湿度計にバイメタルって使われてますよね。
あれって材質はなんなんですか。
教えてください。

A 回答 (5件)

 直接の回答ではありませんが,「バイメタル式湿度計」を検索したところ,「湿度のABC」と言うペ-ジ(↓)が引っ掛かりました。



 このペ-ジの「〔5〕湿度計について」の「(4)電子式湿度センサ」の「4-(c) その他湿度センサについて」に『4.バイメタル形湿度計』があり,『金属板を渦巻きにして外端を固定し内側に指針をつけた構造』だそうです。

 これをバイメタルと呼んで良いのかどうか判りませんが,気になりましたので一言。

参考URL:http://www.nihon-shintech.co.jp/ABC.htm#situdokei
    • good
    • 0

手許に、昔分解して壊してしまった湿度計がありましたので確認してみました。


銅もしくは銅合金の薄板に紙(ろ紙、もしくはそれに近い紙)が貼り合わされ、これが渦巻き状に巻いてあります。渦巻きの中心は指示針とつながっています。原理はもうお分かりかと思いますが、紙が湿度を吸うとバイメタルと同じように膨張差によって銅/紙の貼り合わせが反ることを利用しています。コイルに巻いて反りの量を拡大して読み易くしているのも、バイメタル式の温度計と同じです。
この方式の湿度計は(バイメタル式温度計もそうですが)精度はあまり期待できません。が、取扱いが簡便でメンテナンスもいらないので、家庭用としてはよく見かけます。

バイメタルは語源的に言えば2種類の金属(を貼り合わせたもの)ですから、紙と金属を貼り合わせたものは厳密には「バイメタル」とは言えないところです。もちろん雰囲気的にはよく分かりますが。

湿度計には毛髪湿度計のほか、乾湿球を使うもの(アルコール温度計が2本並べてあるやつですね)、電気素子の抵抗変化を測定するもの、露点を直接測定するものなどがあります。これらは私の知る限り、バイメタルもしくはバイメタルと類似の機構は使っていません。
    • good
    • 0

ずばりcoco1さんのおっしゃる通りなんです。


でも、湿度計にバイメタル?
たぶん想像するに、フイルムを使っているのではないだろか?セロファンの厚めのやつです。
金属ではちょっと無理でしょ。温度計ならわかるんだけど。
    • good
    • 0

 


  バイメタルというのはクラッドの一種で、昔から色々な分野で使われていますが、わたしが知る限り、バイメタルは「温度測定」の部品で、「湿度測定」にバイメタルを使うというのは知りません。
 
  温度湿度計では、温度はバイメタルで、湿度は、髪などで測っています。髪に一定の張力を与えて引っ張り、湿度に応じて、髪が延び縮みする性質を元に、湿度を、髪がどれぐらい引っ張るか、または引っ張らないかで、数値化して表示するのが、普通の定量湿度計です。
 
  バイメタルは、二種類の金属板を張り合わせて造り、この時、二つの金属の「温度膨張率」が違っているものを選びます。すると、ぴったり張り合わされてクラッドになっていると、温度によって、二つの金属の膨張や収縮の程度が違うので、この違いが「張り合わせ板=クラッド」の「反り」として現れます。この反りを使って、サーモスタットを造ったり、温度計を造ります(反りを程度を、定量表示すれば、温度計になる訳です)。
 
  温度膨張率の違う、馴染みやすい耐久性のある二種類の金属を使えばよい訳で、参考URLでは、「黄銅とインバール(鉄とニッケルの合金)やステンレスの組合わせ」と言っています。これ以外にも色々あります。1000度を超える高温状態で、使用するバイメタルは、当然、この温度で溶けたり、物性が変化しては困る訳です。しかし、普通は、参考URLのような材料で造ります。
 
  なお、「湿度計のバイメタル」が質問なので、それは意味がよく分からないので、自信なしとします。
 

参考URL:http://www.ebayama.edu.city.hiroshima.jp/metal.htm
    • good
    • 0

こんばんわ。


一般に真ちゅうとステンレスなどが使われているようです。
が、正式な規定はないと思います。つまり、熱膨張率の異なる「二つ」の「金属」を組み合わせたものはすべてバイメタル=Bi-Metal、つまり、2つの金属という意味そのものだからです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QバイメタルでOFFの継続をしたい

スイッチA1とモーターM1と安全のためのバイメタルBを使用した単純な回路を考えております。
スイッチA1を入れっぱなしでモーターM1の加熱でバイメタルBがOFFになった時に、モーターM1が停止する簡単な回路です。

この回路ではその後もスイッチA1を入れっぱなしにしておくと、モーターM1が冷めたときにバイメタルBが元に戻り、またモーターM1が回転を始めますよね?

