【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 シンガポールと言えば、アジアにおける自由主義経済の一大中心地であり、一人当たり国民所得も相当高い国です。
 ところが、そういう経済とちぐはぐに感じるのが、この国の政治のあり方です。1965年の独立以来、人民行動党の事実上の一党独裁が続き、リー・クアンユーが長く首相を勤めてきました。リーは首相は退いたものの、今も権力は維持しており、現在の首相はリーの息子です。「李王朝」と言ってもよいでしょう。
 こうした独裁政権には、世界の非難が集中するものですし、政治腐敗が起こりやすい状態であるとも考えられます。
 しかるに、シンガポールの政治について、それほどの国際的非難や国民の怨嗟の声を聞くことがありません。北朝鮮やビルマ(ミャンマー)については、世間が騒ぐにも関わらず。これはどうしてなのでしょうか。シンガポールが小国なので、無視しているのでしょうか。小国とはいえ、経済的にはかなり大きな影響力がある国だと思うのですが。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

北朝鮮のような正真正銘の独裁国家が、何ゆえに人道に反するかを考えますと、



1. 自由選挙によらずに、朝鮮労働党とそのトップである金正日が権力を行使している。金正日などの指示が絶対であるため、意思決定が間違っていても是正されない。

2. 朝鮮労働党に反対することは許されない。反対する者、反対すると看做されたものは強制収容所で言語に絶する虐待を受ける。

3. 貧富の差が極めて大きく、国の富が朝鮮労働党関係者に集中している。権力を持つ者は贅沢三昧にふけり、持たないものは飢えている。

4. 身分制度が敷かれており、身分が高いとされる者は教育・職業選択上の便宜を国家から与えられる。身分が低い者は、本人の能力や希望に係わらず教育から排除され、鉱山や農場での重労働を課せられる。

5. 法律より党の指示が優先され、人権という概念がない。留置場、監獄、収容所では、言語に絶する人権侵害が日常茶飯事。これをチェックする機関はない。

6. 金正日から村の党書記に至るまでの各段階の権力者は、いくら腐敗しても咎められない。何をするにも賄賂が要り、賄賂を出さない者は権力者によって冤罪を着せられ、犯罪者となる。

です。

シンガポールの場合、
「自由選挙によらないで権力が行使されているだけ」
で、それ以外は上記のような独裁の弊害が認められないようです。

このような体制は歴史上稀で、強いて言えば「明治維新以前の日本の武家政権」が想起される程度です。「シンガポールの奇跡」とでも呼んでおきましょう。なぜそれが可能なのか、私も不思議です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよねえ。稀ですよねえ。独裁政治なのに何故それほど問題が起こらないのでしょうか。

お礼日時:2006/06/11 19:38

まずこの言葉を念頭に置きましょう。



1.隣接する国は互いに敵対する。
2.敵の敵は戦術的な味方である。
3.敵対していても、平和な関係を作ることはできる。
4.国際関係は、善悪でなく損得で考える。
5.国際関係は利用できるか、利用されていないかで考える。
6.優れた陸軍大国が同時に海軍大国を兼ねることはできない。その逆も然り。
7.国際政治を損得で見る。善悪を持ちこまない。
8.外国を利用できるか考える。
9.自国が利用されているのではないか疑う。
10.目的は自国の生存と発展だけ。
11.手段は選ばない。
12.損得だけを考える。道義は擬装である。
13.国際関係を2国間だけでなく,多国間的に考える。
14.油断しない。
15.友好,理解を真に受けない。
16.徹底的に人が悪い考えに立つ。
17.科学技術の発達を考慮する。

 つまりいわゆる人道主義・博愛主義に基づく“だけ”の非難では国はまず動きません。
 大国が「独裁政権」を批判する場合は、その政権が周辺の安定を脅かし、ひいては国際社会全体の安全保障を乱し、それが“自国の国益に損害を与える”とみなされたときに、「独裁政権」として批判するのです。

 つまりその国が独裁であろうと、それに伴い政治腐敗が起きていようとも、国際社会において利害が生じない限りは、大きな問題とはしないものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御高説を拝読しましたが、貴殿の論には「国」はあるが「人」がないように感じましたが。

お礼日時:2006/06/11 19:40

独裁=悪ではなく、#1の方がおっしゃってるとおり国民からの搾取や汚職、人権弾圧などが大きな問題になっていなければアメリカや国連などは余計な口出しはしないでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

独裁は、悪になるのが必然だと思うのですが。もちろん、本当に聖人君子がいれば別ですが、そんな儒教の理想のような人物は現実にはいませんからねえ。

お礼日時:2006/06/11 19:41

北朝鮮は殆どの人が飢えに苦しむわけですから、当然人権団体から非難を浴びるでしょう。



しかし実際問題シンガポールは質問者さんが言ってる通り世界有数の、日本を越えるぐらいの一人あたり所得を持つ国ですから、国民が不幸には到底思えないんじゃないでしょうか。
沢山の人が旅行にいくし、沢山の企業が入ってますが、そこでの経済活動等に対して不満を感じないんでしょうね。
独裁するために政治的工作、規制は凄まじいですが、そこに対する批判というのは当然あると思いますよ。

しかしやはり実際問題、経済的に国民が不幸に見えるわけでもないし、むしろ物凄い経済発展した幸せな国家に見えるのでメディア総動員の大批判をする必要がないんでしょう。
そして一部には安定した政治と発展させた経済に対する賞賛があるのも事実ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに経済は繁栄しています。しかし社会的格差の方はどうなのでしょうか。他の開発独裁の指導者(パクチョンヒ・マルコス・スハルトなど)の末路は哀れです。

お礼日時:2006/06/11 19:44

シンガポールは汚職に非常に厳しい国です。



現在はどうか知りませんが、以前は、政治家の汚職は
死刑でした。
公務員の汚職にも厳しい刑が適用されていたはずです。

それ以外にも理由はあると思いますが、政治的清潔さ
のため、PAPの独裁に対してシンガポール国民がある
程度納得していたと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

独裁に汚職はつきものだと思います。刑が厳しいのは汚職が多かったことの反映では?

お礼日時:2006/06/11 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング