今年の4月から、小学校では「総合的な学習の時間」の中で、英会話を中心とする英語教育が展開されます。そこで、皆さんのご意見をうかがいたいと思います。
 (1)小学校で英語を勉強する利点や目的は何だと思いますか。
 (2)(1)と逆に小学校の英語教育の問題点はなんだと思いますか。

 皆様からの率直なご意見をお待ちしております。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

enngelさんは,『「総合的な学習の時間」の中での英会話を中心とする英語教育』と書いていらっしゃいますから,もしかすると,すでに相当詳しい方かもしれませんね。数年前から特定の研究開発校などで,実験的に英語の授業などが行われていて,それがテレビなどでも紹介されたりしています。ネイティブの先生と楽しそうにゲームなどをしている子どもたちを見て,期待を持った人も多いと思います。「総合的な学習の時間」で行われる段階では,ネイティブの先生や地域の外国人の応援なども可能でしょうが,もし将来英語が教科として小学校に入れば,全国20000校以上ある小学校すべてにネイティブが入るとは限りません。主役は日本人の先生です。ただし,自治体によっては,独自にネイティブを多数採用しているところもあります。

私が感じる利点は,子どもに英語への親しみを感じさせたり,英語の音やリズムへの導入がスムーズになされること,単純に考えても英語学習期間が長くなるので,結果的に英語力が向上すると期待できること,などです。

問題点は,週に数時間しかないので,親が期待するほど子どもがネイティブ並みになるとは考えられないこと,英語を教えることなど夢にも思わずに小学校の先生になった人たちに負担が大きくかかること(しかも現場の先生への研修はそれほど充実しているとは言えない),ヘタすると中学校の学習の先取りになり,英語嫌いを早く作るはめになりかねないこと,などかと思います。

うまく行けば,良いことには違いありません。けれど,数年は混乱するかもしれませんね。個人的には,小学校英語の旗を振ってる人たちは,小学校側の苦労は知ってるのかとか,英語さえできれば国際人と思ってるんじゃないか,とかいろいろ思うこともありますが,長くなりましたので,ここで失礼します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 詳細なご回答をお寄せ下さりありがとうございます。大変参考になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/02/23 08:50

1)誰もが英語を日本語と同じ様に喋れたら、これはすごい事になると思います。

もっと早くこのようなシステムがなぜ出来なかったのか不思議です。利点や目的は言うまでもなく日本人とも外国の方とも同じようにコミュニケーションが出来ると言うことでしょう。日本人同士が日本語で意志の疎通が出来ない不利益を想像していただければ、英語で世界規模の意志疎通が出来る利益は計りしれません。
2)問題点は他の学科の授業時間が少なくなること、良い手本となるような優れた先生を確保するのが難しい事、子供の遊び時間が少なくなること。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 明快で端的なご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/23 08:49

(1)に関して。


私の時代は『読んで⇒書く』中心の英語教育を日本人英語教師から教わりました。
中高大と10年間英語を学び。得意な科目で読んで⇒書くのなら成績も優でしたが。

英会話は別物です。いくら単語。熟語。文法を知っていても、英語を話せません。
AIUEOの5母音以外の音が聞き取れないと、英会話は成り立ちませんので。

英会話の問題点⇒『LとR、BとV、SHとTH、の違いが聞き取れるか、否か』
これを早期解決策は、できるだけ早期に、ネイティブな英語を聞き入る環境作り。

私は大人に成ってからこの壁にぶち当たり、子供が同じ苦しみを体験しないよう、
子供向けアニメビデオで『日本語吹き替え版』と『メイン英語で日本語字幕付版』
の両方を購入し、『日本語吹き替え版』4回+『英語版』1回/3回+2回/1回+1回。

その結果。米英語ですが、ネイティブな英米会話教師曰く。私の子供は、私より、
⇒『LとR、BとV、SHとTH、の違いが聞き取れて、聞き分けが出来てる』
でも勿論まだ、英単語の理解が少ないので、私を超えていませんが、いずれ・・・

(2)に関して。
当たり前ですが、日本語が正確に話せない人が、日本語を英訳出来ません。
英語を聞き取る耳が出来ても。論理的な英会話は、勿論出来ません。

(☆)最近はPC上でも、仕事上でも英語(米語)は避けて通れない時代です。
早期から小学生に、ネイティブな英米会話中心の語学教育改正は、大歓迎です。
(私の本音的には・・小学4年生では遅いと思いますが・・)改正=歓迎です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々にご回答をお寄せ下さり誠にありがとうございました。参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/02/23 08:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学校英語教育の英語以外のメリットは?

