はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

特定労働者派遣について質問です。
会社(株式会社またはLLC)の社長が、よその会社に自分自身を
派遣(派遣契約で)するということは、可能なのでしょうか?

A 回答 (3件)

#2です。



>社長は雇用関係ではなく委任関係だと思うのですが、
>その辺はあまり関係ないですかね。
株式会社であれば、一応そうなりますね。

で、最初の説明での記述に少々間違いがありました。

私が労働局で受けた説明では、”一般”と”特定”の違いで、
常時会社に在籍している人を派遣する場合が”特定”にあたると言う事でした。

「雇用」ではなく、「在籍」という事でした。

また、その時の担当者と雑談程度でしたが、
自分(会社社長)が派遣元責任者となり、かつ派遣される状況を話したところ、
特に問題視される様子はありませんでした。
#担当者は質問されて回答したという認識は無かったかもしれませんが・・・

もう一回、労働局のHPなど見直してみましたが、
やはり、社長が派遣されてはいけないとは、何処にも書かれていませんでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。在籍であれば、問題ないですね!
ご経験のうえのお話、たいへん参考になりました。

お礼日時:2006/06/19 08:38

一応、会社経営者です。



うちは特定労働者派遣事業の届出をしていないのですが、
手続きをする直前まで調べました。
#たまたま必要がなくなったので止めました

回答としましては、「問題なし」です。

”特定”労働者派遣事業は、常時雇用している社員を派遣する為のもので、
派遣される人がその会社の社員であれば問題ありません。

ちなみに、うちは合資会社ですが、金額が折り合うのであれば、自分自身を派遣します。

届出時に問われるのは・・・
・法人として問題は無いか
・社会保険、雇用保険が整備されているか
・管理者がいるか(派遣者=管理者でもOK)
といったところです。

蛇足ですが・・・
全ての書類が揃っていれば、即日資格が得られます。
#揃える物がたくさんあって大変ですが・・・

がんばってください!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もし難しい場合には、派遣でない形や別の方法を考えていましたが、でき
そうだということですので、前向きに検討させていただきたいと思います。
社長は雇用関係ではなく委任関係だと思うのですが、その辺はあまり関係
ないですかね。

お礼日時:2006/06/17 00:08

興味のある素人です。


派遣法では、派遣の仕方ばかりで、その会社の経営者を派遣して良いかどうかは書いてないようです(弁護士先生の回答欲しいところですが)。ですので、基本的には出来そうです。ただし、派遣元がちゃんとしているかどうかという観点から、経営者が派遣先に行ってしまうのはどうかという議論がありますので、その点をクリアーに出来ればよいと思います。
実は当社でも事案によっては、自分を派遣すべき場合もありますので(弊社は派遣が主目的の会社ではありませんが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
基本的にはできそうなのですね。。。

お礼日時:2006/06/17 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代表取締役なのに派遣の仕事

自分は、兄の経営する会社の、代表取締役になっております。
登記上、兄と、二人代表になっており、自分は名前登録のみですが、
派遣の仕事をスタートするのは可能ですか?
役員報酬などの賃金は発生していなく、また、雇用保険などなにもないのですが。
すぐに名前を抜いてもらわなくてはいけないでしょうか?
すぐにでも法務局で手続きするべきでしょうか?

月曜から派遣の仕事なのですが、土日しか休みがなく、法務局に行く時間がないのです。
確か、結構時間が掛かりましたよね?役員の変更。

教えてください。

Aベストアンサー

派遣会社の取締役(社長や専務など)でなければ問題なかったと思いますよ。
派遣会社の社長はその会社の派遣要員になれなかったはずです。
派遣要員は派遣元で雇用されてなければなりません。

派遣のお仕事はお兄さんの会社とは別の会社の契約社員か何かで行くのですよね。
であれば、問題ないですね。

派遣社員の正社員となってる場合は会社に確認した方がいいですね。
ただし、会社に申告の義務が必要だったりするところもあります。

公務員の場合は確かNGですね。

Q個人事業主のかたを派遣するのは大丈夫ですか?

