ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

小学2年生の娘についてです。
3歳からピアノを始めて今回4回目の発表会。
昨年だれよりも失敗し、今年もわりと目立つ失敗をしました。
今年は昨年のようにならないよう、結構がんばってきたつもりだったのに、思いもよらぬ失敗でした。
緊張のせいですね。
失敗したら父親に怒られる・・・

娘が帰りにお菓子を買ってと言ったのをきっかけに夫が「がんばらなかった人には何も買わないんだよ!」と怒りだしました。
娘は泣き出し、せっかく終わってホッとしてるのに嫌な雰囲気となってしまい、夫にはこれ以上娘をなじってほしくないので先に帰ってもらいました。

わたしたち夫婦はピアノの経験がないので、先生に言われて直すところを見てあげるだけです。
わたしは真似て弾きますが、夫は音符すら読めません。
そんな夫に怒る資格はないと思うのですが、どうなんでしょうか。
失敗するならやめた方がいいとも言っていました。
わたしはそうじゃないと思うんですよね。
そりゃ失敗されてがっかりはしました。ピアノ向いてないのかな・・とも思いました。
でもそもそもピアノを始めたきっかけが「大きなステージで演奏することによって精神的なところを鍛えていこう」という思いからなのです。
夫とはこのことでわたしの意見を散々話しましたが、夫からのコメントはなしです。
わたしが間違っているのか、夫が間違っているのか、果たして娘はもうピアノをやめた方がいいのか、なんだかわからなくなってきています。
このことでわたしの方が精神的にまいってるような気がします。
何かアドバイスいただけましたらよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

こんにちは、はじめまして。


私は4歳からバイオリンを習い、高校2年まで続けていました。
その間、特別な先生のレッスンで、発表会で、コンクールで、音楽高校受験で…などなど、
失敗を数え上げたらきりがありません。
発表の場での失敗は誰にでも付き物です。
大学(音大ではない)ではオーケストラでコンサートミストレスを務め、
そこで音楽を習ってきたさまざまな人に会いました。
今は教育関係のアルバイトをしています。
やはり小学生~高校生相手の塾講師をしている主人(楽器経験あり)と互いの経験からよく話すのは、
『ステージに立つ習い事をしている子は強い』ということです。

ピアノ、バイオリン、バレエなどの習い事をしてきている子には
精神力、いざというときに持ち味を発揮する力、があると感じます。
それは勉強など、生きていくために必要な力につながります。
年1~2回のステージでは意味が無いなんて、そんなことは絶対にありません。

『苦しさ』『つらさ』を乗り越え、できないことができるようになるまで練習することを習い事から学ぶのは
大変重要なことで、将来のためになります(『楽しく』習い事することも必要ですが)。
娘さんがご自分でやりたいと言っていらっしゃるのですよね?
それでしたら、娘さんのためにもピアノは続けたほうが良いでしょう。

娘さんが一番悲しいのは、失敗をなじられることよりも、
それまでの練習(=努力)を認めてもらえないことだと思います。
(「間違えたら怒られる」というプレッシャーもあるのかもしれません)

「やっても意味が無い」と切り捨てるのではなく、
「この子はピアノを習っていなかったとしたらもっと精神的に弱かったに違いない、
失敗することでさまざまなことを学んでいる」と考えると良いと思います。
また、ご両親がピアノを習ってこなかったことは指導には関係ないでしょう。
テクニック的なことは抜きにして、どうしたら間違えないようになるかを一緒に考えることはできますよね。
練習回数、練習時間、丁寧さ、など、足りないのかもしれません。
親御さんの普段のフォローが、発表会での成功につながります。
どうすれば失敗を克服できるか、を提案・検討・実践していくことは、
ご両親の当初の意図(精神面を鍛える)にも沿うでしょう。

しかし、それを考え方の違うご主人に納得してもらうことはとても難しいですね。
娘さんに、教育方針の違いで争う両親の姿は見せたくないですしね。
ご主人のフォローを質問者様がするというのはいかがですか。
パパのような考え方もあるよね、でもあなたはあなたなりに頑張った、
ということを娘さんに伝えるとよいのではないでしょうか。
ご主人なりに娘さんのことを一生懸命考えていらっしゃる姿を否定せずに、
でも娘さんが傷つかないように、質問者様が感じることをそのまま伝えてあげてみてください。
どっちが間違っているとか、そういう心配は無用と思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさんからのアドバイスやご意見、大変参考になりました。都度お返事ができず申し訳ございません。
お返事を書いているうちに自分の中で矛盾や、固まった考えでしかお返事できていないような気がしまして少し控えさせていただきました。
考えは人それぞれであることも実感しました。
うちはうちのやり方で娘を見守っていくしかないのかなと。
あと、報告ですが、発表会の後、7月の終わりにコンクールに出まして、このときはミスはありませんでした。
しかし、1オクターブ低いところで弾き始めてしまい、そのまま最後まで引き続けたというアクシデントがありました。
本人も間違ったことはわかっていたようですが、そのまま引き続けたということで、賞こそ何ももらえませんが、ミスはなかった(音階間違えたことは大ミスですが)ということは本人にとっても見ていた私にとってもとても感動的でした。
いらっしゃってた先生には「残念でしたね~」と言われましたが、娘的にはミスを克服できたことが大きな自身に繋がったようで、来年もコンクールに出たいと自ら言っていました。
なので夫にはミスなく弾けたということしか報告してません(笑)
今回、このコンクールではっきりと成長が見られました。
年数回大きなステージで弾くことは無駄ではないことを実感しました。
このままピアノは続けるべきだと思いました。
たかだか習いはじめて4年です。
これからですよね。
たくさんのアドバイスありがとうございました!!

お礼日時:2006/08/10 09:14

 ピアノを習うことで、精神的なことを鍛えていこうと考えられているのですね。



 お父様は、スポーツなどをされていた方なのでしょか。音楽をされている方とちょっと感性が違うかなと
。(どちらがいいということではなく、世の中いろいろな人たちがいる中で、お互いのカラーがまねてみても理解しがたいみたいな)

 うちの親は、私がピアノが嫌いで始終やめたがり、何のために習うのかわからないといったとき、
 情緒豊かになって欲しい。美しいものを美しいと思えるように。
 女の子だったら、(もちろん世間にでれば、どうしようもないことがたくさん目に入るわけですが)
綺麗なものを追い求める気持ちを持ち続けられるようであって欲しい。
 音楽を楽しめることで、将来、出会うパートナーとも趣味を取り入れた生活なかで、仲良くやっていってけるかもしれないよ。
 そのようなことをいっていたような気がします。

 結局、私は、ピアノはやめてしまってもなにも後悔したこともないのです(指を動かすことで脳によい刺激がいっていたかどうか、今となってわかるはずもない)が、
 親の心、子知らず だったと思います。

