中学校で不定詞のときnotはtoの前に置けと習った記憶があります。そして今、英文を書いていて自信がなかったのでGoogleで"it is absurd not to be able to"と検索したら一件ヒットしました。今度は"it is abusrurd to not be able to"で検索したら4件ヒットしました。not toかto notどちらが正しいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アメリカに37年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

形容詞や副詞はほかの単語を「修飾する」と学校で英語を習った人たちはちゃんと知っています。 まったく問題ない解釈です。 そして、これは英語を習うことの基本中の基本です。 つまり、身に着けなくてはならない事柄のひとつなのです。 ただ、試験の問題に出たときの答えが分かるために覚えるのではないのです。

ですから、学校で習ったことをいつまでも知識として頭の中に置いておいては「もったいない」のです。

何を言おうとしているのかお分かりですか?

not to doとto not doの違いはただポジションが違うだけではないのです。 「このnotと言う単語が何を修飾しているのか」をなぜもう少し考えようと学校では「訓練」してくれないのでしょうか。

もう少し変わりやすく説明しますね。 その為に、比べる部分を拡張すれば分かりやすくなります。

それは、is not to doとis to not doと言う表現の違いから違うフィーリングを感じて欲しいのです。

Tom is not a girl.と言う文章を、また、It is fun to doの不定詞の意味合いに「名詞的意味合い」がある、とこの二つを基本として中学で習いましたね。

なぜ、このカテの常連さんたちは「中学の文法さえしっかり身についていれば一般会話は問題ない」と言っているのか、ここのひとつの証拠があるわけです。

口先だけでなくちゃんと本当に中学の文法をしっかり身につける、つまり、習ったこと一つ一つではなく組み合わせても理解できるようにし、更にその組み合わせの表現を感じ取る、事をすれば良いわけです。

今回のnot toとto notの違いは、「not to doが普通である」「学校英語ではこれが正しい」としては、to notの持つフィーリング(英語の使い方)を感じていない、と言う事になるわけです。

Aが好きなBが好き、と書いた文章をどう理解しますか? A likes Bですか? それともB likes Aですか? 分かりませんね。 しかし、あえて「Aを好きなBが好き」と変えることでB likes AとなりI like BだけどB likes Aと言うフィーリングがあることが分かりますね。 ここで、文法で言う「好き」と言う単語をわざといかにも「動詞」のように使っているわけです。 国語の先生は、Aを好き、と言う表現は間違っている、と教えることと、今回のように、フィーリングをはっきり出すために、「わざと」一般的な表現方法を変える表現をすると言う「伝達の道具」としての使い方をすることと、どちらが「英語を使えるようになる」のかという質問にはこの「わざと」「学校文法では間違った」と言われてしまう表現の方を選ぶことの方が結局英語が分かり使える、という方向へ自分を持っていくことが出来るわけです。

What I said is not to do it. 私が言ったのはそれをやれではない、とWhat I said is to not do it私が言ったのはそれをやるなです。がto notの表現の良い例なのですね。 意味(フィーリング)のちがいを出すためにわざと学校文法を「壊した」表現方法をとる方がいいとするわけですね。 (もちろんこの表現方法はその必要性を感じたときだけにしか使わないことになりますね)

ですから、not to be able toと言う表現の方が一般かなと言う思いがでてくるわけです。

しかしです。 It is not toと言う一般的否定文と言う表現の仕方があるからIt is to notと言う表現に変えがち、と言う理由が本当に今回の文章に当てはまるかと言うと私には半分疑問に思えます。 (つまり、半分、妥当だと感じる、という事です) 

なぜかと言うと、もしかしたら、not be ableと言う表現をして、出来ない、と言うフィーリングをもっと強く出したいときもあるのではないかと思うからですね。 not to be able toとnot be able toではやはり人によっては違いを(文法的な違いではなく、フィーリングとしてのです)感じると私は思うからなんです。

そして、not being able toと言う名詩的表現をすることでもこのnot be able toのフィーリングを出すことが出来、この表現の方を好む人もより多くいるのではないかと私は思うのです。 私もこの表現をするでしょう。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 17

