いま入っている住友生命の保険をやめて、共済にしようと思っています。掛け金が結構負担になってきたので。ところで、今まで手厚い保険だったのが、共済になるとちょっと不安な部分もあるのですが、例えば保障の年齢が60歳まで(もしくは65歳まで)となっているんですよね。それ以上長生きした場合、なにか引き続きはいれるようないい保険はあるのでしょうか?それとも80歳くらいまで生きることを考えれば、今の民間の保険に入っていた方が安心なのでしょうか?すみません、共済について教えて下さい。

A 回答 (3件)

JA共済はどうでしょうか?


生保とほぼ同じ特約があります。
主力は全期型で売っています。

参考URL:http://www.ja-kyosai.or.jp/ja-kyosai/
    • good
    • 0

>例えば保障の年齢が60歳まで(もしくは65歳まで)となっているんですよね。

それ以上長生きした場合、なにか引き続きはいれるようないい保険はあるのでしょうか?

掛け金は高くなりますが、以下のような保険があります。他社でも出しています。
http://www.alico.co.jp/syohin/syohin/syusin04.htm

共済でもこういうのがありますよ
http://www.tomin-kyosai.or.jp/htm/syohin/jyukune …
http://www.tomin-kyosai.or.jp/htm/syohin/jyukune …
http://www.tomin-kyosai.or.jp/htm/syohin/jyukune …

>それとも80歳くらいまで生きることを考えれば、今の民間の保険に入っていた方が安心なのでしょうか?

これは私も考えたことがあります。その結果、以下の理由から65歳以降の保証を考える必要はないとの結論になりました。
1.私は30歳台ですが、現時点の65歳以降の保険支払率と約30年後の同保険支払率を比較すると、医療の進歩で大幅に下落している可能性があります。このことから今入るよりも先で入った方がその分安いのではないかと予測しています
2.私と同世代が60歳代になるころには日本は高齢化が進んでおり、保険ビジネスとして60歳代の取込を行う必要に迫られ、今よりはサービスが良くなると予測しています(共済の加入年齢条件の緩和の可能性は考えられませんか?)
3.60歳まで生きられ無かった場合は明らかに損
4.歳を取って病気になることよりも、収入が無くなってから生活する不安の方が強いので65歳以降の生活費を貯蓄していくことを先に考えるべきではないかと思っています。つまり、保険よりも貯蓄の方が優先度合いが高いと思っているということです

以上は私の単なる思い込みかもしれませんが、満更的外れでもないと思います。

>共済について教えて下さい。

http://www.tomin-kyosai.or.jp/
生命保険共済や生命共済特約の欄をごらんください

http://www.tomin-kyosai.or.jp/htm/faq/faq_seimei …
主な質問と回答です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。共済に入る決心がつきました。やっぱり自分で将来の生計をたてれること。それが鍵になるような気がしました。

お礼日時:2002/02/21 19:57

共済保険の説明ではないのですが・・・・保険になぜ入りたいのかということをまず考えた方が良いのではないでしょうか。

どのような家族構成なのか、既婚、こどもがいるかなどによってかなり違うのでは?また、60とか65とかになったときに、高額のシボウ保障が必要かということもポイントですよね。その時点では疾病や事故等への対応でよいと考えるのであれば、若いうちに医療保険にひとつ入っておいて、あとは共済でまかなうというのもいいと思います。共済にも60過ぎても入れるのもあるんでいろいろ取り寄せてみてください。ちなみに私は、夫と自分のシボウ保障の最低限について、ある民間の保険にはいっています。それに加えて子供への金銭的責任がなくなるまでと思ってシボウ保障1000万ほど追加になるように共済に入っています。生協の「たすけあい」などもお勧めです。年齢で保険料が違わないので、年齢で保険料が高くなって・・・・という世代にはお勧めです。共済だと5年とか10年単位で組み合わせて行くと結構自由設計みたいな保険ができると思います。共済についてという質問には的外れだったかもしれませんが・・・・がんばって見直してみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