 幼稚園の先生になるためのレベルなら、ピアノの思い出に、苦いもののある人より、成人になってからのほうが、純粋目標が明確なぶん楽しく練習できるのではないでしょうか。
 同じ音楽の単位でも、かなりひける人には、それなりのものをもとめるなど、人によってレベルをわけていた先生もいましたし。

 精神を鍛えるときけば、武道なのですが、旦那様には、旦那様なりの内に秘めた子供に対する夢が合ったのではないでしょうか。それでもお月謝だして、練習にも付き合うのですよね。(よいパパでないですか)その、やり取りこそを楽しめないとしたら、
お子さんの意思ではじめたものでもなく、楽しく練習できないなら、何のためのピアノなのか。

 とてもお子さんのピアノにご家族で熱が入っているからこそ、落胆があることもとてもよくわかります。

 ピアノやっていることはお嬢さんでもないし、私の姉は、音大に行きましたが、私から見れば、なんで彼女の道楽にあそこまでつぎ込んだのか、父母との共通の話題づくりのためなら?????です。

 でも、今になって思うのはやはり音楽を聴くが嫌いではないのは父母のおかげかなと。
でも、自分でするには、失敗は許されないという脅迫意識があるので、ヘッドホンをつけて遊び以外にはちっともする気になりません。
友人には、仕事を始めてから、社会人のためのピアノレッスンに通っていた人もいたので、親がつらいなら本人がまた始めたくなったらやればいいと、引くのもひとつだと思います。
    • good
    • 0

 母親がピアノを家で教えていて、私も4歳の頃からもう30年以上ピアノを弾いています。

母の母、祖母も音楽を学び家でピアノを教えていました。どちらもプロのピアニストを育てるよりも、お弟子さんが音楽をいろんな意味で楽しんでいけることに価値をおいていました。
 
 音楽だけはなく、何をやるにもその道を極めるのは大変です。私はプロの音楽家にはなれなかったし、音楽学校にも行かなかったけど、30年以上ピアノを続けてこられて、これからも続けていきたいと思っていることが、今となっては唯一のこころのよりどころと思うことがあります。

 さて、お嬢さんのピアノの発表会のことは、頑張って練習したのに、残念でしたね。ピアノの発表会で大きな失敗をしたことはないのですが、高校、大学と入学試験で失敗し、大学卒業時に就職できなくて、その度に父親に冷たいことをいわれて悲しかったので、なんとなくお嬢さんの気持ちがわかります。
 
 今思うのは、もしかしたら、私の父親はいろんな意味で不安だったり寂しかったりして、複雑な感情を私にぶつけてきたのかなあ。

 とはいえ、8歳とか9歳の子供に父親の気持ちを理解しろと言っても無理でしょう。私は、もし状況が許されるならば、お父さんもピアノを一緒に習いにいけばいいのではないかと思います。大人は理屈で理解出来る部分で最初のうちは子供よりも上達は早いけど、往々にして、子供の方が途中で追い抜いていくそうです(笑)。

 母親のあるお弟子さんのお母さんで「うち子はきっと上手になる、うちの子は才能がある」とずっと信じてきた方がいました。その方のお嬢さんは、音楽的な才能という点では、少なくても子供の頃はそれほど目立ったものがあるわけではなかったのですが、進学等でやめていく人が多い中、途中で休みながらも、大学を卒業するまで習いにこられました。当然ですが、そこまで続けていたので、今では、自分で好きな曲を選んで楽しんで弾けるわけです。そうやって一つのことを続けていくことで、精神的に鍛えられる部分もあるとおもいます。

 お嬢さんが本当に音楽が好きで、それを職業にしたいと思う時が来たら、その時に、なんらかの形で結果が見えてくると思います。御両親の気持ちもわからないではありませんが、最後はお嬢さんが自分で決めて、自分で道を切り開いていくしかありません。

 お嬢さんが、ピアノを弾くことでいろんな意味で成長されることを願っております。

 長くなってしまってすみません。
    • good
    • 0

えとえと、だんな様は、たぶん、自分でもそうやって育てられてきたのでは?


だから、たぶん、努力をほめるとか、そういった概念がないのでは?・・たぶん。
これって、人がどう説明してあげても、骨の髄までしみこんでいるもので、子供に対する態度とか、たぶん奥さんのようにはならないと思います。
うちの父も、けっこう自分勝手で、感情のままに火を噴くように怒ったり、子供が嫌うような、うにのアルコール漬けをおいしいから食べろと強要し、あまりの気持ち悪さに身震いしながらそれまで食べたものと一緒に吐いてしまったことに激怒したり、自分ではどうしようもなかったことでも怒られていました。
私は4人兄弟の末っ子で、しかも一人娘。なので、あまり怒られることはありませんでしたが、上の三人の兄は、今で言うと、虐待にあたるようなこともされていたかもしれません。(でも、たぶんそこまでひどくありませんよ、いや、ひどかったかな笑)
そんな時、母は叱った父がいなくなってからいつも言ってました。「あ~、お父さんは○○ちゃんにつよくなって欲しいのね~」とか、「怒られちゃったね。でも、お父さんは、○○ちゃんが大好きだから、はがゆかったのかな」とか。
とにかく、父は本当は自分たちのことを大好きなんだよって教えてくれてました。ちなみに、叱られている最中は、よほどの事がない限り、母は口出ししませんでした。母は父の事を子供の前で絶対に悪く言いませんでした。なので、私たち兄弟は、両親ともすっごく大好きで、すくすくと育ちました。
私が結婚した今は、母は当時、「きー!なんでそんなにかわいいわが子を怒るの!」と思っていたということを聞きますが、やっぱり、母は強し!だと思います。だんな様が放った言葉や行動をそのままの形でお子さんの中にしみこませるのか、お母さんがクッションになって、やわらかくしてお子さんの中に入れるか、腕の見せどころですね。
    • good
    • 0

「真の失敗とは、開拓する心を忘れ、困難に挑戦する事に、無縁なところにいる者たちの事をいう」


これは漫画家の荒木飛呂彦先生の言葉です。

失敗するならやめた方がいいと言われて、本当にやめちゃったら、それこそが失敗だと思います。

ちなみに私も小学生の頃、4年間ピアノを習っておりましたが、その頃は全く音楽自体に興味が無く、ただの指の動きの暗記になってしまっていたので、教室通いが苦痛になり、やめてしまいました。

私の場合、音楽に興味が無かったというのが致命的で、やめてから3ヵ月ほどで、四年間に身に付けた物が綺麗さっぱりリセットされましたね。

それから何年か後に、作曲に興味を持つようになり、やはり続けておればよかったと後悔しました。

娘さんに、ピアノを習う上で音楽そのものを楽しむ気持ちがあるのならば、やめる理由は無いと思いますよ。

また、旦那さんには、失敗と成功の意味をよく考えてもらう必要があるように思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ピアノ習ってればよかった・・・
まったく習ってなかった私でさえ思います。
習っていて損はまったくないと思っています。
ただ、昔習っていて苦痛で仕方なかった人は子供には習わせないようでして・・・。
せっかく子供がピアノ習いたいと言っているのだから、自分もまた始めよう!とはならないのですかね。
そこまで嫌いになっちゃうんですかね。
うちの夫は傍らから見れば失敗だらけの人生です。
だから娘には失敗して欲しくないと思うのかもしれませんね。
少し気持ちが落ち着いてきて夫のフォローができるようになってきました(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/14 13:50

>そりゃ失敗されてがっかりはしました。

ピアノ向いてないのかな・・とも>思いました。
>でもそもそもピアノを始めたきっかけが「大きなステージで演奏すること>によって精神的なところを鍛えていこう」という思いからなのです。

失敗「されて」親御さんが、がっかりする必要があるでしょうか?