不定詞の否定形は 確かに普通はnot toですが、ご質問の場合は to notが正しいですね。

この場合は itが形式主語で、to以下が真主語ですよね。動詞の直後にnotが続くのを回避する為だと思います。
    • good
    • 5

not to do か、to not do かについては、自分も、長い間、その判別に迷ってきました。



しかし、以前、この掲示板だったかどうか、はっきりしませんが、次のような説明を読んだことがあり、非常に納得しました。

原則は、to不定詞の前で、I asked him not to go there. のように使う。しかし、次のような場合は、to not do のようにする。
1.What I asked him is to not go there.
なぜなら、これを、
2.What I asked him is not to go there. とすると、意味が変わってしまうから。つまり、
1は、「そこへ行かないように頼んだ。」であるのに、2は、「そこへ行くことを頼んだのではない。」となるから。

つまり、誤解を防ぐ意味でnot の位置が移動することがあるという説明でした。
考えてみると、何回か、native にこの事を聞いたとき、彼らは、「この文章ではnot はこの位置でいい。」とか言っていて、その理由は説明してくれなかったのですが、その判断基準は、誤解の余地がある表現かどうかだったように思います。

ご質問の"it is absurd not to be able to"については、そういう誤解の余地がないので、基本的には、not to do の形がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 5

こういう時には"not to be able to"および"to not be able to"とか、出来るだけ普遍的になるように文章の引用範囲を狭めて検索するのです。

もっと単純には"not to do"と"to not do"でも構いません。
いづれも膨大な用例数が現れ、 not to の用例数に対して to not が3分の2に迫るくらいの用例数が出てきます。

not to が文法的に正しいことは言うまでもありませんが、to not も最近は著しく文中に現れるようになり、もはや誤りとは言えない程になっているのが実情です。

しかし、だからといって我々外国人が to not と書くメ
リットは別に何もありません。特に学生さんならば正用法である not to~ と書くようにしましょう。
    • good
    • 1

 数百、数千のヒットがあるようならGoogleも参考になりますが、サンプル数が一桁では比較しても意味がありません(ちなみに私が検索すると、両方ともヒットしませんでした)。


 さて、他の方も仰っておられるように正しいのは、"it is absurd not to be able to"です。
 "it is abusrurd to not be able to"といようにto不定詞のあとにnotを持ってくる言い方は寡聞にして知りませんし、どう理屈をつけようとしても無理だと思います。

 ちなみに"to not be able to"でGoogle検索すると約 638,000 件、"not to be able to"1,110,000 件のヒットがありました。"to not be able to"が随分多いのに少なからず驚いています(「回答に対する自信」を「なし」にしました(笑))。
 質問者様も、パターンを変えていくつか文例を探して読んでみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

回答ではありませんが、Google を英文コーパスに使っても役に立たないです。


ネット上には怪しい英文があふれています。
    • good
    • 0

 文法的に正しいのは not to の方です。



 意味的に it is absurd not to be able to というのはあまりない場面だと思いますので,"it is absurd not to" と "it is absurd to not" で比べた方がいいでしょう。

 あるいは,"tell him not to" と "tell him to not" のようなよくある例でもいいと思います。

 すると,to not の方も割合は低いといっても,かなり用いられていることに気づくと思います。

 to の後は動詞の原形という理屈からいくと,to not というのは正しくないのですが,to 副詞 do という形はよく使われます(「分離不定詞」で検索してみてください)。not も副詞ですので,to not do ということも誤りとは言えないと思います。

 こういうのが批判の対象になるのでしょうが,日本の試験では not to としなければ減点されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTo be continued(つづく)って?

ドラマの最後などで見る「つづく」という意味の「To be continued」というのは、文法的にはどういう文の省略なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

This story is to be continued.

直訳すると、「このお話は続く予定です」となります。

be to do で予定を表します。(この場合、do にあたるのが 受身のbe continued )

これから、「To be continued.」で、「次回へ続く」「以下、次回で」という意味の成句になったと思われます。

Qmake+O+原形不定詞と、force+O+to 不定詞の違い

Oに~させるという意味を持つ、
make+O+原形不定詞と、
force+O+to 不定詞にはどのようなニュアンスの違いがあるのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。
訂正があります。<<>>が訂正部分です。

それに対し、force の方は、単に強制するだけですから、目的語は、強制される方向へ動くわけで、その動きをtoが表していると思えばいいと思います。<<つまり、to は、目的語が、何か、迷うと言うか、どうしようかなと、逡巡する間の時間差を表すと、見ればいいと思います。>>

He made me clean the room. 有無を言わせず、または、非常な権力と言うか権威を持って、または、自分の方で、相手に抵抗すると言う試みもなく、「私は部屋の掃除をした。」<<結果に重点があり、過程については述べていない。>>

He forced me to clean the room. 彼は、私が嫌がっているのに、脅したり、何かの権力のようなものを使って、私が抵抗しているのにもかかわらず、「私に部屋の掃除をさせた。」<<結果と言うよりも、過程に重点がある。>>

こんな違いがあると思います。

Qonとto / continuingとcontinued

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White House is calling on all sides to refrain from violence and to work together to put Pakistan back on the path to democracy.

