みなさんに教えていただき、自分でも調べた結果、つみたてくんは、名義変更できないことがわかりました。(トホホ)

 つみたてくんの名義人が妻の場合、妻を連帯債務者にする、住宅を夫婦の共有名義にする、という方法で、つみたてくんの優遇制度を使えるようです。

 もちろん、積立金は公庫に支払われることになりますが、月々のローンは夫のみが払うことになります。(妻は無収入)今度は、妻の方に贈与税がかかるのでは?と、心配になりました。どうなのでしょうか?

A 回答 (1件)

月々のローンは夫のみが払うことになります。

(妻は無収入)今度は、妻の方に贈与税がかかるのでは?

この場合は、ご主人から奥様に対して贈与が有ったことになり、贈与税が課税されます。

これを防ぐには、建物を共有名義で登記すれば大丈夫です。
例えば不動産が3000万円で、奥様の出資分(つみたてくんの残高)が300万円の場合は、共有名義の比率は、3000/300となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもありがとうございます。建物は共有名義にするつもりでいました。というか、そうでないと、今回のような場合、つみたてくんの優遇制度が使えないそうです。

 比率という物があるのは知りませんでした。助かりました。

お礼日時:2002/02/19 17:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫の収入から、無収入の妻の名義で積立をすると贈与税がかかるでしょうか?

※同主旨の質問を以前にしたのですが、“補足”や“お礼”に余計なことを書きすぎて削除されてしまいましたので、あらためて質問させていただきます。

妻が無収入の場合、夫の収入から妻名義で貯蓄を積み立てたら、夫から妻への贈与と認定されるでしょうか。
またその場合、贈与額が年に110万円未満でも妻名義で確定申告したほうが良いでしょうか。(贈与額を記録に残す意味で)

Aベストアンサー

1.夫に贈与の意思があったかどうかにより異なります。単なる名義借りのような場合は、自分のお金を積み立てていたと受け取られ、妻が、その預金を使ったときに、一括して贈与があったものと見なされることもあります。次の【参考URL】にある「連年贈与」の記述が参考になります。
【参考URL】http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-future/1_57.html
2.贈与税の確定申告書は、控除額未満は、意味がありません。法律で確定申告が要件になっている特例により、税額がない場合を除くと、税務署のほうで廃棄されるからです。また、実質課税主義という税務上の原則がありますから、確定申告すれば、それで、贈与があったと直ちに認められるわけでもありません。

Q子供名義の投信信託積立贈与税かかりますか

11月に生まれる子供のための大学資金のために毎月1万円づつ
証券会社に子供名義の口座を開き私の名義の給与振込み口座から
自動引き落としで毎月1万円この投資信託を購入していこうと思って
おります。
期間は17年間で約200万円が元本でこれに値上がり分がつき17年後に
解約して息子の大学資金に当てようと思っております。

そこで知人に贈与税の対象になるかもしれないからよく調べたほうが
良いと言われいろいろなサイトを見て回ってますが結論には至って
おりません。理由は下記点がひっかかるからです。

(1)まず扶養義務者の間で生活や教育に当てられる財産は贈与にならない
がすぐに使わず一旦投資にまわされている点
(2)基礎控除110万円/年の範囲内であるが毎月の定期的な引き落としは17年後ひとまとまりの契約と見なされないか?

これに関して、子供の銀行口座も作りそこに年1~2回程度お金を
110万以下の範囲で入金しそこから子供名義の投資信託を購入すれば
どうかとも考えておりますが確信には至っておりません。

どなたかお詳しい方アドバイス下さい。せっかく子供のために貯めた
お金に税金なんてかけられてたまるかと思う所存です。

11月に生まれる子供のための大学資金のために毎月1万円づつ
証券会社に子供名義の口座を開き私の名義の給与振込み口座から
自動引き落としで毎月1万円この投資信託を購入していこうと思って
おります。
期間は17年間で約200万円が元本でこれに値上がり分がつき17年後に
解約して息子の大学資金に当てようと思っております。

そこで知人に贈与税の対象になるかもしれないからよく調べたほうが
良いと言われいろいろなサイトを見て回ってますが結論には至って
おりません。理由は下記点がひっかかるからで...続きを読む

Aベストアンサー

大学の資金にするのになぜ子供名義にしなければならないのかいまいちわかりません。

>これに関して、子供の銀行口座も作りそこに年1~2回程度お金を
110万以下の範囲で入金しそこから子供名義の投資信託を購入すれば
どうかとも考えておりますが確信には至っておりません。

なにに関しているのかわかりませんが、やっていることは同じで投資信託をいきなり買うのとなんら変わりはありません。銀行口座も投資信託も相談者様が管理するんだから同じですよ

贈与になってしまうのは「管理している人がだれか」が問題だからです。子供の名義にしておいても、相談者様が管理をしているのであれば、毎年1万円渡していたことにはならず、17歳のときに200万をいきなり渡したとみなされるのです。

しかし、大学の資金にするならなんの問題もないですよ。大学の資金にするのに贈与税がかかってたら医学部に入っている人みんな贈与になっちゃいます。「好きに使っていいのよ」と渡してしまうと贈与税の対象ですが。

