アドバイスをお願いしたいのですが。
プリアンプ・パワーアンプ・CDプレーヤー・スピーカーを持っています。プリアンプを外して別システムに使いたいのですが,CDプレーヤーをパワーアンプに直接接続させた場合のメリット・デメリットを教えてください。なお,パワーアンプはボリューム付きです。
以上,よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アナログ時代の音キチですが、昔よくやりましたよ。

やれ音がスッキリしたとか透明度が...とか言ってね。
それはさておき:

メリットとしては、
1)やはり音がいいハズ(定位や分離が良くなる、透明感が上る...やっぱりこうなるなオレは!)
2)ノイズが小さい(CDがソースの場合はあまり感じないかも。でも無音の時は判りますよきっと。ノイズの質も違うし)
3)場所をとらない
4)プリアンプがいらない(アレ?)
但し、最低限パワーアンプにはVRが付いていることが必要。

デメリットは、
1)複数のソース(CDプレーヤ、MDプレーヤ、VTR、TV、カセットデッキなど)がつなげない
2)アナログレコードプレーヤが使えない
3)音質調整ができない
4)左右の音量バランスが調整できない
  但し、パワーアンプに左右別々のVRがあれば可能だが、今度は音量調節が極めて面倒になる
5)パワーアンプにVRがない場合(Cica2さんの場合はVRはあるようなので問題ないですが)は使えない
  CDプレーヤなどにVRが付いていても、入力に対して常にプルパワーが出るから危険!(SP破壊!)
6)ソース側の出力がパワーアンプの入力感度より低いとプルパワーが出ない(音が小さい)
7)逆に入力感度に対してプレーヤなどの出力が大きいと(固定出力の場合)、VRを少し上げただけで急に音が大きく
  なって、下手をするとやっぱりSPを壊すとか、耳がいかれるとか事故にもなりかねない

プリアンプの機能を書いてしまったようだけど、大体こんなところでしょうか。何か重要な事を忘れてるかも知れませんが。
今後ともCDプレーヤだけで他のソースをつなぐ予定がなく、CDプレーヤにもパワーアンプにもVRがあって、CD
プレーヤの出力が適当なレベルであれば、プリアンプを使う必要はないでしょう。

ついでながら、VRの位置で高音域が変化します。VRゼロ付近と最大付近では殆ど落ちませんが、VR中間位置では
ハイ落ちの影響が出てきます。ただこれは、CDの出力とPWアンプをつなぐケーブルに大きく依存するので、できるだけ
静電容量の小さなシールド線を使い、できるだけ短く配線するようにしましょう。

この回答への補足

早速の回答,ありがとうございます。
質問ですが,私のCDプレーヤにはVRが付いていないのですが,「入力に対して常にプルパワーが出るから危険」という点が気になります。プルパワーとはどういったものでしょうか?

補足日時:2002/02/20 12:34
    • good
    • 0

>「入力に対して常にプルパワーが出るから危険」という点が気になります。

プルパワーとはどういったも
のでしょうか?

例えば、パワーアンプが入力150mVで50W+50W出るという仕様のとき、出力が固定で150mV出る仕様のCDプレーヤ
をつないでCD演奏をしたとすると、いきなり50Wの信号がSPに入る(LR両方で50W+50W)ことになるので、とんでもない
デカイ音が出て大変な目に遇いますよ(しかもVRがないとそれが出続けるんだから、もう大変!)、という意味です。
このとき、もしSPの最大(許容)入力が30Wだったりすると、SPも壊れる恐れもあります。
<細かな点はこの通りではありませんが、ここでは話を解り易く単純化しています>

でも、Cica2さんのように、
パワーアンプにVRがあれば、一般的には気にする必要はないです。
ただ、聞き終ったらVRは最小にしましょう(当然ですかね)。
tntさんの言う通り、確かにプリアンプがあってもVRを上げ過ぎた状態では同じことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答,ありがとうございます。疑問が解けました。

お礼日時:2002/02/24 23:18

下の方の回答に似てしまいますが、



デメリットは、イコライザやバランスなどの調整ができないこと。
     入力を切り換える場合はスイッチが必要になること

メリットは、音が良くなる可能性があること
    (プリアンプのCD-DIRECTを選択したのと
     同じ状態になるため)

こんなものではないでしょうか?

