出産前後の痔にはご注意!

履歴書のようなものに自分のスキルを登録する際に、
「使用したことのあるプログラミング言語を記入してください」とあったので、
C、C++、アセンブラ、Perl、HTML、
としました。
その後、「使うことの出来るコンピュータ言語を記入してください」とありました。

この、「プログラミング言語」と「コンピュータ言語」という定義には何か違いがあるのでしょうか?また、C、C++、アセンブラは間違いないと思うのですが、残りの2つはプログラミング言語に含めてもいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、皆さんも書いてるように、プログラミング/コンピュータ言語の違いはないと思います。



しかし、HTMLはプログラミング/コンピュータ言語ではないと思います(^^;

HTMLは「書式(フォーマット)付きテキスト」です。いわゆる「リッチテキスト」ってやつです。
リッチテキストには、HTMLの他に、RTF形式や、MS-Wordのファイルなどが含まれます。
プログラミング/コンピュータ言語にHTMLを入れるとすると、その欄にRTFやWordなども入れなきゃならないでしょうねぇ・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり、2つの差はただの表記の差なのだと思いました。
また、HTMLは含まれない気もします。

回答を下さった皆様、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 12:31

No.1のa-kuma さんに一票。



私自身、「プログラミング言語」と「コンピュータ言語」と言うものを通常区別して意識していません。

おそらく、設問の作成者も、「過去に使った事のある言語」と「今使える言語」を聞きたかったのだと思います。

「朝めし」も、「昼めし」も、いつもの通り質素だった。しかし、彼女と一緒だったので「夕食」は張り込んで、豪華にした。・・・と同じ感じでは???
    • good
    • 0

プログラマやって長いですが、コンピュータ言語って言い方は記憶にないですねぇ(^^;



私の感覚からするとhtmlはプログラム言語ではないので、
これを含める分類としては
コンピュータ言語というのものにするしかないように思います。
あ、perlはあきらかにプログラム言語ですね。

判断基準はプログラムが作れるかどうかです。
プログラムは何かと言うと、大胆に言い切ってしまえば処理です。
html自体は処理、実行することが何もありません。
ただ、構造があるだけです。

と、うまく説明できませんが(^^;;

というわけで、
私ならプログラム言語に, C, C++, アセンブラ
コンピュータ言語に html と書くことにします。

しかし、こういう分類だと html 以外のコンピュータ言語がなかなか思いつかないのです(笑)
    • good
    • 0

コンピュータ言語...かなり苦しいですが、プログラミングできるCPUの種類ということでどうでしょう?


アセンブラはもちろんのこと、C言語でも CPUに依存するコーディングが必要になることもありますし...。ファームウェア系や埋め込み型CPUとか。
やっぱ、ちがうかな...
    • good
    • 0

たぶん、「プログラミング言語」と「コンピュータ言語」の定義に違いは無いと思います。



この場合、「使用したことのある」と「使うことの出来る」とのほうにに違いがあるとおもいます。
「使用したことのある」は今までに扱ったことのある言語、「使うことの出来る」はその言語でのプログラミングに自信がある言語を書けばいいと思います。

…しかし、JavaScriptやVBScriptならともかく、HTMLはプログラミング言語とは違うような気がするのですが…(あくまで私見です)。

この回答への補足

まさに、「使ってみただけ」「使える」だけの違いだとは思うのですが。

一応、過去ログを見たところ「HTMLは簡易なプログラム~」という表記があったので、そうかなぁ、と思って入れておきました。私自身も少し違うとは思ったのですけれども。

補足日時:2002/02/20 12:02
    • good
    • 0

実は、その履歴書のようなものが求めているのは、プログラミング言語とコンピュータ言語の違いではなく


「使用したことのある」と「使うことの出来る」の差だったりして。

少なくとも、明確な定義を私は知りません。その項目を書いた人が分かっていないだけだと思いますよ。

その昔は、プログラミング言語に対して、CL や JCL といった「コントロールランゲージ」という区別は
ありましたが、unix 全盛期になった今では、その区別も意味が無くなっています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンピューターで2進法が採用されている理由を教えてください

 2進法がコンピューターで使われているのはなぜですか?

Aベストアンサー

 
  初期の真空管で造った電子計算機では、二進法ではなく、十進法などを使っていたものでがありました。しかし、二進法が非常に有利で便利なので、二進法を使うようになったのです。
 
  理由:

  1)信号が、1と0だけでよい。十進法だと、信号が十個必要で、どの数かを判断する回路が必要になる。しかし、二進法だと、信号があるか、ないかの区別だけで非常に簡単である。
 
  2)これはコンピュータの心臓のCPUの設計に関係することですが、基本的には、CPUはレジスターという一種の計算機・勘定装置を使っています。これはたいへん原理は簡単なもので、簡単な計算を行います。このレジスターで、二進法を使うと非常に簡単に足し算とかができるし、また引き算、かけ算なども、少し工夫すると計算できるのです。
 
  例えば、111は二進法表現で7ですが、これにまた7を足し算するのは、
  111+111で、1+1=0(繰り上がり1) 1+0=1 0+1=1 0+0=0 という四つの計算規則だけでどんな数字でも、桁上がりだけ工夫すると計算できるのです。また引き算やかけ算も簡単に行えます。
 
  3)あるいは、フリップ・フロップ回路という面白く単純で、しかし重要な計算回路があるのですが、これは二進法での回路なのです。 

  4)コンピュータは大きな記憶装置を使うのです。この記憶装置は、あるかないか、つまり、1か0で記録すると、非常に簡単なのです。記録も速いし、読みとりも速いのです。
 
  こう言った理由で、二進法つまり1と0の信号で、コンピュータのなかでは計算や記録や記憶を処理しているのです。これを、5進法だとか、10進法にすると、たいへん複雑になるのです。
 
  人間はしかし二進法ではどんな数がすぐ分かりませんから、入力する時は十進法で、途中で二進法に変え、また、出力する時も、二進法だったのを、人間に分かるように十進法にしているのです。
 

 
  初期の真空管で造った電子計算機では、二進法ではなく、十進法などを使っていたものでがありました。しかし、二進法が非常に有利で便利なので、二進法を使うようになったのです。
 
  理由:

  1)信号が、1と0だけでよい。十進法だと、信号が十個必要で、どの数かを判断する回路が必要になる。しかし、二進法だと、信号があるか、ないかの区別だけで非常に簡単である。
 
  2)これはコンピュータの心臓のCPUの設計に関係することですが、基本的には、CPUはレジスターという一...続きを読む


人気Q&Aランキング