1980年代前半の日本を舞台にした青春マンガを教えてください。

少年、青年、少女マンガなんでもいいです。
ただできましたら入手しやすいものをご推薦いただけますとありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

岡崎京子さんの『東京ガールズブラボー』(上・下巻)


はどうでしょう。
たしか80年代の高校生たちが主人公で、当時のはやった
サブカルチャーの音楽とか本とかいろいろ
出てきていました。

宝島社から出ています。(各950円)
大きな書店ならおいているのではないでしょうか。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~aq4j-hsn/okazaki/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

是非読んでみます。

お礼日時:2002/02/22 11:13

80年代カルチャーが感じられる作品…


ということであれば、

・「あいつとララバイ」楠みちはる/講談社
 横浜を舞台にしたバイク青春ラブコメものです。
 ディスコのシーンとかクサイセリフがいかにも80年代ぽくて
 泣けます~!
・「タッチ」あだち充/小学館
 とにかく大人気でしたね(^^;)

あと「愛してナイト」とか「ハイティーンブギ」とかも
それっぽいカンジですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
読んでみます。

お礼日時:2002/02/22 02:10

「翔んだカップル」柳沢きみお


をお勧めします。
先日、NHK衛星放送で映画版をやっていましたね。

「続・翔んだカップル」、「新・翔んだカップル」と続き、今でも「翔んだカップル21」として新たなストーリーが続いているようですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみます。

お礼日時:2002/02/21 11:30

こんばんは!



真っ先に思いついたのは『生徒諸君!』です。
庄司陽子作・講談社漫画文庫より全12巻発売されています。(講談社コミックスフレンドでは全24巻+外伝)
1970年代後半~1980年半ば、男女6人の中学~大学・就職迄の友情・愛情を描いた大作です。
今読むとちょっとクサイ部分もあるかも知れませんが…泣けます。
昔、小泉今日子主演で映画化もされました。
新本を入手するなら文庫になると思いますが、コミック版ならマンガ喫茶や古本屋で扱っていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみます。

お礼日時:2002/02/21 11:30

あだち充の


「陽当たり良好」
「みゆき」も青春物です。
復刻版(文庫本)があると思われます。
「オレンジロード」とか
「かぼちゃワイン」とか
「ときめきトゥナイト」(日本?魔界もあり)とか
「コウタローまかりとおる」(長すぎ?)など
いっぱいありすぎて困ってしまいますが、1980年代前半の日本というのは、ほのぼのした時代のものという理由なのでしょうか?
そう思って挙げてみましたが、よろしかったでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみます。

別にほのぼのした時代というわけでなく、あの時代のカルチャーが感じられる作品
が読みたいと思っています。

お礼日時:2002/02/21 11:29

高橋留美子の「めぞん一刻」ですね。


1980~1987までを描いた青春漫画です。
とても人気のある作品なので、入手し易いと思います。
単行・ワイド・文庫サイズが出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみます。

お礼日時:2002/02/20 12:18

高橋留美子先生の「うる星やつら」と「めぞん一刻」(両方とも小学館)がお勧めです。


両作品とも当時、大ヒットした作品です。
古本屋でも楽に入手できると思うので見てみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみます。

お礼日時:2002/02/20 12:18

80~90年代の端境期ですが、窪之内英策さんの「ツルモク独身寮」などいかがでしょう。

古本屋でも売ってますし、現在は小学館から文庫版、ワイド版が出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
読んでみます。

お礼日時:2002/02/20 12:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q80年代の曲でオススメは??

よく、洋楽は80年代のころが良いと聞きます。自分も聞いていて良い曲は結構80年代が多いなあと思います。そこで、他にも80年代の曲を聞いてみたいと思いました。そこで、なにか80年代のオススメの曲はありませんか??よろしくお願いします

Aベストアンサー

私も
>'80年代の音楽は中身がない
派で御座います。

#10がIQ低めで攻めているので
私はあえてIQ高め?に挑戦してみます。
■トーキング・ヘッズ「リメイン・イン・ライト」
■ピーター・ガブリエル「4」
ともに1980年のアルバムだったと思います。
アフロビートを取り入れた最初のロックアルバムとして
誉れ高い2枚ですね。
80年代は、一方でMTVの時代であった訳ですが
もう一方でリズムが多様化した時代であったと思います。

IQ高めだと私には無理があるので
あとは、個人的に80年代にドップリ浸かっていた
U2とXTCを挙げておきます。
■U2「WAR」
■XTC「ENGLISH SETTLEMENT」

蛇足ですが
下の回答では、70年代の曲がたくさん交じってないかい?
よって、どうせ遡るなら70年代から
いや、せっかくならビートルズまで戻るのはどうでしょう?