このことを解消させるために、バイメタルBで切れた後もスイッチA1をOFFにしない限り復帰しない回路を作成したいのですが妙案が思い浮かびません。

どうか皆様のお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

acha51補足です

右側が自己復帰回路です→自己保持回路の誤りです訂正します

A1をわざわざS1に置き換えたのはスイッチの動作が異なるからです
これは押したときだけONし手を離すとOFFするスイッチです

これでシーケンスは以下に変わります


スイッチA1→S1  バイメタル    M1  
  OFF      ON       OFF  (初期)
  ON       ON       ON  (M1回転)
  OFF      ON       ON  (M1回転自己保持)
  OFF      OFF      OFF  (温バイメタルOFF)
  OFF      ON       OFF  (冷バイメタルON)
  OFF      ON       OFF  (初期)

<< という流れをさせたいのですが、シーケンスだけだと難しいでしょうか。

シーケンスだけだと1回ONしてOFFすると蟻地獄に入ってしまい次にONできない
つまり1回だけの動作でよいならできるでしょう

Q湿度計がわりの紙

テレビで、湿度に応じて色が変わる紙を見た事があるのですが、何という種類の紙でしょうか?

家庭用に少量で入手できるところがありましたら、教えていただけますと助かります。

Aベストアンサー

すみません温度計のことを書いちゃいました。訂正します。

 手元にあったものになりますが「湿度インジケーターカード」という製品です。メーカーのURLを載せます。
 でもこの手元にあったものが「特殊用途」なので、このメーカーのものが良いか、わかりません。
 うちでの使用履歴を調べましたが、ごめんなさい。この製品しか使ったことがないようです。

 先にも書きましたが、メーカーに問い合わせるのも良いと思いますし、理化学機器屋さんに聞いてみるのも良いと思います。
 

参考URL:http://www.paw.hi-ho.ne.jp/y-uryu/main.htm

Qバイメタルを売っているところ

トースターに使用できるバイメタルの買える所をご存知ありませんか?
必要な大きさはだいたい、12cmx1cm程度、厚さは0.3~0.5mmほどです。これより大きい分には構いません(どういう形態で売っているのかわかりませんが。。)

大量注文を受ける会社はいくつかあったのですが、とても個人で消費できる量ではありませんでした。オリジナルの仕様が不明なので、ある程度種類があると大変ありがたいです。

なおモノは、米サンビーム社のT-20というかなり古い(50年以上前)トースターです。
ネットで探しても部品を見つけることはできませんでした。メーカーに問い合わせましたが在庫なしでした。

お心当たりのある方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

lowrider_2005さん、今晩は。
その大きさだと、焼きの温度制御ではなく、焼きあがり時のポップアップ用でしょうか。
一般にメカ式の装置はその設計用に特別に作るので、汎用部品はないし、流用も困難です。
その意味で、特注しか方法はないでしょう。
>オリジナルの仕様が不明
ならなおさら探し様がありません。

温度制御用サーモスタットなら210℃用を探してください。

Q【宝石】スワロフスキーってダイヤモンドの輝きといううたい文句ですがあれは何で出来ているんですか?

【宝石】スワロフスキーってダイヤモンドの輝きといううたい文句ですがあれは何で出来ているんですか?

スワロフスキー=水晶ですか?

Aベストアンサー

そんなの調べりゃすぐわかる。
スワロフスキー - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC )
 なんのことはない。酸化鉛PbOの含有量が32%ととても多い鉛ガラス(クリスタルガラス)の一種。
 ダイヤモンドの光沢は、2.4ととても大きく、そのためにあの輝きがあるのですが、スワロフスキーガラスはダイヤモンドに匹敵する屈折率がある。

ガラスとは結晶構造を持たない物質の総称で、明確な融点を持ちません。
その成分によってさまざまなものがある。
石英ガラス SiO₂に酸化ケイ素のみ。いわゆる水晶と同じ成分だど水晶は結晶構造をもつが石英ガラスは結晶ではない。
ソーダライムガラス Na₂O、CaO を含むガラス--一般的なガラス
ホウケイ酸ガラス 硼砂Na₂B₄O₇を含む。耐熱ガラス、試験管やビーカーの理化学機器
鉛ガラス NaOを含む
 屈折率が高く、シャンデリア、ガラス工芸品とか
 ただし、鉛ガラスはとても柔らかく、他のガラス器具と一緒にして取り扱うと傷だらけになること。他の宝石と一緒に保管してはならない。
 また、捨てると環境に有毒な鉛を排出することになるので、一般ごみとして破棄してはならない。必ず、処理困難ごみとして、品名--鉛ガラス--と書いて、専門業者に依頼しましょう、。