精神的なところを鍛える=発表会で失敗しない
という事ですか?

ピアノが向いていなければどうしますか?
ピアノを辞めて他のものを習わせますか?
それも向いてなかったらどうしましょう。
また他のものを習わせましょうか?

では、いっそ、将来に役に立たないと思う教科も
勉強するのを辞めてしまいましょうか?

極端だとお思いかもしれませんが私にはそんな風に聞こえます。


質問攻めですみません。
読んでいて何かが違うような気がしてなりませんでした。


「失敗されて」という言い方に何か違和感を感じました。
この時点で主体は娘さんではなくご両親にありるのではないでしょうか?
私達が頑張ってやってきたことに対して「失敗された」という意味ですよね?
「失敗して」がっかりしているのは娘さんです。


>そんな夫に怒る資格はないと思うのですが、どうなんでしょうか。

音符が読めたからって怒る資格は無いと思いますよ。
自分の思い通りに行かないから叱る。
努力したことすら褒めない。
娘さんも報われませんね。
あまりにも可哀想です。

親が無理に習わせていたものを将来の生業にして欲しいなんて
親のエゴでしかないです。
子どもは親のおもちゃではないです。

>娘がやりたいやりたくないの問題でなく、向いてることを親が見つけてやらせることも大切

お子様にとって将来出来るかもしれないことに対して間口を広げる
という意味でおっしゃっているのならば大変良い事だと思います。
しかし、それは親が見つけたものの中からしか自分の進む道を選べない
という事ではないような気がします。

 ・親が見つけて「あげた」ピアノが上手く出来ないからなじる。
 ・ものにならないから止めたほうが良いかと思う。

どうも、後者の様な気がしてなりません。
決めるのは親ではなくお子様でしょう?
将来やりたいことなんて子どもが勝手に決めますから。
親がいくら反対したって(笑)


一生懸命練習をして発表会で失敗してしまったんですよね?
結果が良い悪いはともかく
それが娘さんにとって「どういう経験になったのか」が一番大事な気がします。
「失敗しないようにもっと頑張ろう」だとか
「緊張しないようにするにはどうすればいいのだろう」だとか
「どうすればもっと上手になるだろう」だとか
「自分なりに緊張もあったけど頑張れた」だとか
まだ小学2年生でしょう?

そういう経験をした。

それだけで十分だと思います。
将来何かにつまづいた時に今回の事から大きなヒントを得て
前に進めるかもしれません。
子どもが経験を積むというのはそういう事だと思います。

「将来何になるか」ではなくて「どういう人になるか」
の方がよっぽど大事な事だと私なら思います。



失礼なことを長々とすみませんでした。
私の考えを勝手に書き綴っただけですので、こういう考えの人間も居ると
心の隅に留めて下さるだけで結構です。

質問者様には質問者さまの教育のご方針がおありだと思いますので
ご質問のどちらが間違っているかとをよく考えてみました。
私から見ると、どうやらお二方のお考えは概ねで一致しているように思えます。

しかしながら、やはりご主人のやり方は関心出来かねます。
スパルタを施してビクビクしながらやっていても上達はしないように思えます。
もちろん、そのやり方が合っているお子様であれば効果的でしょうが
娘さんの場合結果も出ていないということなのでやはり合っていないのでしょう。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は育たじ」

山本五十六元帥の有名な言葉です。
生死に関わるような軍隊の中でもここまで丁寧に教育しなければ
人を育てることが出来ないのかと感銘を受けたことがあります。

向き不向きを問う前に、娘さんに接する態度を変えてみるのも一手だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ピアノの失敗の度合いを書いていませんでした。
1が完璧、5が大失敗なら娘は4でした。
娘が一番悔しがってるのはわかります。
でも親として心の片隅にでも失敗を残念だと思う気持ちはあってもおかしくないと思うのですが。
まったくないってことはないと思います。
それを正直に書いているだけです。

お礼日時:2006/06/14 10:07

まずは、お子さんの立場になって考えてあげて欲しいと思います。



お子さんが好きでピアノを習っているのなら、発表会で失敗しようがなんだろうが、親として暖かく応援してあげるのが一番でしょう。

子供にとって一番辛いのは
「(ピアノ)やりたくないのにやらされてる」
「失敗したら怒られる」
といった気持ちで習い事を続ける事です。

旦那さんの発言ばかりに気を取られて、一番肝心な点を忘れてはいないでしょうか。

個人的には、ピアノに限らず、「失敗したら怒られる」っていう気持ちを子供に植え付ける事は、マイナスにこそなれ、プラスになる事はひとつもないと思います。
子供に対して「怯える」という気持ちを親が教えるのは可哀想です。。。
    • good
    • 1

何かに成功したら何かをしてあげる。


失敗したら何もしてあげない。
旦那さんの頭の中にある理想的な娘さんしか愛さないと
いっているのかもしれませんね。
旦那さんの都合のよい娘さんにして満足したいのかもしれませんが
現実にはそれが娘さんの負担となっていると思います。
旦那さんは自分の好きなことをして自分を満足させる。
誰かに依存して自分を満足させることは誰にも出来ません。
旦那さんが気がつかない限り変わらないと思いますが…。
お母さんは娘さんが成功しても失敗しても温かく見守ってください。
安心して失敗や成功ができることが精神的によいことだと思います。
娘さんが楽しく何にでも取り組めるようにするのが親の役目だと思いませんか。
    • good
    • 0

ピアノを習っていましたが、挫折したものです。


それほど腕もよくありませんが。

教養としてのピアノは、モーツァルトやベートーベンのような大先生をあがめる信者のひとりになることに近いと思っています。

そして、自分の音楽をひとに高く評価されたい、ひとに自分の弾く曲を聴いて欲しい、という気持ちがすべてです。

それがなかったら、毎日毎日、いやだろうがなんだろうが練習する意味がありません。精神力を鍛えるために練習するのではなく、音楽に非常に高い価値があると信じているから、それに必要な精神力を鍛えるのです。順番が逆です。