Q少女マンガ【青春・恋愛】でのおススメマンガ

最近マンガにハマりだしてしまいました。
今好きなのは、『僕等がいた』なのですが、全巻読み終えてしまい、
また新しい同じ系統のマンガを読みたいなと思っています。
『僕等がいた』に似た系統でいいマンガを教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
僕等がいたを知らないのに書き込みしてすみません。
あらすじを少し読んだ感じだけですが、以下が近いかな?と感じたので書き込みます。

●桃森ミヨシさん/ハツカレ/6巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847704-9&mode=1

●椎名軽穂さん/CRAZY FOR YOU/5巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847708-1&mode=1

●池山田剛/GET LOVE/全7巻/フラワー
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091383424

●池山田剛/萌えカレ/2巻 続/フラワー
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091383491

あたりはいかがでしょうか?
絵柄が可愛いですよ。
話も私は好きなんですが・・・。

はじめまして。
僕等がいたを知らないのに書き込みしてすみません。
あらすじを少し読んだ感じだけですが、以下が近いかな?と感じたので書き込みます。

●桃森ミヨシさん/ハツカレ/6巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847704-9&mode=1

●椎名軽穂さん/CRAZY FOR YOU/5巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847708-1&mode=1

●池山田剛/GET LOVE/全7巻/...続きを読む

Qあなたの好きな80年代の音楽を教えてください

「80年代の音楽は苦手で・・・」と書いちゃうことがあるんですが、好きなアーティストが80年代に出したのならきいてます。
80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけるとうれしいです。
このころの音楽が大嫌いな方、大好きな方、みなさん。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
>80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけると

私が80'sで衝撃を受けたのは
JAPAN、DuranDuan,スクリティポリティ、バグルス、パワーステーションそしてフィルコリンズのドラムの音ですね。

大きな特徴としてこの時代の音楽には「空気感が無い」と言う事だと感じます。
それまでのイナタイ「演奏の空気感や、グルーブを見せつけられるもの」から「アイデア重視」のバンドが目立って活躍したと思います。

そしてそれまでのチープでクリアで無い(当時はそう感じ始めていた)70'sの音よりもっとスタジオの設備を駆使し、各楽器が完全に分離されて低域の輪郭はクリアになり音圧も増し、ハイエンドがスーッと伸びた感じのサウンドはこの頃から始まりました。
実際ドラムキットをそれぞれかぶらないよう別々のチャンネルに録音する手法が定着し始まったのはこの頃です。
言うまでもなくシンセ、やサンプリング、うち込みと言った、今では当たり前のことがすっかり定着したのもこの時代。
ハードロックもこの時代からサウンドがタイトになりました。

打込みが入ってきた事によりドラムのフレーズもこの時代は非常にシンプルで音に隙間がありますね、演奏そのもののかっこよさで曲を成り立たせる必要がなくなったのです。
『マテリアルガール』等のようにバンドの演奏に混じって一番主要で肝心なフレーズだけをシンセが弾く、というのも当時結構流行り始めました。

それとDuranDuranの『リフレックス』やポリスの『見つめていたい』などの衝撃的、非現実的なビデオクリップも目立ちました。

そういった事により演奏者の顔が浮かんだり、雰囲気を再現するこよりももっと、非現実的で抽象的なサウンドイメージを創る事が可能になりました。
スクリティなど、実際に人間が演奏するのはあまりに不自然なフレーズの連続で曲がしっかり成り立ってます。