小学校英語教育の是非を問うものではありません。
デメリットのコメントはご遠慮願います。


小学校英語教育によって他の教科や生活面に与えるメリットがきっとあると思うのですが、皆さんはどうお考えですか?
例えば、日本語と違う音に触れることによって逆に日本語を注意深く聞くようになるとか・・・
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

初めに断っておきますが、デメリットを言うつもりはありません。

英語に限りませんが、学校で習うことにはすべて、他の教科や生活面に与えるメリットがあると信じています。ただし、それは多くの児童にとって、小学校のうちから気づけるものではないと思うんです。むしろ、将来、メリットを享受できるように、今はわけがわからなくても小学校のうちに基礎を学んでおく、それが小学校教育のメリットだと私は常々感じているんです。

現に私は小2を目前に渡米して、自然と英語を身につけ、一方で現地の日本人学校に通ったり、帰国後に日本の小学校に通いましたが、当時、英語ができるメリットは全く感じていませんでした。むしろ、デメリットに感じていました。

しかし、幼いうちに自然に英語に親しんだため、中学以降の英語を効率よく学べましたし、いわゆる英語アレルギーを味わわずに済んでいます。大人になってからは、外国語や外国文化を知ったからこそ培った価値観や思考回路を仕事や生活に活用しています。

小学校英語教育が、英語に無理なく馴染むための良い導入部になれば理想的だと私は思っています。ただし、それには、英語教育の取り入れ方を工夫する必要があると感じますし、小学校英語教育を受けた世代が高校や大学で成果を見せないからといって、それだけを理由に辞めたら、ゆとり教育の二の舞です。

初めに断っておきますが、デメリットを言うつもりはありません。

英語に限りませんが、学校で習うことにはすべて、他の教科や生活面に与えるメリットがあると信じています。ただし、それは多くの児童にとって、小学校のうちから気づけるものではないと思うんです。むしろ、将来、メリットを享受できるように、今はわけがわからなくても小学校のうちに基礎を学んでおく、それが小学校教育のメリットだと私は常々感じているんです。

現に私は小2を目前に渡米して、自然と英語を身につけ、一方で現地の日本人...続きを読む

Qアイム湘南美容教育専門学校 を英語にするとどう書きますか? 教えてください 英語英語英語

アイム湘南美容教育専門学校

を英語にするとどう書きますか?
教えてください

英語英語英語

Aベストアンサー

College of Im Shonan Beauty Education

http://studyinjpn.com/en/schools/4016/College-of-Im-Shonan-Beauty-Education
正式な英語名称かどうかは分かりません。

Q公立小学校の英語教育について

公立の小学校の学校教育についてご質問いたします。

ニュースなどで、小学校での英語教育について、目にすることがありますが、実際には、全国の学校で、どの程度の学校で、どのくらいの時間が英語教育に使われているのでしょうか。
07年のTBSの、中教審のゆとり教育に関する報告書、小学校カリキュラムの変更に関するニュースで、一週間に一時間英語を教科にもりこむというニュースを見ましたが、そのニュースによると、その体制がスタートするのは、4年後と伝えていました。
だとすると、現在英語教育がなされているとしても、それは必修ではなく、各学校の取り組みという形で行われているということでしょうか。

また、以前、よく取り上げられていた「総合的な学習の時間」というのは今でも一応そういう時間がのこっているのですか。
以上の点について、誰かご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

1.その体制がスタートするのは、4年後
正確には、平成23年度に本格実施される、次の学習指導要領から必修体制になります。その場合、5,6年生を対象に週1時間=年間35時間の授業となります。ここからは、全国どこの学校でも一律に実施されます。

2.現在英語教育がなされているとしても、それは必修ではなく、各学校の取り組みという形
YesでもありNoでもあります。現在は、現行の指導要領から新しい指導要領への移行期間、ソフトランディングさせるための期間、です。ですから、全国の学校によって実態が違うのはその通りです。

ただ、英語活動について言えば、指導者養成(先生の研修)や人(外国人指導者)を配置する予算など、学校単位では解決しにくい課題があるので、教育委員会ベースである程度「このような工程で」という指示がされ、揃えられているのが普通です。つまり、物理的な条件整備の関係で、教育委員会単位で実態が異なるという方が正確だろうと思います。

