アレルギー性鼻炎となりはや・・・7年くらい?
どうしても治りません
今までに4つの病院にいってます。治療法が間違っているのかもしれないので
ここに紹介します。

一つ目
 ”あ~”といっている間に、みぎの鼻のあなから左の鼻の穴へ
食塩水を通す(逆もする) これを10日ほどやりましたが
まったくもって治りません。


二つ目
 鼻に薬をいれて(普通のシュとするのをやる)、その後ネブライザー
 この治療ほうは1日くらい鼻がとおるのですが、やっぱりスグにもとに戻ります

三つ目
 二つ目の同じようなかんじだが、薬をもらう(錠剤)朝・夜 飲む
 鼻水止めといわれたけど、まったくもって意味が無い。

四つ目
 二つ目と同じようにするんだけど、もらう薬が点鼻薬。透明な液体
 容器には何もかいてないけど、これ入れると鼻がとおる、でも数時間でもどる
 はじめの方は鼻血とかでてたけど最近ではでなくなった。

こんなかんじの治療をうけてきました。
今は四つ目をしています。
しかし、心配なことが一つ、点鼻薬が効かなくなってきたのです
昔までは1日くらい鼻がとおったのに、、、最近は2,3時間で
すぐ詰まってします。これはヤバイですか?

知ってる方。是非おしえてください(治療法etc)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

鼻 種類」に関するQ&A: 「暗い人」には、やはり2種類ありますかね? ただ、鼻から怠け者でボーッとしているだけの人と、 超・文

A 回答 (7件)

今は点鼻薬一つだけなのですか?薬は、飲み薬(抗アレルギー薬か抗ヒスタミン剤)と点鼻薬(ステロイド剤。

必要に応じて血管収縮薬)の組み合わせが普通だと思います。もちろん、症状に応じて先生が判断されるので点鼻薬だけというのもあるのかもしれませんが、ヤバイ、可能性としては、点鼻薬が血管収縮薬の場合です。確かに鼻はとおりますが、使いすぎるとかえって鼻がつまるようになります。ですから、これだけ使う先生は変だと思います。

参考URL:http://www.linkclub.or.jp/~entkasai/allergy.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

点鼻薬もしかしたら血管収縮薬かもしれません
即効性あるし・・・前の病院にいったときは
薬しかもらわなかった。でも、鼻水の薬といわれて
効果はありませんでした。鼻水をとめるといわれたのですが
鼻水がでるわけではなく、鼻が詰まるだけなのです。
病院かえようかな。。。。

お礼日時:2002/02/20 12:05

アレルギー性鼻炎(皮膚炎)を含めて、大変辛いものです。


 アレルギー性鼻炎(皮膚炎)には、「シマカンギク(不知火菊)」が一番の効果がありますので、この菊の花を勧めます、このシマカンギクは、血液の清浄化して、体調を強化しますので、知らず知らずの内に治っております。
 シマカンギク(不知火菊)は、漢方薬ですので、副作用は全くありません。
    • good
    • 0

私は花粉症という言葉が無かったころからの花粉症持ちです。

当時は花粉が原因とは思いもしませんでした。

まず「花粉症になったらアレルギー性鼻炎が治る」というのはちょっと表現が違うかと思います。
花粉が原因のアレルギー性鼻炎(アレルギー性結膜炎)を花粉症というわけですから。
花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。

鼻詰まりの原因がアレルギーであることが間違いなければ、アレルゲン(アレルギーの原因物質)が何であろうと、花粉症の治療法と基本的には同じになると思います。

次にアレルギー性鼻炎に用いる点鼻薬について。
ステロイド、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬もここに含まれます)、抗アレルギー薬に血管収縮薬が配合されたものがあります。
ステロイドは副作用があるのは事実で、注射や皮膚炎での軟膏の使用時には気をつける必要はありますが、点鼻薬の場合はほとんど吸収されないため、副作用の心配はほとんどありません。
ステロイドの点鼻薬には血管収縮薬や抗ヒスタミン薬ほどの即効性はありませんので、効きが弱いように感じるかもしれませんが、効果はあるようです。
アレルギーは過剰な免疫反応と考えられますが、ステロイドには免疫を抑制する働きがあります。

