つい最近事故を起こした人のところへお見舞いにいったのですが、
そのとき肺にたまった血液を吸引する器械を見ました。
そこに、 cmH2O(だったかな?) という見たことがない単位を発見しました。
例えば15(cmH2O)だと、トリチェリの真空と同じような感じで15センチの水を抜いてそこを真空にする・・・・・ということなのでしょうか?
教科書や参考書にも載ってなかったので気になります。

不謹慎ですが教えてください。
(事故を起こした人はもう完治してピンピンしてます(笑))

A 回答 (1件)

トリチェリの話を知っているのであれば、話が早い。



1気圧は、約 1000 cmH2O です。1000 cm までは水が立ち上がる圧力ですね。
15 cmH2O であれば、その気圧の部屋を作って水柱を立てると、15 cm までしか
水柱が立ちあがらない程度の圧力、ということです。

因みに、こういうことを水銀柱で換算したときの単位は mmHg です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、よく理解できました!
そういえば100m潜ったら1気圧っていいますよね。

お礼日時:2002/02/23 02:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q治験と脂肪吸引

今度姉と一緒に治験(塗り薬)に参加する予定なのですが姉はその後三ヶ月後くらいに腹部の脂肪吸引を予定していてその状況で治験は可能でしょうか? すでに姉は健康診断では現時点では異常がないようです

Aベストアンサー

内科医です。
治験に要する期間や、終了後の経過観察期間によりますので、治験後だから大丈夫とは言えません。
担当医、もしくは、治験のコーディネーターに問い合わせて頂いた方がよろしいかと存じます。
一つ確実に言える事は、治験の担当医や脂肪吸引の担当医、双方に治験の事や、脂肪吸引の事を黙って、両方受けるという事は止めて下さい。

Q痰(たん)吸引

高齢者の入院時や寝たきりで、重度な方に良く行われている痰吸引。


コレらの知識に詳しい方や経験された方々へのご質問になります。


私の母ですが、やむを得ず痰吸引を免れない状態が続いておりまして……

その吸引に関して心配な事が一点あります。


痰吸引を始めて3日目に病室を覗くと吸引タンク内がピンク色で所々、血液が混ざっており。
口の周りも乾いた血が付着してました

喉と鼻からの両方から管を入れ吸引してます。


私なりに思ったのは管の先端が粘膜や壁にあたり傷つき、出血。


やはり、これは看護師さん個々の技術が問われるんでしょうか?


約5名のスタッフが交代で看護にあたられてます。


今後、出血させずに痰吸引するのは可能でしょうか?


何か良い方法が有れば、ご回答の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現役病棟ナースです。
自分で痰を上手に出せない患者さんに喀痰吸引を行う場合、喀痰吸引の際に、口腔内出血・鼻腔内出血が起きてしまうのは、ナースの技術の有無に関係なく、残念ですが、できてしまう事象であります。

原因としては、まず、唾液分泌の低下・免疫力低下・もしくは薬剤性(血栓予防の薬を使用している患者さんは、出血しやすい状態です)などに伴う、出血を起こしやすい状態であることがあります。寝たきりの患者さんは、食べ物を口から食べたり、といった自然な行為が行われていない場合が多く、唾液の分泌能力が低下しており、口の中もカラカラで細菌が繁殖しやすい状態です。
定期的な口腔ケアを行っているはずですが、それだけではなかなか乾燥が追い付かないもので、歯科医による口腔ケアも追加して行ったり、口腔内の乾燥を防ぐ保湿剤なども売られているので、そういったものを口の中に塗るだけでも、出血を防ぐことにもつながります。口腔内の乾燥は、口腔内・鼻腔内の少しの刺激でも出血しやすくなってしまうのです。また、頻回にうがいなどを介助してあげることも乾燥を防いでよいです。

当院では、喀痰吸引の刺激で、出血する患者さんには、細いタイプのチューブに変更したりもしています。通常は12Fr(フレンチ:チューブ内径を示す値です)のチューブを使用していますが、出血傾向が強かったり、鼻腔が小さいと思われる患者さんは体格におうじて、10~8Frなど小さめのチューブを選択しています。(しかし、病院の規模によっては、十分なチューブの在庫がない場合も多く難しいかもしれません)

喀痰吸引の一番の目的は、痰貯留による誤嚥性肺炎(痰が気管に落ち込むことによる肺炎)の予防と、無気肺(痰づまりによる肺の閉塞・呼吸困難)の予防にあります。
もちろん、喀痰吸引による出血の弊害は、防ぎたい事象ですが、喀痰吸引をやめることはできず、さまざまな原因で、ゼロにはできないというのが現状と思います。

現役病棟ナースです。
自分で痰を上手に出せない患者さんに喀痰吸引を行う場合、喀痰吸引の際に、口腔内出血・鼻腔内出血が起きてしまうのは、ナースの技術の有無に関係なく、残念ですが、できてしまう事象であります。

原因としては、まず、唾液分泌の低下・免疫力低下・もしくは薬剤性(血栓予防の薬を使用している患者さんは、出血しやすい状態です)などに伴う、出血を起こしやすい状態であることがあります。寝たきりの患者さんは、食べ物を口から食べたり、といった自然な行為が行われていない場合が多く、...続きを読む

Qケガが完治するとは?