そんな空気感排除全盛時代にあってパワーステーションやフィルコリンズの空気感をギミックで強調した『あの』ドラムの音は腰が抜けそうにビックリしました(今でも)。

そんな事が90'sに入ってから急速に飽きられてまた自然で空気感のある汚れたサウンドに戻っていったわけです。
すみません長くなりました。

こんにちは
>80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけると

私が80'sで衝撃を受けたのは
JAPAN、DuranDuan,スクリティポリティ、バグルス、パワーステーションそしてフィルコリンズのドラムの音ですね。

大きな特徴としてこの時代の音楽には「空気感が無い」と言う事だと感じます。
それまでのイナタイ「演奏の空気感や、グルーブを見せつけられるもの」から「アイデア重視」のバンドが目立って活躍したと思います。

そしてそれまでのチープでクリアで無い(当時はそう感...続きを読む

Qおすすめの少女マンガを教えていただけませんか。

私は少女マンガがすごく好きなのですが、
書店で平積みされている「連載中で人気のある漫画」は殆ど読んでしまった感じです。

私が面白いと感じた作品は
「のだめカンタービレ」「ヤスコとケンジ」「ぼくの地球を守って」「ときめきトゥナイト」「天才ファミリーカンパニー」「カードキャプターさくら」
「ラブ☆コン」「キレイになりたい!」「時をかけた少女たち」などです。

連載中でも連載終了している漫画でもどちらでも良いのですが、こんな感じの(違う感じのも読みたいので、こんな感じのでなくても良いです)
面白い少女マンガがありましたら、教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

完璧私の趣味なのですが・・・

★MとNの肖像(樋口橘)
→マゾなミツルとナルシストの天草。
お互い本性を周りに必死に隠してきたがひょんなことでお互いの本性を知り・・?!
ラブコメですが主人公は鼻血だすし相手役は自分ラブだしでちょっと他とは一風変わったラブコメです♪
全6巻。

★美女が野獣(マツモトトモ)
→ある学校の寮を舞台にした学園生活漫画。
キャラが一人一人きちんとたっていて面白いですよ~!
主人公のエイミは小動物系美少女のくせに大食漢。
エイミのルームメイトはこれまた美少女なのに肉体美命!
一匹狼のワニチンに不思議生命体のシモーヌなどなど・・・透明感のある絵で読みやすい作品です。
またこの作者さんの『キス』とゆうピアノ講師と生徒の恋愛を描いた作品もおススメです。(サラッとかかれていて大人向けかな?)
美女が野獣 全5巻 キス 全8巻

★てるてる×少年(高尾滋)
→旧家である御城家。代々忍者を使役し平成のこの世でも健在。そこの一人娘忍と忍を守る忍者である才蔵のラブコメ?漫画です。
最初はギャグ風の軽い漫画かなと思うのですが読み進めていくうちに様々な謎がでてどんどんシリアスになっていきます。
忍と才蔵の主従関係であるが故に言えないお互いの気持ちにもキュンッとさせられました^^ 全11巻

★輝夜姫(清水玲子)
→ある島で孤児として育てられていた子供達。
その島は16歳になると必ず引き取り手が現れるが実際は殺されていた。
それをしった子供達は島から逃げ出すが16歳になると必ず命をおとしている。
生きたいと願った少年・少女は16歳直前再び島へと訪れるがそこで自分達がどのような存在なのかを知った・・・
全27巻と長い上に2,3巻まではちょっとわかりにくいしつまらないかもしれないのですが後半はどんどん面白くなっていくのでおススメします!

★秘密~トップ・シークレット~(清水玲子)
→死んだ人の脳を取り出し、「MRIスキャナー」にかけることによって、その人が生前見ていた視界の映像がクリアに再現されるようになり、
犯罪事件を究明するために、「法医第九研究室」は、心に傷を負いながら、真実を追い求める。
ちょっとグロイ部分もありますが実際の猟奇事件をモデルにしてたりしていて面白いです。

★百鬼夜行抄(今市子)
→妖怪とか霊とかこの世ならぬものを見る力のある主人公・律のもののけ尽くしの生活を描いたものです。
ぞーっとする場面もあれば、妙におかしなコマもあったりと普通の妖怪などが出てくる漫画のようにドタバタしたものではありませんがジワジワとした怖さが味わえると思います。

★ダウト(和泉かねよし)
→中学まで地味女として生活してきた藍。
血を吐くほどの努力をして今や学校一の美人として知られる。
そんな彼女が好きになったのは学校一のいい男!
果たしてむすばれることはできるのか・・・全6巻