市販の花粉症用の点鼻薬のなかには血管収縮薬が入っているものがあり、即座に効きますが、すでに回答があるように、使いすぎると鼻詰まりが悪化します。

また抗アレルギー薬の点鼻薬は副作用の心配が小さく、お薦めです。私はケトチフェンという抗アレルギー薬の点鼻剤を使っています。

次に飲み薬。
抗アレルギー薬にも何種類かあります。市販の鼻炎薬は古いタイプの抗ヒスタミン薬が使われていて、眠くなる副作用が強いものが多く、仕事前に飲むと、仕事になりません。新しいタイプの抗アレルギー薬にはほとんど眠くならないものが何剤かあります。
私は1日1回服用タイプのジルテックを処方してもらっています。アレグラも良いようですが、1日2回服用です。

次に「アレルゲンが存在しないところへ移る」件ですが、もしスギ花粉が原因だとすると、日本全国どこも状況は同じようです。
ただ、私はかつて東京に住んでいて、今は地方都市に住んでいますが、東京にいた時の方がはるかに症状が重かったように思います。花粉の量よりも空気のきれいなところの方がいいようです。

次に減感作療法について。
私も学生時代、薬理学の講義で減感作療法について聞きました。しかし時間がかかり、長期にわたって注射が必要などの苦労を要する割に成功率が低く、日本以外の国ではほとんど行われていないようです。

最後にアレルギーが治るかどうかですが、まず薬はすべて症状を抑えるだけです。
アレルギー体質を直してしまう薬はありません。おそらく漢方薬でもアレルギーをなくしてしまうことはできないだろうと私は感じています。
鼻洗浄などの治療もアレルギーを治すものではなく、一時的に症状を緩和するだけです。

したがって、今のところ抗アレルギー薬等で症状を抑えておくしかありません。
あとはアレルギーの原因物質を血液検査で調べて、できるだけ原因物質に接触しないようにすることです。

治る方法があれば私も教えてほしいのですが・・
    • good
    • 0

点鼻薬には、そういう性質があると本に書いてあります。


使いすぎると、前より悪化する。

アレルギーは病気とか怪我じゃなくて体質なので、「治る」というものではないと思います。引っ越したりしてアレルギー源が減れば症状がでなくなるかも。
ためしに遠くへ旅行してみて、どんな環境ならアレルギーが出ないか調査?してみては。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東北か四国の内部へ行ってみたいです。