ボリュームが付いていますから、CDでフルパワーというあたりは
大丈夫です。
(これはプリがあってもボリュームを上げすぎた状態で
 スイッチを入れれば同じです。)

昔のアンプではノイズが多かったので、
レベルについて注意が必要でしたが
今はノイズが少なく、アンプの出力に余裕がありますから
レベルが低ければメインアンプのボリュームを
上げ気味で使って下さい.

あ、もうひとつデメリットがありました。

CDから録音したくなったときに面倒です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答,ありがとうございます(返事が遅くなりました)。
回答を読んで,もうかなり前から『録音』ってしたことがないことに気付きました。昔はレコードやFMからやってたんですけどね・・・・・・・・

お礼日時:2002/02/24 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空管アンプのダミーロードを探しています

真空管アンプのダミーロードを探しています。ただし、スピーカーのダミーロードではなく、B電源の電解コンデンサー保護用です。B電源はダイオード整流の関係で電源ONですぐに高電圧が発生します。PPの出力管を外した状態で電源を入れますと(入れてても球のプレート電流が流れ出す数十秒間)は無負荷のため、B電源が設計値を超えてしまいます。電解コンデンサーは550V耐圧ですが、OPTにかかる電圧は410Vです。そのため、常にアイドル電流を流してB電圧の上昇を抑制し電解コンデンサーの寿命を延ばしたい・・・・のですが。計算では40キロオームで10W程度のダミー抵抗が必要になります。どこかで入手出来ませんでしょうか?

Aベストアンサー

40kオームってのは探しても無いので、39kオームでどうですか?

http://eleshop.jp/shop/g/gD2K12B/

Qプリアンプとパワーアンプとプリメインアンプの接続

初歩的な質問?だと思いますがお教えいただけたら嬉しいです。

・プリアンプが2台あり、パワーアンプが1台の場合でプリからの出力を1台のパワーアンプの入力端子(バランス入力とアンバランス入力)へ同時に接続しても大丈夫でしょうか?音源の再生は同時には行わない事が前提ですが・・・間違って2台同時にパワーアンプへ出力してしまった場合はどんな動作になりますか?

・プリアンプからプリメインアンプへ接続する事は可能ですか?プリのREC出力からプリメインへ接続しても大丈夫ですか???

・各メーカーの商品を購入した場合に電源コードを変更したいと考えていますが、取り扱い説明書には変更しては駄目と記載されているのが大体ですが現実問題として変更をしても大丈夫なのでしょうか?また、音は変わるものなのでしょうか?


以上3点です。オーディオ初心者ですが宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

 回答 No.1の方と重複すると思いますが・・


 ・ 優先順位はあるかもしれませんが パワーアンプ側に「入力切替」が無い場合は 接続されないほうが良いでしょう。 取り説をご覧になるか 直接メーカーへ問い合わせをすると シッカリとした回答が得られるでしょう。

 ・ プリメインアンプに プリ・メインの分離機能が搭載されていれば可能ですが 搭載されてないのであれば無理ですね。 また昨今のように メインソースがCDである以上 プリメインを分離してまで プリを追加する価値は無いのではないでしょうか。 アナログレコードの時代であれば 高性能なフォノイコライザー搭載のプリアンプの価値はあったかもしれませんが・・・・・。  REC出力からの接続で何ら問題は発生しませんが 単なるセレクターとなるプリアンプでは可哀想・・。


 ・ 現実問題としては「大丈夫」です。 が 電源問題は奥が深いので 余り深みに填(はま)まらない様 注意しましょう (^ム^)     変化の度合いは 使用機器のグレードにより また ご自身の経験値により 大きかったり・小さかったり でしょう。   私の経験では 小手先の(電源コード交換)グレードアップより 専用回路の増設をされた方が 大きな変化に繋がります。 工事代金も数万円で済み 変化は劇的です。   



 ご参考になりましたか・・・・・・・・。 (^o^)丿


 