弊社が派遣元で御座います。個人事業主契約をさせて頂いたかたを、派遣先様へ派遣することは、問題有りませんでしょうか?

Aベストアンサー

>個人事業主契約をさせて頂いたかた
この個人事業主契約とは、なんでしょうか?個人事業主の方とその方が被派遣者になることを契約したと言うことでしょうか。

派遣には、特定派遣と一般派遣とがありますね。以下こんなことを、派遣業者に説明するのは、釈迦に説法ですが、無礼は承知です。
派遣される人が、無職であろうと、主婦であろうと、個人で何か仕事をしていようが、関係はありません。派遣元に雇用されているかどうかです。
大体、労働者派遣とは、派遣元に雇用されている労働者を、派遣先との派遣契約に基づいて、その派遣先で労務を提供させることですね。従って
>その仕事に従事させるためには、派遣社員としてうちが雇用するしか方法は無いのでしょうか?
この回答は、そうです。そうでなければ、違法です。貴社の派遣業の登録は抹消されます。しかし失礼ながら、おたくは、ちゃんと派遣先として事業をすための法的手続きをやっているのでしょうか、疑問を感じます。

Q代表取締役が契約社員や派遣社員として働くことは合法ですか?

現在、株式会社で代表取締役を勤めております。
といっても、代表取締役1名のみの零細企業です。
株主は3名(私+私以外の2名)で、取締役会は設置しておりません。

IT系の請負開発等を行っておりましたが、今年に入ってから受注が激減し、3月以降の役員報酬が未払いになっている状況です。
今まで営業活動を行ってきましたが、直近で売上が立つ見込みがないため、派遣会社等に登録して契約社員や派遣社員として外部の会社に勤務して、生活費や運営資金に充てたいと考えています。

上記のように、代表取締役をやりつつ、外部の会社に契約社員や派遣社員、アルバイトとして勤務する事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

契約社員や派遣社員として働く外部の会社の社員規約に「副業を禁止する」とあれば、他の業務は行えません。

その場合、他の業務は行えないので「代表取締役になっている会社が休眠状態になっている必要がある」でしょう(取締役としての業務を何もしなくて良い状態になっている必要がある)

勤め先に副業禁止の規定が無ければ、何をしても自由でしょう。

Q代表取締役は他の会社の従業員になれますか?

近日中に起業を予定しているものです。
固定収入の見込みが立っており、毎日2時間程度仕事するだけで済むのですが、個人事業よりも法人化したほうが節税になるので会社を立ち上げようとしています。

一方で本業として企業に就職を考えております。
現在失業中で再来月に採用が内定したのですが、下記問題があるか心配です。
・法的に就職できないのでは?(普通の取締役であれば大丈夫だそうですが代表取締役は?)
・就職先で雇用保険の被保険者になれるのか?
・社会保険はどうなるのか?(就職先から天引きされるはずですが、自分の会社で報酬があった場合はどうなるのか?)
ご存知の方どうぞお教え下さい。

Aベストアンサー

1.他社に勤務することは、法的には問題ありません。
ただし、その就職先の会社が副業を認めない場合は、就業規則違反となります。

2.雇用保険は、通常は二つ以上の会社に勤務していても、主に生計の主となっているほうでしか加入できないことになっています。

3.どちらの会社も正社員として、社会保険に加入する場合は「2以上選択」という届けを、主となる会社から社会保険事務所に提出することになります。
それによって、社会保険事務所でトータルの保険料を計算した上で、会社毎に振り分けられ、その金額を各会社の給料から控除されることになります。
ご自分の会社が社会保険の適用事業所でなければ、就職先でのみ加入します。
詳細は、社会保険事務所にお聞きください。

