私は、紫微斗数推命を研究している者ですが、紫微斗数推命において時間という概念が非常に大切なファクターであると感じております。つきましては、日本全国の‘できるだけ詳細な’『地域別時差一覧表』を入手したいと思います。書籍でも、CD-ROM でも形態にはこだわりませんので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、お知らせください。よろしくお願い申し上げます。【spacy2001】

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『紫微斗数』に限らず、中国起源の推命学である『四柱推命』『天文遁甲』『奇門遁甲』『六壬神課』など、全て時刻が重要です。


それは、判断する地点における春分点における時刻を、判断の基準時に置いているからで、日本の標準時は、兵庫県の明石市を基準にとっています。

従って、一部、別の要素を考慮に入れる流派もありますが、概ね、判断地が、兵庫県明石市より経度で何度ずれているかによって時刻補正をするのが一般的な考え方です。
経度で1°違えば、約4分の違いが出ることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして。この度は、詳細なご回答を頂きまして、本当にありがとうございました。『経度で1°違えば、約4分の時差がある。』をキーワードにして、地理オンラインソフト【http://www02.so-net.ne.jp/~fland/】により、概ね正確な時刻を割り出すことが出来るようになりました。今後の研究に弾みがついた次第です。心より感謝申し上げます。【spacy2001】

お礼日時:2002/02/21 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界各地の時差を知りたい

世界各地の時差を知りたいです。
参考になるようなページ探しています。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

パソコンなどで日本時刻を設定する際「+9」というキーワードを見かけたことがあるだろう。これは,グリニッジ世界標準時刻に9時間を加えるという設定だ。
と以下のURLで説明されている。

つまり、日本が9時ならグリニッジ標準時は0時かな?

で、マイナス12時からプラス12時まであるから24時表記で換算すれば楽勝かも・・・?

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/help/tips/linux/l0219.html

Q紫微斗数での1年運

 こんにちは

 紫微斗数について質問です
 一年を見る方法が小限と太歳とあるようですが、
 これはどちらが優先なのでしょうか?

Aベストアンサー

 『紫微斗数』にも様々な流派があります。

 naiusoさんは、「紫微」の「微」の字を草冠の付いた「薇」の字を使っておられるところからすると、おそらく台湾の明透派の流れを汲むものを学ばれた方だと思います。明透派以外の流派は、草冠の付かない「微」の字を用います。

 『紫微斗数』の流派の違いは色々ありますが、流年運を判断する方法の違いによって大きく2つに分類することが出来ると考えます。

 その一つが、基本命盤を構成する星のみを用いて判断する流派です(主星派)。これは、明透派が代表的なものと考えます。

 もう一つが、基本命盤を構成する星以外に、年ごとにその位置を変える流年星を配置して行運を判断する流派です(飛星派)。この飛星派の中にも、大きく宮動派と宮不動派の2つがあり、さらに、宮動派の中にも小限派と太歳派の2つがあります。

 宮動派は、基本命盤の他に、動盤として大限盤・小限盤・太歳盤の3つを作成し、年ごとにそれらを動かして命盤と連関させながら判断していく看方をします。もっとも、入門書程度の本の場合、宮動派の考え方を基本にしていながら流年星の記述を省いていたり、詳しい説明は難しくなるので省いていたりするため、見た目、素人目には、宮不動派のものと違いが分からない場合もあります。

 いずれにしろ、この飛星派の宮動派の中でも、小限派は、行運を看るに際し、大限宮(10年間を司る宮)と小限宮を連関させて看る流派のことを指します。それに対し、太歳派は、小限宮ではなく太歳宮(その年に巡って来た十二支と同じ宮)を中心に看る流派のことを指します。

 ちなみに私は、その飛星派の宮動派の考え方を採っており、小限宮と太歳宮のどちらも重視する看方をしています。看法の詳しいことは申し訳ありませんがお教えできません。しかし、少しだけ申し上げますと、小限宮と太歳宮とではその果たす役割が少しだけ異なるのです。そのため、行運を判断する際にはどちらも必要になります。

 『紫微斗数』にも様々な流派があります。

 naiusoさんは、「紫微」の「微」の字を草冠の付いた「薇」の字を使っておられるところからすると、おそらく台湾の明透派の流れを汲むものを学ばれた方だと思います。明透派以外の流派は、草冠の付かない「微」の字を用います。