そんなの調べりゃすぐわかる。
スワロフスキー - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC )
 なんのことはない。酸化鉛PbOの含有量が32%ととても多い鉛ガラス(クリスタルガラス)の一種。
 ダイヤモンドの光沢は、2.4ととても大きく、そのためにあの輝きがあるのですが、スワロフスキーガラスはダイヤモンドに匹敵する屈折率がある。

ガラスとは結晶構造を持たない物質の総称で、明確な融点を持ちません。
その成分によってさまざまなも...続きを読む

Q歴史学について

専門的な歴史学のことではないのですが、歴史学について興味があって調べているのですが、なかなか良いサイトが見つからず困っています。
以下に答えていただきたいです。

 ・歴史学の歴史
 ・歴史学と現代社会のかかわり
 ・歴史学の分類
 ・歴史学で有名な学校(大学・複数)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考程度に、幾つか回答を試みてみます。

1歴史学の歴史

大きな流れとしては、
古代ギリシアのヘロドトスが始めて歴史を書く。
ルネサンス時代に古代史料が読まれるようになる。
ここまでの時代は、歴史的記述程度であり、学問分野として必ずしも一定の方法論や技法は存在していなかった。

そして、近代に民族主義の勃興などにあわせて歴史学も確立していくことになる。
その先鞭をつけたのが、ドイツの歴史家レオポルト・フォン・ランケです。
彼は徹底した史料批判をして耐えられたものだけが、客観的な真実を伝えているという持論のもと、所謂史料主義というものを確立しました。
しかし、それに対して批判もあがりました。
どんなに批判しても、結局最終的な判断には人間の主観が入り込むではないかと。
この論争は今でも続いています。

そして、20世紀に入るとフランスでアナール学派が台頭してきます。
この学派は、それまでの民族や国家の通史ではなく、経済、農耕、都市人口など社会学的な観点から歴史を見つめようとする学派です。
今もこの二つが大きな主流となっていると考えられます。


2歴史学と現代社会のかかわり

これは、色々ですね。
ただ、一番大きいのは、国家・民族と教育の問題でしょうか。
国家や民族主義者や、歴史を国威高揚や民族的団結を図るために利用しようとします。
そして、それらを教育によって広めようとします。(考えの固まった大人より、まだ白紙状態に近い子供のほうが教育しやすい)
しかし、それに対して歴史学者は二つのタイプに分けられると思います。真実と国家主義・民族主義を結びつけるタイプと、それに異を唱えるタイプです。
どちらが良い・悪いでななくて、この両方の立場とうまく付き合いながら、真実がどちらかを見極めようとするのが歴史学の存在意義だと思いますし、多くの歴史学者がこの立場から研究されていると思います。
(残念ながら、目立つのは国家主義者か反国家主義者ですが)


3歴史学の分類
考古学・・・通常、歴史学というと文字史料中心の研究が多いです。その中で考古学は遺跡や出土品などモノから歴史を研究する分野です。
もちろん、考古学だけでは真実を解き明かせませんので、歴史学と考古学は補完関係にあるといえます。

古文書学・・・その名のとおり、古文書や古代文字を読み解くための学問です。多くの文字史料は、やはり当時使われていた文字・言語で書かれています。時には同じ言葉でも、さしている意味が違うことがあります。こういったテクストを読むための研究が古文書学です。

民俗学・・・歴史学や考古学と違い、無形文化や人々の暮らし方から歴史を解き明かそうとする分野です。

上記のそれぞれは、すべて補完関係にあり、どれか一つでは歴史は解き明かすことは難しいといえます。

参考程度に、幾つか回答を試みてみます。

1歴史学の歴史

大きな流れとしては、
古代ギリシアのヘロドトスが始めて歴史を書く。
ルネサンス時代に古代史料が読まれるようになる。
ここまでの時代は、歴史的記述程度であり、学問分野として必ずしも一定の方法論や技法は存在していなかった。

そして、近代に民族主義の勃興などにあわせて歴史学も確立していくことになる。
その先鞭をつけたのが、ドイツの歴史家レオポルト・フォン・ランケです。
彼は徹底した史料批判をして耐えられたものだけが、客...続きを読む