Q代表取締役は別会社に出向できますか。

株式会社Aの代表取締役が別の株式会社Bの技術顧問として出向することを、A社とB社の間で出向契約書を締結することで法的に可能でしょうか。

Aベストアンサー

>経営者は別会社へは出向できない等、法律では定められていないものなのかどうかが知りたいのですが

 だから、それを出向と呼ばないと言っているのですが?
 あなたが言われる出向の定義は何ですか? 
 出向契約で何を決めたいのですか?
 まず、経営者はその会社の社員では有りません。ですから、出向にならないと思います。
 経営者が他の会社の技術顧問になる場合、個人としてなるのか会社Aの人間としてなるのかはどこにお金が入るかの違いです。会社Aとして決めればよいでしょう。
 また、他のBの会社の技術顧問になっても、Aの社長(代表)はやめられません。(やめれば社長ではなくなります)

 ただ、役員(経営者)が他の会社に属する場合、利害関係などの制約はあります。

 
 

Q人材派遣会社ってなんでもうかるの?

友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこの世の中では人材派遣会社がこんなにふえたのでしょうか?理解ができません。
求人をうって募集を募り採用した方が人材を選択できるでしょうしコスト面(人件費)では安くできるのではないでしょうか?
いちいち求人広告→面接→採用→不採用通知→研修という流れをしたくないという会社なら理解できるんですけどね・・・

人材派遣で働いたことのある方や人材派遣の会社を経営しているもしくは経営側の関係者の皆様のお声をお聞きしたいと思います。

変な質問かとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。
しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応援手当て、応援に行った先での宿泊施設の支払いなど余分な経費が発生します。
そこでそれまでは設計などでしか認めていなかった、派遣という方法を生産現場に導入してしまったのです。
正社員は必要最低限にして、不足した分は派遣で賄う、過剰になったら断ればよい。
正社員では簡単に首にはできません、しかし派遣なら派遣会社に断ればそれでOKです。
これで味をしめた大企業はリストラと称して正社員を首にし、派遣会社を別会社で設立し正社員をそのまま派遣会社に移動させているのです。
若い人は派遣会社の「自由に働き先を選択できる」などの派手な宣伝文句と、簡単に正社員になれないという状況の中で派遣会社を選択しているという状況です。
    
しかし、今までは労働者が余剰でしたから成り立っていたのです、今後団塊の世代が退職し労働者が不足してくると労働者の奪い合いになります。
今までは派遣会社に頼んでいた企業も、派遣会社では埒が明かなくなると正社員として雇うようになります、そうなると派遣会社は人員不足となり、成り立たなくなってくると私は思います。
人材派遣はどこまでも労働人員過剰の時代に咲いた仇花だと思うのは私だけでしょうか?

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。
しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応...続きを読む

Q業務請負会社の設立

業務請負の事業をしたいと思っているのですが、申請とか許可みたいなものはあるのでしょうか?また、個人事業主としてか法人としての方がいいのか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

横から割って申し訳ないです、何かの参考になればと思います。

>ちなみに請け負う仕事は短期軽作業請負です。(倉庫、引越、搬入、イベント等で>す。)この場合は申請とかどうなるんでしょうか?お時間がございましたら教えて>ください。

手っ取り早く仕事をしたいのであれば、特に申請は問題無い筈です。但し、倉庫内のリフト運転や、引越しドライバーなどの絡みは解りません。

一般的に、派遣会社が認可を取る前には、業務請負としてクライアントなどから
上記の様な仕事を受けていますよね。

また、認可後、業務請負の会社を下請けとして使う場合がありますので、営業
してみては如何でしょうか?