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?
「四方八方に呼びかけている」という意味だと思うのですがtoではないのでしょうか?onでもわかりますが、どちらでもいいのでしょうか?
(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?
to return(restore?) Pakistan to the path of democracy.のようだとニュアンスが変わってくるのでしょうか?

お願いします。

英語やり直し組です

U.S. National Security Council Spokesman Gordon Johndroe says President Bush joins the Pakistani people in their continued concern about the state of emergency and the curtailment of basic freedoms.

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?
「彼らの続いている関心事」のような意味だと思うのですが何故continuedなのでしょうか?またcontinuingだとおかしいのでしょうか?

Johndroe told reporters in Texas that the White ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠くから声をかけるという感覚になるはず。また、to を使うと、all sides がどこか遠くのほうにあるような感覚になり、すでに存在している「各方面」を意味するには不適切。

(3)to put Pakistan back on the path to democracy.のon~toはto~ofだと駄目なのでしょうか?

put AA back on BB 「AAをBBに戻して置く」と言う意味。put があるので、on しか使えないでしょう。また、path to democracy は、「民主主義へ続く道」と言う意味で、現状は民主主義が実現されていないことを意味しています。path of democracy だと、「民主主義の道」となり、すでにある民主主義社会がどう進んでいくか、または、どう進んできたか、のような意味になります。

(1)their continued concernと書かれていますがcontinuingではないのでしょうか?

過去分詞を使うことにより、受身の動作であることを示しています。つまり、自分から続けたいわけではなく、他の原因があるため、続けざるを得ないということ。つまり、様々な政治状況があり、それらのために仕方なく続いていると言う意味。

(2)calling on all sidesのonはtoではないのでしょうか?

call on~ で「~を訪ねる」と言う意味があり、直接実際に呼びかけるというニュアンスが生まれます。call to~だと、遠く...続きを読む

Qto不定詞と原型不定詞の両方を取れる動詞って何でしたっけ?

help以外にもあったと思うのですが・・・

回答お願いします。

Aベストアンサー

knowのことでしょうか?
並びに主部にdoを含んでいた場合もよかった気がします。普段あまり細かい文法的なことに意識を払っていないので、あいまいな回答で申し訳ありません。
質問の趣旨を勘違いしていたら行けませんので辞書で確認ください。

いわゆるイディオム的なものになりますと数が多いので英熟語帳でもぱらぱらしていただければ幸いかと。

QContinued convergenceの訳し方

いつも御世話になります。
今回は下記文中に使用されている"continued convergence"の意味が
よくわかりません。直訳すれば「継続した集中(力)」というような
訳になるかとは思いますが、これでは日本語として違和感があり、いったい
何が言いたいのかイマイチよくわかりません。

英語、および日本語表現に自信のある方、お助けください…

【英文】Investment reflects continued convergence of musical
hardware and personal computer.

【訳】この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの継続した
集中?を反映したものである。

Aベストアンサー

convergenceは収束→近づく

The Himalayan mountain range has formed by collision and continued convergence of the Indian plate with the Eurasian plate
2つのプレートの継続した接近そして衝突

訳→この度の投資は音楽機器とパーソナルコンピューターの一体化が絶え間なく進展していることを反映したものである。

Qto 不定詞の文のnotの位置について

to 不定詞の文のnotの位置について

よろしくお願いします。

1、The students did not seem tolike the new teacher.

は、
2、The students seem not to like the new teacher.

でもよいでしょうか。

to不定詞の否定文の場合、to 不定詞の直前にnotをおくというルールがあったように思うのですが、
。それとも、意味がかわってくる。または、文法的に間違っていますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1 は不定詞の否定というのでなく,動詞 seemed を否定文にして
did not seem to ~「~するようではなかった」

seem not to だと「~しないように思える」で,否定としては微妙な違いがありますが,
普通は don't seem to「~するようでない」という否定を使います。

日本語では「彼は来ないと思う」が
I don't think he will come.
というふうに「思わない」と否定にする,
と同じで,否定は動詞自体を否定する。

seem to についてはそういうことが言えます。

He didn't tell me to go.「彼は行くようには言わなかった」
He told me not to go.「彼は行かないように言った」
これは否定の意味が違っています。

Q[to be]のイメージがつかみたいのですが?

