の場合昼と夜はそれぞれ1回ずつあります。
すると、365回の自転で昼・夜がそれぞれ364回になってしまいます。なぜこうなったのでしょう。

これは、どこかに勘違いか何かががあるのだと思うのです。どこが違うのか教えてください。

大変気になりますので、ぜひ、よろしくお願いいたします!

ちなみに、最初の文での習ったというのは中学です。僕は中3です。

まず、月は地球に裏を見せないように1回公転につき1回自転をしていると習いました。

地球と太陽に置き換えます。
地球は、1回公転する間に365回自転するので昼と夜がそれぞれ365回あります。
地球が太陽の周りを1回公転する間に1回自転するとします。
最初の文により、<公転1回・自転1回のとき、地球は太陽にうらを見せない>となります。
すると、今、日本が真昼だとすると、何回公転しても真昼が続きます。
しかし、地球が1回公転する間に1回ずつ昼と夜がないことになるのでこれは矛盾しています。
...続きを読む

Aベストアンサー

ふたたびどうも。

自転と公転の向きなどの問題もありますが、
地球のように、自転も公転も天の北極方向から見て左回り
というふうにそろっていれば、
補足のご質問に対しては、「そうです」 です。

普通の恒星が南中(真南にくること)する周期
(これが、天文学上の地球の自転周期です)は、
約23時間56分です。

一方、太陽が南中する周期
(これが、いわゆる我々の1日です)は、
24時間です。
本当は、この時間は季節によって変化するので、
天文学的には「平均太陽」という仮想的な天体を考えますが。

1日につき、約4分の違いですね。
これを365倍すると、1460分となり
これは、1日24時間すなわち1440分とほぼ一致します。

つまり、星々に対する1日(自転周期)と
太陽に対する1日(いわゆる1日)とは少し長さが違って、
その差が1年で1日となると考えることもできます。

少し前に、関連した質問に答えたことがあるので、
参考URLもご覧下さい。

では。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=438141

ふたたびどうも。

自転と公転の向きなどの問題もありますが、
地球のように、自転も公転も天の北極方向から見て左回り
というふうにそろっていれば、
補足のご質問に対しては、「そうです」 です。

普通の恒星が南中(真南にくること)する周期
(これが、天文学上の地球の自転周期です)は、
約23時間56分です。

一方、太陽が南中する周期
(これが、いわゆる我々の1日です)は、
24時間です。
本当は、この時間は季節によって変化するので、
天文学的には「平均太陽」という仮想的な...続きを読む

Q平均太陽時と実際の自転周期との誤差の修正

1年365日と実際の公転周期との誤差の修正は、4年に一度の「うるう年」の設定で解消していますよね。
では、平均太陽時1日24時間と実際の自転周期23時間56分4秒との誤差(1日あたり3分56秒ずつ)の修正はどのように行っているのか、詳しい方教えてください。
もしかすると、ものすごく単純な質問かもしれませんが、このことがどうしてもわかりません。
申し訳ありませんが、できるだけわかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

それは誤差ではありません。地球は太陽の周りをまわっているからです。これが公転です。1年に1回りしますが、この1回りで1日分になります。
わかり易く考えると1年が4日だったとしましょう。1日後には太陽からみて90度移動した場所にいます。そうすると270度自転しただけで太陽が真上になります。
公転と自転が逆方向だと360度+90度で450度自転しないと太陽が真上に来ません。

Q太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。

太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。
教えてください…

Aベストアンサー

赤道は地球だけに付けられた言い方では有りません。

自転する天体の重心を通って、自転軸に垂直な平面が表面を切断する線を赤道と呼びます。

太陽の赤道、木星の赤道、・・・・など。

時計じゃ無いけど「2時の方向」って言い方します。

それと同じで解り易い。

Qなぜ月の公転周期=自転周期?