水曜日に交通事故に遭い、このサイト(カテゴリ)で大変お世話になりました。

月曜日に保険会社から電話があり治療費の支払い等の話し合いをすることになりました。
診断書では全治5日間と書いてありました。痛みがでるようだったら来院してくださいと初日に言われました。それから2日間痛みのため電気やレーザー治療を受けました。明日で5日目なのですが、病院は休みです。
月曜日に病院へ行くときは、実費(私の負担)となってしまうのでしょうか?
私としては、月曜日に病院へ行き完治したかどうかを先生に聞きたいと思っているのですが。
ケガの完治とは医者が判断するものでしょうか?
それとも、痛みがなくなった時で自分で判断するものでしょうか?
どこで判断したらいいのかわかりません。
保険会社との話し合いがあるので、どんなやりとりがあるのかご存知の方がいましたら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この診断書は「頭書診断書」と言う物で、人身事故の場合警察に提出して、
事故処理に使います。(検察に迄送られて、加害者の量刑の資料に成る、よって
比較的短めに書くことが多い。)
患者(被害者)自身の治療、完治とは全く関係有りません。
実際に痛みがあったり、動きが悪かったり、何らかの症状が有れば治療は続けられます。費用も実費になることは有りません。
事故の程度、状態にも依りますが、3~6ヶ月は自賠責で治療は続けられます。
(ただし、治療効果が有ること)
長期に成った場合、保険会社より連絡が有るはず(打ち切りとか、後遺症診断とか)、それ迄は保険で治療が受けられます。
完治は本人の決断が一番。(症状が無くなったとか、症状は残るが日常生活に支障が無いとか、仕事が忙しくて治療が続けられないとか、もう治療したくないとか。)
症状が有って、本人が治療の継続を希望しているのに医者が完治とか言って治療を
しないと言ったら、他の病院に掛かることも出来ます。
治療内容に不満があったり、通院しづらいとか、近くに変わりたいとか、もっと良い病院に変わりたいとか・・・、
本人の希望で、医者、病院は何処へでも掛かれます。
治療費は、病院と保険会社との間で終わりますが、貴女と保険会社との間では、
休業補償とか慰謝料とかの話し合いが有り、示談書の作成が有ります。

この診断書は「頭書診断書」と言う物で、人身事故の場合警察に提出して、
事故処理に使います。(検察に迄送られて、加害者の量刑の資料に成る、よって
比較的短めに書くことが多い。)
患者(被害者)自身の治療、完治とは全く関係有りません。
実際に痛みがあったり、動きが悪かったり、何らかの症状が有れば治療は続けられます。費用も実費になることは有りません。
事故の程度、状態にも依りますが、3~6ヶ月は自賠責で治療は続けられます。
(ただし、治療効果が有ること)
長期に成った場合、保険...続きを読む

QO型 の RH+ です。

「血液型は?」と聞かれたときに「A型です。」とかって答えますよね。
でも、それはABO式で、他にもRHとかいろいろありますよね。
その“ほかにもいろいろ”のところを教えていただきたいのです。
詳しいサイトがあればそれも教えてください。
それから病院で、“ほかにもいろいろ”のところの型を調べてくれるのでしょうか?

いまだに血液型占いを信じているアホな人に「血液型なぁに?」って聞かれたとき、「ABO式でO型、RHで+で、××式で××で、○○式で○○で……」とめちゃくちゃ詳しく答えてギャフンと言わせてやりたいのです。

Aベストアンサー

推理小説でよく出てくるMN式をはじめ、山ほど有りましたので、詳細は検索してみてください。

参考URL:http://www.jssp.co.jp/f_med_zool/iden_kessei.html

Q腸内細菌検査(腸内細菌一般とO-157)はどこで

教職を目指していて、介護実習を体験する予定ですが、
施設から腸内細菌検査(腸内細菌一般とO-157)の結果を提出
するように言われました。

内細菌検査はどこに行けば受けられるのでしょうか?
東京で探しています。

Aベストアンサー

どこの医療機関でも可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報