 『紫微斗数』の流派の違いは色々ありますが、流年運を判断する方法の違いによって大きく2つに分類することが出来ると考えます。

 その一つが、基本命盤を構成する星のみを用いて判断する流派です(主星派)。これは、明透派が...続きを読む

Q世界各国の時差の一覧の見方について

 総合旅行業務取扱管理者の問題で、時差の計算をする際に「世界各国の時差の一覧」で、「オランダ」は「オランダ」ではなく、「ネーデルランド」、「オークランド」は「ターキー」で見ますよね。その「オランダ」は「アムステルダム」とかの訳し方の一覧が載っているネットのサイトがあったら教えてください!!!テキストでも良いのですが、出来ればサイトが良いです!!!
 書き忘れましたが、私は総合旅行業務取扱管理者の資格取得に向け勉強中なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A8%99%E6%BA%96%E6%99%82&oldid=19976640
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4b/Timezones.png

Q紫微斗数に詳しい方

適した仕事はどんな分野か。
金運はどうか。
海外に縁があるか。

この3点を知りたいです。仕事は転職時期がわかればそれも知りたいです。
今までやってきたこととは違う分野に転職を考えていて、自分としては今すぐのタイミングではないかなと感じています。(準備不足、具体的な職種が自分の中でまだ曖昧なため)最終的には会社勤めではなくフリーな形で働ける状態を希望してます。できるのかはわからないですが…orz
どうぞ、よろしくお願いします。
1978.12.08
7時25分
静岡県生まれ

Aベストアンサー

宿曜占星術ですが宜しいでしょうか。
適性は推理や知策を活かせる仕事にあります。例えば、調査や企画や文筆などなど。
金運は仕事と関係しますので何ともいえません。
海外との縁があって、海外などで活躍できるでしょう。
転職時期は期待する仕事との縁によりますので現段階では何ともいえません。

Q【時差】世界の時間【現地時間】

登録した複数の都市の現在の時間を常時表示するサイトをご存知無いでしょうか?

1.海外のサイトでも構いません。
2.出来ればデジタル希望。
3.夏時間対応は必須条件。
4.各サイトの株価表示サービスで銘柄を登録しておくと
  複数企業の株価の様子が一画面でわかるように、
  登録都市の現在時間が一目でわかれば最高!!
5.上記「4」が無理な場合、世界の代表的な都市が
  プリセットされている物でもOK。
6.その他、近い物を知っているよ、という方がいれば
  取りあえずお答え下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2の方がリンクをご紹介されている質問でも同じものをお勧めしたのですが、http://www.timeanddate.com/worldclock/は使いやすいです。これはwww.timeanddate.comの中の1つで、複数の都市でミーティングをセットする場合の、ミーティングプランナーなど、いろいろ他にも使えるものあるので、見てみてください。

なお、4については、時刻関係とはなかなか1つのサイトでは難しそうですね。

参考URL:http://www.timeanddate.com/worldclock/

Q四柱推命と紫微斗数の時間の違いについて

私は出生時間が23時31分なので、こういう問題にはいつも悩まされてます。私がどうして?と思うのは、四柱推命では当日扱いなのに、紫微斗数では翌日扱いになることです。素人なので分からないのですが、いくら占術が違っても、生まれた日が違うというのは、何だかおかしいと思ってしまいます。どなたかこの疑問に答えていただけないでしょうか?お忙しいところ、大変お手数おかけしますが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず四柱推命でお答えします。 四柱推命では流派によって違いがあります。 23時以降生まれを翌日とする流派と、23:59まではその日扱いで、0時以降が翌日扱いになるという流派と。

実際問題看命していると、前者の23時以降を翌日生まれとする扱いの方が、本人の話から照らし合わせるとあっていることが多いです。基本的には両方出して推命するほうが賢明です。私は両方出してみて、統計的に前者の方があっているような気がします。

その理由は、勉強をされているならよくお分かりになると思いますが、まず12支の方位を考えてください。 亥・子・丑という北方水運、 寅・卯・辰の東方木運、巳・午・未の南方火運、申・酉・戌の西方金運
に分かれます。 亥は11月であり11時であります。