 回答 No.1の方と重複すると思いますが・・


 ・ 優先順位はあるかもしれませんが パワーアンプ側に「入力切替」が無い場合は 接続されないほうが良いでしょう。 取り説をご覧になるか 直接メーカーへ問い合わせをすると シッカリとした回答が得られるでしょう。

 ・ プリメインアンプに プリ・メインの分離機能が搭載されていれば可能ですが 搭載されてないのであれば無理ですね。 また昨今のように メインソースがCDである以上 プリメインを分離してまで プリを追加する価値は無...続きを読む

Q51オーム 15w 抵抗でのダミーロード

ジャンク基板で 51オーム15W の抵抗があるのですが、これで HF~144Mhz で10w無線機のアンテナダミーロード(50オーム用)を作ると使用可能でしょうか?。
誤差はどれくらいでしょうか?。

Aベストアンサー

その抵抗器の種類は何でしょうか?
15Wだと、5種類ぐらい考えられます。
1)ホーロー抵抗の場合(円筒、焼き物)
  無理です。巻き線抵抗の一種ですから、1MHzでも使えません
2)無誘導ホーロー抵抗の場合
  可能ですがHFが限界でしょう。144MHzではSWR=2ぐらいに
  なります。
  なお、この抵抗器がジャンク基板についていることは99%
  ありえません
3)金属皮膜抵抗の場合(円筒、金属に塗装)
  50MHzで1.5ぐらいでしょう。144MHzは3近くになるはずです。
4)セメント抵抗(直方体、焼き物にセメントが詰めてある)
  これは10MHzあたりが限界です。もっと低いかも
5)チップ型ソリッド抵抗の場合(放熱器の付いた豆粒)
  たぶん大丈夫です。ただしこの放熱器は更に放熱して
  やらないと連続使用には耐えません

Qパワーアンプをアンプ(増幅器)と呼ぶのは分かりますが、なぜプリアンプも

パワーアンプをアンプ(増幅器)と呼ぶのは分かりますが、なぜプリアンプもアンプと呼ぶのですか?音量の調節や入力ソースの切替が主な役割なのでアンプ(増幅器)と呼べないのでは?「セレクター」とか「コントロールセレクター」などと呼ぶほうが合っていると思うのですが…。

Aベストアンサー

プリアンプには、パワーアンプが所定の出力を出すために必要な、0.775ボルトまで増幅する信号増幅回路が内蔵され、音質補正の増幅回路が入っているからです、音楽ソースには、0.03mvのムーミングコイルピックアップカートリッジの微弱な信号では、そのままパワーアンプにつないでも音がかすかにしかスピーカから出ません、、そこでヘッドアンプで、増幅して、レコードソースは補正して記録されているので、それを元の音質に戻すためにさらにイコライザーアンプで補正して、メインアンプへ送ります、磁気テープ録音された音源は、カセットテープ、やミニ、ディスク、がありますがこれはプレイヤーにプリアンプが内蔵されているのでメインアンプを鳴らすだけの信号出力まで増幅しています、CDプレイヤーもレーザーピックアップで拾ったデジタル信号を、アナログ信号に変換する回路が内蔵されています、このような音楽ソースが多種、多用になると、メインアンプにつなげたとき、所定の性能が出るように補正したり、出力を制御したり、音源を切り替える、チャンネルセレクター機能、音源補正機能するにもある程度の信号まで増幅してから操作しないと、雑音を拾ってしまいますのでまずは扱いやすいレベルの信号に増幅するのでプリアンプと呼びます、チャンネルセレクターと呼ぶ商品には、切り替え機能しかなく増幅回路はありません、

プリアンプには、パワーアンプが所定の出力を出すために必要な、0.775ボルトまで増幅する信号増幅回路が内蔵され、音質補正の増幅回路が入っているからです、音楽ソースには、0.03mvのムーミングコイルピックアップカートリッジの微弱な信号では、そのままパワーアンプにつないでも音がかすかにしかスピーカから出ません、、そこでヘッドアンプで、増幅して、レコードソースは補正して記録されているので、それを元の音質に戻すためにさらにイコライザーアンプで補正して、メインアンプへ送ります、磁気テープ録...続きを読む