★そんなんじゃねえよ(和泉かねよし)
→超絶美形の双子兄貴を持つごくごく平凡な静。
どこにでもいそうな家族だけど実は秘密があって・・・現在連載中7巻まで発売。

★破天荒遊戯(遠藤海成)
→ある日突然「旅にでないかい?」と父親に言い渡され家から追い出されたラゼル。
ひょんなことで出会ったアルゼイドと旅をするが・・・冒険ものですが所々にあるギャグ?やファッションセンスなどが2巻目までは見所です。
3巻目以降は色々な謎が出てきて面白くなっていきますよ^^ 現在8巻まで。1月末に9巻発売

★罪に濡れたふたり(北川みゆき)
→傷心旅行で一人ローマへと来た香澄。
そこで出会った男性と一夜を過ごすが彼は実の弟だった・・・H系&近親相姦モノですがせつない要素も含まれていてH系中心とゆうモノより読みやすいです。
主人公2人も狂ったようにお互いを愛しあっていて読者としては面白いのですがラストは賛否両論ですね。
全18巻

古い作品では・・・
★花ぶらんこゆれて…/太刀掛秀子
→日本人の父と外国人の母の間に生まれたルリ。
母は失踪し父は再婚。
前妻の面影を残すルリに対し後妻である義母はルリに辛くあたるがそんなルリを守っていてくれたのは義兄だった。
しかし義母がルリに対し辛くあたる本当の理由をしった義兄は・・・感動モノで小学校の頃児童館で読んだのですが今でも大好きな作品です。
文庫本では全2巻、単行本でも全4巻だったように思います。

★はいからさんが通る(大和和紀)
→時は大正。
じゃじゃ馬娘・紅緒に親が決めた婚約者が現れ花嫁修業にと婚約者の家へとやられるが「失望させて婚約破棄!」と紅緒も必死。
そんな中婚約者である忍が戦争へと行くことになるが・・・感動もののような内容ですがギャグ満載のラブコメです。 文庫本全4巻

★王家の紋章(細川知栄子)
→エジプト考古学を専攻している大財閥の一人娘キャロル。
ひょんなことから古代エジプトへいきファラオに見初められるが・・・あの有名な篠原千絵の「天は赤い河のほとり」もこの作品が元になっています。
しかしこれが20年以上続いている長者漫画で巻数もかなり出ているので持っている人から借りたほうが良いかもしれません^^;

「YASHA」を読まれているならばついこの間ぜん5巻で終わった続編である「イヴの眠り」もおススメです。
あとは「山田太郎ものがたり」は私もおススメです!
間違っても人前でよんではいけません(笑)同作者の「僕と彼女の×××」も面白いですよ^^
萩尾望都をまだほとんど読んだことがなければ「トーマの心臓」「ポーの一族」は読むのをおススメします。
彼の作品でも名作と名高い2作品です。

長々とすみませんでした^^;

完璧私の趣味なのですが・・・

★MとNの肖像(樋口橘)
→マゾなミツルとナルシストの天草。
お互い本性を周りに必死に隠してきたがひょんなことでお互いの本性を知り・・?!
ラブコメですが主人公は鼻血だすし相手役は自分ラブだしでちょっと他とは一風変わったラブコメです♪
全6巻。

★美女が野獣(マツモトトモ)
→ある学校の寮を舞台にした学園生活漫画。
キャラが一人一人きちんとたっていて面白いですよ~!
主人公のエイミは小動物系美少女のくせに大食漢。
エイミのルームメイトはこれまた美...続きを読む

Q80年代ファッション、本格的に火がつかないのは何故?

