確定申告の医療費の明細書を入れる袋に、医療費などを記入しますが、交通費も含めて書いてしまっていいのですよね。そのさい、交通費の明細はつけなくてもいいのでしょうか。(特にそれについての注意書きなどはありませんが)絶対つけないといけないのでなければ、つけたくないのですが。
また、薬などを薬局で購入した場合も、それぞれについて、どこの薬局で買って、誰に何の目的で使ったかを記入するのですよね?
たくさん買った場合、いちいち記入しなきゃいけないし、欄がいっぱいになったらどうするんだろう?と余計な心配をしてしまうのですが(私の場合は薬局で買ったものは2つしかなかったので、大丈夫ですが)
ご指導よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

それほど神経を使う必要は有りません。



私の場合、病院の領収書の余白に、交通費220×2=440(バスの場合)などと書いておくだけです。
同じ病院の領収書が何枚も有るときは、ホッチキスで止めて一番上の領収書に、交通費220×2=440×5回2200円と書いています。

記入欄が足りない場合は、白紙に線を引いて貼り付けるか、同じ病院で何人かかかった場合は****他として、一行に数名分を書いています。

毎年、この方法で何も云われません。
    • good
    • 0

>確定申告の医療費の明細書を入れる袋に、医療費などを記入



この袋には総額だけを記載して、別途明細表を作成して持っていくことが効率的です。
日時、医療機関や薬局の名前、医療費、交通費、小計、備考(目的)を一覧表で作成して、持って行くことにしています。(一々書くよりも、医療費を使った都度、Excelに入力していくようにしています。当然手書きでなくてOKです)
交通費は明細は付けておらず、当該日の所に小計で記載していますが、タクシーの場合のみ領収書を貼付しております。

医療費の合計金額のチエック(10万円越えるかどうか)もできますし、何よりも税務署で5分程度で終わるのでこのようにしています。
    • good
    • 0

税理士事務所に所属しているものです。


まず、病院に通う場合の交通費ですが、タクシー代については領収書が必要です。但し、領収書に区間(最寄駅~病院、自宅~病院)の表示がない場合は、税務否認(認められない)される場合がありますので、くれぐれもご注意を。(病院の領収書の日付と一致しているものは、大丈夫な事が多いですケド。)
あと、薬代ですがみなさん勘違いしている事が多いようです。
薬局(病院外)で買った場合、処方箋のある薬については認められますが、処方箋のない薬は認められないことが多いのです。処方箋がない場合、医師の勧めで買った場合は認められる場合がありますが、それ以外は無理になることが多いです。
又、欄がなくなったらどうすればよいかですが、NO.1の方が回答してくれた方法でも良いですし、極端な例としては、税務署で貰う「医療費の明細表」を使わないで、適当な用紙(レポート用紙に線を引いて使う、パソコン等を使って表を作るなど、チラシの裏はオススメできません←爆)でも可能です。
最後にアドバイスを。
毎年還付申告を受けるのが確実な場合、簡単な家計簿をつけてみたらいかがでしょうか。市販の家計簿で十分です。そして、申告書を作るとき、医療費の合計を計算すればいいのです。
家計簿を作ることにより、毎月どこにどのように使われているかも解りますし、便利かと思います。
    • good
    • 0

 交通費は、客観的に必要性が認められる場合に、医療費控除の医療費と交通費をまとめて医療費控除とする事ができます。

たんに、楽だからとか早いからという理由ではなく、その病院に行くのに公共交通機関や駅から遠いのでタクシーを使うような場合に、認められます。公共交通機関の場合には、料金が決まっていますので、医療費の領収書とその日に要した交通費を記載することになり、領収書は必要がありません。タクシーは領収書が必要です。交通費の明細は、医療機関での額和記入した次の段に交通費として記入すればよいでしょう。医療費と交通費は、別に記入します。

 薬局での薬等の場合は、件数も多くなりますので、例えば1ヶ月ごとに薬局ごとに合計額だけを記入する方法もあります。領収書がそろっていれば、金額があっていれば良い事になります。

 大変でしょうが、頑張って記入をして、控除額を多くしてください。本当は確定申告時期にまとめるのではなくて、毎月まとめると楽なのですが、なかなか面倒ですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q確定申告の医療費明細の提出方法

確定申告のwebサイトで医療費明細を入力したら、A4の用紙で印刷されました。

領収書は封筒等に入れて提出してくださいと書かれていましたが、明細書と領収書をクリップ留めして提出しても良いでしょうか?

封筒に入れなければならない場合、明細書も封筒の中に入れて、封筒には医療費領収書、明細在中とでも書いておけばよいですか?

それと封筒は糊付けしてすぐに中身が出ないようにするのでしょうか?

Aベストアンサー

領収証はやはりまとめて袋に入れた方がいいと思います。
別に新品の封筒とかでなくてよいのです、なにかまとめて入れられて封が出来る袋であればなんでもいいでしょう。
ダイレクトメールで送られてきた封筒、JAFの穴あきの封筒?を糊で貼って作るとか新聞紙で作っちゃっても文句言われませんから。

ただ明細を封筒の中にというのはやめましょう。
明細は封筒の表にに貼り付けてもよいし封筒に直接書いてもよい。
今回はもう印刷しているようですので、封筒の表に糊で貼りつけるかホッチキスで止めるかしてそれで申告書と一緒に提出すればよいでしょう。
封筒(袋)は口の開かないように糊などでしっかりととめて領収証の紛失につながらないようにしてください。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q医療費が約12万円。医療費控除は受けるべき?

