日本の歴史で、貨幣経済の浸透って何世紀からですかね?13世紀という理解でいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

貨幣の流通には、貨幣の十分な供給が必要でした。


まったく不十分な状態を改善すべく、平清盛は宋銭の輸入を始めました(十一世紀後半)。  その後も、中国よりの銭の供給が続き、十三世紀前半には、布で収めた年貢が代銭納でよく、後半には米の年貢が代銭納でよくなり、十四世紀前半には、すべての年貢が同様になったと云われています。
米の代わりに銭で納め始めた、十三世紀後半が貨幣の末端への浸透と、云えるでしょう。
    • good
    • 1

貨幣経済の浸透は都市部と農村部では、ずれがかなりあると思います。

鋳造貨幣の流通であれば平城京、平安京の奈良時代、平安時代でも都ではある程度は行われていたはずです。しかし、地方では自給自足の経済であり、貨幣の流通はほとんどなかったはずです。ただし、米、絹、布などの物品を貨幣とする経済は古墳時代からあったことが「日本書紀」などの記録から確認できます。また地方でもあったと考えられます。ご指摘の通り、鎌倉時代くらいから、地方にも港や神社や寺の門前町、交通の要所などに市がたったり、それが定期市などに発展し、鋳造貨幣の流通が活発化したと考えられます。このころの貨幣は中国から輸入された渡来銭だったようです。しかし、全国的な規模で貨幣経済が行きわたったのは、江戸時代までかかるのではないかと考えます。そう考えるわけは、自給自足の農村(農家)が綿、菜種、藍、櫨、漆、和紙などの商品作物を栽培し、金肥や道具の購入、嗜好品や贅沢品の購入のために本格的に貨幣を使うようになるのは、やはり江戸時代だからです。
    • good
    • 0

織田信長が大掛かりな銭で雇った傭兵制度を導入しています。

この制度がある意味織田軍の機動力のバックボーンとなり他家を圧倒していった側面を考えますと、戦国時代に兵を貨幣で調達する価値観はまだ一般的では無かったと考えています。信長によって銭の価値観への見直しが提案され、その実力・実績によって、あるいはその継承者である秀吉の栄華により広く世に認知されたのではないでしょうか。No.1の方と同じ意見です。
    • good
    • 0

どこまでの普及を浸透と見なすかが難しいですね。

また、貨幣を(貝や絹などの)いわゆる代用貨幣を含めて良いかという問題もありますが、概ね戦国時代中期~末期に浸透したと考えて良いと思います。ですので、13世紀頃というのは妥当な線だと思います。

ただし、地域によっても差はありますが、農民にまで浸透するのは安土桃山時代かその直前期(14世紀後半)であったと考えられます。というのも、それ以前の交易は大名や寺院中心であり、農村は塩以外は自給自足の閉鎖的な経済を形成していたからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q18世紀から20世紀の世界の歴史がわかるサイト

いま世界史、日本史を公務員試験の為
勉強しています。
18世紀~20世紀の世界の様子がひとめで
わかって流れとかわかりやすく
まとめられたサイトを知りませんか?
各国で起こった出来事がいろいろごっちゃになって
頭で整理できないんです。
切実です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本史なのか世界史なのかわかりませんが(^^;

とりあえず世界史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2#18.E4.B8.96.E7.B4.80

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%8F%B2

ウィキペディアは完全無欠というわけではないので、
細かいところはご自分で調べて確認なさってください。

Q日本の歴史の南北朝時代を調べようと思ったのですがここの部分で日本の歴史で一番難しそうなんですけど

日本の歴史の南北朝時代を調べようと思ったのですがここの部分で日本の歴史で一番
難しそうなんですけど
ポイントを教えてください。

Aベストアンサー

ポイントは人によって説明の仕方が異なると思います。
 一つは、動乱や統合(統治する幕府の変化の原因と他の政権への変遷の原因となるもの:つまり〇〇の乱:争いの原因は何か、〇〇時代~〇〇時代で、誰が中心的な役割を果たしたか? 誰の政権下:〇〇天皇、〇〇将軍等:にあったか?)等を中心にまとめることがわかりやすいかもしれません。

 ここに、とてもわかりやすくまとめて説明している動画があります。
これを見ながら、もう一度考えてみたら如何でしょうか?
①わかる歴史【南北朝時代】南北朝の動乱 https://youtu.be/hYipWhLxAqg @YouTubeさんから
②わかる歴史【南北朝時代】南北朝の合一 https://youtu.be/EOeqZv2bD_U @YouTubeさんから

これをコアにして、自分なりに、教科書や他の参考書などと読み比べて、まとめ直してみたらいかがでしょうか?

Q日本の歴史、世界の歴史

日本の歴史と、世界の歴史を、別々ではなく、
混ざり合って、説明されているサイトはないですか?
例えば、1800年、アメリカでは、こんな事があり、こんな人が、活躍していました。
そのころ、日本では・・・
フランスでは・・・
など、わかりやすいサイト探してます。

Aベストアンサー

こちらはいかがでしょうか。
参考urlをご覧ください。

他には、簡単ですが。
http://www.special-warfare.net/data_base/101_war_data/history_01.html

http://woman.excite.co.jp/education_school/cultural_science_art/history/the_world_history/integrated_information/

参考URL:http://homepage3.nifty.com/chrotubo/noad/index.html

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q貨幣の歴史について

宋から清代の貨幣について何でもいいので教えてください。
これに関する参考HPや本などがあれば教えてくださると助かります。
本はできれば、入手しやすいものでお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
 差し当たり以下のようなサイトを見つけました。ただし共に写真は豊富ですが、解説はあまりありません。
http://www.ac.wakwak.com/~sodo/
 詳しい解説の載っているページも有るかもしれませんが、検索で「中国 貨幣 宋」といったキーワードで改めて試してみて下さい。私は以上の用語で該当したうちの初めの10件のみを確認しただけです。
 と、思いましたが、ここで紹介したサイトの「リンク」を見た方が良さそうです。かなりの数の同好のページが出ていますので、そちらを当たれば、ページによっては参考文献の紹介も有るのではないでしょうか。
 新刊書店で「中国 貨幣」と検索しても、手頃な値段の良さそうな文献は『銭貨』あたりしか見出せませんでした。簡単な内容紹介がありますから
https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html
で書名で検索して下さい。
 また、紹介したサイトの中に掲示板も有りますから、そちらで尋ねてみるのも良いかもしれません。 

参考URL:http://hmd.room.ne.jp/~hasy/coin/

こんにちは。
 差し当たり以下のようなサイトを見つけました。ただし共に写真は豊富ですが、解説はあまりありません。
http://www.ac.wakwak.com/~sodo/
 詳しい解説の載っているページも有るかもしれませんが、検索で「中国 貨幣 宋」といったキーワードで改めて試してみて下さい。私は以上の用語で該当したうちの初めの10件のみを確認しただけです。
 と、思いましたが、ここで紹介したサイトの「リンク」を見た方が良さそうです。かなりの数の同好のページが出ていますので、そちらを当たれば、ページ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報