お礼日時:2002/02/20 11:52

 僕もアレルギー性鼻炎と花粉症(かれこれ15年)で悩んでおりmicha-pieさんがここに投稿された治療法は全てやりました。


 僕の場合、かかりつけの医者いわく「レーザー治療の手術しかない」とのことでした。
これは脱脂綿に麻酔液を含ませたモノを鼻の穴に入れ、奥の鼻腔のあたりまで詰め込みます。そしてレーザー光線を当てて鼻の粘膜を焼きます。
 治療された人に聞いたらこれがカナリツライそうです。どんなに苦しくてもくしゃみをしてはいけなりらしいんで。
痛みはないそうですけど、やっぱり手術となるといやだし、治るかどうかはワカラナイ。3年から7年ぐらいもつそうですけど、度々やらないといけないのはやっぱり…それにレーザーでもたびたび当てると副作用はあるようですし。
僕は今、薬局でロート製薬のアルガード鼻洗い液点鼻薬とは違う粘膜を洗うスプレーが売っています。
 ただし、外出から帰ってきてからとかだけにしてください!あまりやりすぎると効きにくくなります。せいぜい1日2回か3回で。しかしこれも5時間持てばいいほうです。
 で、鼻水は出そうになったら吸い込まずに出すこと!何枚ティッシュを使ってでも吸って耐えずに出す事。一応人間も鼻水を出して粘膜を洗ってくれてるので。
あと寝る前は、これも医薬品で売っているP&Gのビックスベポラップというメントールのスーットする塗り薬を、ティッシュに塗り首から胸にかけて貼り付け鼻の下にも薄く延ばすように塗り、布団を鼻までかぶって寝ると寝息がメントールのかおりになるのでカナリ効きます!またこの薬を寝る前に熱いお湯に溶かして湯気を鼻から吸い込むのを続けると聞くそうです。
 micha-pieさんはアレルギー性鼻炎で書かれましたが、アレルギー性鼻炎と似たような病気(あるいは合併症)として花粉症がありますので、病院で調べて見てください。ちなみにここに書いたのは僕の花粉症での一時凌ぎの対処法ですが、一時でも続けてやると楽になりました。アレルギー性鼻炎でも効果的です。お試しください。
ただし、効き目は個人差があるのでご了承ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鼻・耳の手術は痛かったりするのでいやだなぁ。
でも、今の状況もいやですね。
お互いがんばりましょう。

お礼日時:2002/02/20 11:54

治療法としては、減感作療法が効果的だと思います



私もアレルギー性鼻炎(て言われたと思うだいぶ昔の事なので)で減感作療法を行ってます。1年ぐらいでほとんど良くなりましたが、完治までには何年もかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕がいってるところの耳鼻科の先生は
治療法のことはあんまりいわないんですよね。
真実がぁ、真実が知りたい。

お礼日時:2002/02/20 11:56

アレルギー性鼻炎と診断されてから10年ほど、


同様の、もしかしたらそれ以上の治療に努めておりましたが治りませんでした。
辛いですよね・・・鼻が詰まって眠れなかったりするんですよね。
しかし私は、とあるきっかけでアレルギー性鼻炎が治りました!
それは・・・「花粉症」になったことです。
それ以来、鼻が出るのが期間限定となりました。
花粉症と付き合い始めて10年以上経ちます。
体質改善の注射などしましたが、いまだ花粉症は治らずです。
お互い頑張りましょうねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どっちもきついですよね。
花粉症になって鼻炎が治るといいんですが
鈍感なせいか花粉症になりません。

お礼日時:2002/02/20 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖尿病治療薬の誤薬の応急措置

例えばベイスンとかを誤って糖尿病ではない患者に飲ませたとします。
医師に報告しようにも連絡がとれません。
その場合の応急措置としてどんなものがありますか?
砂糖水を飲ませるとかですか。

Aベストアンサー

基本的にはブドウ糖を与えることです。

ベイスンのようなα-グルコシダーゼ阻害薬は炭水化物(糖質)の分解を阻害する物であって、血糖値を直接下げる効果はありません。

もし、ベイスンと血糖降下薬の服用で低血糖になった場合はブドウ糖を摂らせます。

ベイスンは砂糖(ショ糖)のブドウ糖と果糖への分解も阻害するので、低血糖への効果はありません。ベイスンがブドウ糖の吸収を阻害するというのは間違いです。

↓糖尿病セミナー 低血糖
ブドウ糖を常に身に付けて
http://www.dm-net.co.jp/seminar/20/#CHAP3SEC2
砂糖では回復が遅れることも
http://www.dm-net.co.jp/seminar/20/#CHAP3SEC3

Q多重人格者に効果がある治療薬、精神薬。

『多重人格』に効果がある治療薬や精神薬は、この世に存在するのでしょうか?
ご存知の方がいれば、その薬の名前と効能を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが、「24人のビリー・ミリガン」という本をご存じでしょうか?
この本に多重人格障害になり、心が24人の人物に分裂し、治療を受け、最終的に治ったという実話が描かれています。
どういう薬を飲んでいたかも、どういう治療を受けて治ったのかもいろいろと書いてあったので、もしよかったら参考にして下さい。