失敗しないで弾ければ合格、というものではありません。音符が読めるか読めないか、というのもあんまり関係がありません。

お嬢さんとお父さんのピアノの問題は、いったん脇においておくしかないと思います。
考え方を変えるのは難しいですから。

音楽は『聴く』のがすべてのはじまりなんです。

いちどご家族全員で本物のピアニストの演奏をチケットを買って、おしゃれをして聴きに行くことをおすすめします。(たぶん後半は眠くなりますが、音を立てないように静かにして、ちゃんと起きていましょう)生のほうが、緊張感がまったくちがいます。

日曜日などに家族全員でピアノ曲のCDをみんなで聴く時間をつくって、みんなで音楽を好きになる機会を持つのもよいと思います。

たとえ自分で演奏できないひとでも、
本当に心の琴線に触れた音楽というのは、
死ぬまで決して忘れません。
お金に換えられない価値があるんです。

将来の就職にピアノはあんまり関係がないというか、
そういう不純なことを考えてると、ピアノは上達しないと思います(^_^ ;)
何かひとつ、だれにも負けないものを持っていると、自信がつく、ということはあるかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
うちにはクラシックのCD1枚すらありませんでした。
気にはなっていました。
ピアノ習わせてるくせにクラシックに興味がないってのもどうなのかと。
気になってたついでに、アドバイスいただけたので、さっそく昨日、発表会で聞いて娘にも弾けるようになってほしいなと思っていたショパンの別れの曲の入ったCDを注文しました。
コンサートは追々予定してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/14 13:44

失敗する事とセンスが無い事はイコールでしょうか。

 私はむしろ練習方法に問題があるのではと思っているのです。 ちゃんと暗譜しているか 反復練習は十分か 曲を理解しているか。
センスのある/無しを判断してもらう前にもう少し娘さんにチャンスを与えても良いと思います。「怒られない為のピアノ」を弾いているうちは上達しないので 次回の発表会だけは旦那さん来ない様にして一度リラックスさせる とか。
日々の練習は つらいのは当たり前ですが 発表会では何があろうが誉めるべきです。でないと上手くはなりません。 この事を理解してもらう為に だんなさんに他の人から情報を聞き出す事を促してはどうでしょう。
職場には 子供に習い事をさせている人は案外多いものです。 「どんな感じで練習してる?」 とか 「先生に何か言われた?」とか 何気なしに 聞いてみる事をうながしてみてはいかがですか? 子供に習い事をさせている父親同士 なにか共通する思いがあると思うので素直に聞き入れると思います。 それはピアノでなくとも フルートだろうがバレエだろうが何でも良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノ演奏、間違える、間違えない、その差

ピアノ演奏を間違えないで弾く人と、間違える人があります。
単なる練習量や、難易度と関係なくです。
私は、自分のレベルより下の曲を、かなり練習しても、なかなかノーミスで弾くのが難しいです。
これは、何が原因だと思われますか?
上がる、というのはあるでしょうが、家で一人で弾いても間違えます。
集中力でしょうか。
頭の良い、悪いと関係があると思いますか?
ピアノを教えておられる方、どうですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問内容の解釈に違いがあったらごめんなさい。

ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

何を以て頭が良い.悪い.というのかは分かりかねますが ピアノを単に間違える間違えない…という意味合いでの頭の良し悪しを言えば『間違える原因を分析する能力があるか ないか』という事になるかな…と思います。
原因を分析する能力は 人によってきちんとした教育(ピアノ.音楽に関して)を受けたから…という方もいらっしゃるでしょうし ご自分で研究して能力を持たれた方もいらっしゃると思います。

ミスする原因をここで全部挙げるのは困難なので 比較的多いと思われる事を挙げます。

*メロディを音で覚えていない(指の感覚だけで覚えようとする・例えは悪いですが絵本の絵だけ見て雰囲気だけ覚えて、文章は読まないので本当の内容はしっかり把握できていない…みたいな感じ。もっと言えば楽譜をほとんど見ない人もいて、目をつぶって絵を描くようなものだ…と生徒には説明します。)

*リズムが理解できていない(拍子を確認しない.拍を取らない.など)

*和声感覚に乏しい(和音変化に意識が持てない.など)
この3点が音楽の3要素 リズム・メロディ・ハーモニーといわれているもので音楽の基礎です。 *リズムは拍(拍子)と密接な関係があり 普段から拍を意識しないで弾いていると自分が何拍目を弾いているかも分からない事があります。
*メロディはフレーズという文章で言う句読点のようなまとまりがあって 文章を一文字ずつバラバラに読まないのと同じく メロディもまとまって感じます。*ハーモニーは進行に一定の法則性がある場合が多く この法則に慣れると次にくる和音の種類が予測できたりします。

このような音楽の基礎的な部分が理解出来ているか いないかで ミスの度合いが違ってくる場合が多いと思います。

質問者さまのような疑問を持たれる方は結構多くて 自分にとって低いレベルなのに間違える…又は長く弾いていると崩れて来てしまうとか弾けた曲が弾けなくなった…という相談を私も幾度となく受けてきましたが 『弾く』という行為に関しては簡単に感じていらしても 本当に理解できているかどうかは 上記に挙げた事がポイントになりますので チェックするべき事は山積みです。

☆単純に運指が間違っている事もあります。

☆もちろん集中力もありますが 基礎を積み上げて行く事で集中力もある程度ついてくるものだと思います
☆テクニックで。メロディや和音を繋いで弾いているつもりでも 本当に繋げられない人も多いと感じます。音楽の横の流れが指でも把握できないと感覚的にも分かり難く それが間違える原因になる場合が多い…という私の持論なんですが。
このテクニックを文章でご説明するのは 非常に困難なんですが 言葉にすると『指で歌う。指が歌いながら這うように弾く。』とか『寄りかかって弾く』とか。。。ん~。難しいですね(汗)

もちろん 這うように弾く時ばかりでもないし 寄りかかって弾く時ばかりでもないし。ただ手(指)が鍵盤から離れても感覚は常に繋がっている…ですかね。

☆指がつくれていない。
単純にテクニック的な事です。
指が鍛えられていないと 脳で判断した事を瞬時に指に伝えても 指が反応できません。

原因はまだまだあると思いますが…

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。
ご質問内容の解釈に違いがあったらごめんなさい。

ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

何を以て頭が良い.悪い.というのかは分かりかねますが ピアノを単に間違える間違えない…という意味合いでの頭の良し悪しを言えば『間違える原因を分析する能力があるか ないか』という事になるかな…と思います。
原因を分析する能力は 人によってきちんとした教育(ピアノ.音楽に関して)を受けたから…という方もいらっしゃるでしょうし ご自分で研...続きを読む

Q娘のピアノの発表会の選曲に不満です

2ヶ月後の発表会のためにと、先生が選んで下さった曲に不満があります。
簡単過ぎるような気がするのです。

そこで、質問です。
先生の指導法を信じて、不満は述べるべきではないのか、
あるいは、
簡単過ぎるというのは素人の判断で、娘にとって妥当な曲なのか、

アドバイスをお願い致します。

小2
ソナチネ アルバム1 7番  終了
ツェルニー 30番 6     終了

発表会
バッハ ミュゼットニ長調    です

Aベストアンサー

約30年前、音大卒。
ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。
お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。
実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。

よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりまで弾ける、のか、、音符を間違えずに終わりまでは弾ける、のか、曲想までつけて弾きこなせているのか、実際、曲の完成度はピンからキリまで様々です。
発表会は、曲が間に合わないということは避けなければなりません。
普段は、もう何か月か弾いているので、どうしてもここが上手く弾けないけれど、まあ先へ行きましょう、とかが出来ますが、そういう訳にいかないため、やはり、どうしても実力相応か、少々簡単な曲で完成度を上げるということが多いかもしれません。
そのあたりはお子さんによります。
日頃どれくらいのペースで1曲仕上げているのかによります。
普段は音符さえ間違えないように弾けたら、大抵は次の曲に進むことも多いですが、発表会は曲の完成度を高めることが求められます。
たとえ低学年、簡単な曲を弾く場合でも、です。
暗譜もしなければいけませんし。

お子さんは何回目の発表会なんでしょうか?
今まではどうだったんでしょうか?
小2のお子さんとしては、進度的には進んでいる方だと思いますが、2か月前というと、週1回レッスンで8回くらいありますよね。
でも風邪で休んだりするかもしれませんし、やはり先生は無難に、余裕が残るくらいの日数を見込んでいるのだと思います。
ここまで教えていた先生なら、そのあたりは熟考された上での選曲と期間だと思いますが。

親御さんから、今からもっと難しい曲に変えてほしいというのも、日頃先生と充分コミュニケーションが取れているような関係なら言ってみても問題ないと思いますが、言わない方が無難かと思います。
変えてもらって逆に間に合わないことになったら大変ですし。
子供は素直な感想で言うことはあっても、親御さんからのそのような申し出はあまり聞いたことがないですし、もし申し出られて、逆に今から変更するような教師なら、私ならその力量を疑います。
次回の参考にするしても、言われたからいちいち変えているようでは教師としてはどうかと思ったりもするんですが…。


今回の曲が、簡単すぎてこまるくらいなら、次回は必ずそれ相応の曲を選んでくると思いますよ。
それくらい、ピアノ発表会や、学校の音楽会の選曲は、先生の日頃の指導力が現れる場面でもあるので、教師側は考えに考え抜いて選曲しているはずです。
基本的には冒険もしませんが、簡単すぎる曲も選ばないということになるでしょうか。

日頃はいろいろチャレンジしてみたり、曲の完成度までは、とてもそこまで丁寧にやっている時間はないと思いますので、発表会は少し簡単なように思えても、細かいところまで丁寧に弾き、完成度の高い曲に仕上げることを目標にしたらいかがですか?
それが発表会の目的の一つでもあると思います。
難しいといわれるような曲を弾けるようなことも大事ですが、音楽はただ譜面どうり演奏できればそれでいい、終わり、なのではなく、本当はそこからです。
難しい曲だと間違えずに弾くことが精いっぱいで、そこから先の余裕がなくなってしまうこともありがちです。
むしろ技術的に少し余裕がある方が、表現力豊な演奏ができると思います。
ピアノが上手下手というのは、まさにそこの差ですから。

発表会後、ちらっと「うちに子にはちょっと簡単すぎたみたいです」と言ってみたらいいどうでしょうか?
それなりの先生なら、それくらい言われなくてもわかるはずだとは思いますが…。

約30年前、音大卒。
ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。
お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。
実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。

よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりま...続きを読む

Q6歳の娘のピアノ・・・このままで上達しますか?

年長になる娘がおります。今6歳で3月からピアノを始めました
私自身がピアノの経験がなく子供の頃から習いたいとずっと思っていましたが習えずでした
娘にはピアノを弾ける子になってほしいと思っていて娘も是非やりたいと言ったので習うことにしました

今行っているピアノ教室は30分の時間です
幼稚園児では30分が限界だそうです(確かに途中あくびをしたりしています・・)
まず音階を歌って、先生のピアノの通り弾いて、教材の楽譜を先生が一度弾いてそれを娘が2度ほど弾いてあとはうちで練習してきて下さい
これで終わりです
え?これだけ?毎回そんな感じです
私はピアノをやったことがないのでよくわからないのですが、うちで練習しなければ全く進まないはずです
娘は飲み込みも遅く楽譜がいまいちわかっていないようで記号の意味もわかっていないと思います
たいして弾けてもいないのに上手に弾けました!と言われてシールをもらうのですがシール選びに時間がかかっています・・・
30分しかないのに・・・

先生にこれで本当に弾けるようになるのですか?とは聞けません
なんとなく失礼かと思いまして・・・

当の娘は嫌いではないようでとりあえず練習したら?と言えば練習して1回弾けたらおしまいみたいな感じです
楽譜もいまいち読めてないのでしどろもどろに弾いている感じです
水泳をやりたいと言われピアノやめるならいいよと言えばピアノをやめる!と言う始末です
でも今日はピアノだよと言うとはりきります

そこで、ピアノを習っていた方にお聞きしたいのですが、最初はみんなこんな感じでレッスンするのでしょうか?
レッスンを続けていくと誰でも両手で弾けるようになるのでしょうか?楽譜も自然とわかるようになるのでしょうか
本人のやる気が一番だとは思いますが・・・
娘のピアノ教室について行ってわたしが家で練習したりしていますが私も弾けるようになるといいなと思っていますがそれは無理な話でしょうか
未知すぎるピアノについて教えて下さい

よろしくお願いします

年長になる娘がおります。今6歳で3月からピアノを始めました
私自身がピアノの経験がなく子供の頃から習いたいとずっと思っていましたが習えずでした
娘にはピアノを弾ける子になってほしいと思っていて娘も是非やりたいと言ったので習うことにしました

今行っているピアノ教室は30分の時間です
幼稚園児では30分が限界だそうです(確かに途中あくびをしたりしています・・)
まず音階を歌って、先生のピアノの通り弾いて、教材の楽譜を先生が一度弾いてそれを娘が2度ほど弾いてあとはうちで練習してきて下さい
...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノを教えている者です。
6歳と言うことですが、1年生ですか?それとも年長さんですか?
もし1年生だったら他の教室に変えたほうがいいかもしれませんね。
普通ピアノは先生が弾いてあげてはいけません。
なぜなら譜読みの力がつかないからです。
子供は耳が良いので何度か聞けば楽譜が読めなくても弾けてしまいます。
ですからその指導法で楽譜が読めないのは当たり前です。
もしかしたら昔ヤマハに勤めていた先生かもしれませんね。
ヤマハは耳から入りますから。

あとは先生にも考えがあって1年生になったら、もしくは習い始めて半年経ったら譜読みを始めるという指導法なのかもしれません。まあ普通その年の場合、初めから読ませますが。
その様子だと手の形などの指導もなさそうですね。
少し様子を見て他の教室に変えたほうが良いかもしれません。