その上で、その「実態」として
・35時間を実施している地域
・10~15時間程度を実施している地域
・「学校裁量」に任されている地域
があります。実施する場合には、その時間数分「総合」の時間を削減します。つまり、総合を減らしてその分を外国語活動に充てるということになります。

ここで難しいのが、ご質問にある「総合的な学習の時間」との関係です。実は多くの学校で、この総合の時間を使って「国際理解」という名目?で実質的に英語活動と同じような授業をやってきたという経緯があります。

ところが、総合は3年生から始まります。系統的にやってきたところでは、3年生から6年生までの4年間のカリキュラムを確立していますし、外国人指導者の配置も、それを前提に行ってきました。そのため、今回の英語活動の導入で、3,4年生については逆に外国人指導者の配置予算が付かない、英語活動がやりにくいという、いわば「はしごを外された」事例も見られます。

3.「総合的な学習の時間」というのは今でも一応そういう時間がのこっているのですか
残っています。ただし、新しい学習指導要領では、年間の実施時間数が削減されています。今の指導要領では105~110時間(週に3回)の実施でしたが、新指導要領では70時間(週2回)になります。

その分がどこに回ったかということですが、高学年では先ほど述べたように外国語活動の時間。中学年では、国語・算数・体育の時間が増えています。

1.その体制がスタートするのは、4年後
正確には、平成23年度に本格実施される、次の学習指導要領から必修体制になります。その場合、5,6年生を対象に週1時間=年間35時間の授業となります。ここからは、全国どこの学校でも一律に実施されます。

2.現在英語教育がなされているとしても、それは必修ではなく、各学校の取り組みという形
YesでもありNoでもあります。現在は、現行の指導要領から新しい指導要領への移行期間、ソフトランディングさせるための期間、です。ですから、全国の学校によって実態が...続きを読む

Q小学校での英語教育導入について。

小学校から英語教育をはじめようということが議論されているようですが、皆さんはどう思いますか?
参考になるサイトだけでも教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

僕は小学校での英語教育には賛成できません。小学校が初めて日本語を本格的に学びだす場所である以上、他の言語を並行して学習しようというのは、単純に考えてしんどい事だと思います。だいたい、そこまで英語教育が重要なのかも疑問です(これについて参考になるサイトをリンクさせておきます)。小学校では英語学習よりも、もっと国語学習を大切にすべきだと思います。

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/eigo.html

Q小学校の英語教育必修化について

私は学生なんですが、授業で小学校の英語教育についてディベートを行うことになりました。
そこで、小学校で英語教育を必修化することによって起こるメリットを教えていただきたいんです。
ほんとに当たり前のことでもなんでもいいので、
どんどん回答ください。

Aベストアンサー

4年間、小学生に英語を教えていたことがあります。
学校で、ではありませんがその際に感じたことを・・・
参考になれば^^

やはり中学生の子にいきなり「科目のひとつ」として教えるよりは
子どもたちの「抵抗」も少ないです。もちろん教え方も工夫していますが。
どうしても中学生の頃にいきなり始めてしまうと「教科のひとつ」としか
考えられない子は多いなという印象を受けました。
これが小学生なら「物珍しい言葉」として意外と興味を持ってもらえるんです(笑)

あとは前の方も仰られているように、やはり「言語」として、「音」として
英語を考えると、早くから耳を慣らすのに越したことはないと思いました。
私がいつも話をしていたのは「貴方たちが日本語を不自由なく話しているのは
貴方が日本人だからではなく、赤ちゃんの頃から日本語をずっと耳にして
そして口にしてきたからだ」です。
それに小学生くらいだと「英語を耳に聞こえたまま発音すること」に対する
抵抗が少ないんです、意外と。みんな楽しんで「真似」してくれますよ。
これが中学生だと照れもあるのか、わざと「日本語読み」しちゃうんですよね。

お役に立てれば嬉しいのですが・・・ディベート頑張ってくださいね!!

4年間、小学生に英語を教えていたことがあります。
学校で、ではありませんがその際に感じたことを・・・
参考になれば^^

やはり中学生の子にいきなり「科目のひとつ」として教えるよりは
子どもたちの「抵抗」も少ないです。もちろん教え方も工夫していますが。
どうしても中学生の頃にいきなり始めてしまうと「教科のひとつ」としか
考えられない子は多いなという印象を受けました。
これが小学生なら「物珍しい言葉」として意外と興味を持ってもらえるんです(笑)

あとは前の方も仰られている...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報