ホンダ・ファンです!!

F1GPでホンダが復帰してから今年で3年目ですが、2000年に復帰する時にたしか「オールホンダ」で出るはずでしたよね?でも、(名前忘れてしまったのですが)そのプロジェクトの中心人物だった人が急死されて参戦のスタイルの予定を代えなくてはならなくなり、現在のBARへのエンジン供給(去年からはジョーダンもだけど)のみになってしまいました。
ホンダが復帰してくれただけでも嬉しいのです(ただ、以前の強さがないのが不満ではあります・・)が第二期ホンダ(ウイリアムズ・ロータス、ティレル、マクラーレン・・・)と参戦スタイル(今もエンジンサプライヤーでしかないですよね?)あんまり変わらない気がするし、トヨタに(1チームとしての参戦)先を越されてしまった事が何かすごく悔しいです。(アンチ・トヨタなもんで(汗)
そこで、お聞きしたいんですが、今後「オールホンダ」での参戦の可能性はもうないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんわ!自分はアンチトヨタではありませんが


日本のメーカーを応援してます。
オールホンダ・・・
いつそうなるのかって思いますよね?
BATもF1に資金をつぎ込むのもあほらしくなってきてるでしょうから
ホンダが買収すると思いますよ。
ここ何年かで・・・
自分も第2期ホンダの圧倒的な強さしてますから
かなり期待してました。
でも実際できたばかりのチームにエンジン供給のみでした。
シャシー開発も行ってるのですがあまり成果出てないですね。
正直がっかりしてます。
ジョーダンへのエンジン供給も意味がわかりません。
来年は契約打ちきりでしょ?
何の為に2チーム供給してたのやら・・・
でもウィリアムズから今年チームに来たデザイナーいましたよね?
ギャビン・フィッシャーだったかな?
その人が来年のマシンに相当手を入れてくるんでいいかもしれませんよ!
実績は去年のウィリアムズで証明されてるんで期待大です!
ホンダもセナの担当エンジニア?の人がリーダーになるそうで
期待してます。
でもやはり後悔はありますね。
ウィリアムズに供給してたら~!って思うとつらいです。
同じ時期に復帰したBMWに先越されてすっごく悔しいです!!
将来と言うか早くウィリアムズ、フェラーリを打ち負かして
ジャックをチャンピオンにしてあげてー!って感じです。
ジャックもずっと我慢して乗ってくれてます。彼はチャンピオンなのに・・・

最後にがんばれ!ホンダ!!!
長くなりました。それでは。
    • good
    • 0

ホンダ・ホンダに関しては情報ながれてこないですね。


当初の予定では、BARとは「シャーシを含めた開発を前提にエンジン供給する」
だったハズです。ジョーダンに関しては、「BARより力のあるチームと組むことで、第3期ホンダとして、結果をもとめていく」でしたね。
結果、散々なものしか残ってませんが・・・
マクラーレン・ホンダをみてF1にのめり込んだ自分としては、
残念な限りです。今年も結果がでないようだと、ジャックは移籍なんてのも
あるかもしれません。

それにしても、今年のフジの放送はいただけないと思いませんか?
やれ、「トヨタだ」「琢磨だ」とかやりすぎな気がして、
もっと川合ちゃんにしゃべらせろ(笑)って感じです。

最後はグチになりましたが、僕もホンダの本当の復活を願っている一人です。
いっしょに応援しましょう。
    • good
    • 0

私もアンチトヨタで、ホンダ大好き人間です。



悲しい事に、ホンダがF1に参戦して以来あまりパットしないのが現状です。
このままでは、オールホンダで参戦する夢も消えてなくなるのでは…??って気持ちになりますよね~。
私の個人的な意見ですが供給チームはやはり1チームに絞ったほうが良いのではないかと…。やはり金銭的な問題が一番ではないかと思います。
確かに、ホンダの業績は好調ですが…。悔しいことにトヨタとの金銭面での差は歴然です。そこが、サプライヤーのホンダとオールトヨタの大きな原因でしょう…
これも私の個人的ないけんですが、エンジンサプライヤーでも良いと思うんです。その道を極める!!ってのもいいと思いませんか?現在でも、BARシャーシの開発にホンダの技術スタッフが入っているみたいですし、実際エンジンの方も他のチームに勝っているとは断言できませんし…。納得いくまでエンジン作りに専念するのも良いのではないかと…