昨年かかった医療費が約12万円ほどでした。
交通費その他を含めるともう少し金額は増えるかと思いますが、恐らく微々たるものです。
医療費控除は今までやったことが無く、知識が皆無なのですが、こういう場合医療費控除は受けるべきなのでしょうか?
少額なので、返って来る金額は相当少ないと思います。
ネットでも申告出来るようですが、もし解らないことがある場合税務署まで足を運ぶ方が賢明かとも思います。
でも税務署までの交通費や計算する手間などを考えると、別に受けなくても良いのかなぁ、と思ったりするのですが・・・。

受けた場合と受けなかった場合、それぞれどういった影響が出るのがお教え戴けると嬉しいです。

Aベストアンサー

確定申告は税金を還付してもらうだけでなく、後からの住民税に大きく影響します。また国民健康保険制度を利用しているのでしたら、算出の基本は、確定申告です。申請用紙をみると、1枚は市町村へそのまま行くようになっています。その理由は前述した通りです。税金の計算は、今年から特に楽になり、国税庁のホームページから用紙を選択し、数字だけ入れれば自動的に作成してくれます。また、税務署へ行かなくても申告書を税務署へ送れば交通費はかかりません。郵送料はかかりますが。いろいろと後の公的出金に備えて確定申告はしたほうが有利です。

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q確定申告:医療費控除は、医療費等-10万円?

ふたたび確定申告関係です。

『確定申告書作成コーナー』にて入力をしています。
医療費+交通費の合計が、312,230円ありました。
『医療費控除(18)』において、『医療費の合計額を計算済の場合』の
箇所に312,230円を入力すると、『医療費控除(18)』が272,413円と表示されました。
物の本を読むと、医療費の合計額-10万円となっていますので、
212,230円になるのでは?と疑問に思いました。

収入は、
20,000円(給与)
1,996,356円(年金)
です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療費控除の金額は医療費の合計額から10万円もしくは所得金額の5%のうちいずれか低い金額を控除した金額になります。

ですのでご質問者さんの場合は
給与所得 0円
雑所得 796,356円
となっているかと思います。

796,356円×5%=39,817円<100,000円になりますので
医療費から控除するのは39,817円とコンピューターが自動判定
した結果となります。

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q実際の交通費が交通費支給額より多い場合

実際の交通費が交通費支給額より多い場合、その差額を交通費として確定申告時に控除できるのでしょうか。
たとえば、一日勤務するのに交通費として1000円かかるが、支給は600円までの場合です。
この時は差額の400円を交通費とすることはできますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一日勤務するのに交通費として1000円かかるが、支給は600円までの…

職業は何ですか。

サラリーマンなら、サラリーマンには実際の経費があってもなくても見なし経費として「給与所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
があるので、個別の経費を申告することは原則としてできません。

下の方が言っている「給与所得者の特定支出控除」は、「給与所得控除」の額を上回る経費が実際に発生している場合で、ご質問のケースには該当しません。

-----------------------------------------

請負業の方なら、600円は「売上」のうち、「経費」が 1,000円 (× 1年分) として事業所得を計算すれば良いです。

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>一日勤務するのに交通費として1000円かかるが、支給は600円までの…

職業は何ですか。

サラリーマンなら、サラリーマンには実際の経費があってもなくても見なし経費として「給与所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
があるので、個別の経費を申告することは原則としてできません。

下の方が言っている「給与所得者の特定支出控除」は、「給与所得控除」の額を上回る経費が実際に発生している場合で、ご質問のケースには該当しません。

-------------------------------------...続きを読む

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q医療費控除の申請 (高額医療と生命保険、未請求)

医療費控除を申請について教えて下さい。
昨年の9月に入院し、高額な医療費がかかりました。その後も治療のため、短期入院を繰り返していますが、今年の4月頃には治療が終わる予定です。
高額医療も11月分までは申請しましたが、それ以降はまとめてしようと思い、まだ申請していません。
生命保険も、すべての治療が終わった時点で請求する予定です。
医療費控除には「保険金で補てんされる金額」を記入する欄があるのですが、現時点では高額医療費と生命保険会社から還付される金額がわかりません。
このような場合は、医療費控除の申請は治療がすべてが終わってからでいいのでしょうか?
3月15日までに、申請しなくても大丈夫ですか?
それとも何らかの書類は出した方がいいのでしょうか? すみません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「保険金で補てんされる金額」が確定していない場合は、概算により計算して申告しなければなりませんが、還付申告の場合は、3月15日が期限ではなく、5年間申告できますので、それらの金額が確定してから申告された方が良いと思います。

参考までに、概算で計算しておいて、その後金額が確定して差額が生じた場合は、更正の請求や修正申告をする必要があり、二度手間になりますので、還付申告であれば、慌てる必要はないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報