Qオーディオ・アンプの切り替えセレクター(ダミーロード付)の自作について

オーディオ・アンプの切り替えセレクター(ダミーロード付)の自作について。

私はエレキギターの配線をいじったりしているので半田ごての扱いは慣れているのですが、電気知識が全くありません。今回、3台のオーディオ・アンプ(ステレオ)を、ロータリースイッチを使って1台のスピーカーにつなぐセレクターを自作したいと考えています。真空管アンプ2台とトランジスタアンプ1台があります。真空管のアンプはスピーカー端子を外した状態だとオーバーロードするということを聞きましたので、たとえば、Aというアンプを選択しスピーカーで鳴らしたときに、BとCのアンプはそれぞれ16オームのダミーロードに接続される、という回路にしたいと思っています。自作にあたって、下記のことがわかりません。希望としてはリレーを使用するのではなく、あくまでも機械式のセレクターにしたいと思っています。

●この場合に回路はどのようになるのでしょうか?また、ロータリースイッチは何回路何接点ということになうでしょうか
●トランジスタ・アンプが1台あることから、ダミーロードの容量やスイッチの耐電圧耐電流も心配です。
●いちおう、ホットもコールドもそれぞれ切り替わるようにするつもりなのですが、この場合に内部の配線は端子直前までシールドケーブルにしておく必要がありますか?それとも、どこか1か所のコールドをシャシーにアースしておけばいいのでしょうか

わからないことが多くてすいません。質問が多岐にわたるため、個別のご回答でもかまいません。よろしくお願いいたします。

オーディオ・アンプの切り替えセレクター(ダミーロード付)の自作について。

私はエレキギターの配線をいじったりしているので半田ごての扱いは慣れているのですが、電気知識が全くありません。今回、3台のオーディオ・アンプ(ステレオ)を、ロータリースイッチを使って1台のスピーカーにつなぐセレクターを自作したいと考えています。真空管アンプ2台とトランジスタアンプ1台があります。真空管のアンプはスピーカー端子を外した状態だとオーバーロードするということを聞きましたので、たとえば、Aという...続きを読む

Aベストアンサー

さすがです。
US26ですか、有るんですね。
切り替えてこれからアンプで増幅する場合は、切り替えノイズの出にくいショーティングを使うのですが、
アンプ出力の切替ですから切換タイミングはノンショーティングが安全ですね。

最大電力500mAですので、8オームスピーカーで最大2Wの出力までの使用ができる計算です。
ま、最近の低能率AVスピーカーとかでなければ90ホーン程度の音量が出せるでしょう。
音を聞きながら何とか会話ができるくらいの音量になります。

配線を考えてみました。段数は4段必要です。
ダミー抵抗は両切りではなくアンプのマイナス側にぶら下げてます。

左チャンネル
(1)球AMP1の左+
(2)球AMP2の左+
(3)TrAMP3の左+
(6)左SPの左+
(7)球AMP1の左-
(8)球AMP2の左-
(9)TrAMP3の左-
(12)左SPの左-

右チャンネル
(1)球AMP1の右+
(2)球AMP2の右+
(3)TrAMP3の右+
(6)右SPの右+
(7)球AMP1の右-
(8)球AMP2の右-
(9)TrAMP3の右-
(12)右SPの右-

左ダミー抵抗
(2)球AMP1の左+
(3)球AMP1の左+
(6)ダミー抵抗を経由して球AMP1の左-
(7)球AMP2の左+
(9)球AMP2の左+
(12)ダミー抵抗を経由して球AMP2の左-

右ダミー抵抗
(2)球AMP1の右+
(3)球AMP1の右+
(6)ダミー抵抗を経由して球AMP1の右-
(7)球AMP2の右+
(9)球AMP2の右+
(12)ダミー抵抗を経由して球AMP2の右-

画像添付しましたが、ここのシステムでは鮮明には表示されないと思います。
考えたつもりだけど配線間違ってたらごめんなさい。

さすがです。
US26ですか、有るんですね。
切り替えてこれからアンプで増幅する場合は、切り替えノイズの出にくいショーティングを使うのですが、
アンプ出力の切替ですから切換タイミングはノンショーティングが安全ですね。

最大電力500mAですので、8オームスピーカーで最大2Wの出力までの使用ができる計算です。
ま、最近の低能率AVスピーカーとかでなければ90ホーン程度の音量が出せるでしょう。
音を聞きながら何とか会話ができるくらいの音量になります。

配線を考えてみました。段数は4段必要です...続きを読む

QCD,MD,MP3プレーヤー,CD-Rとは?