Q親名義で公庫融資をうけ 自分で返済中 相続税は

約十年前に自宅を親名義の土地に新築しました。当時は収入も勤続年数も少なく 自分名義では住宅金融公庫の融資が受けられなかったため 親名義で融資を受けました。返済は自分が親名義の銀行口座に支払っています。最近気になってきたのですが このままだと
家は親名義なので 自分で支払った建物なのに 相続の時 相続税を支払うことになるのではないかということです。そうならないために 何か残しておくべき書類や よい方法があれば ご教授ください。なお
返済はあと十五年です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰が支払ったかを明確にするために、手数料がかかりますが、あなたの預金口座から毎月返済相当分をローンを返済している口座に振り込んで、実際に支払っているのは誰か通帳に証拠を残してください。手渡しや入金だけだとそのお金の出所の証明にはなりません。

今までの分は認定されるかどうか怪しいのですが、ここ15年は方法をしっかりすると、ちゃんとあなたが残金を支払ったという証明はできます。

Q夫の口座から妻の口座へ定期積立した場合

夫の口座から、毎月、妻の私の口座へ 15万、と、10万ずつ定期積立をしています。
これは、もしかして、年間110万を超えていますので、贈与税の対象になってしまうのでしょうか?
夫は、青色事業者で、私は、青色専従者で、夫から、毎月、給与をもらってるということにすれば、贈与税はかからないだろう、と思ってはじめたのですが、
15万、と10万の定期積立日が、一緒の日ではなく、それも、定期積立なので、給料とは、みとめられないでしょうか?
不安でたまりません。どうぞよろしくおねがいします

Aベストアンサー

こんばんわ。

去年積み立てた分をそのまま夫に戻せば、何の問題もありません。(贈与ではなく単に一時的な立替や借入と解釈すれば、年をまたいでもかまいません)

実務的には、この程度の金額の移動を税務署がいちいち贈与かどうかチェックしているかというと、ほとんどしていないと思います。
ただし、万が一贈与認定された場合は、もちろん本来納めなければいけない贈与税に、無申告加算税や延滞税等の罰則があります。

今回のような贈与税などの申告納税方式(自己申告)の税金について申告納税義務がある人が申告をしなかったときは、税務署長は税務調査をして税額をその人に通知します。この手続を「決定」と言います。決定できる期間はその決定の対象となった税金の法定申告期限から5年となります(国通70(4))。

Q贈与税 土地のみ共有名義の場合

はじめまして。
住宅購入資金として祖父から500万円の贈与を受けました。
住宅購入の際、土地を主人との共有名義にしました。500万円分は私の名義です。建物は主人の名義になっています。
住宅取得資金の贈与の特例を受けるため、贈与税の申告を
したのですが、先日税務署から連絡があり、建物にも私の名義が入っていないと特例が受けられないと言われました。
この件で近々税務署へ行かなくてはならないのですが、私のようなケースは特例を受けられる可能性はないのでしょうか。何か対策がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>土地の契約は建築条件付ではありません。
それだと土地の持分をなくし(又は土地の持分が贈与にならないように110万以下となる程度まで持分減らす)、代りに減らした分を建物の持分にして登記が必要でしょうね。

>土地契約の段階で、建物の契約も決まっていたのですが、それだけでは「共に」は主張できないのでしょうか。
だめです。この「共に」の意味については国税庁の通達があり、建物の契約と一体のものでなければならないとしています。
つまりマンション、建売の契約であればそれを満たし、建築条件付も建物の契約を結ばなければ解除になることから一体の契約とみなされます。それでなければ共にとは認められません。

>また、贈与を受けたのは去年で、申告したのは今年です。
そうですか、、ではよく税務署と相談して進めてください。

>登記の修正というのは、やはり司法書士にお願いしなくては難しいものなのでしょうか。
銀行からローンを借りていなければ自分でも出来ないということはありません。(面倒で難しいですが不可能ではない)

でも住宅ローンを借りている場合には、建物に新たに登記されたご質問者の名義の分についても抵当権を設定しなければなりませんから、司法書士にお願いしなければなりません。また銀行の承諾も必要なので銀行に相談して、購入時に使った司法書士にお願いするのがよいと思います。

更正登記(登録免許税が安い)ではなくて所有権移転登記(登録免許税がかなり高い)を行う方法もあり、こちらであれば持分をご質問者にしても抵当権がついたままですから理論的には自分でできると思います。ただ結構面倒だし、司法書士手数料分以上更正登記より高くなるのではと思います。

そのへんは司法書士に相談して見てください。

>土地の契約は建築条件付ではありません。
それだと土地の持分をなくし(又は土地の持分が贈与にならないように110万以下となる程度まで持分減らす)、代りに減らした分を建物の持分にして登記が必要でしょうね。

>土地契約の段階で、建物の契約も決まっていたのですが、それだけでは「共に」は主張できないのでしょうか。
だめです。この「共に」の意味については国税庁の通達があり、建物の契約と一体のものでなければならないとしています。
つまりマンション、建売の契約であればそれを満たし、建築...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報