Q湿度についてなんですが

湿度を求める問題に「小数点第一位まで求めよ」しか書いていない問題だったら四捨五入する必要はありませんよね?
まだテスト返ってきてないんですが、僕の学校の先生は採点がおかしいんです。例えば「塩化コバルト紙の反応後の色は?」の答えを「桃色」「うすい赤色」と書いたら×になるんです。
なので証拠(?)が必要なんです。お願いします。

Aベストアンサー

一般的に、
例えば、商取引上や、公定書の場合、
四捨五入が、常識です。

35%以上といった場合、34.5%以上を言いますし、
35%以下は、35.4%以下をさします。
有効桁数と数字の丸め方の問題です。
統一した見解は難しいかもしれません。

質問の場合は、どちらともとれます。
残念ながら、どちらが正解とも言いかねます。

回答になってないかもしれませんが、ご参考までに

Q歴史意識と歴史認識

歴史意識と歴史認識について困っています。
歴史意識は歴史の事実を知ることであり、歴史認識は、
歴史意識に関係することについて触れたとき、何を
受け取るか(イメージするか)ですか?

中国のデモは、中国の、愛国心をあおるような「日本に
被害を受けた」という事実を教えまくった結果、そのような事実で歴史意識が構成され、日本の教科書を見たときに「このような歴史意識が載っていると言う事は反省してないと言うことだ」という歴史認識が出てきたのかなと
判断しているのですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

歴史意識とは、各個人の歴史に対する意識、つまり「日本の近現代史は自虐史観によって支配されている」という考えに共鳴し、あるいは思いついた場合に形成されるものであると考えます。

歴史認識とは、以上のような意識によって規定されるものであり、そうした歴史意識によって歴史を分析・判断すること、および叙述することの基本であると思います。

反日デモについては、中国の人たちにとっては「日本は加害者で、中国は被害者である」という歴史意識があり、当然、その意識に沿った歴史認識による教科書などが書かれることになります。

ですからこうした意識を持つ立場から云えば、加害者が示す歴史意識が自己弁護的であることを見聞したとき、真に反省していないという風に考えることは当然であろうと思います。

Q食用油の酸化防止クッションに使っていい材質は?

このカテゴリーでご意見を出してくれてる人がご自分で調理をする人かどうかは分からないのですが相談させて下さい。
私は単身の男性なのですが調理をする様になった所、実はこれは皆が言ってる事ですが、私も「揚げ物料理」というのは大変めんどうだと感じ、その原因のひとつに、粉の扱いだけでなく揚げ油の処理や保管にこれまた手こずる、という事が言え、何か良い手が無いか探しましたところ、

http://item.rakuten.co.jp/cranes/0744010/

こういう商品が見つかりました。

これは油扱いについてはとっても合理的に工夫されていて、作業工程も減る上に、油で汚れたものをひとつの中にまとめられるという点でも魅力だと感じました。
ただしひとつ難点が有りまして、しょっちゅう油が減り新鮮な油を注ぎ足す人にはいいのですが私は頻繁に揚げ物をしない為、油の酸化による劣化が気になるわけで密閉性に懸念を感じているのです。
そこでこのまま使うのではなく、上鍋と下鍋の間に何かクッション性のある物を一枚挟んで上に重しを乗せて暗部に保管しておこうか、と考えたのです。

お聞きしたいのは、クッキングペーパーやラップやタオルなども有りでしょうが、ホームセンターなどからゴム、ウレタン、シリコンなど(?)のカット材を買ってくれば尚簡単かとは思うのですが、油に直接触れはしませんが油を入れた容器の間に挟む場合、化学的に使ってはならない材質も有るのではないか、それについてどういう材質(ポリ何とか・・など)が有るのかもそも知らないし油環境との適合性も分からず、教えて戴きたいのです。

現品が届いた後に、実は他の部分に小さな穴があってどうせそこから酸化する、という場合もあるでしょうが、それは何とか塞げると思っています。

どなたか知識をさずけて戴ければ幸い、どうか宜しくお願いいたします。

このカテゴリーでご意見を出してくれてる人がご自分で調理をする人かどうかは分からないのですが相談させて下さい。
私は単身の男性なのですが調理をする様になった所、実はこれは皆が言ってる事ですが、私も「揚げ物料理」というのは大変めんどうだと感じ、その原因のひとつに、粉の扱いだけでなく揚げ油の処理や保管にこれまた手こずる、という事が言え、何か良い手が無いか探しましたところ、

http://item.rakuten.co.jp/cranes/0744010/

こういう商品が見つかりました。

これは油扱いについてはとっ...続きを読む

Aベストアンサー

油が熱くなければ「発泡スチロール」で充分だと思います。
ただし試した事はないので、溶けてしまわないかあらかじめ試して下さい。(笑)
なお、発泡スチロールは少しぐらい食べても毒性はありません。
酸素を完全に遮断するには、ポリ塩化ビニリデン(サランラップやその他の商品名で売られています)。
時々ポリ塩化ビニルのラップがあるので、買うときにちゃんと細かい商品仕様部分を見て下さい。