最後に、早く表彰台を佐藤琢磨、ジャック、フィジケラ、パニスが独占するのを見たいですね♪♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます~
「エンジンを極める」・・・・
たしかにそれもいいかも知れないのですが、84年から始まった「第二期F1ホンダ時代」が92年で参戦一時休止したのは勝ちに勝ちまくった88年のセナ・プロがいた、マクラーレンホンダ時代に代表されるような「(エンジンサプライヤーとしては)もう頂点を極めたから」からだったと思うのです、で、今回8年の歳月を経て復帰したものの、(始めの予定通りには行かなくて今の現状だと)第二期ホンダF1時代と参戦スタイル(ほとんどエンジンサプライヤーという立場なので)が変わらないんじゃないのかな?思ってしまうのです。
おまけに二年目の去年も1勝どころか「棚ぼた」の3位しか出来ていないし(^^;
やはり過去の「強い!速い!ホンダエンジン」を知っている僕にすれば今のBAR、ジョーダンを見ていると何だかむしょうに悲しくなってしまいます~(TT)

お礼日時:2002/02/21 00:17

こんばんは



ん~思わずkotto29さんの「他のみなさんは、どう思われます?」を見て書いてしまいました。

かく言う私も、オールホンダでのF-1復帰には期待してた一人ですが、現実は・・・って感じです

しかし、今季のルノーや形態は違えどジャガーなども
決してシャシーが自社製であるかと言えば??ですからトヨタも「?」でしたっけ?
なにをして自社製シャシーと定義するかは置いといて
そう遠い将来の話では無いようにも思えますね
オールホンダって可能性は。

アメリカのレースも縮小するようだし、市販車も好調のようだし
以前からすると金銭面での不安はないかもしれませんね
みなさんで、応援しましょう!夢がかなうかもしれませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
そうですか~、早く見てみたですよね~
「オールホンダ」が出てくる日を・・・・。
いっそうの事もうBAR買い取ってほしいですよ~
その方がホンダの思い通りにマシン作れるだろうしね(笑)
ま、今年はもう無理でしょうが、絶対にトヨタだけには負けてほしくないと願っています!

お礼日時:2002/02/20 01:26

いやあ、私もオールホンダでの参戦を期待していたファンなので、とっても残念でした。

返す返すも、ハーベイ・ポスルスウェイト博士の急逝が悔やまれますね。
今後のオールホンダでの参戦ですが、現状のBARとの関係をホンダが見直し、BARと手を切る、あるいはBARをホンダが買収して自社チームとするか、どちらかの決断をすれば、まだ可能性はあると思いますが、どうでしょうか。噂では、BARの戦闘力のなさにホンダもそうとう幻滅しているようですし、自らがシャシー設計の主導権を握りたいという思いはあると思いますから、まだまだ可能性はあるのではないでしょうか?

他のみなさんは、どう思われます?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
本当BARのマシンのタコさには呆れてしまいます。(^^
一年目は、まあ・・仕方ないかなと思ってたんですが復帰2年目の去年も3位にジャックが二回上がってますが、前に走っていた車がリタイヤとかでほとんど「棚ぼた」だし実力で取った3位とは言えない気がします。
あれじゃ、W・CのJ・ビルヌーブも可愛そうって感じです。
強いホンダはいつになったら帰ってくるのか・・。

お礼日時:2002/02/20 01:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホンダの シャトルと ヴェゼル、 みなさんなら、どっちを買いますか? 理由も述べて頂けるとありがたい

ホンダの
シャトルと
ヴェゼル、
みなさんなら、どっちを買いますか?
理由も述べて頂けるとありがたいです!

Aベストアンサー

シャトルです。ヴェゼルはSUVなので燃費・積載量などを考えると日常使うにはシャトルで十分です。

QトヨタがF-1に再参戦?