NHKラジオ英会話講座より(英作文の問題)
彼はとても健康なので100歳以上生きると思う。
He's so healthy that I think he'll live to be a hundred or more.
(質問)
(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。
He's so healthy that I think he'll live more than 100years old.
(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?
「あること」「存在すること」という名詞的用法でしょうか?
この文章には、必ず[to be]は必要ですか?
(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?
(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです。 以上

Aベストアンサー

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを前置詞untilを用いると間違いになるので、ご注意下さい。
例:
he'll live until more than 100years old(X)


ご質問2:
<(2)正解に使われている[to be]はどう解釈すればいいのでしょうか?>

1.副詞的用法になります。目的・程度・結果、などの解釈が可能です。

(1)目的の用法:
(直訳)「100歳になるように、生きる」

(2)結果の用法:
(直訳)「生きて、100歳になる」

(3)程度の用法:
(直訳)「100歳になるほど、生きる」

これらの直訳が、抄訳のような「100歳まで生きる」という、分かり易い意訳にまとめられているのです。


ご質問3:
<この文章には、必ず[to be]は必要ですか?>

必要です。to beを使わないのであれば、上記で回答したような接続詞が必要になります。


ご質問4:
<(3)頁の末尾にto be continued(続く)などよく見かけますが、>

1.to be continuedのto不定詞は副詞的用法で、「~しましょう」という独立文を導く用法なのです。
例:
To return.=Let us return.
「本題に入るとしよう」

2.これをcontinueに当てはめると
To be continued=Let it be continues.
「それを続かせるとしよう」→「次回に続く、、、、」
となるのです。


ご質問5:
<continueだけにするのと、ネイティブの受け取る感覚の違いを知りたいのですが?>

1.まず受身にする必要があります。例えばドラマで使われた場合、主体となるのは「ドラマ」で「ドラマが続く」となるからです。Continueと能動のままだと、ドラマでなく、ドラマ製作者にスポットライトが置かれ「我々が、続ける」となってしまいます。「続く」という自動詞にはならないからです。

2.continueには「続く」という自動詞もありますが、「中途のものが引き続き継続する」の意味で使われる場合は、他動詞を使います。
例:
continued from(on) page 20
「20ページから続く」

自動詞のcontinueはある動作・状態が引き続き行われる場合に使われ、補語Cを伴います。
例:
He continued obstinate.
「どこまでも強情をはった」

3.また、continuedだけだと、完了のニュアンスは表せますが、未来への指向性「これから~する」といった予定のニュアンスが表せないのです。To不定詞を用いることによって、それを出すことができるのです。

もしto不定詞を使わないなら、時制を表す文にする必要があります。
例:
It will be continued.
「それは、続くだろう」


ご質問6:
<(4)日常よく使われる[to be]を含んだ用語を幾つか教えて下さい。何とか、イメージをつかみたいのです>

1.副詞的用法:

To be honest「正直に言うと~」
To be frank「率直なところ~」
To be serious「真面目なはなし~」
といった副詞的な用法として、文頭に使われることがあります。これらは独立副詞句と呼ばれます。

2.名詞的用法:

To Be, Not To Be
「生きるか死ぬか、(それが問題だ)」
有名なハムレットの言葉ですが、このto不定詞は「~こと」という名詞的用法で、beは「ある」「存在する」という完全自動詞が→「生きる」という意味に転じたものです。

以上ご参考までに。
PS:今週末からまたバカンスでブルターニュ地方に一週間ほど出かけてきます。今回はクラシックスポーツカー愛好家の集まりに出席するのが目的で、ついでのバカンスです(仏人はバカンスとってばかりですね(笑))今回はPCを持っていかないので、回答はできませんが予めご了承下さい。

こんにちは。9/25のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<(1)私の作った英文の間違いを教えて下さい。>

1.例文の日本語は「100歳以上」と書かれていますが、正確には「100歳以上まで」ということなのです。

2.つまり、he'll live more than 100years oldだと、「まで」にあたる英語が見当たらないのです。

3.この文を正解に導くには、接続詞untilを用いて
he'll live until he'll be more than 100years old
「100歳以上になるまで、生きる」
します。

これを...続きを読む

Q不定詞による仮定法条件節の代用?:to...to...to...

この文章について教えて下さい。

We must be clear about what countries need to do to hope to join.