こんにちは。
実は来月あたり初めて家で自由に音楽を聴くためコンポなどの機械を買おうと思っています。
今まではTVなどしか音楽を聞いていませんでした。
しかし、1年程前まではまったくと言ってもいいほど音楽の興味のなかった私なので音楽を取り入れる?と言うのでしょうか・・・そういったMP3などの機械のことがよく分かっていません。
今の時代どういったことをすればいいのでしょうか?
CDやMDのことは大体分かってきたのですが、MP3やCD-Rのことはまだ無知です。
それぞれの違いを教えてくれないでしょうか?
また、メリット・デメリットも教えてくれたら幸いです。

Aベストアンサー

CDは説明の必要はないですね? 現在最も一般的な、音楽を販売する為の媒体です。これは、売っている物を買ってきて聴くだけで、自分でCDを作ることはできません。

MDは、このCDの便利さを生かしながら録音をできるようにしたものです。「圧縮」という技術を使って、ディスクのサイズもだいぶ小さくなっています。が、基本的に一枚のディスクにCD1枚分を録音します。1枚にCD4枚分録音出来る機能も一応ありますが、音が悪くなるためお薦め出来ません。ディスクをたくさん買えば何時間でも録音出来ますが、多すぎるとディスクの管理が面倒になりますし、持ち運びや収納も大変になります。一度録音したMDでも、いらなくなれば内容を消して別の曲を録音することができます。

MP3は、元々はパソコンで音楽をきくために作られた形式です。これが、技術が進んで携帯用の音楽プレーヤーにも利用出来るようになったため、現在爆発的にヒットしています。これは、MP3プレーヤーなどと呼ばれる専用の携帯プレーヤーに、パソコンを使ってCDから録音して音楽をききます。何時間録音出来るかは機種ごとに決まっており、あとから増やすのは難しいです(増やしたり、中身を交換出来るものも一部あります)。が、現在では大きいものだと4000曲も入るものなどがあります。ただし、音質はCDに比べて劣りますので、家で音楽を聴くために買う人はあまりいません。あくまで携帯用のものです。これも、いらなくなった曲を消して別の曲を録音することができます。

CD-Rとは、CDを家庭でも録音出来るようにしたものです。なので、一度録音をしてしまえば、あとはCDと全く同じに使えます。音質もCDと全く同じです。ただし、録音ができるCDプレーヤー(CD-Rレコーダー)を使わなければなりません。普通のプレーヤーはCDの再生しか出来ませんので。また、一度録音したら、消すことはできません。

いまのコンポは、CDとMDは付いているのが普通だと思います。その上で、少しお金を足すとMP3プレーヤー機能が付いていたり、録音できるCDプレーヤー(CD-Rレコーダー)だったりするという感じです。

MP3プレーヤーは家で聴く用に買う物ではありませんし、プレーヤー自体は何も入らずにカラで売っていますので、CDを持っていないと何も聞けません。インターネット上で音楽を買うこともできますが、まだ一般的ではありません。

とりあえずは、CDとMDが聞けるコンポを買えば、CDを買ってきて聴くことができますし、「何枚かあるCDの中から気に入った曲だけ纏める」という使い方もMDでできます。普通はそれで十分だと思います。それで物足りなければ、追加でCD-Rレコーダーを買えば良いんじゃないでしょうか?

CDは説明の必要はないですね? 現在最も一般的な、音楽を販売する為の媒体です。これは、売っている物を買ってきて聴くだけで、自分でCDを作ることはできません。

MDは、このCDの便利さを生かしながら録音をできるようにしたものです。「圧縮」という技術を使って、ディスクのサイズもだいぶ小さくなっています。が、基本的に一枚のディスクにCD1枚分を録音します。1枚にCD4枚分録音出来る機能も一応ありますが、音が悪くなるためお薦め出来ません。ディスクをたくさん買えば何時間でも録音出来ますが、多すぎ...続きを読む

Qアンプのプリアンプアウトで録音するときにキャビネットをつながなくてもいいのでしょうか?