Qピアノの発表会で弾く舞台栄えする曲を教えてください。

小学4年生の娘が来春のピアノの発表会で弾く曲を探しています。
クラシックは全くの無知で、先生に「希望の曲は?」と聞かれても全然わかりません。
お詳しい方、オススメの曲があったら教えてください。
娘のピアノ暦は4年です。
私の希望としては「聞いた事がある有名な曲」がいいです。
娘の希望は「優しいメロディーの曲」だそうです。
ちなみに先生いわく、「メヌエットだとちょっともったいないかな」くらいのレベルのようです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。専門家ではありませんが、ダラダラとピアノを10年ぐらい習っていましたので良かったら参考にして下さい。
 お嬢様のピアノ暦が4年という事ですが、現在は大体どれぐらいの曲を弾いているのでしょうか?私の時はバイエル(赤&黄)→ブルグミューラーと進んでいったのですが。ヤマハとかはまた独自の教則本だと思うのでちょっと分かりませんが、4年でもものすごく上達する人と私みたいに黄バイエルをウロウロしたりする人もいますので(^_^;)。
 またメヌエットも沢山の作曲家(ベートーベンやビゼーなど)が書いてますのであまり参考にならないのですが、ソナチネの中にあるメヌエットでしょうか??
 一応バイエル終了している位で、発表会に向く有名な曲といえば
エリーゼのために→王道ですので、ライバルがいるかもしれません。
乙女の祈り→最初がなかなかカッコいいです。
ト調のメヌエット→もしかしてこのメヌエットでしょうか。
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20052467
↑この中に入っている「楽しき農夫」や「水の精」「ユーモレスク」も優しい感じです。「ユーモレスク」は某胃腸薬のCMで使われていますので良く知られています。
他の試聴はこちらで聴けます。「すみれ」や「人形の夢と目覚め」「スケーターワルツ」「アベ・マリア」なんかも優しい可愛らしい感じです。
http://classic-midi.com/classictop.htm

 最終的にお嬢様が決めると思いますが、先生に何曲か弾いてもらうとか、比較的平易な曲が入っているCDを貸してもらって聴いてみるともっと具体的なイメージがつかめると思います。全音ピアノピースとかだったらAレベルでしょうか?発表会は少し上のレベルを狙いますので、実力がもっとあってどうしてもこの曲!というのでしたらBでもいけるような感じです(ちなみにユーモレスクやト調のメヌエット、エリーゼは全音ではBクラスです)。好きな曲はやる気で練習しますので、好きでもない優しい曲をするより上達は早いと思います。
 素敵な曲に出会えると良いですね。ご参考までに。

 こんにちは。専門家ではありませんが、ダラダラとピアノを10年ぐらい習っていましたので良かったら参考にして下さい。
 お嬢様のピアノ暦が4年という事ですが、現在は大体どれぐらいの曲を弾いているのでしょうか?私の時はバイエル(赤&黄)→ブルグミューラーと進んでいったのですが。ヤマハとかはまた独自の教則本だと思うのでちょっと分かりませんが、4年でもものすごく上達する人と私みたいに黄バイエルをウロウロしたりする人もいますので(^_^;)。
 またメヌエットも沢山の作曲家(ベートーベンや...続きを読む

Qピアノの先生を替えたほうが良いのか?

私の娘は3歳(年少)よりピアノをはじめ、現在6歳(年長)で4月でピアノを始めて丸3年になります。正直娘はピアノに向いていないのかやっと現在両手に入った状態で、一年しかピアノをやっていない子と同じレベルで本当にこのまま続けるのが親としても無駄金を使っているような気がしてなりません。個人レッスンの教室ですが、先生はゆっくりとその子にあったペースでやりましょう。とおっしゃってくださるのですが、私はやる以上はある程度のものになって欲しいし、なぜ他の子は上達して娘は上達しないのか疑問でならず、私のほうが落ち込んでしまっています。ピアノを習っている他のお母さんから先生を替えてみたら上達するよ。というアドバイスを受けて考えています。娘はピアノは辞めたくはないといっていますし、今の先生がいいとは言っていますが、娘にはあっていない気がします。私も子供を比較したくないのですが、同じ年の子はピティナに何度もでており、優秀賞をとる子が何人もいます。その子たちと始めた年齢も大差はありません。娘がそのくらいのレベルになるにはあと3年くらいかかる気がします。指導法があっていないのか、先生があっていないのか、上達が遅すぎるので本当に残念でしかたありません。どうしたらよいでしょうか。専門家の方よろしくお願い致します。

私の娘は3歳(年少)よりピアノをはじめ、現在6歳(年長)で4月でピアノを始めて丸3年になります。正直娘はピアノに向いていないのかやっと現在両手に入った状態で、一年しかピアノをやっていない子と同じレベルで本当にこのまま続けるのが親としても無駄金を使っているような気がしてなりません。個人レッスンの教室ですが、先生はゆっくりとその子にあったペースでやりましょう。とおっしゃってくださるのですが、私はやる以上はある程度のものになって欲しいし、なぜ他の子は上達して娘は上達しないのか疑...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノ教室を主宰しています。

・毎日練習している。(幼児であれば、30分やれば十分だと思います。)
・家にあるのは本物のピアノだ。(電子ピアノはピアノではありません。)
・子どもが、その先生を嫌っている
・先生が、他の生徒と比べて「あなたは下手だ。」などと子どもに言う。
などが当てはまれば、先生を変えた方が良いと思います。

逆に、
・ピアノを弾くのはレッスンの時だけ、または、前の日に慌てて練習する
・家にあるのは電子ピアノ(キーボードは論外)
・子どもはその先生が好き
・先生は、多少他の子よりも進みが遅くても、比べずに教えてくれる。
という感じであれば、上達しないのは先生のせいではないので、変えない方が良いです。

質問文を読んだ限りでは、指導力・人間性ともに良さそうな先生ですので、変えない方がいいじゃないですか?
ピアノは、早く始めれば良いってものではないです。
3歳~小3まで、初心者を教えていますが、一番すんなりと上達するのは、年長~小1に始める子のような気がします。
3歳で始めても、5歳で始めても、6歳には同じくらいになります。
その後は、練習量で決まります。

未就学児が、自分の上達のためにテレビや遊ぶ時間を削って自ら練習するはずがありません。
幼児のうちのピアノのうまさは何で決まるかというと、親です。
親が毎日教え込むという意味ではありませんよ。
弾けた楽しさ、理解した喜びを一緒に分かち合ってあげるのです。
幼児の弾く曲ですから、スラスラ弾けたのか、そうでないのかは、音楽を学んできていなくたって、大人にならわかりますよね。
「ここが違うよ。」「これはミの音でしょ」などと言うのではなく、「あー、今ちょっと止まっちゃったね。残念だったね。」「今の、スラスラひけて楽しかったでしょ?」と言ってあげるだけで良いのです。
小さいうちは、うまく弾けた、うまく弾けなったというのは、自分ではわからない子が多いです。
そういう下地を地道に作っていくと、2年後くらいには自分でちゃんと練習できるようになると思いますよ。