2000年あたりから、80年代ファッションのリバイバルがきていますが、いまだに静かなブームという感じで大ブームにはなっていない感じですよね。
90年代の70年代ブームも、本格的に火がつくまでにだいぶ時間はかかりましたが、いまいち80年代のリバイバルって波にのらない感じがしますね。
個人的には70年代のダサさも80年代のダサさもいい勝負だと思っているので、そういう「ダサいもののリバイバル」という点では70年代のリバイバルだけが盛んというのも変だなあと、思います。
単にファッション的なノスタルジーや懐古趣味という点の他に、バブル経済の反省から80年代というものが忌み嫌われているのでしょうか。

Aベストアンサー

80年代ファッションって、下手すると、
物持ちの良い40代50代のご婦人が、
久しぶりのお呼ばれのときなんかに
タンスの奥から引っ張り出して着ていたりします。

つまり、一部で現役のファッションなんです。

必然的に、見るからに流行に疎そうな人々が
80年代ファッションを身につけているイメージが
植え付けられてしまうために、オシャレにこだわる人にとっては
「ださい」を通り越して「恥ずかしい」代物になってしまって
いるのではないでしょうか。

80年代に放送されたドラマの再放送を見ると
女性は皆、アメフトの選手かと見間違えるほどに
分厚い肩パットの入った服を着ています。
今、あれを着るのは、かなりの勇気がいりそうです。

Q1980年代前半に別冊少女フレンドで描かれていたマンガ家さん

1980~1984年くらいまで別冊少女フレンドを買っていたのですが、その時期に時々作品が掲載されていたマンガ家さんについての質問です。

・他の執筆陣と比べて、かなりギャグ度の高い作品を描かれていました。
・私が読んでいた範囲内ではたぶん連載作品はなく、すべて読み切りでした。

何作か読んでいるはずなのですが、覚えているのは次の2作品だけです。

(1)道路を挟んで向かい合った二つの喫茶店の話。片方は姉妹が経営し、もう一方は兄弟が経営。ライバルということで姉と兄は張り合いますが、妹と弟は恋仲になります。兄の喫茶店の方はそれなりに繁盛しますが、姉の方は全然流行らず、客を呼びたいあまりにキャバレーのようなはちゃめちゃな呼び込みをしたりしていました。
(2)自分を育ててくれた(助けてくれた?)男を捜して旅をする女ガンマンの話(西部劇)。主人公が、墓場の墓碑銘の中にその男の名前がないかと探す場面から始まります。私が覚えている限りでは、唯一のシリアス作品。これは本誌ではなくコミックスで読みました。

最近、突然思い出して読みたくなってしまったのですが、マイナーなマンガ家さんということもあり、全然手がかりがありません。
このマンガ家さんについて何かご存知のことがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

1980~1984年くらいまで別冊少女フレンドを買っていたのですが、その時期に時々作品が掲載されていたマンガ家さんについての質問です。

・他の執筆陣と比べて、かなりギャグ度の高い作品を描かれていました。
・私が読んでいた範囲内ではたぶん連載作品はなく、すべて読み切りでした。

何作か読んでいるはずなのですが、覚えているのは次の2作品だけです。

(1)道路を挟んで向かい合った二つの喫茶店の話。片方は姉妹が経営し、もう一方は兄弟が経営。ライバルということで姉と兄は張り合います...続きを読む

Aベストアンサー

1980~1984年の別冊少女フレンドで書いていた作家で、
・この期間連載がない
・時々作品が掲載されていた
・コミックスを出している
(ギャグ系かどうかは、タイトルから判断しにくいので
除外しています)
という条件で調べたところ、
あさくらみゆき、中里あたるさん辺りが浮かび出ましたが、どうでしょうか?

あさくらみゆき
80.10あこがれピントふりむいてLOVE
81.01グッときてお隣りさん
81.04恋づめピーマン
81.061DK陽当良狼付
81.08魅せられてブギ沈んで浮ギ
81.11マブイ女でまってろよ!
82.02トライあんぐり大コン戦
82.05ろりこん★ウォーズ
82.09山のサラダにはCITYスパイスを
83.02夢特急 殺人事件
83.06おいしいキスして!
83.10着せかえボーイ
84.02チョコどろバレンタイン

中里あたる
80.09チューリップ畑のまん中で
80.12ねこふんじゃった
81.02聖トラブル・バレンタイン
81.03トマトとIVYフレンド
81.05グリーンサラダの指定席
81.08やさしさまでもアメリカン
81.10とうきびセンセーション
81.12あっぷるショッキング
82.02バレンタインに梅の花
82.04放課後のB.G.M
82.07わー、夢みたい
82.09白いリボンの不思議
(83.01~06の間 不明)
83.08すくらんぶるサラダ
(83.10~12の間 不明)
84.03花屋になりたくない花屋です
84.05カエル愛しちゃった
84.07チェックのビキニで雨やどり
84.10金曜日までは恋人ごっこ
84.12ケーキ・ラブしましょ

参考URL:http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c44472016

1980~1984年の別冊少女フレンドで書いていた作家で、
・この期間連載がない
・時々作品が掲載されていた
・コミックスを出している
(ギャグ系かどうかは、タイトルから判断しにくいので
除外しています)
という条件で調べたところ、
あさくらみゆき、中里あたるさん辺りが浮かび出ましたが、どうでしょうか?