但し、タマ(頭数:エントリースタッフ)を集めるのには、苦労すると思います。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q派遣元への派遣料金の支払について

 当社は派遣先企業です。派遣社員1名を受け入れているのですが、前から疑問に思っていた派遣元への支払について質問させてください。

 派遣元からの請求明細をみますと、基本給・時間外・休日出勤・深夜労働に対する金額が記載されています。基本給は最初に取り決めした派遣料金2,000円×実労働時間。これは問題ないのですが、時間外の料金と休日出勤の料金がおかしいように思います。

 派遣契約書では
<休日・労働時間>
 派遣先のカレンダーによる
<派遣料金>
 単価2,000円
 1日8時間、1週40時間を超えたら時間外割増25%
 日曜出勤(法定休日)35%

と記載されています。当然同じ時間、同じ休日で働いてもらっています。
 まず時間外ですが、当社の社員は所定労働時間7.5hで変形労働時間制で労働しています。時間外の支払は7.5hを超えた時に支払っています。なぜか請求も同じように7.5h超えた時間を時間外労働として請求が来ています。

 次に休日ですが、当社は変形労働時間制ですので、週の所定労働時間が45h(週6日勤務)の週が多々有ります。週40時間を超えていますが、変形労働時間制なので当社の社員は割増は無しです。派遣元からの請求も同じでした。契約書では週40時間を超えた5時間を割増で請求するとうたっていたのに…

 もうひとつ休日についてですが、週の所定労働時間が7.5h(週1日勤務)という週も時々あります。社員には休日出勤の場合は全て25%増しで支払っています。(日曜のみ35%)法律上40hまでは割増無くてもいいのですが、計算が面倒なので全部割増しています。
 派遣社員が1日休日出勤したのですが、請求書はその日について25%割増です。週15時間労働<40時間なのになぜ割増?

 みなさんの会社ではどのように請求が来てお支払していますか?教えてください。

 当社は派遣先企業です。派遣社員1名を受け入れているのですが、前から疑問に思っていた派遣元への支払について質問させてください。

 派遣元からの請求明細をみますと、基本給・時間外・休日出勤・深夜労働に対する金額が記載されています。基本給は最初に取り決めした派遣料金2,000円×実労働時間。これは問題ないのですが、時間外の料金と休日出勤の料金がおかしいように思います。

 派遣契約書では
<休日・労働時間>
 派遣先のカレンダーによる
<派遣料金>
 単価2,000円
 1日8時間、1週40...続きを読む

Aベストアンサー

役員 兼 派遣元責任者をしています。
基本契約・個別契約・条件通知などすべてを確認していますか?
基本契約と一部異なる個別契約などを行っている場合もあります。

派遣元・派遣先ともに台帳管理していると思いますが、台帳の管理上の問題もあるかもしれません。

派遣元責任者・派遣先責任者同士での契約内容のすり併せを行う必要があると思います。

私の会社(派遣元)が発行した請求書で誤りがあれば派遣先から言われることもあります。

お互いの36協定の確認が必要あるかもしれません。基本的な残業も36協定が無いままですと、それだけで違法・違反になります。

Q会社員が個人事業主の開業をすると問題がありますでしょうか。

会社員として仕事をしながら、個人事業主の開業届出を提出した場合、何か問題が発生しますでしょうか。

たとえば、税金の支払いが増えて税制上不利。
会社にはすぐにばれてしまう。 など

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サラリーマン兼業大家です
人事担当です

>会社にはすぐにばれてしまう

すぐかどうかは知りませんがばれる可能性は有ります

住民税の金額が大きく変化すれば問い合わせてくるでしょう

普通徴収に変えると変えただけで「何かしている」と疑うでしょう

うちの会社では私がチェックしています...(笑)。

副業の目的以外に住民税を普通徴収に変える場合って何が有るでしょうか...。

>税金の支払いが増えて税制上不利。

通常は有利です
給与所得と合算して所得税を計算してくれます

きちんと会社には話しをされておかないと法的には問題が有りませんがトラブルの元でしょうね

万一知られたときに会社と五分に渡り合える自信があるなら内緒でも構いません

私の会社も...「就業規則では」...副業は禁止と書かれています

書かれたことが全て有効かどうか...これは別問題です


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング