QSARについて調べています。
全く素人の学生でも理解できる参考書がありましたら、
教えて頂けないでしょうか。

A 回答 (2件)

rei00 です。



 失礼しました。大学院の方で,薬学で,天然物化学・・・。そう言えば,以前にも回答してますね,私。

 と言う事でしたら,化学も薬理も一応基礎はご存じということでアドバイスいたします。と言っても,私も QSAR はキチンと勉強した事がありませんので,初歩の初歩の話になるかも知れませんが。

 薬学で QSAR と言えば「構造活性相関」の話になるかと思います。以下に書くのは QSAR ではなく,構造活性相関に関する成書です。

 まづ,有機化学で構造活性相関が出て来るのは,「医薬品化学」,「メディシナルケミストリ-」,「創薬化学」等のタイトルの成書です。

 薬理学の方で出て来るのは,「分子薬理学」,「量子薬理学」等のタイトルの成書です。

 以下に私が図書で見て勉強しようかと思った本を記載しておきますが,yonda さんの目的に合うかどうかは疑問ですので,ご自分で上記のような成書を見比べて下さい。

「最新創薬化学~探索研究から開発まで~ 上巻,下巻」
 著編者:カミル・ジョ-ジス・ウェルムス,長瀬博
 出版社:テクノミック
 刊行年:上巻 1998.8,下巻 1999.9
  金額:各 \8,800

「コンピュータ分子薬理学」
 P.M.ディーン著,江崎 俊之訳
 地人書館(↓)
 A5判/448頁/\6,311

「リチャーズ 量子薬理学」
 W.G.リチャーズ著,江崎 俊之訳
 地人書館(↓)
 A5判/384頁/\4,800

 これら2つは,下のペ-ジの「検索」の「医学・薬学」の「薬学」に簡単な説明があります。

参考URL:http://www.chijinshokan.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にいつもいつもありがとうございます。
解らないことを調べれば調べるほど、
解らないことが増えていく・・・といった状態の毎日です。
学問は難しいですね。
だからこそ面白いのかもしれませんけど。
「最新創薬化学~探索研究から開発まで~ 上巻,下巻」 は図書館に
ありましたので、ちょっと読んでみます。

お礼日時:2002/02/21 13:43

 すみません。

失礼ながら,『全く素人の学生でも理解できる参考書』は無いでしょう。どの参考書も,ある程度の化学構造や活性に対する知識を前提としているはずです。

 あなたは,どの程度のレベルの方でしょうか? 補足下さい。

この回答への補足

rei00さん、いつも回答ありがとうございます。
すみません、説明が足りませんでした。
私は薬学部の大学院の学生です。
天然物化学を学んでいますが、
恥ずかしながら、つい最近まで
QSARという学問があることを知りませんでした。
薬学系大学院生がQSARについて学ぶ入門書、のようなものがあれば
教えていただきたいです。

この質問を投稿する前に、
「QSAR」で質問検索を行いました。
rei00さんが紹介していた本が(化学の領域増刊122号)
図書館にはありませんでした・・・。
専門書を購入する予定なのですが、お薦めはありますか。

補足日時:2002/02/20 19:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmarch受験におすすめの参考書

march受験におすすめの参考書

閲覧有難うございます、marchとくに立教大学合格を目指している文系の高1です

もうすぐくる春休みから大学受験に向けて勉強を始めたいと思ってます

そこでみなさんのおすすめの参考書を教えて欲しいです

英単語 古典 英語

のおすすめが特に教えて欲しいです

回答お願いします!

Aベストアンサー

こんばんは^^
今年受験を終えたものです。
進学先は上智なのですが、立教・青山・学習院も合格を取りましたので回答させていただきます。

英単語・単語王2202
古典・コゴタロウ(河合出版)
日本史・山川の一問一答
がオススメです!
これを「徹底」してください。あとは授業中に出てきたものなども「しっかり」覚えてください。
色々な単語帳(古典含む)に手を出すのはとても危険です。その方法で成功した友人は、いません。
英語は・・「これがいい」というのは特に無いです。しかし立教を目指さされているとの事で・・ならば「速読英単語(Z会出版)」」を毎朝15分で読むというのも良いかもしれません。しかしやはり単語が一通り入ってないと厳しいと思いますので、センターの過去問の、大問をひとつ、毎朝20分くらいで解く練習も良いかもしれません^^*そっちの方が良いですね^^オススメです!
絶対大丈夫ですよ、今からやれば!
私は高3の夏くらいから意識してやり始めたので、今からやろうとしている貴方は本当に偉いなあ、って感心してます^^
何か分からない事や不安なことがあったらまたいつでも、私でよければご相談に乗ります^^*!!
頑張ってくださいね、応援してます。

こんばんは^^
今年受験を終えたものです。
進学先は上智なのですが、立教・青山・学習院も合格を取りましたので回答させていただきます。

英単語・単語王2202
古典・コゴタロウ(河合出版)
日本史・山川の一問一答
がオススメです!
これを「徹底」してください。あとは授業中に出てきたものなども「しっかり」覚えてください。
色々な単語帳(古典含む)に手を出すのはとても危険です。その方法で成功した友人は、いません。
英語は・・「これがいい」というのは特に無いです。しかし立教を目指さされて...続きを読む

Q反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べた

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。

2NO2→2NO+O2 の反応について

(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。

(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。


(1)はどのように全圧や圧平衡定数を結びつけたら良いのか解りません。
(2)はおそらく(1)の解を利用するのでしょうが、反応器の体積や圧力がどう利用できるのでしょうか??

Aベストアンサー

補足です。
P(NO2)=(-1/2)P(O2)= -P(NO)
は誤りです。積分するときに積分定数忘れていませんか?

最初の圧力をP_0(=600mmHg)とするなら、NO2の分圧は時間tを用いて
P(NO2) = P_0/[P_0*kt +1]となると思いますが、反応したNO2の分圧ΔPは
ΔP = P_0 - P(NO2) = P_0^2*kt/[P_0*kt+1]
が60%進んでいることより、ΔP=60/100*P_0
の方程式を解けばt=3分、とか入れるとkが求められると思います。
体積と温度は、おそらくkの単位系を濃度に変えるためのものではないでしょうか?(設問がkの単位がmmHgではなくmol/lとかになっていませんか?)
本来、反応速度は分圧でなく濃度に依存するものです。たまたま、今回の問題の設定が容積一定なので、分圧と濃度が比例しており、そのまま分圧で計算できるわけです。

Qおすすめの日本史参考書と年代語呂合わせの本

本屋へ行っても参考書の数が多すぎてどれがいいのか分かりません
ぜひおすすめの日本史の参考書があったら教えてください。

あと日本史の年代語呂合わせで覚えやすいのも知っていたら
教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

〈超〉よくわかる日本史B
http://www.amazon.co.jp/dp/4311110170/

地味だけど非常に良かった。
総理の似顔絵も描かれてあって、これが私には覚えやすいと思いました。

この本で骨格を押さえて、山川出版社「詳説日本史B」を読みこめばいいですよ。

自分が志望する大学の過去問をたっぷりやって下さい。

Q反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べた

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。2NO2→2NO+O2 の反応について(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。

自分なりに続きを解いた結果、dP(O2)/dt = -1/2*dP(NO2)/dt, dP(NO)/dt = -dP(NO2)/dt より

P(NO2)=(-1/2)P(O2)=-P(NO) 

P=P(NO2)+P(O)+P(NO)より P=(-2)P(NO2)よりP(NO2)=(-1/2)P

-dP(NO2)/dt = k*P(NO2)^2をtで積分すると(1/P(NO2))-(1/P(NO2)0)=kt

よって1/((-1/2)P)-1/((-1/2)P)0=kt となりました。

あっていますか??また、(2)はこの式で解けそうですが2dm^3と 600℃の条件にはどのような意味があるのでしょうか??

反応速度の問題について質問です。図書館で参考書で調べたりネットで調べたりしても解決できなくて困っています。2NO2→2NO+O2 の反応について(1)一定容積の反応器中に純NO2を入れ、反応を開始した。反応器中の全圧と反応時間との積分した関係式を導出せよ。ただし、反応は不可逆とする。(2)2dm^3の反応器に600mmHgの圧力、600℃の温度のもとでNO2を満たして反応させたところ、3分後に反応が60%進行した。反応速度定数を求めよ。

自分なりに続きを解いた結果、dP(O2)/dt = -1/2*dP(NO2)/dt, dP(NO)/dt = -dP(N...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
> 全圧PはP(0)となぜ異なるのでしょうか??

化学式が2NO2→2NO+O2で2分子のNO2が消えると2分子のNOと1分子のO2ができます。反応が終点までいけば総分子数は1.5倍になります。

> 2NO2→2NO+O2において2NO2が2xモル減少すると、全圧をPとすると
> P(NO2)=(2(1-x)/2+x)P, P(NO)=(2x/2+x)P P(O2)=(x/2+x)Pとなり
> P(NO2)+P(NO)+P(O2)=(2+x/2+x)P=Pで一定となるという考えはまちがいでしょうか??

普通は初期NO2圧=初期全圧をPoとしてNO2が2x反応すると圧変化は
P(NO2); Po-2xPo=(1-2x)Po
P(NO); 2xPo
P(O2); xPo
となり、x反応後の全圧Pは
P=(1-2x+2x+x)Po=(1+x)Po
となるように考えるでしょう。

質問者さんの式でPは変数です。P(NO2)=(2(1-x)/(2+x))Pなどとありますが、分母に2+xがあるのは2(1-x)+2x+x=2+xに由来しています。つまりその時々に変化している全圧で割っているのです。この2+xこそ全圧の変化にあたります。初めの量に2を割り付けたので全圧も2+xになります。むしろ1をわりつけて、全圧は(1+x)Poとするのが自然です。

No.2です。
> 全圧PはP(0)となぜ異なるのでしょうか??

化学式が2NO2→2NO+O2で2分子のNO2が消えると2分子のNOと1分子のO2ができます。反応が終点までいけば総分子数は1.5倍になります。

> 2NO2→2NO+O2において2NO2が2xモル減少すると、全圧をPとすると
> P(NO2)=(2(1-x)/2+x)P, P(NO)=(2x/2+x)P P(O2)=(x/2+x)Pとなり
> P(NO2)+P(NO)+P(O2)=(2+x/2+x)P=Pで一定となるという考えはまちがいでしょうか??

普通は初期NO2圧=初期全圧をPoとしてNO2が2x反応すると圧変化は
P(NO2); Po-2xPo=(1-2x)Po
P(NO); ...続きを読む

Q地学の参考書でおすすめのものを教えて下さい!

地学の参考書でおすすめのものを教えて下さい!

日々受験勉強に励む
高校3年生です。


今地学の参考書選びで
迷っています。。
一応前に買った
「やばい!地学」という参考書は持っていますが
なんだかこれだけでは
足りないような気がします;;


みなさんはどの参考書が
手応えありましたか?
学力は地学は本当に基礎の基礎しか
わからないです…
公式とかは忘れてしまっています 涙

公式も載ってあって
答えだけじゃなく
解説も丁寧に書かれているのが
個人的にはいいです。


みなさんが
この参考書よかった!
っ思うものがありましたら
ぜひよろしくお願いします!
本気になって勉強しますので!

Aベストアンサー

受験や高校の履修範囲よりも広い扱いになりますが、勉強するための参考書としての良書なら、これでしょう。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%84%E5%9C%B0%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%96%B0%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E9%96%A2%E5%8F%A3-%E6%AD%A6/dp/4844200119

Q化学のレポートを書くときの参考書が知りたい。

化学や実験のレポートを書く時の、良い参考書はないでしょうか? 有効数字の取り扱い方、図・グラフの書き方、データ処理での数字の扱い方、レポートを書く際の一般的ルールなどが詳細に書かれている本はありますでしょうか?

Aベストアンサー

これなんかどうですか?

改訂 化学のレポートと論文の書き方

参考URL:http://www.kagakudojin.co.jp/library/ISBN4-7598-0831-0.htm

Q至急です!英語検定の参考書でおすすめを教えて下さい!

みなさんがおすすめの英語検定(通称:英検)の参考書はありますか??
おすすめがある方は教えて下さい!
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プラス単熟語と、全問題集。
全問題集は過去問題です。

この2冊の次が「教本」かな、私の場合は・・・・・。

二次面接もある級なら、教本のアドバイスも役に立ちました。
今は英検サイトに面接アドバイスも載るようになったようですが。

二次面接向けの練習問題本も出ています。

私は旺文社のしか買ったことがないのですみません。
高橋書店などからも色々出ていると思います。
アマゾンのカスタマーレビューでもお読みになってみては?

Q化学 反応速度 テストが近く、下記の問題をインターネットで調べても全く分かりませんでした(´-ω-

化学 反応速度

テストが近く、下記の問題をインターネットで調べても全く分かりませんでした(´-ω-`)

どなたか下記の問題の解き方を教えて貰えないでしょうか?こういう問題は全くの初心者ですのでわかり易く説明してもらえると助かります。

問題

ある反応において、通常は活性化エネルギーは70 KJ mol^ -¹ であるが、特殊な酵素を使うことによって活性化エネルギーを45 KJ mol^ -¹に下げることが出来る。酵素を使うことによって、30℃での反応速度を何倍に引き上げることができたか?