トヨタがF-1に再参戦?

F-1のHRT(ヒスパニックレーシングチーム)とトヨタの技術提携について、詳しく教えてください。

・トヨタエンジンが搭載されるのか?
・ドライバーは日本人?(カムイ?左近?)

カムイは、ルノーに移籍したほうがいいと思うので、HRTは邪魔をしないでほしいです。

Aベストアンサー

ヒスパニア自体が今後どうなるか分らないので、そんなに気にする必要もないかとは思いますが、まあ技術提携という噂ですが、エンジン供給とかはないかと思います。

トヨタはドイツにドデカイ会社を持っていて、F1を辞めたので、これをどうするか困ってまして、とりあえずクビを切れない社員さん達が毎日開発を続けているらしいので、これを売ってお金にしたいのと、彼らの再就職先を斡旋したいという感じなのではないかなと。

ドライバーは、もし提携が実現すれば、まぁないと思いますけど、中嶋くんを引き取ってもらうんじゃないですかね。彼以外はとりあえずトヨタから巣立っていってますんで。

Qホンダのヴェゼルの購入を検討しています!しかし、妻以外、全員180cm越えの大型体型4人家族です…

ホンダのヴェゼルの購入を検討しています!
しかし、妻以外、全員180cm越えの大型体型4人家族です…やっぱ、小さいですかね??

Aベストアンサー

身内で乗っているものがいます。
普通の人には、十分に広くてパッケージ感あるのですが、180超えてる人が3人乗ってみたら、きっと誰かは頭が天井スレスレになると思います。
たぶん、旦那さんとか息子さんとかの男性ですよね。
後部席に座る人がきついでしょう。
一端、座席に収まってしまえば、上半身はいいかもしれませんが、長い脚だと、足元が狭いかも。
後は、乗り降りの時に、頭を下げる量がおおくなります。

個人的な見解では、
ホンダでしたら、ステップワゴンにされた方がいいと思いますよ。
ハイブリッドがよいのでしたら、トヨタにして、ノアのハイブリッドなど。

Qホンダとトヨタ

1987年あたりよりF1を見ています。最近なんだかんだいってホンダもトヨタも勝利する感じがありませんね。特にホンダ「トヨタも」は毎回レースラップになるとルノー・フェラーリ・マクラーレンについていけませんね。なぜなんでしょう?・・・といつも思います。両者は巨額を投資しているでしょうし。ホンダはシャシー共の1年生だから?トヨタはドライバー悪い?バトンは勝てない星の人?どうなんでしょうか。ファンとしての意見です。教えてください。

Aベストアンサー

最近のF1は、総合力が無いとまず勝てません。つまり、エンジンや空力、タイヤ、ドライバーの技術といったスペック面はもちろん必要ですが、これにピットワークやチーム戦略、マシン開発などチーム全体の力が必要となってくるのです。

となると、必然的に経験がかなり重要なファクターになってきます。フェラーリはF1初参戦から50年以上、マクラーレンは40年、ルノー(ベネトン時代含む)は30年近くになります。対してトヨタはまだ4年ですし、ホンダは初参戦から40年以上たちますが、撤退していた時期もありますし、エンジンのみの供給がほとんどで、シャシーなど車体関係ではまだまだ経験不足です。

つまり、トヨタもホンダも、フェラーリやマクラーレンなどと互角に優勝争いするにはまだまだ時間が必要なのかもしれません。surukire様も仰るように、長い目で見ていけばいつかは勝てる…かもです。

Qフォレスターと連呼して すみませんでした。 自分は、ホンダのヴェゼルを 購入することにしました。 1

フォレスターと連呼して
すみませんでした。

自分は、ホンダのヴェゼルを
購入することにしました。

1.5G 4WDを検討中ですが
オススメできますでしょうか?