Q歴史学の基本書について

歴史学の基本書について


最近歴史学に興味を持ち始め、有斐閣などが出している本を読んでいるのですが、ほしい本がなかなか見つかりません。

自分の狭い経験から言うと、新書や新書と専門書の媒介を果たす歴史本は、先人の分析によって得られた理論の紹介か、それを歴史に適用して得られた"歴史的事実"の紹介にとどまることが多いです。つまりこういった歴史本を読んでも、作品としての歴史を鑑賞することしかできません。

しかし、私は歴史学の研究方法や基本に興味があります。
いままでの歴史学者は歴史をどのように捉え、そしてどのような方法によって研究してきたのか。日本語・英語問わず、そういったことが書いてある本でなにかオススメのものはありませんか?

Aベストアンサー

「作品としての歴史」というところを
十分に理解できていないのですが、
次のような本が入門には良いのではないでしょうか?

小田中直樹、『歴史学ってなんだ?』、PHP新書。
やや古いですが
浜林正夫他、『歴史学入門』、有斐閣Sシリーズ。

前者は、マルク・ブロックの名著の序文、
「パパ、歴史ってなんの役に立つの?」を導きの糸として、
経済史を中心にした問題意識のあり方などが述べられています。
後者は、史料の取り扱いなど、歴史学の基本的な手続きについても述べられていて
良書だと思います。

Q分光光度計と蛍光分光光度計

「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか?
質問が、的を得ないですみません。
例えば、ある蛍光試薬の、蛍光波長が547nmだとして、励起
後の蛍光強度は、分光光度計で測定したODと同じはずなんでしょうか?
質問の内容が不明な部分は、補足いただくと助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

原理は知らなくても、使えれば良い、と思っていますので。その立場から回答します。ご質問の意図とズレテいればご容赦を

>「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか?
 全く違います。原理から言えば、分光光度計は吸光分析、蛍光は発光分析です。

 分光光度計のセルは、二面だけが透明です。一方から入ってきた光を基準としてに、セルの中でどれだけ吸収されたか、それをセルから出てきた光の量との比で表します。比ですから、特定波長(普通は、極大吸収波長)では、どの分光光度計で測定しようと同じになります(pHなどの些細な条件を無視すれば)。また、誰が測ろうと同じ値になるハズなので、1モルの濃度の吸光度は、モル吸光係数として表すことができます。吸光度は、絶対的な値と考えることができます。
 蛍光の場合は、4面透明のセルですね。30年も前に、「1個1万円(私の1ヶ月の生活費)」と聞いてビビッタことがあります。これは、一方から入ってきた光がセル内の蛍光物質に当たり、そこで蛍光を発します。これを入ってきた光が妨害しない90度の角度から測定します(ですから4面透明)。したがって、入ってくる光が強ければ強いほど、蛍光波長での値は大きくなります。すなわち、使う機械、温度などによって大きく左右されます。また、機械的に感度をあげて見かけ上の値を大きくすることも可能です。すなわち、相対的な値なのです。そこで、標準物質をもちいて、その相対的な値として表します。

 溶液Aがある場合、吸光度は、どこで、どの機械で、誰が測ろうとも同じ値になります。モル吸光係数さえ分かれば、検量線を描かなくても、計算できます。
 蛍光強度では、同じひとが同じ機械で測ろうと、同じ値には必ずしもなりません。ですから、毎回標準物質を用い、その相対的な値として表します。

 なお、蛍光強度は、吸光どの1000倍程度の感度がある、と言われています。蛍光を用いるのは、感度が良いので、微量でも測れるからです。
 

原理は知らなくても、使えれば良い、と思っていますので。その立場から回答します。ご質問の意図とズレテいればご容赦を

>「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか?
 全く違います。原理から言えば、分光光度計は吸光分析、蛍光は発光分析です。

 分光光度計のセルは、二面だけが透明です。一方から入ってきた光を基準としてに、セルの中でどれだけ吸収されたか、それをセルから出てきた光の量との比で表します。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報