母親が彼女の車を売ろうとかんがえてあちこちに電話をしていたのですが、突然ある会社で契約をして帰ってきました。今日中古車やさんをさがしはじめたのと、知り合いの車会社のかたの査定との額からかけはなれていたので おどろいていました。そんなところへほかのかたが いいお値段で買いたいともうしでてきました。
ははおやは早速電話をし、解約を願ったのですが
いったん契約したからと怖いこえでおどされました。
たしか、わたしの記憶が定かであれば、解約はできるはずだと思うのですが (二日以内かなにか)ご存知の方いらっしゃれば助けてください。もちろんだまされた母がわるいのですがその中古やさんもかなりのものです。。。どうかよい アドバイスおねがいします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

車 契約」に関するQ&A: 中古車契約

A 回答 (1件)

私には回答は出せない・・・だがこれだけは言える。


明日早い時間に必ず消費者センターに相談すべし!!!
必ずだよ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解約(解約時期・解約金)について

とある教室を解約したいのですが、申し込み契約時から1年9ヶ月がすぎており、解約を申し出たところ、解約返金に応じてもらえません。
受講はまだ1度もしておらず、受講開始してないうちはずっと受講可能と聞いていたし、忙しくて受講できないまま時間がたってしまったものなのですが…。(間で何度か受講しようとしても時間がとれず、1度解約を希望したこともありましたが、契約時の半額程度しか返金されないと聞いて、その時は見送ってしまいました)
受講資格失効期限などは契約時書類でも書かれておらず、期限については「受講前」か「受講開始後」かといった分け方しかされていません。
また、受講資格失効についての教室からの知らせも、留守番電話やメールや書面にても一切なかったのですが、解約したいと申し出たところ、「時間が経ちすぎているので解約返金は難しい。本来の受講有効期限も終わっているところだが、特別に、契約時と同条件で無料で受講ならしていただこうと思う」「例えば受講期間のさらなる延長ならどうか?」と言われました。
それでも「解約をしたい」と言うと「自分には決定権が無いので改めたい。時間をくれ。初めてのケースなのでこちらとしても…」と言われました。
ですが決定権のある方が今日明日出社しており直接お話できると聞いたので、その方が来ているという勤務時間内に電話をかけたのですが、上記の代理の方が出たのです。
責任者の方はというと「今日はもう帰った、明日は休み」とのこと。ちょっとおかしい気がします。
また、責任者の方と話できる時間帯や曜日を聞きなおすと、こちらの仕事の時間帯と重なるようで、直接話せる時がうまく合いません。
引き伸ばして代理の者と話をさせ、時間を稼いで対策を練っているのでは…と疑ってしまいます。
確かに普通でなく時間が経ちすぎており、受講できずにずるずるしていたのも情けないのですが、この場合、解約は本当に難しいことなのでしょうか。
解約する権利が無効とは思えないのですが、期間などに関して、なにぶん法的な知識が無いため…。

一応、申込書(契約書)には、あくまで当初の予定であった「受講期間 ○年○月○日~○年△月△日」と記載されているのですが、受講開始はずらせるし、一度も受講していなければ延期してもずっと受講可能という話が普通に通っていたので、そのまま延期していました。
そして、受講開始してない以上、時間が経っていても、「受講開始前」での解約時項目が適用されると思っているのですが…。
それでも申込書(契約書)である以上、受講期間=有効期限と同一で、○念△月△日には契約終了であったとみなされるのでしょうか。

また、解約できる場合の解約金に関してですが、2枚の書類があり、1枚(サービスの概要(お申し込み時にご確認ください))には「受講開始前なら解約手数料なし。全ての納入された金額を返還」と書かれていますが、もう1枚「特商法用交付書面」には、「契約手数料(初期費用)として15000円を差し引く」とあります。
いずれも《受講開始前に解約(契約解除)する場合》です。
この15000円は支払わなければならない金額でしょうか。

ややこしい上、質問項目が多く申し訳ありません。
不足の情報があれば補足させていただきます。
知識のある方、専門者の方、どうぞ宜しくお願いいたします。

とある教室を解約したいのですが、申し込み契約時から1年9ヶ月がすぎており、解約を申し出たところ、解約返金に応じてもらえません。
受講はまだ1度もしておらず、受講開始してないうちはずっと受講可能と聞いていたし、忙しくて受講できないまま時間がたってしまったものなのですが…。(間で何度か受講しようとしても時間がとれず、1度解約を希望したこともありましたが、契約時の半額程度しか返金されないと聞いて、その時は見送ってしまいました)
受講資格失効期限などは契約時書類でも書かれておらず、期限...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
学校の入学金・授業料の返還の判例は、入学日「前」に解約した場合、授業料の返還を認めています。反対に、入学日「後」に解約した場合、授業料の返還を認めていません。

受講手続きをとって、かなりの日数が経過しているので、授業料の返還を求めていくのは、事実上、困難な状況にあると思います。

しかし、感情的には、1回も受けていないのに、授業料を返さないというのは、あんまりだという気がします。

このような消費者問題は、国民生活センターや都道府県・市町村の消費生活センターが無料で相談を受けていますので、相談されるべきと思います。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

Q裁判でおどされています。

裁判に関してですが、相手側を名乗るものから個人的に金額交渉をする電話がありました。個人的な電話でなく会社や家族や知人にもかかってきます。弁護士に相談してもそんなことはありえないといいます。
自分の携帯電話だけなら無視してればいいかと思うのですが、色々な所に電話がかかってきていますので次は家におしかけてきておどされないかと思うと不安で仕方がありません。何かアドバイスをいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

裁判が進行中なんですか?
相手側を名乗る人は何者かが解らなければ不気味ですよね。

実は私にも経験があります。
相手側の関係者と察せられる人から携帯電話に時間帯関係無く、しつこくかかって来ました。しかし私は一切出ませんでしたし(着信拒否にはしませんでした)かけ直すこともしませんでした。(伝言にもメッセージがなかったですし…)
案の定、決着が着いたら電話は来なくなりました。

裁判など、非日常の事柄が生じると、何があってもおかしくないといった状況になります。
そして裁判は当事者の問題です。「関係者を名乗る者」には無関係です。弁護士と本人以外は一切関係ないのです。
例えば証人に呼ばれる人であってもです。
「恐喝になるぞ!」くらいの勢いで無視しましょう。そんな者に金銭交渉する必要も無ければ義理も無いのです。
そして、最後に余裕があったら教えてあげましょう。
「お前の行動は犯罪だ!」って。

Qプロバイダーを解約したら、解約手数料1万5千円

あるプロバイダーのBフレッツ光タイプに加入しました。
値段がとても安かったので加入したのですが、次の条項が気になりました。
「開通後2年以内に退会を行った場合、解除手数料5.000円」
「特典適用期間(1年間)の翌月から12ケ月以内に解約した場合、解除手数料3.000円、初期費用6.300円をお支払いいただきます」(税金別)

つまり2年以内に退会すると違約金を取られるという仕組みですが、これは合法でしょうか?
抜け道としては、退会しないでもっとも安いプラン(ダイアルアップ)に変更しておけばよいと説明されましたが。

Aベストアンサー

合法ですよ。

 契約書にその明記があり、貴方がそれに署名捺印して契約が成立していた場合、その内容を了解したものとされますので、違法にはなりません。納得がいかなければ、契約しないという選択もあるわけですからね。
 #1の方が書かれているように、プロバイダ側も商売ですから、目に見えて損をするようなことはしません。
 内容では、2年間契約を継続することを代わりに、割引サービスを適用しますということですよね。貴方が2年間継続に縛られるというリスクの代わりに、プロバイダ側は割引するというリスクを背負うわけです。契約を強制されているわけではないので、違法とは言えないでしょう。契約するか否かは契約者の判断ですから。

 退会しないで安いプランに、ということではどうかですが、それについては契約書の内容をちゃんと確認し、念のためプロバイダにも確認した方が良いです。
追加条項として、光からADSLなどへ変更した場合、光を「解約」したものと同等と捉え、違約金を取られる場合もあります。
 もちろん、契約書やそれに付随する書類に何もそういうことが書いてなく、違約金を請求された場合はプロバイダの説明不足を理由に訴えることは可能ですが。

 いずれにしても、プロバイダもおいしいところばかりを宣伝しますんで、それだけじゃなく、小さく書いてあることにも目を光らせるようにした方が失敗が少ないと思いますよ。

合法ですよ。

 契約書にその明記があり、貴方がそれに署名捺印して契約が成立していた場合、その内容を了解したものとされますので、違法にはなりません。納得がいかなければ、契約しないという選択もあるわけですからね。
 #1の方が書かれているように、プロバイダ側も商売ですから、目に見えて損をするようなことはしません。
 内容では、2年間契約を継続することを代わりに、割引サービスを適用しますということですよね。貴方が2年間継続に縛られるというリスクの代わりに、プロバイダ側は割引す...続きを読む

Q平成電電を解約したら解約料を請求され困っています

平成16.11.16平成電電に電話申し込む。平成17.3.28上記電話の加入権を3万強で売却。この時3年間使用するとの約束をする。
平成18.4.24平成電電破産、新しい引き受け手が出なければ電話不通の可能性有り、との報道をうけ、やむなく日本テレコムに変更の申し込みをする(商売をしているので、お客様からの電話が不通になると困ります)。平成18.6.19平成電電より、解約料6万強の請求有り。
これは払わねばならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 継続的な契約において、一方当事者が破産しているのに、なお契約の拘束力に縛り付けられるのは疑問です。客観的にサービス提供の継続が疑わしいのであって、信義則上解約料の請求はできないとも解する予定があるのではないかと思いました。私ならば支払いません。

Q店子が解約日3ヶ月満たないのに解約予告してきた場合

こんにちは。私は大家業です。

テナントが、解約予告(電話による口頭)をしてきました。
解約日は約2ヵ月後です。
しかし、契約では次のような条文があるので、記載しておきます。

期間内解約
1.貸主または借主の一方が、賃貸借期間中に本契約を解除使用とする場合は、貸主は6ヶ月前までに、貸主は3ヶ月前までに文書で相手方に対して予告をしなければならない。
2.借主が本契約を期間内解約する場合で、解約予告日から解約日までの3ヶ月間に満たないとき、満たない期間に相当する賃料相当損害金を貸主に支払うものとする。

とあります。
この場合、当然約2ヵ月後が解約日である解約予告ですから、
解約日以降約1か月分の賃料を申し受けることができるのは承知しています。

ここでお聞きしたいのが、この損害金となる賃料をどこまで賃料と考えるかということです。
賃料のほかに、共益費、倉庫使用料(すべて税別)をいただいておりました。
この(税を含めた)共益費等の分まで申し受けてもよろしいのでしょうか?

ちなみに条文1項に「文書で」とありますが、電話連絡してきた日付で文書を出すように
通告したいと思っています。大目に見てやるってことです。
また、損害金は敷金との相殺を行うつもりです。

どうかご教授ください。よろしくお願いいたします。

こんにちは。私は大家業です。

テナントが、解約予告(電話による口頭)をしてきました。
解約日は約2ヵ月後です。
しかし、契約では次のような条文があるので、記載しておきます。

期間内解約
1.貸主または借主の一方が、賃貸借期間中に本契約を解除使用とする場合は、貸主は6ヶ月前までに、貸主は3ヶ月前までに文書で相手方に対して予告をしなければならない。
2.借主が本契約を期間内解約する場合で、解約予告日から解約日までの3ヶ月間に満たないとき、満たない期間に相当する賃料相当損害...続きを読む

Aベストアンサー

契約書の中で他に「賃料」という文言が他に一切でてこないか、全ての場所で「共益費や倉庫使用料を含む賃料」と解釈できるのであれば、共益費や倉庫使用料を請求することも可能かもしれません。

ただ、契約書中に「賃料○○○円、共益費○○○円」などと記載されている場合は、ひとつの契約書の中で、「賃料」という言葉が、「純粋な賃料」を挿す場合と、「共益費や倉庫使用料を含む賃料」を挿す場合の2つがあると主張するのは、無理があると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報