Q自分は鼻の骨が生まれつき曲がっており、すぐに鼻が詰まるためいつも「コー

自分は鼻の骨が生まれつき曲がっており、すぐに鼻が詰まるためいつも「コールタイジン」というスプレーを処方してもらっています。
しかし、それを使い始めてもう10年以上になり(最初は市販のスプレーでしたが)、最近では数十分おきぐらいにひどいときは使用しております。
昨日あたりから左胸の心臓か肺付近が呼吸をしたり寝転がって寝返りを打とうとしたら痛くなりました。
これはスプレーの副作用と関係ありますかね?
あとスプレーを使わずに呼吸改善したいのですがやはり手術でしょうか?
お医者さんはスプレーを使い続けていたらいいと昔おっしゃったのですがいつまでも手放せないので
どうしたものかと思っております。
手術の場合どういう手術になるんでしょう?
あと何週間くらいかかるんですかね?
全身麻酔なのかどうかとかいろいろわからないこともあります。
もし、詳しい方がいらっしゃればぜひ教えてください。
お待ちしております。

Aベストアンサー

鼻中隔湾曲症でしょうか?
それならば入院手術で1週間ほどの入院で治ります。
結構多くの人が成長期に曲がるようです。
まずは耳鼻咽喉科で診断してもらっては?

ただ、スプレーを処方しつづけるだけの医者はおかしいと思います。
地域の小さな診療所ではなく、大きな病院での診断をお薦めします。
早く治るといいですね。

Qリウマチ治療薬での死者

約10万人が使用している関節リウマチの治療薬の重い副作用と判断された患者が、1999年の承認から昨年11月までに134人に達っしていたというニュースがありました。約0.1%の死者という事です。
製薬会社は「医師や患者に注意喚起してきた」と説明、厚生労働省は「注意して使ってもらうしかない」と、私の感覚では非常に無責任だと思える発言をしています。

厚生労働省が、このような副作用が強く発生頻度が高い薬を認可し、そして拡大を防止するという義務を放棄しているのは全く問題ないことなのでしょうか?
この程度の死者が副作用で発生する事は、薬の世界では全く普通のことなのでしょうか。
あまりに厚生省と製薬会社の反応・マスコミの反応が淡白なため、私の尺度がおかしいのかと思い質問します。

Aベストアンサー

同成分の薬剤を処方したことの有る医師です。

報道にもあったように主成分であるメトトレキセート(MTX)は、抗がん剤としては古典的なものであり、その副作用についての情報が不足していたとは思えません。相当昔から大学の講義でその毒性を教えられています。

その一方で リウマチは多くの人が長年苦しむ病気であり、この薬剤は適切に管理すればその苦しみを減らす方法になるものだと思います。

例えて言うなら河豚のようなもので、毒にも薬にもなるものを使いこなすのが医学の進歩というものです。

今回の死亡者数はそれにしても多すぎる。作用の個人差が有りますからゼロにするのは不可能にしても一桁か二桁多すぎと思います。(正しい用法だと死亡がなくなるわけではない)

こういうことがあったから薬剤の認可を取り消すというのは筋違いです。患者が救われない。用法の注意をと投与後検査を徹底するのが正しい筋道でしょう。

QDICの治療薬について

DICでない患者にはヘパリンの投与は禁忌なのに、何故DIC患者では出血がとまるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DIC=播種性血管内凝固です。
微小血管内の血栓形成を防ぐため、消費性凝固障害の改善のため、微量のヘパリン投与が有効とありますよ。
http://www.ne.jp/asahi/takeuchi-vet/bamboo/page060.html

DIC以外にも、血栓形成の予防のために、ヘパリンが微量持続投与される疾患はあります。
産科領域の不育症など。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報