あさくらみゆき
80.10あこがれピントふりむいてLOVE
81.01グッときてお隣りさん
81.04恋づめピーマン
81.061DK陽当良狼付
81.08魅せられてブギ沈んで浮ギ
81.11マブイ女...続きを読む

Q80年代は特殊な時代なのだろうか?

音楽やファッションにおける最近の80年代ブームも、
そろそろ定着してきた感があり、以前のように
「80年代=暗黒の時代」というような風潮もなくなりつつ
ありますが、しかし80年代って他の時代に比べて異様な感じがしますよね。
かっこいいものはかっこいいんだけど、ダサいものはすさまじくダサいという風に。
ブームにはなったものの、やはりダサさは否めないという風な盛り上がりだったような気がします。
一体、80年代の異様さというのはどこからくるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
あなたが80年代を特殊な時代だと感じる理由、ダサさが否めないと思える
理由についていっぺんにお答えします。
ただし私なりの考えですが・・・。

いま私たちが継承している流行音楽の中には、80年代に基礎を作ったものがかなり
たくさんあります。それはホントに異様なほどです。
まずは、シンセサイザーという楽器によって始まった打ち込み系音楽。
MTVによってもたらされたビジュアル的音楽鑑賞。
ウォークマンで聴く個人主義スタイル。CDによる全面デジタル化。
ラップミュージックの台頭とサンプリング手法の発明。
まだまだありますが、これらはほとんどがテクノロジーの進化によって
もたらされたものですよね。
それ以前の時代にはこんなものありませんでした。
つまり、元祖で始めた人たちの作品の中には、すさまじくダサいものがあっても
仕方がないと思うのです。いま私がパソコンを使って「こんなことできるよ」と
自慢してみても、20年後の人が見たら笑い出すかも知れませんよね。(笑)
おそらくダサいものほど、最新テクに翻弄されてた可能性があるんじゃないでし
ょうか。

さて、60年代や70年代までの若者文化は、一言で言うなら"ANGRY YOUNG MEN" の
時代だったと思います。
それが80年代に入って突如、個人バラバラの自己主張を楽しむ時代に変貌します。
「オタク」という言葉も、この時代に生まれました。もちろんそれ以前の時代にも
「マニア」と呼ばれる人たちは存在しました。でもそれはむしろ特権階級として
憧れられる呼び名だったと思います。
そして若者は反体制よりは体制の側に棲み、コンサバやトラディッショナルといった
格式にも美点を見い出すようになります。それがブランドブームに発展し、やがては
信仰とさえ呼ばれるようになります。

そう見るとなんだか金まみれ欲まみれの時代のようにも見えますが、じゃあ今と
何が違うかと聞くと、あんまり違わないような気もします。
どうでしょう?私から見ると、80年代が特別浮いてるような感じってないんです。
確かにそれ以前とは一線を画すものがあるとは思いますが、今あるものの始まりの
時代だったんじゃないかというのが、私の見方です。
ただ、私は評論家でも社会学者でもありませんので、あくまでも一個人の意見と
して受け取っていただけるとありがたいです。
長くなりましたが、こんへんで・・・。

こんにちは。
あなたが80年代を特殊な時代だと感じる理由、ダサさが否めないと思える
理由についていっぺんにお答えします。
ただし私なりの考えですが・・・。

いま私たちが継承している流行音楽の中には、80年代に基礎を作ったものがかなり
たくさんあります。それはホントに異様なほどです。
まずは、シンセサイザーという楽器によって始まった打ち込み系音楽。
MTVによってもたらされたビジュアル的音楽鑑賞。
ウォークマンで聴く個人主義スタイル。CDによる全面デジタル化。
ラップミュージックの...続きを読む