Aベストアンサー

アレニウスの式を使えば解けると思いますよ。
k=Aexp(-Ea/RT)です。
ここで、k:反応速度定数 A;頻度因子 Ea;活性化エネルギー
R;気体定数 T;絶対温度 です。
この式のままでは、各因子の数値が分からないので、絶対値は
計算できません。
しかし、速度比は計算可能です。
今、通常の反応における速度定数をk1、酵素を使った反応の
速度定数をk2としましょう。
何倍速度が速くなったのかは、k2/k1と置くことにしましょう。
反応速度定数比をaとすれば、
a=(k2/k1)=A2exp(-Ea2/RT)/A1exp(-Ea1/RT)となります。
両者の反応において、頻度因子が等しいとすれば、頻度因子Aを
約分することができます。
上式の対数をとります。
ln a=ln(k2/k1)=ln{exp(-Ea2/RT)/exp(-Ea1/RT)}
=(-Ea2/RT)/(-Ea1/RT)
=(1/RT){-Ea2-(-Ea1)}
=(1/RT)(Ea1-Ea2)

結果
ln a=ln(k2/k1)=(1/RT)(Ea1-Ea2)

上式に気体定数Rと各反応の活性化エネルギーを
代入すれば、速度定数の比が計算できます。

通常の反応と酵素反応において、反応次数は変化しない。
つまり、反応速度定数の比が、そのまま反応速度の比に
等しいとなることが必要です。
常に成り立つとは限らない。

活性化エネルギーが30℃の数値であることが必要。
活性化エネルギーは、温度変化によってあまり変化しないという
前提でアレニウスの式を用いています。

反応が変化しても頻度因子が等しいという前提も入っています。

計算には、各因子の単位に注意してくださいね。
単位を合わさないと、とんでもない数値になってしまします。

アレニウスの式を使えば解けると思いますよ。
k=Aexp(-Ea/RT)です。
ここで、k:反応速度定数 A;頻度因子 Ea;活性化エネルギー
R;気体定数 T;絶対温度 です。
この式のままでは、各因子の数値が分からないので、絶対値は
計算できません。
しかし、速度比は計算可能です。
今、通常の反応における速度定数をk1、酵素を使った反応の
速度定数をk2としましょう。
何倍速度が速くなったのかは、k2/k1と置くことにしましょう。
反応速度定数比をaとすれば、
a=(k2/k1)=A2exp(-Ea2/RT)/A1exp(-Ea1/RT)となりま...続きを読む

Qおすすめの参考書教えてください!

日本史のおすすめの参考書教えてください!

時代の流れがわかりやすいのがいいです。

Aベストアンサー

山川用語集の解説部分を
を一冊完全に覚えてしまうのが良いです。

Q化学Iの有機化学分野 脂肪酸のところが全くと言っていいほど理解できませ

化学Iの有機化学分野 脂肪酸のところが全くと言っていいほど理解できません。

ギ酸や酢酸くらいなら理解できているのですが、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸・・・・となると、性質どころか、示性式すら覚えられていない状況です。

今まで、物質名から推測したり、簡単な式(アルカン、アルケン、アルキンなど)から導きだしたりして、徐々に覚えていったのですが、脂肪酸になると、物質名からも推測できないし、構成元素(Cが17個など)も数が多くなって導き出すことも大変ですよね。

やはりがんばって丸暗記するしかないのでしょうか?
自分は丸暗記するというのが苦手なので、何か効率の良い覚え方があれば教えていただきたいです!

説明が下手くそで、理解できない部分もあるかもしれませんが回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

 そんなにたくさん種類があるわけでもないですし、一日か二日に一つづつ覚えるくらいの、のんびりとした感じでいいと思います。また、ステアリン酸などのCの数が比較的多い分子は、もし問題の中に出てきた場合、問題文中に分子式が示されていませんか。覚える必要のあるものと、なんとなく知っていればよいものとがあると思います。

 問題を解いていくうちに、覚えてたほうがいいものと、覚えなくてもいいものとが区別できるようになると思います。なので、教科書や資料集片手に問題を解いているうちに、自然と覚えていくと思います。


人気Q&Aランキング