これを観て私は、「我々は、参加を望むために諸国家がしなくてはならないことについて明らかにしなくてはならない」と解釈しました。ですが、「望む」こと自体は、countriesの勝手ではないのかなと思われ、色々と考えた末、to hope to joinの部分が条件説かもしれない、と考えました。そうすると、「我々は、諸国家が参加を望むなら、彼らがしなくてはならないことを明らかにしなくてはならない」となり、意味的にはシックリくるのですが、、、。

どなたか、教えて下さい!

Aベストアンサー

こういう場合は「望むならば(条件)」か「望む前に(前提条件)」と訳すのが普通です。

We が誰かについては、参加しようとしている団体の人々か、不特定の人々か(その場合は、we にこだわらず、取り決めにより clear な状態になっているべき、との意味です)、希望する countries の関係者か、でしょう。

国連加盟の話に似ていますね。

Qafraid not to beの意味

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈していました。確かにこの場合は、2つのafraidしているものをandで繋ぐことで表現されますが、わざわざafraidを2つかくことで強調しているのかと思ってしまいました

この解釈がありえないとすれば、afraid not to be~「~でないことを恐れる」という用法は使わず、全てnot afraid to be~という用法を用いるということになるのでしょうか
それならば「afraid not to be」という用法はないからnot A,Bという構造だということが分かる というだけで納得できますが、後のカンマやbutを見るまでは解釈が確定しないということになると、はっきりとした理解が必要になると思いましたので質問しました

現在高校3年生で、来年受験を控えている者です

Teachers can end up afraid not to be in control of the answer,afraid of losing their authority over the class
教師は、ついには答えを把握していないことではなく、教室における自分の権威を失うことを恐れるようになる可能性がある

ここでのafraidの用法なのですが、これは not A,Bという構造ですよね?
訳をみればそう分かったのですが、訳を見る前はnot to be in control of the answerをafraid+lose their authority over the classをafraidだと解釈...続きを読む

Aベストアンサー

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文がありましたので私はそれを参照しましたが、、、。

>Teachers can end up afraid not to be in control of the answer

これを書き換えると
「Teachers can end up afraid that they (should) not be in control of the answer」
となりますが、いいですか。
「that they (should) not be 」は所謂「仮定法現在」です。
意味は、「教師達は自分たちが問題の答えを掌握していないのではないかと心配する羽目になることだろう」となります。

>「,afraid of losing their authority over the class」

これは分詞構文として解釈できますので次のように書き換えられます。
「because they are afraid of losing their authority over the clss」(教師達は生徒たちに対する自分達の権限が無くなるのを恐れているので)

以上をまとめると
「教師達は、生徒に対する権限を失うのを恐れるあまり、答えを掌握していないのではないかという不安に陥ることがある。」という訳になるかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

>という訳が早稲田の赤本に書いてあったのですが、それは誤りということを言いたいのでしょうか

その赤本とかの訳はおかしいと思いましたので私の訳を書いてみました。
出来れば全文を掲載して下さいませ。
「http://books.google.co.jp/books?id=ca0ncPqf8oEC&pg=PA150&lpg=PA150&dq=%22Teachers+can+end+up+afraid%22&source=bl&ots=cB3idi9xfq&sig=Pg3khRk2GCQO41jZaP_ikPO0auc&hl=ja&sa=X&ei=HQ2KUKXYAYbNmAXuyYB4&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Teachers%20can%20end%20up%20afraid%22&f=false」に当該文があ...続きを読む

Q疑問詞+to不定詞について

こんにちは。
高2のflankです。

I had no idea which way to go.

という文について質問です。
このwhich way to goのように疑問詞+to不定詞はいつも、
I don't know what to do.
のように目的語として使っているのですが、
この文では目的語ではないですよね??
ここでは副詞句として使っているのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは!

(1)疑問詞 + to 不定詞 は、名詞句ですので、主語、補語、目的語、前置詞の目的語になれます。目的語だけではありません。

(2)I had no idea which way to go. は、通常は of が略されていると説明されます。

(a) I had no idea of which way to go.これなら、前置詞の目的語ですね。

(b) ideaとwhich way to goが同格と見ることも可能でしょう。

(c) have no idea (of) を1つの動詞と見るのも有力です。それなら、which way to go は目的語となります。

いずれにせよ、【have no idea + 疑問詞句/疑問詞節】というパターンが大事で、それさえ押さえておけば、文法的解釈にそれほどこだわらなくてもいいでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報