センスがない子もいることは確かです。
でも、そういう子だって練習すれば上達します。
回りの上手な子と比べれば下手に感じるかもしれませんが、過去の自分と比べれば絶対上手になっているはずです。
親のあなたが、周りの上手な子と比べているうちは、上達しないと思っておいてください。
娘さんが、素敵な音楽ライフをおくれることを祈っています。

ピアノ教室を主宰しています。

・毎日練習している。(幼児であれば、30分やれば十分だと思います。)
・家にあるのは本物のピアノだ。(電子ピアノはピアノではありません。)
・子どもが、その先生を嫌っている
・先生が、他の生徒と比べて「あなたは下手だ。」などと子どもに言う。
などが当てはまれば、先生を変えた方が良いと思います。

逆に、
・ピアノを弾くのはレッスンの時だけ、または、前の日に慌てて練習する
・家にあるのは電子ピアノ(キーボードは論外)
・子どもはその先生が好き
...続きを読む

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む

Qピアノの先生への不信感 どう思いますか?

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝えています)


  うちの娘が練習嫌がってるとかそういうふうな事を言った訳でもないのに、『練習5分以上はやらなくていいです。あまりやりすぎるとしんどいからね』と言われます。5分は少なすぎると思いますが。20、30分くらい練習するのが当たり前だと思っているので、違和感を感じました。


 『家での練習は一人でやらせてください。お母さんは口出ししないようにみたいな感じに言われました。』

  練習を一人でやらしていると、指の番号などめちゃくちゃ弾いていたり、間違っていたり・・・なので、少しは見てあげたいと思うのですが、先生は、間違っててもレッスンの時に見ますから。と言われました。
 


 メールで質問した時も、レッスン時に 質問してもらいたい。と言われました。初めてメールでの相談だったのに、こう言われたので、不快な気分になりました。生徒数も少ない先生だし、メールくらい返す時間はあると思います。



  宿題の曲が、娘の手が届かない和音だったので、どういうふうに練習したらいいかメールで聞いた事もあったのですが、返信には、レッスン時にみますが・・・みたいな対応で、メールはしないでほしいような印象も受けました。

  
 レッスン中の私がいない時(偶然聞こえたのですが)。
娘にしつこく何度も『お母さん練習しなさいって怖い?』『いつも練習の時隣でみててくれる?遠くから練習しなさい~って言ってる感じ?』など何度も聞いていました。

 娘は返事にこまってると、勝手に『ちょっと怖い?そうかぁ・・・』っというような具合でした。

もちろん私は、すごく不快でした。


   教え方がうまいかどうかは わかりません。

ただ娘には優しい口調で教えているし、褒め方も上手で、よくできました。がんばったね。などは良く言ってくれます。娘自身は、好きでも嫌いでもない先生らしいです。


  ただ、私はすごくストレスを感じてしまっているみたいです。思い切ってやめた方がいいのかなとも思います。


  この先生についてどう思われますか?子供とは相性悪くないので 続けていいと思うなど。
何でもいいので、ご意見聞かせてください。

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。
しかし、気をつけなければならないことは「少しぐらいなら」というところです。
子供に大人が要求をしすぎると、子供は背中を向けてしまいます。

親も先生も、コンクールにまっしぐら。子供が何を考えているかお構いなし。
これはいただけません。
この場合、10歳ぐらいでショパンの簡単なものぐらい弾けていたのに、中学受験でピアノから離れてしまうパターンです。

6歳で一日5分の練習では、そこそこ弾けるようになるのは難しいかもしれませんね。
本人がある日、音楽に目覚めて、オタクのごとく弾き始めれば別ですが・・・

先生しだいで、こどもが嫌がらず練習をしてこれるように仕向けられるようですよ。
なかなかそんな先生に出会えませんけどね。

経験から言って、親が付きっきりで練習させるのも、自立するのに苦労します。
しかし、小さい時に一人でやっていては進みません。それも確かです。
年齢に応じた関わり方を間違えずに、上手に引っ張って行くことです。
その道筋を作ってくれる先生がいるのも確かです。

ピアノが楽しくなるのは、聞いたことのある曲が弾けるようになってからのような気がします。
ほとんどの人がそこまで行きつけずに辞めてしまいます。
学校、受験、部活など忙しくなりますから。
ある先生が、勉強が忙しくなる前にある程度弾けるようになっていれば、そこでやめたとしても
自分で楽しめるから、そこまで持って行きたいと言っていました。
私自身は、賛成です。

我が家は音大生が一人。もう一人は勉強にシフトした高校生。
その高校生は、滅多に弾きませんが、気が向くとショパンやドビュッシーの有名な曲をを弾いています。
やっぱり、小さい時頑張っていなかったら、今頃ピアノなんて触らないでしょう。

というわけで、
5分しか弾かないのも有り。
親がついて練習するのも有り。(方法が問題ですが。)

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。...続きを読む

Q子供のピアノの先生からやめてくださいといわれました

お知恵をお貸しください。
妹の幼稚園生の子供が、通っているピアノの先生から、お子さんの態度が悪いのでやめてくださいと言われました。
妹は、ピアノのレッスンを続けさせたいのと、そのような理由でやめさせられると今後どこの教室も受け入れてはもらえないだろうと大変悩んでいます。
妹の子供はそもそも音楽に興味がないようですが、妹はどうしてもピアノが出来る人になって欲しいようです。子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・
教室ではすでにうわさが広まってしまいました。

早急に答えを出さなくてはいけない様子です。

このような場合、ピアノの先生のお怒りを静めるよい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょうか。

そもそも子供自ら「ピアノやりたい!」というのは多いとはいえません。他の習い事も含めて「親のエゴ」であることが多いですし、幼児にレッスンをつけている先生もその点はよくご存知ですし、工夫もしていらっしゃいます。

それでもなお「この子に教えることが出来ない」と感じるのは、子供の適性というよりも「親も含めた学習の意欲・本気度」ではないでしょうか。

また子供も親の期待を敏感に感じますので、本当に嫌なら自分から「やめたい」というものだったりします。

質問の内容を見てみると、お母様が先生に預けっぱなしで自分が参加していないように見受けられます。

生徒の態度が悪く、宿題も(自宅練習)もやってこない、親も一生懸命習わせようとしているように見えない、ならどんな先生でも「これ以上教えるのは無理だ」とお感じになるでしょう。

そういう感じはありませんか?