PEAVEY XXLを使っています。
リアパネルにプリアンプアウトが搭載されているのですが
このアンプで宅録したいときに、プリアンプアウトを使って録音するならキャビネットをつながなくても大丈夫なのでしょうか?
回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 No.1です。

 マスターボリュームゼロということなのですが、その場合は、プリアンプアウトの出力もゼロになってしまうのではないでしょうか。(XXLのプリアンプアウトは、マスターボリュームと分離していて、常に一定レベルの出力が出るのでしょうか?)

 一般のアンプヘッドの場合は、常にパワーアンプも動作してしまうので、(スピーカー)キャビネット、あるいはダミーロードを接続しておかないと、パワーアンプの出力段が過電流にて故障を起こすことになるわけですが、ダミーロードの代用としては、アンプヘッド用のアッテネーターが使用可能です。

 多少値段は高いですが、サウンドハウスさんもKOCHのもの等を取り扱っておりますので、再度問い合わせていただいても良いかと思います。(ヘッドのスピーカーアウトのインピーダンス値に合ったものを選ぶことになります。)

Qプリアンプ、パワーアンプの接続

現在「CD→プリメインアンプ→BOSE101MM」にてBGM再生しています。
BOSEのパワーアンプ(1706II)を購入予定ですがネックとなるのが音量をリモコンで調整出来ないことです。現在のプリメインにはリモコンが使用出来るので、プリアンプとして使用出来ないかと思います。

もし可能であれば接続方法をご教授ください。

BOSEのパワーアンプにはRCAの入力3口と出力1口があります。
プリメインアンプはSONY TA-F555ESG という古いものですが一通りの端子はあります。

また直結と比べての音質低下がある、現在のアンプのままの方がいい、等のアドバイスもありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

A.No.3の追加です。
A.No.3の方法ですと音量調整がリモコンで効きません。
リモコンをお使いになるならばHeadphoneからBOSEのパワーアンプ1706IIの(LINE)AUX(入力150mV)にRCAピンケーブル~Headphone端子のケーブルで接続して入力セレクターをAUXに切り替えて視聴してみて下さい。
なお、音質劣化はSONY TA-F555ESGの(名前は忘れましたが)トーンコントロールをバイバスさせるスイッチをいれれば問題はないと思います。

Qプリアンプについて

プリアンプってコンボタイプやスタックアンプに繋いで使用するものなのでしょうか?例えばMarshallのプリアンプJMP-1等。
又、プリアンプだけのものを使うメリットを教えて下さい。

Aベストアンサー

また失礼します。補足読みました。

プリアンプについては、基本的にはパワーアンプにつなぎ、そこからスピーカーキャビネットに出力する形になるのが普通です。JMP-1の場合はラック型のパワーアンプにつなぎ、そこから出力系統に流すのが基本スタイルになると思います。プリアンプをエフェクターと同様にインプットにつなぎ、ギターアンプのプリアンプも通す場合、プリアンプをつなぐメリットをスポイルしてしまう可能性も考えられます。
ただし、もし使用したいアンプにセンドリターンがない場合は、アンプ側のプリアンプが作る音が極力癖のないフラットな状態(トーンコントロールをすべて同じ値にセットするなど)にした上で、インプットに自前のプリアンプをつなぐというのも一つの策になります。