その亥は金から水へ気が変わっていますよね。季節でいえば秋から冬に変わっています。だから11時からもうその人の天の気が変わっているんです。私たちはどうしても今の太陽暦(グレゴリオ暦)に慣れてしまって1月から新年と思っていますが、それは違います。時間でいえば、12時から全て物事が変わると思っているようですが、東洋占術では違います。四柱推命では24節気で考えられ2月の節分を基に新年となります。紫微斗数では太陰太陽暦(旧暦)を元に考えられています。

ですから四柱推命も紫微斗数も根本は同じ考えであることがわかります。ただ紫微斗数では数え年で命式を出すので、歳のずれはありますが、同じです。

少し難しいかもしれませんが、ご理解いただけましたでしょうか?説明がへたくそでしたら御免なさい。

まず四柱推命でお答えします。 四柱推命では流派によって違いがあります。 23時以降生まれを翌日とする流派と、23:59まではその日扱いで、0時以降が翌日扱いになるという流派と。

実際問題看命していると、前者の23時以降を翌日生まれとする扱いの方が、本人の話から照らし合わせるとあっていることが多いです。基本的には両方出して推命するほうが賢明です。私は両方出してみて、統計的に前者の方があっているような気がします。

その理由は、勉強をされているならよくお分かりになると思いま...続きを読む

Qソチと東京の時差

いよいよ冬季オリンピックが始まりますね(^○^)。
TVでソチと東京の時差は5時間と言っていました。
ハワイと東京の時差は19時間:5を足して前日とならったのですが、ということは日本に対してソチの位置とハワイの位置は、東西で同じ距離の場所にあるということなのでしょうか。
世界地図で見るとソチの方が遠く感じるのですが、平面の紙の上だからですか。
御存知の方、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> ・・・・・・・ということは日本に対してソチの位置とハワイの位置は、東西で同じ距離の場所にあるということなのでしょうか。

その国、地域が、世界標準時の時差を「何時間」を採用するかで違ったり、質問の様に距離に関係なくなります。
下記の「世界時間」という地図を見て下さい、
http://24timezones.com/map_ja.htm

地図の上端の「-11~12」が世界標準時の時差です。当然、「0/ゼロ」が、ロンドンの世界標準時です。
それぞれの,時差の数字にマウスポインタを合わせると、その時差のの国/地域の地図が白くなります。

ホノルルは、世界標準時より時差「-10」です(日本より時差が+5時間)が、地域(海上)が実質的に時差「-11」に出っ張っていますね。
ソチは、世界標準時より時差「4」です(日本より時差が-5時間)が、隣接の地域/国ではこの時差が少なくて、時差「3」を見ると(日本より時差が-6時間)が地域/国がたくさんあります。

また、中国は時差「7」ですが、中国の国土の西端が世界標準時の時差「5」と思われて、東端が同じく世界標準時の時差「9」と思われて、中国の国内だけで時差が4時間も有るのに、北京の地域の世界標準時の時差「8」に統一されて、一国1つ世界標準時の時差です。

また、韓国は似ワンと同じ、世界標準時の時差「9」です。
去年のニュースで、韓国は日本と同じ時差がイヤだとかで、時差を1時間遅らせて、世界標準時の時差「8」にするとか、しないとか・・・・・・

この様に、上の時差の数字にマウスポインタを当てると、海上では子午線(南北の線、東経・西経の数字)が15度が1時間の時差が、だいたい、綺麗な直線になります。
しかし、その地域・国が、世界標準時の時差を何時間で採用するかで、時差の線がでこぼこになってしまうまです。


参考、ふつうは1時間単位の時差を採用ですが、中には30分単位のの時差を採用の国もあります。

> ・・・・・・・ということは日本に対してソチの位置とハワイの位置は、東西で同じ距離の場所にあるということなのでしょうか。

その国、地域が、世界標準時の時差を「何時間」を採用するかで違ったり、質問の様に距離に関係なくなります。
下記の「世界時間」という地図を見て下さい、
http://24timezones.com/map_ja.htm

地図の上端の「-11~12」が世界標準時の時差です。当然、「0/ゼロ」が、ロンドンの世界標準時です。
それぞれの,時差の数字にマウスポインタを合わせると、その時差のの国/地...続きを読む

Q紫微斗数で夫妻宮にも子女宮にも主星がない場合の結婚運

ご存知の方がおられたら、是非教えて下さいませ。紫微斗数の私の命盤には、夫妻宮(未宮)にも子女宮(午宮)にも主星が無いのですが、この場合結婚はやはり難しいでしょうか。また結婚したとしても、離婚率が高くなるのでしょうか。ちなみに夫妻宮には天鉞、紅ラン、天姚(陥)が入っています。対宮の官禄宮(丑宮)は武曲、貪狼(共に廟)、天魁が入っています。子女宮にはケイ羊星(陥)が入っています。対宮の田宅宮(子宮)には天同(旺)、太陰(廟)が入っています。命宮は酉宮で、廉貞(平)と破軍(陥)です。

Aベストアンサー

 本宮(目的の宮)に主星が無い場合には対宮の主星で見ます。

 夫妻宮が無主星宮である場合、自らの思い描く配偶者像や恋愛運が時の経過と共に変化しやすい傾向はあります。しかし、離婚に至るかどうかとは別の話です。

 離婚に至るのは別にパターンがあります。少なくとも、お話の内容だけを伺う限りではそのパターンでは無いようです。

 子女宮に関しても同様で、お話を伺う限りでは孤独性が強いか病弱などで育てにくいお子さんになるかと思いますが、子宝そのものに恵まれないということは無いと思われます。

 しかし、正確に判断するためには生時の確認から始まって命盤全体を見る必要があり、あくまでもお話の内容だけから判断すれば、という限定的な話ですので、その点はご了承下さい。

Q時差のある理由(7時はなぜ朝なのですか?)

東西に海外旅行すると時差を強く感じますが、なぜ時差が必要なのでしょうか?

例えば、UTCが22時、日本では7時。朝です。

しかし、始めから、22時を朝と考えていれば、それで良い気がします。

また、全世界見ても、現地時間の7時は朝というイメージです。

時差を気にせず、UTCで例えば、22時を朝のイメージに感じるような国や地域はないのでしょうか?

なぜ、これほど、どこの国(反欧米的な国すら)もが示し合わせたように、7時は朝になっているのか不思議で仕方がありません。

Aベストアンサー

#10です。
お礼ありがとうございます。ほいじゃ補足です。

近代以降現代までのUTCはいいとして
>かし、太陽が南中の時を12時とする国ばかりです。例えば、華氏を体感温度にしたように、正午を12時のような中途半端な数にせず、朝を1時とした国はなかったのでしょうかね?

という点についていえば「日本がそうでした」ということでどうでしょうか。近代以前の日本の時間は午前6等分午後6等分で不定時法(日出日没の変化で変わる)でしたので、深夜から数えて第四時間が大体朝の6時から8時までに該当しました。ちなみに深夜の金が9つ(暁9つ)で第四時間(卯時)が明6つでしたので、時間のイメージとしては現代とかなり違うと思います。

これは中国式の暦から来ていますので、アジアはだいたい似たような感じだったはずです。

またイスラム教徒は1日5回の礼拝を行います。彼らの時間軸では60進法による時間分割はあくまでも目安であり、早朝の礼拝に始まり夜の礼拝までが1日の区切りといえるでしょう。

ああ、調べてみたら面白ことが分かりました。ギリシャ正教の聖地であるアトス山には修道士たちの自治区があり、そこでは日没を0時とする時間体系を今でも維持しているようです。
村上春樹のエッセイ「雨天炎天」でアトスの修道士が「あなた方の朝7時が私たちには朝2時なのです」と言って丑三つ時に礼拝を行っている描写があったのですが、そういうことのようです。


ただ、逆に「時間」という感覚については、人類は共通の認識のほうが大きいような気がします。
たとえば、どの地域でも60進法や12進法などの6の倍数や3の倍数を利用して区切っている、のが普通ですし、やはり正午はどの地域でも日中の中間点と捉えられています。

フランス革命以後の10進時法や中国の100分時法などもありますが、現代も古代も3で割ることが可能な時間帯系のほうが多いようですし、結局、正午(太陽が一番高いところ)で時間を計り始めないと、現代ならいざ知らず昔は継続的に時間を計ることができなかったというのはかなり大きな意味合いをもつのではないでしょうか。

