1.2%ピクリン酸の100mlの作り方と
1,4Nの水酸化ナトリウム溶液100mlは
どうやって作るのでしょう。
簡単でいいので教えてくださいー!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 『簡単でいいので教えてくださいー!!』との事ですので簡単に。



> 1.2%ピクリン酸の100mlの作り方
 %をどう捉えるかによって変わりますが,普通には,ピクリン酸 1.2 [g] を水 100 [ml] に溶かせば出来ます。

> 1,4Nの水酸化ナトリウム溶液100mlは
> どうやって作るのでしょう。
 「1,4N」というのは「1.4 N」の間違いでしょうか。そうだとして回答いたします。水酸化ナトリウム 1 [mol] は NaOH → Na+ + OH- の電離によって,水酸化物イオン(OH-)1 [mol] を生じますので,1 [グラム当量] = 1 [mol]です。ですので 1.4 N と言う事は,1.4 [mol] を 1 [L] に溶かせばいいわけです。100 [ml] であれば,0.14 [グラム当量],つまり 0.14 [mol],を 100 [ml] に溶かせば出来ます。

 なお,実際の操作は,どの程度正確な溶液を作りたいかで変わりますので,必要なら補足下さい。
    • good
    • 0

こんばんは


何のために、何を造ろうとしているのですか?
水酸化ナトリウムはともかくとして、ピクリン酸はとっても危険ですよ。
作り方なら、rei00先生の通りです。ピクリン酸も僅かながら水に溶けますので、作成は可能です。
でもピクリン酸はとんでもない代物で、素人は扱わない方が良いです。
一度、誤ってアンプルを割ってしまった人がいて、手助けをしましたが、刺激性の臭気と催涙性で近寄ることも出来ず、ものすごく大変でした。(モグラ退治に使おうとしたそうで)
ロボットアームや完全密閉性の装置が無ければ無理です。中途半端なドラフトは周辺に大きな影響を与える可能性があります。

参考URL:http://www.citi.or.jp/sheet/98_30/98_30.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これはクレアチニンクリアランスの実験で使いました。

お礼日時:2002/02/21 01:35

 うーん、難しいですね。


「簡単でいいので」と謙虚なのか、書き添えて頂いてますが、
>1.2%ピクリン酸の100ml
って、何を作るんですか、溶液? だったら溶媒は? 温度は?重量%にせよ、容量%にせよ25℃で作るのと1500℃じゃ異なります。ましてや固溶体だったりしたら・・・意地悪ですね。
>1,4Nの水酸化ナトリウム溶液100ml
 これも上の質問の表示が1.2%なんだから、「1,4N」というのは当然意味がありそうだし、この表記の意味するところは?と考えると私の知らない単位系らしいし、溶液は何の溶液ですか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピクリン酸

ピクリン酸ナトリウム塩のジエチルエーテル溶液にCO2を通したらピクリン酸って遊離するんですか?
またその理由もおしえてください

Aベストアンサー

専門家ではあるけれど、やったことないので、自信はないですがアドバイス。

ピクリン酸はフェノールであるけれど、ニトロ基が3個ついて電子を引っ張ります。そのため、フェノールでありながら強い酸の性質をもちますね。例えば、アンモニウム塩を作ります。

(NO2)3PhOH + NH3 → (NO2)3PhONH4+

この事からピクリン酸のナトリウム塩からピクリン酸を遊離させるためには強い酸が必要と考えられます。

CO2がアルカリを中和することはないと思います。遊離しないと思います。

ネットで色々見てたら、反応後処理にCO2を作用させるような、高校のテキストありましたが、一般的ではありません。そんなことはしません。蛇足の話ですが。。。

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Qピクリン酸に関して

ピクリン酸はナトリウムとフェノキシドをつくりますでしょうか?

あとピクリン酸は強酸性だと習いましたが、同じく混酸を加えた2.4.6-トリニトロトルエンも強酸性なのでしょか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ピクリン酸はナトリウムとフェノキシドをつくりますでしょうか?
作ります

>ピクリン酸は強酸性だと習いましたが、同じく混酸を加えた2.4.6-トリニトロトルエンも強酸性なのでしょか?
いいえ、混酸を加えたかどうかではなくて生成した化合物の構造によります TNTのどこでプロトン(H^+)が抜けますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3

Q水酸化ナトリウムによるリン酸の滴定曲線について

水酸化ナトリウムによるリン酸の滴定曲線について質問します。この滴定の第3当量点でHPO4^2-は第3当量点で生じるはずのPO4^3-が強い陰イオン塩基であるため滴定できないと教科書に書かれているのですが、この第3当量点では水の電離はどう反応にかかわっているのかわかりません。誰か回答おねがいします。

Aベストアンサー

http://clustera.skr.jp/java/
から滴定曲線のプログラムをダウンロードしてください。
HPO4(2-)の解離定数はpKa12.35ですので、水中でpHを測定したのではきれいに見えません。
[H+][OH-]=10^(-14)
であり頭記プログラムでもpH=1からpH=14の範囲でしか描けないようになっています。(少なくとも以前は)
と、ここまでは実際の「目で見た」観測の事実です。
実際には上記pKa値に従い通常の解離が起きています。
水の解離も通常通り起きています。
ただし非常に濃いアルカ(塩基)を使うことになるので、誤差のないpHや水素イオン濃度の推定は無理です。
水だけでなくもっと解離しにくい溶媒中で超強塩基を使うと滴定曲線はきれいに描けますが、その場合古典的なpHの本来の意味から外れてしまいます。

Qピクリン酸と水酸化ナトリウムの作り方

1.2%ピクリン酸の100mlの作り方と
1,4Nの水酸化ナトリウム溶液100mlは
どうやって作るのでしょう。
簡単でいいので教えてくださいー!!