Q70-80年代の少女マンガで日本の古代が舞台になっている作品

タイトルも作家も掲載されていた雑誌も覚えていないのですが、
70-80年代に発表された(はずの)少女マンガを思い出したいのです。
連載中ではなく、すでにコミックスになっていたのを読んだ記憶がある
のですが、それも定かではありません。

肝心のストーリーも覚えていなくて、日本の古代(飛鳥時代?)を舞台に
したものだと思うのですが、メインのキャラクターが男性2人だったと
思います。飛鳥時代だと思う理由は、主人公が日本武尊が謳ったとされる、

大和は国のまほろば
たたなづく青垣
山籠もれる
大和し 麗し

という和歌を口にする場面だけが強烈に記憶に残っているからです。

木原敏江さんの作品だと思い込んでいて、検索してみたのですが、
違ったようです。
でも、絵柄は木原敏江さんっぽい系統でした。

池田理代子さんの「聖徳太子」や山岸涼子さんの「日出処の天子」や
大和和紀さんの「あさきゆめみし」(平安時代だけど)ではありません
でしたし、そこまで社会的に認知された作品ではなかったような気がします。

どなたか少しでも思い当たるところがあれば、ぜひヒントをください。
気長に待っていますので、よろしくお願いいたします。

タイトルも作家も掲載されていた雑誌も覚えていないのですが、
70-80年代に発表された(はずの)少女マンガを思い出したいのです。
連載中ではなく、すでにコミックスになっていたのを読んだ記憶がある
のですが、それも定かではありません。

肝心のストーリーも覚えていなくて、日本の古代(飛鳥時代?)を舞台に
したものだと思うのですが、メインのキャラクターが男性2人だったと
思います。飛鳥時代だと思う理由は、主人公が日本武尊が謳ったとされる、

大和は国のまほろば
たたなづく青垣
山籠...続きを読む

Aベストアンサー

歴史物ではありませんが、木原敏江さんの作品、というところから思い当たるのは、1977年の「愛しき言つくしてよ(うつくしきことつくしてよ、と読みます)」です。

日本とフランスに生き別れになった双子の兄弟が、日本では日本舞踊家、フランスではバレエダンサーとなり再会し、バレエダンサーの方が「大和は国のまほろば たたなづく青垣 山籠もれる 大和し 麗し」を口ずさむシーンがあります。

このマンガのクライマックスで、バレエダンサーが古代日本の衣裳で踊るシーンがありますので、セリフと、この古代日本衣裳のシーンが記憶に残っているとすると、質問者様のような記憶に変換(?)されることもあるかも・・・と思いました。

Q1990年は90年代なのでしょうか?80年代なのでしょうか?

普通、1990年は90年代なのでしょうか?80年代なのでしょうか?
20世紀は2000年の12月31日までだから1990年も80年代の最後の年になるのかと思いますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

西欧では初め『零』と言う概念は有りませんでしたので、数字の始まり
は『1』からに成ります。
世紀としては1から0まで(1901-2000)
90年代と言う場合は当然90年から99年ですね。
(日本は数字の初めは零から)
今でも西欧ではカウントダウン等の時『0』は言わないんです。
(ロケットのカウントダウンを見ると分かります)

Q少年マンガと青年マンガの違いが解りません

少年マンガと青年マンガの違いが解りません
どなたか教えていただけませんか?
あと、出来れば出よいので代表的な少年マンガと青年マンガのタイトルを教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

掲載している雑誌がターゲットとしている年齢層の違いでしかない。

例えば「キャプテン翼」は少年週刊ジャンプ連載だったけど、今はヤングジャンプ連載でしょ。
ハッキリ言って少年ジャンプ時代もヤングジャンプ時代も描写の違いなんて無い。

少年誌に連載しているのが少年マンガで青年誌に連載しているのが青年マンガという事でしか言えない。
つまり雑誌がターゲットにしている年齢層に帰結する。
性描写や暴力表現が酷くてもそれが少年誌で連載していたら少年マンガなのです。

最近では「少年」を付けない雑誌も増えていてよくわからない漫画が増えているのも事実ですが、漫画そのものを見て「少年」か「青年」かを判断する明確な基準はないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報