Aベストアンサー

同じエンジンを積むフィット15XLの4WD車と比べて150kgほど重い(フィットのFFモデルと比べると200kg以上重い)ので、フォレスターのターボモデルと比較されていたのであればパワーの余裕感や高速道路での追い越し加速性能などはかなり違うと思います。(その分、燃費性能もかなり違うと思いますが…)

また、ヴェゼルのリアルタイムAWDシステムはフリードやステップワゴンなどにも搭載されていて通常時はほぼFF状態で走行して前輪のスリップを検知してからAWDに切り替わるもので、SUV車用と言うよりは乗用車用のAWDシステム(≒発進加速時のトラクションの確保がメイン)です。フォレスターのアクティブトルクスプリットAWD(←常時AWD走行)のXモードのような走破性を高める特殊モードもなく、本格的SUV車のようなデフロック機構もありません。説明書の注意書きにも「砂地やぬかるみなどで前輪が連続してスリップするような運転はしないでください」となっていますので、砂地(砂浜や河川敷など)や滑りやすい路面(ぬかるんだ地面や雪道など)では「SUV車のような見た目」と「4WD車だから大丈夫」などと過信せずにゆっくり安全運転を心がけてください。

同じエンジンを積むフィット15XLの4WD車と比べて150kgほど重い(フィットのFFモデルと比べると200kg以上重い)ので、フォレスターのターボモデルと比較されていたのであればパワーの余裕感や高速道路での追い越し加速性能などはかなり違うと思います。(その分、燃費性能もかなり違うと思いますが…)

また、ヴェゼルのリアルタイムAWDシステムはフリードやステップワゴンなどにも搭載されていて通常時はほぼFF状態で走行して前輪のスリップを検知してからAWDに切り替わるもので、SUV車用と言うよりは乗用車用のAW...続きを読む

QホンダF1GP復帰

ホンダが2015年シーズンからF1GPに復帰するという。
マクラーレンへのエンジン供給での復帰だが、ホンダによると2015年からのレギュレーション変更で復帰を決めたという。
具体的にどういう変更があったのだろうか?
いずれにせよ、ホンダのF1GP復帰は喜ばしい。

Aベストアンサー

ワクワクしますね。

F1は2014年シーズンから、レギュレーション(規定)が変更され、エンジンの排気量は1600ccと現行の2400ccから大幅にダウンサイジングされるとともに、少ない燃料で走ることなどが求められるます。

ホンダにとってのポイントは、新規制ではエンジンにターボチャージャー(過給機)が付き、エネルギー回生システムが採用されるこです。

エネルギー回生システムは、エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)で使われています。簡単に言えば、ブレーキの制動力をモーターの動力に換えて、無駄なくエネルギーを活用する仕組みです。

ホンダはトヨタ自動車と並び、HV技術で世界的に先行していますが、今回のF1参戦では、将来の“究極のHV”ともいえる技術を目指すことを想定しています。

それはエネルギー回生システムとターボ、つまり、HVのキモとなるモーターとターボの組み合わせです。

 

Q何度もすみません。 ホンダのヴェゼルってイイ車ですか?

何度もすみません。

ホンダのヴェゼルってイイ車ですか?

Aベストアンサー

>いい車ですか
いい車です。

Qトヨタとホンダの差

いよいよBARホンダが4強の仲間入りを
果たしました。ここ数戦の結果を見る限り
まぐれではなく本物の実力です。

一方パッとしないのがトヨタです。出るから
には打倒ホンダに執念を燃やすと思われたの
ですが。先日のインディーでもおいしい所を
もっていかれ悔しいはずなのに。車体から
エンジンまで開発しているので大変だとは
思いますが。どうして差がつくのですか?

Aベストアンサー

正直、”経験の差”としかいえないかも知れません。

ホンダは第一期('64~'68)、第二期('83~'92)、無限時代('92~'99)、第三期('99~)の27年のキャリア(経験)とノウハウ(知識)があるでしょう。
特に第二期ではウィリアムズ、ロータス、マクラーレン、ティレルと組み‘86~91年の6年連続王座を獲得するなど文句なしの経験があります。

現行のNAでV10 3.0Lエンジンになった95年以降も無限がエンジン提供を続けてデータを取り続けたことが大きいと思います。
シャシーに関しても「今年のBAR006は、去年の005よりもホイールベース(前輪と後輪の間の長さ)を短くして旋回性を高めた結果、アンダー(曲がりにくい)だ(オーバー)だとセッティングに苦しまなくてより高いレベルに持っていける」(佐藤琢磨談「ナンバープラス」より)とありました。