つまるところ、正午を計り始めの時間にして3分割で時間を区切ると、結局7時ぐらい(明け6つ)ぐらいが「朝」ということになるのでしょう。

また近代以前のことを考えると「時間」という概念がどこまでだったか、ということも考える必要があると思います。

西洋と東アジアはむしろ例外的に時間を病的なところまで管理しようとしましたが、それ以外の地域の昔は「朝・昼・夜」という区切りだけでよかったのではないでしょうか。そこに西洋の植民地支配が来て、時間と時計をセットで置いていったのですから、現在の反米勢力の以前にすでに根付いてしまっているといえるでしょう。

また確かに英国だけでは全世界を網羅できませんでしたが、西洋列強はある程度協力しながら全世界を植民地化したのですから(日本やタイなどごく一部の独立国以外はほぼ植民地)西洋列強の力の源泉である航海術の運用は全世界に広がったのだと思います。

まあ今で言えばどの国でもアメリカのGPSを使って位置情報を取得するようなものでしょう。反米勢力でもガーミンのポータブルGPSを使ってゲリラ戦をしているようですから・・

とりあえず、現代でもアトスのような場所ではUTCの取り方とは別の時間軸があるようですが、結局24分法です。

#10です。
お礼ありがとうございます。ほいじゃ補足です。

近代以降現代までのUTCはいいとして
>かし、太陽が南中の時を12時とする国ばかりです。例えば、華氏を体感温度にしたように、正午を12時のような中途半端な数にせず、朝を1時とした国はなかったのでしょうかね?

という点についていえば「日本がそうでした」ということでどうでしょうか。近代以前の日本の時間は午前6等分午後6等分で不定時法(日出日没の変化で変わる)でしたので、深夜から数えて第四時間が大体朝の6時から8時までに該当しました...続きを読む

Q紫微斗数の輝度について

説明がド下手で、この説明で分かっていただけるか心配ですが・・
 よく本で、「命宮に太陽と太陰が同宮の人」とか目にしますが、この場合、輝度はどうなっているのでしょうか?(私はまだ勉強始めたばかりの者でよく分かっておりません。)
 例えば不の太陽と、廟の太陽では上のような説明はぜんぜん違ってくるのではないでしょうか?私の知人が、不太陽と廟太陰を命宮に持っていますが、容姿・性格とも太陽よりも太陰の方があっていると思います。それは「不」と「廟」の差が容姿、性格に現れているのでしょうか?
 本でよく見る「○○と△△が命宮の人」とかは輝度は平均で書いてあるのでしょうか? 
 判断する場合、星一つ一つの輝度を見ながら「○○と△△が命宮の人」などと書いてある文章に頼らずに、自分で足したり引いたりして結果を出すといったような作業をした方が良いのでしょうか。
 支離滅裂な文章で申し訳ありませんが、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

ANo.1です。
多分、私もnejirinekutaiさんの意図することを理解してなかったのかもしれません。
「星に輝度を加味した場合の読解をどうするか?」と言うことなのでしょうか。
たしかに、本にもよると思いますが、「○○が廟、△△は陥の人は云々」という風には書かれては居ないようです。私も、言われて初めてああそう言えば無いよなと感じました。σ(^_^;)アセアセ...
ただ、この理由ですが、甲級主星14星で命盤を作った場合、組み合わせとして12種類しかないので、この12種類の時点で輝度の読解を解説してもいいのかなぁとは思いますが、それでも、単純計算で12種類×12宮で144種類になりなすね。まぁ、多分そう言う量的な問題で解説されないというのが大きいとは思いますが・・・
しかし、命盤はその上さらに生時系諸星の甲級助星の「文昌・文曲」、甲級凶星の「火星・鈴星」、および乙級四星(地劫・天空・台輔・封誥)を書き入れ、生月系諸星の甲級助星二星(左輔・右弼)、乙級七星(天刑・天姚・天馬・解神・天巫・天月・陰さつ)を書き入れ、生日系乙級四星(三台星・八座星・恩光星・天貴星)を書き入れ、生年干系諸星の甲級助星四星(禄存・羊・蛇羅・天魁・天鉞)、同じく甲級助星(化禄・化権・化科・化忌)を書き入れ、乙級助星二星(天官・天福)を書き入れます。このうち、化忌・化禄・化権・化科・天鉞・天魁・左輔・右弼には廟・旺・落陥はないので、除外してもらってもいいのですが。これらは助星なので、主星よりは影響力は弱まりますが、それでも皆無とは言えません。これらの助星の廟・旺・落陥を考慮に入れると、それこそどのくらいの数になるか分かりません。やはり、量的な意味で書けないんではないでしょうかね。