月が地球から常に同じ面を見せているのは月の公転周期が自転周期と等しいからということを教えられました。それでは、なぜ寸分違わず等しいのでしょうか?もしコンマ1%でも周期が違っていれば、数十年もすれば地球から見える月の面が違ってくるはずだと思うのですが。この測ったように等しくなっている理由は何でしょうか。

Aベストアンサー

まず第一に、月と地球はそれぞれ勝手に自転していました。ただしここで、他の惑星系とは異なる大きな違いが地球-月系にはありました。

それは「通常よりも明らかに大きい衛星月」です。このために、地球-月系では「お互いに与える潮汐力」が他の惑星系に比べて大きくなる事になります。潮汐力というつい、干潮・満潮ばかりに目がいきますが、ポイントは「近い側と遠い側との引力の差」です。
この潮汐力が他の惑星系に比べて大きかったのです。そのために月は早い段階で「重い側を地球に向けて安定」し、地球は月によって潮の満ち干を受ける事になります。

余談ですが月は地球に潮の干満を与える事で回転モメントを得「より遠くに遠ざかっており」ます。No.5さんのように近づいているという事はありません。NASAの測定によって、年数センチずつですが遠ざかっております。

Q【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】 地球は磁石としても磁石を動かすには何ら

【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】

地球は磁石としても磁石を動かすには何らかの他の磁界が必要ですよね?

太陽が発している磁界を地球という磁石が受けて自転している?

それとも宇宙空間の真空の無重力の世界に小さな磁石として磁場が生まれて地球は自転する?


まさか月が磁石の役割をして地球は月の磁石によって自転してるわけないですよね?

Aベストアンサー

たくさんの岩のかたまりが合体成長して惑星が作られる最後の段階では、地球の半分くらいの大きさのやや小さな惑星同士がぶつかって合体して、地球のような惑星になったと考えられています。

地球が自転しているのは、小さな惑星同士が合体して地球ができたときに、真正面からぶつかったわけではないからだと考えられます。

真空の宇宙空間では摩擦力が働かないから、その時の惰性で今も自転し続けている。

月の影響で海水の満ち引きが起こり、少しずつブレーキが掛っている。

宇宙空間へ鉄磁石を回転して投げれば、ず~と回転し続ける。

そのままの運動をず~と続けるというのが、運動の基本。
(慣性の法則)

地上の生活では、必ず摩擦力が働くので、止まる。

運動の基本は慣性(外力が働かない限りその運動を続ける)で有って、摩擦と言う外力が働くから止まる。
これを最初に見抜いたのは天才ガリレオ。

Q月の自転周期と公転周期

もし仮に、月が自転せずに地球の周りをまわっていたら、地球に同じ面を向けたまま回るのでしょうか?私は、そう理解しているのですが、間違いですか?

もしこの理解が正しければ

「月の同じ面しか地球からは見えないのは、月の公転周期と自転周期が一致するからである」というのはウソですよね?

私の理解では
「月の同じ面しか地球からみえないのは、月が自転せずに公転しているからである」なのですが。

Aベストアンサー

もしも「月が自転せずに公転している」としたら、地球からは月の裏も表もまんべんなく見ることができるでしょう。

同じような質問が以前にもありましたので、ご参考までに。

http://okwave.jp/qa/qa6241303.html
http://okwave.jp/qa/qa6485161.html

Q地球の自転の周期と公転の周期が違う理由

私なりに自転周期は、自転軸が公転面と垂直でないことがなにかしら関わっていて、公転周期は公転軌道が楕円であることがその理由に関わっているんだろうとおもったのですが、自転周期が半年となって公転周期が1年となるのはなぜですか。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀河系辺境星域第3惑星のことですか?にしては自転周期が違い過ぎる。

自転は地球と月の成立ちが関係。
公転は太陽の重さと距離が関係。

Q僕たちの本当の時間はアインシュタインによれば動く速度が速くなると時間は遅くなるでしたよね。太陽からの

僕たちの本当の時間はアインシュタインによれば動く速度が速くなると時間は遅くなるでしたよね。太陽からの好転速度は時速約10500km、太陽系は約215000kmで銀河系を、銀河系は宇宙区間を約3600000kmで動いていますでは、僕たちの本当の時間はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

時間の測定は相対的なものでしかありません。本当の時間とは何でしょう?速い速度で移動しているものの中では時間は遅くなるといってもそれは同じようには移動していないものに対してなのであって、我々が移動している状態の中で定めた時間はそれが我々の認識しうる時間の全てであって、そのほかの客観的なもの・時間というものは存在しないのではないでしょうか。その視点に立てるということが不可能である以上。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報