トヨタもCART、F3などでフォーミュラーカー(CARTはチャンプカー)でデータを取っていたとしても、F1とは別次元なので効果が無いとはいえないが思ったほどないとTVでエンジニアが答えていた。
エンジンパワーだけならフェラーリ、BMW、ホンダのエンジンに劣らないが、シャシー(車体)の開発が追いついていないということが原因かもしれません。(チーフは元フェラーリのエンジニアだったかな?)
シャシー(特に空力、旋回性能)の問題が解決しない限り、トヨタはモンツァのような高速サーキット以外ではあまりいい成績が得られないかもしれません。

正直、”経験の差”としかいえないかも知れません。

ホンダは第一期('64~'68)、第二期('83~'92)、無限時代('92~'99)、第三期('99~)の27年のキャリア(経験)とノウハウ(知識)があるでしょう。
特に第二期ではウィリアムズ、ロータス、マクラーレン、ティレルと組み‘86~91年の6年連続王座を獲得するなど文句なしの経験があります。

現行のNAでV10 3.0Lエンジンになった95年以降も無限がエンジン提供を続けてデータを取り続けたことが大きいと思います。
シャシーに関しても「今年のBAR006は、去年...続きを読む

Q車を購入したいと思っています。 マツダのCX3とホンダのヴェゼルで迷ってます。 一長一短があり、自分

車を購入したいと思っています。
マツダのCX3とホンダのヴェゼルで迷ってます。
一長一短があり、自分の判断基準によって決めればいいのでは?
と言うお叱りをうけそうですが、他の人の意見を聞いて判断したいと思いました。
どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

…使い方にも依るんじゃないかな。

 CX-3に限りませんが、ディーゼルはちょい乗りを苦手としています。逆にハイブリッドは一定速度で走り続ける場合にあまりメリットが出なくなります。

 市街地で比較的短距離の通勤等がメインになるならヴェゼルのハイブリッド、短距離だが郊外を走るのがメインならヴェゼルのガソリン車、1日100km以下走ることはないならCX-3…って感じですかね。

 年間走行距離が10000km以内なら、総費用ではハイブリッドやディーゼルは割に合わない場合が多いです。が、ひどい渋滞路メインならハイブリッドでも気休めにはなるかも。ディーゼルは片道最低でも30kmくらい欲しいですかね。

#2氏の挙げているC-HR(FF)はヴェゼルハイブリッドとキャラが被ります。四駆だといわゆるダウンサイジングターボなので、キャラ的にはCX-3に近い感じになります(チョイ乗りではターボのメリットがあまり出ない)。

QホンダのF1復帰はありませんか?

ホンダのF1復帰を願っています。
リーマンショック以来業績低迷でしたが、現在は多少業績も景気も回復しています。
本気を出せばF1でやっていける資金はあると思っています。
F1への魅力もないのかもしれませんが、ブラウンGPがお金がなくなってまだ復帰してくれるといいなと勝手に思ってしまいますが、復帰は簡単ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

ありえないでしょう。
あんな顰蹙を買う撤退の仕方をして、どの面下げてもう一度参戦出来るのでしょうか?
あるとしたら、FIAが「HONDAさん、どうしても戻ってきてください」というくらいしかないと思います。

会社に例えてみてください。
優秀な営業マンで将来の幹部間違いないという社員が、ある日突然「もう辞~めた」と言って、重要なプロジェクトも放り出し、後任の営業に引き継ぎもせず、いきなり退社したんですよ。
その彼が数年後に、「やっぱり会社に戻りたい」と言えますか?

もっと例えたら、政権を1年で投げ出した安倍元総理が再度総理(もしくは自民党総裁)に返り咲けますか?
よほど国民(自民党員)の支持がないと無理でしょう。

HONDAの撤退の仕方はそれくらいの礼儀知らずの行為なのです。


人気Q&Aランキング