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょ...続きを読む

Qピアノの先生をされている方に質問です

約6年間 娘に個人宅でピアノを習わせています。
先生のおかげで上手に弾けるようになり、その点ではとても感謝しています。
しかし、指導がとても厳しいので、娘はピアノを楽しめなくなりました。
いやいや練習する→レッスン後泣く泣く帰宅 これの繰り返しが私も辛くなってきて
娘と話し合った結果、やめることにし、その旨を先生に伝えました。

先生は渋りましたが 本人にやる気がないので続ける意味がない とこちらの意見を押し通しましたが、 それでしたらグレード7をとってからやめましょう と提案されました。
娘のレベルだともうとれるので、せっかくここまで続けてきたのだから形に残しましょう、履歴書にも書ける資格ですよ、と。
私自身ピアノに関して全くの無知で、そんな資格があるんだったら娘のためになると納得し、娘も納得の上で継続することにしました。 
その間、発表会等はでないで、レッスンはグレードに向けてのレッスンでお願いしてきました。
娘に楽しんでもらえるよう、好きな歌手の楽譜を買い、グレードのレッスンと並行してその楽曲を練習していました(初見の練習にもなってると先生には言われました) ここまでは昨年秋のことです。

年が明け、その好きな楽曲が仕上がりつつあるので発表会にでましょうね、と娘が言われたことがきっかけで疑問を持つようになりました。
肝心のグレードは 春に試験があるのに 夏に受けましょう、と。
話が違うと思いました。
(1)発表会は出ないといったのに、出るよう勧められた(勝手にエントリーされている)
(2)グレードはもう受かれるレベルと言うので継続したのに なぜ夏に受けることになったのか
この二つを電話で先生に問いました。
(1)に関してはあいまいにされ、(2)に関してはグレードの合否の判定ができる資格を先生自身が取得しようとしていて それが取れたら合格に有利になるので、というのです。
つまり 娘のグレードの審査員を先生がやって合格にしますよ、とのこと。
はぁ? と思いました。
カチンときて 今月いっぱいで辞めます。 グレードはもう結構です と言いました。
そしたら、 いろいろ諸経費がかかっているので 二月三月分のお月謝を支払ってくれ 四月分はこちらで負担する と言われたんです。
ひと月月謝は1万5千円。
2か月分ですので 三万円になります。
どんな諸経費がかかっていると思われますか。
旦那はメンドクサイから払ってすっきりやめてしまえば といいますが
私としては納得いきません。
せめて こんな諸経費があるのでは?という予測があれば気持ちも少しは落ち着くと思います。
先生に直接聞くのがはっきりしそうですが
私は口下手で うまくいいくるめられてしまうのです。
賢い人だったら、その時の電話でどういう諸経費が?と切り返すことができたと思うのですが
早口でまくしたてるように言われると 早く電話を切りたくなり 話そこそこに受話器を置いた私も悪いのですが。。。

納得してないのに三万支払うのは嫌。
(先生もお金をもらうからには4月までレッスンにきてくれといいます。しかし、先生のこういうところが娘は嫌と言ってるんです という話もしているのに、お金のためだけに娘をレッスンに通わせるのは酷ですよね。それだったら お金だけ払ってくださいね となるんですよ・・)
レッスン受けないのに 来月さ来月分の月謝って発生するものでしょうか。
そもそも諸経費ってそんなにかかるんですか。
教えてください。 あと ご意見もお聞かせください。
よろしくお願いします。

約6年間 娘に個人宅でピアノを習わせています。
先生のおかげで上手に弾けるようになり、その点ではとても感謝しています。
しかし、指導がとても厳しいので、娘はピアノを楽しめなくなりました。
いやいや練習する→レッスン後泣く泣く帰宅 これの繰り返しが私も辛くなってきて
娘と話し合った結果、やめることにし、その旨を先生に伝えました。

先生は渋りましたが 本人にやる気がないので続ける意味がない とこちらの意見を押し通しましたが、 それでしたらグレード7をとってからやめましょう と提案さ...続きを読む

Aベストアンサー

 何度もすみません、No.7です。

 上の方もおっしゃっているように、ご主人のメールは、要点を押さえていて、
かつ問題点も簡潔に指摘されていると思います。

 ずっと疑問に思っていましたが、
先生は、いったい4月分の月謝を
誰に立て替え払いするんでしょうね?
個人の教室だというのに、不思議です。


 少々ご面倒でしょうが、
この質問ページでいろいろ回答してくださった出来事すべてを、
時系列で整理しておかれたらいいかもしれませんね。

 先生(もしくは父親か弁護士?)と話をする時に、
もれなく話せますし、
先生が締めが20日だと言っておられることと
benbo-さんが19日に止めると意思表示をしたことから、
2月分の月謝は発生しないと主張できると思います。


 先生のガンはお気の毒ですが、
資格を取ってグレード合否を夏に判定する仕事をしようとされていたり
発表会もやろうとされているのですから、
この件について話し合いもできるのでは?と
感じます。

 また、合唱部の話はとてもおかしいですね。
ピアノの先生に怒鳴り込む親はいないでしょうし、
ましてやピアノの先生が『一軒一軒回って謝ってきなさい』とは、
筋違いもはなはだしいです。
 その一件だけでも、
不信感が芽生えてやめることになっても無理ないと思います。


 蛇足ですが、
私が通っているヤマハピアノ教室は、
月謝が自動引き落としなので、
止める時は前月の末日までに申し出る規約になっています。

「今月で止めます」と申し出たら、翌月分までが引き落とされて
退会となります。


 私は趣味でピアノをやっていて、
初めの15年間は個人の先生に習っていました。
良い先生でした。
 
 受験や就職でピアノから離れ、
ブランクを経て、
14年前から今のピアノ教室に行き出しました。


 ピアノ教室にする良さは、
先生と合わないと感じたり 教え方に疑問があれば、
事務に話して解決できるという点だと思っています。

 直接先生と話さないので、トラブルが起きにくいです。
実は、2回、先生を変えてもらいました。

 初めの先生は、
「ピアノに役立つから歌も一緒に習え」と執拗に言われ、
あまりにうるさく薦められるので、我慢できなくなりました(^^;)

 次の先生は熱心すぎて、
家や仕事の都合で練習不足だったりレッスンを休むと怒られました(^^;)

 今の先生とは楽しくピアノを続けていけています。


 個人の先生でも良い方はたくさんおられますし、
娘さんにピアノの楽しさを教えてくれる先生と巡り会われますように、
そして、うまく解決なさいますように、と願っています。

 何度もすみません、No.7です。

 上の方もおっしゃっているように、ご主人のメールは、要点を押さえていて、
かつ問題点も簡潔に指摘されていると思います。

 ずっと疑問に思っていましたが、
先生は、いったい4月分の月謝を
誰に立て替え払いするんでしょうね?
個人の教室だというのに、不思議です。


 少々ご面倒でしょうが、
この質問ページでいろいろ回答してくださった出来事すべてを、
時系列で整理しておかれたらいいかもしれませんね。

 先生(もしくは父親か弁護士?)と話をする時に、
もれ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング