中国語の発音記号のローマ語ピンインと注音記号の日本人学習者にとって、それぞれメリット・デメリットを教えてください。また、そのような情報が載っているホームページがありましたら、教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

 注音字母(注音記号)は1918年当時の中国正統政府・中華民国当局が制定したもので、現在では台湾の公式な発音表記です。

日本の中国語の学習者にとって不便な点は、
1、見覚えがない文字なので新しく覚える必要がある。
2、中国語の学習施設、教本のほとんどはピンインを使っているので利用できない。
3.台湾以外では学習されていないので、汎用性がない。
 などです。

注音字母
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/1315/ …
に注音字母の詳しい説明があります。
中国語の表記については、下記のHPを見てください。

参考URL:http://www.pacific-en.co.jp/x260-1-1.html#A-2
    • good
    • 0

中国語は大学で2年間学んだだけの素人ですが、思いつく範囲でお答えします。



ピンインのメリット :日本人にもなじみの深いアルファベットを用いるため学習しやすい。
ピンインのデメリット:r,ca,eng,qなどのように、実際の発音とはかなり開きのあるアルファベットを使わなければいけない場合がある。

注音符号のメリット :中国語専用の記号を用いるため、発音に無理がない。
注音符号のデメリット:新しく記号を覚える必要がある。

下記URLのページはピンインを含む中国語のローマ字表記について詳しく論じています。
参考になるようでしたら幸いです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ez3k-msym/charsets/r …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく解答いただきありがとうございました。参考になるサイトのURLまで教えていただきまして、本当に感謝しています。

お礼日時:2002/02/20 01:56

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