もしそのあたりを勉強されたいというのなら、どなたか先生につくのがいいかもしれませんね。
口伝というのもありますし、本とはまた違った、その先生独自の経験による知識もあると思いますし。

本で勉強されるのなら、初めはわかりやすい本がいいと思いますよ。私は西村天然著「紫微斗数 開運星占術」ムックセレクト565 KKロングセラーズ(ISBN4-8454-0522-9)を使っています。
この本は、私が師事した先生が簡潔なのに全体を網羅していると言って、テキストに使いました。
この本では、「○○が廟、△△は陥の人は云々」までは行きませんが、大事なところでは、入廟したときや、落陥したときのことが書かれてますし、別に欄を設けて解説されています。
《星の光輝度<廟・旺・利・陥>の読み方》として載っていますので、一度ごらんになることをお勧めします。ここを読むと、光輝度をつけた場合の星の判断が詳しく書いてあり、かなり理解できるようになると思います。もしもうすでに持っておられたらごめんなさい。
要約すると、十二の宮は子刻から亥刻までの十二の時刻(二十四時間)を表現しています。この十二の時間帯に配置された星たちはその時間帯によって光輝度が違い、それが星の能力となって看命に影響します。影響を問題としない星、ひどく受ける星がありますが、太陽星と太陰星がそれです。看命もそのあたりのことを勘案することが大事です。
この輝度による星の威力の差は各々の星の持つ本来の性格には関係ありません。
甲級十四星は各々が星の性格と星威(光輝度)によって判断の資料を提供します。
(1)星は吉星か凶星か
(2)星の光は輝いているか否か
(3)星の星威を判別する
ここで、先の質問にあり、回答が抜けていた「本でよく見る「○○と△△が命宮の人」とかは輝度は平均で書いてあるのでしょうか?」ですが、平均という意味が良く分かりませんが、光輝度で言うと<利益>±0(吉星はまだ吉兆少し、凶星はまだ無力)で、実際には無いものと考えていいのではないでしょうか。そう判断していいのではと思います。
それと、前回も載せましたが、吉凶星・星威能力表に解説をつけたものを再掲します。

輝度 光輝燦々 光輝能力 明亮   微光    薄暗   真暗   闇黒
名称 廟      旺    得地   利益    平和   不得地  陥
吉凶 大吉    中吉    小吉  吉・凶半  小凶   中凶   大凶
吉星 +3      +2   +1    ±0      -1     -2    -3
凶星 +2      +2   +1    ±0      -1     -2    -3
解説 吉星は  吉星は  吉星は  吉星は   吉星は  吉星は  吉星は
    大吉   大吉   小吉。    まだ吉兆  無力に  無力   無力
    凶星は  凶星は  まだ吉兆 少し     近い   凶星は  凶星は
    吉星と  吉星と  あり。    凶星は    凶星は  凶兆  最強
     化す   化す   凶星は  まだ無害   凶兆現 強力化
                凶兆無力          れる

最後に、『読解力の無い人には向かないって事なんだろうなぁとは薄々感じてはいます・・・が、もうちょっとがんばってみようと思いました。』とありましたが、皆大して違いませんよ。私も読解力ありませんし(笑)
まずは身近な人(親兄弟とか、人生経歴の割と分かっている人)の命盤を作って、看命してみるとどこが当たっていてどこが外れているかとか分かって勉強になりますよ。占いに限りませんが、数をこなして、経験をつむのが大切だと思います。がんばってください。

ANo.1です。
多分、私もnejirinekutaiさんの意図することを理解してなかったのかもしれません。
「星に輝度を加味した場合の読解をどうするか?」と言うことなのでしょうか。
たしかに、本にもよると思いますが、「○○が廟、△△は陥の人は云々」という風には書かれては居ないようです。私も、言われて初めてああそう言えば無いよなと感じました。σ(^_^;)アセアセ...
ただ、この理由ですが、甲級主星14星で命盤を作った場合、組み合わせとして12種類しかないので、この12種類の時点で輝度の読解を解説してもいい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報