Aベストアンサー

 『簡単でいいので教えてくださいー!!』との事ですので簡単に。

> 1.2%ピクリン酸の100mlの作り方
 %をどう捉えるかによって変わりますが,普通には,ピクリン酸 1.2 [g] を水 100 [ml] に溶かせば出来ます。

> 1,4Nの水酸化ナトリウム溶液100mlは
> どうやって作るのでしょう。
 「1,4N」というのは「1.4 N」の間違いでしょうか。そうだとして回答いたします。水酸化ナトリウム 1 [mol] は NaOH → Na+ + OH- の電離によって,水酸化物イオン(OH-)1 [mol] を生じますので,1 [グラム当量] = 1 [mol]です。ですので 1.4 N と言う事は,1.4 [mol] を 1 [L] に溶かせばいいわけです。100 [ml] であれば,0.14 [グラム当量],つまり 0.14 [mol],を 100 [ml] に溶かせば出来ます。

 なお,実際の操作は,どの程度正確な溶液を作りたいかで変わりますので,必要なら補足下さい。

Q今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くと

今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くという実験を行いました。
その時の考察についてわからない個所があったので質問します。

リン酸…濃度未知 10mlを200mlビーカーにとり、蒸留水を50ml加えた
水酸化ナトリウム…0.1M 全部で40ml

考察
1)滴定曲線から第一、第二当量点をそれぞれ求め、リン酸濃度を計算する
  →当量点の方は問題ないのですが、それを濃度計算にどう用いればよいのか?
2)フェノールフタレインの変色点を求める。この値が、リン酸の第二当量点を求めるために適当かどう  かを評価する。
  →評価方法?
3)半当量点でのpHがpKaに等しいとしてリン酸のpK1とpK2を、滴定曲線から求める。
  半当量点とは? pKaとは? pK1 pK2の求め方?

提出が来週の火曜日なので、できるだけ早めに回答していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

(2)

第2当量点のpHは、生じる 「HPO4^2-」の不均化反応、

2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3-

が、他の反応と比べて特に進み易いので、[H2PO4^-]≒[PO4^3-] と見做せるから、

pH≒(pK2+pK3)/2 と近似できます。


これをP.Pの変色域と比較して評価すればよい気がします。

Qピクリン酸の合成について質問です。

ピクリン酸の合成について質問です。

僕は先日、高校の化学部でピクリン酸を合成して燃焼させたのですが、線香花火程度に燃えただけで終わってしまいました。

合成方法は、濃硝酸にフェノール(液体)を入れて加熱し、濃硫酸を入れて水煎で冷やして合成する方法と、混酸にフェノール(液体)を入れて合成する方法の2つで行いました。

1つ目は、黄色の粘り気の強いゴムのようなものができ、2つ目は黒い焦げのようなものと黄色の液体が出来ただけでした。

やはり合成方法が間違っていたのだと思います。
知っている方がいれば、正しい合成方法や分量など、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

#1のお答えにあるように、爆薬は「爆轟」(デトネーション)でないとせいぜい景気よく燃えるだけです。
爆轟というのは爆発伝達ないし爆発前線の速度が各々の環境で(空気中とは限らない)の音速を超えないと起きません。
爆薬には自分自身で爆轟を起こせないものが結構多いのです。その場合「信管」「雷管」を使います。信管は刺激によって、雷管は電気や点火によって小さな爆轟を作ります。つまり、小部分の超音速を作ります。これが他の爆薬に伝達されるとその部分が爆轟を起こします。
点火「燃焼」時に爆轟を起こすことがあるか、無いかはプラント設計などの時の安全係数の決定に大きな影響を与えます。

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Qピクリン酸(2,4,6-トリニトロフェノール)について

ピクリン酸(2,4,6-トリニトロフェノール)は、なぜフェノールよりも 強い酸性を示すのですか? 
高3の自分にも分かるような内容でお願いします。 m(_ _)m

Aベストアンサー

とても簡略に言いますと

★ニトロ基の特性
電気陰性度N<O
よって酸素側に電子が偏り,窒素は電子が不足気味
それゆえ窒素は別の腕についている原子から電子の供給を受けようとする

なのでベンゼン環は三つのニトロ基のせいでとっても電子不足になっています
そうするとベンゼン環はニトロ基以外の官能基から電子の供給を受けようとする
ヒドロキシ基の酸素原子ですね
でも酸素の電気陰性度はとても大きいので
その不足分を水素原子からもらおうとします
酸素と水素の電気陰性度の差はかなり大きいですから
電子をもらいすぎてちぎれてしまうんですね

Q塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水

塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mLを混合した水溶液のpHを求めよ
ただし、酢酸の電離定数Ka=2.0×10^-5mol/L
水のイオン積を[H+][OH-]=1.0×10^-14(mol/L)^2とし、log2.0=0.3、log1.62=0.21とする

自分なりに計算してみたのですが、解答はpH=9.0とのことです。
どこが間違っているのかわからないです・・・ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 溶液全体で200mlだからと言う理由で間違いないでしょうか⁇( T_T)

はい。そうです。その理由で間違いないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報