音質の面については、プリアンプで基本の音質を整え、パワーアンプやスピーカーキャビネットの癖を受けて最終的な音になるという形になります。アンプ周りに関しては、プリアンプも大きな影響を持ちますが、パワーアンプ・スピーカーキャビネットのいずれもやはり同じく大きな影響をもたらすといえるでしょう。しかし、プリアンプが共通という条件下で、特に出力部の構成が似たアンプ同士であれば、よほど出力部に癖のあるメーカーでない限り、大体似たような音になるとは思います。
コンボアンプのリターン端子にプリアンプを接続した場合、プリアンプの段階ではコンボアンプの影響を排除することができますが、パワーアンプとスピーカーの癖については使用するコンボアンプの癖がそのままのることになるでしょう。そこは、つなぐアンプごとに癖が違ってくるという面は出てくると思います。ただし、そうした場合でも、プリアンプが共通していることで、プリアンプの段階でいつもと同じ操作感覚で調整ができるため、音をまとめる上での操作などは格段にやりやすいと思います。もし、プリアンプを使わずにギターアンプをそのまま利用し、プリアンプの操作系もアンプごとに違う場合は、それぞれのアンプのプリアンプの性格も含めて操作の基準の見えないところで同じ音が得られるように調整をしなければならなくなりますが、プリアンプだけでも共通していれば、プリアンプの操作の仕方に馴染んでいる分その音の調整にも取り掛かりやすいでしょう。プリアンプに自前の機材を使う場合、使うパワーアンプやスピーカーの癖に左右される可能性は残るにしても、そういう面でのメリットはあると思います。

また失礼します。補足読みました。

プリアンプについては、基本的にはパワーアンプにつなぎ、そこからスピーカーキャビネットに出力する形になるのが普通です。JMP-1の場合はラック型のパワーアンプにつなぎ、そこから出力系統に流すのが基本スタイルになると思います。プリアンプをエフェクターと同様にインプットにつなぎ、ギターアンプのプリアンプも通す場合、プリアンプをつなぐメリットをスポイルしてしまう可能性も考えられます。
ただし、もし使用したいアンプにセンドリターンがない場合は、アンプ側...続きを読む

QDENONアンプの「P.DIRECT パワーアンプ・ダイレクト・ボタン

DENONアンプの「P.DIRECT パワーアンプ・ダイレクト・ボタン」とは?

PMA-2000AE取り扱い説明書
http://denon.jp/ownersmanual/pdf/pma2000ae.pdf


説明書の機器の接続図ではP.DIRECT out端子から
AVアンプに接続していますが、
これはどうなっているのですか?
なぜAVアンプが接続例として書かれているのでしょうか?
再生プレーヤーからAVアンプに直接接続するのとはどう違いが出るのでしょうか?
denonのP.DIRECTからAVアンプに接続して、音質にメリットがあるのでしょうか?

marantz PM8001
http://www.marantz.jp/arch/dfu/PM8001.pdf

自宅にこのアンプも所有しているのですが、
P.DIRECTを使用して両アンプを組み合わせて
各機器をセパレート・アンプとして使用できるのでしょうか?
(※出来る場合は接続方法も宜しければ教えて下さい。)

また、その場合音質にメリットはありますか?
音質向上はあまり期待出来ないのでしょうか?

DENONアンプの「P.DIRECT パワーアンプ・ダイレクト・ボタン」とは?

PMA-2000AE取り扱い説明書
http://denon.jp/ownersmanual/pdf/pma2000ae.pdf


説明書の機器の接続図ではP.DIRECT out端子から
AVアンプに接続していますが、
これはどうなっているのですか?
なぜAVアンプが接続例として書かれているのでしょうか?
再生プレーヤーからAVアンプに直接接続するのとはどう違いが出るのでしょうか?
denonのP.DIRECTからAVアンプに接続して、音質にメリットがあるのでしょうか?

marantz PM8001
http://www...続きを読む

Aベストアンサー

P.DIRECT端子は出力端子ではなく入力端子です(”P.DIRECT out端子”というのは間違い)

AVアンプには5.1chアンプまでを内蔵し、7.1ch化する場合には別途パワーアンプを必要とする機種があります。
AVアンプのPRE OUTからサラウンドバックの音声信号だけが出力されるので、それを別のアンプ(パワーアンプ)で受けて増幅しなければいけません。
P.DIRECT端子は、その際に使用する入力端子です。

PM8001もPRE OUT端子を備えていますね。
よってPM8001をプリアンプ、PMA-2000AEをパワーアンプとして使い分けることが出来ます。
両者共に同程度のパワーなので、音質的に有利になるかどうかは解りません。

ケーブル一本で接続出来るので、試されてみれば良いです。
セパレートアンプで聞いているという満足感は得られるかもしれません^^


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング