エーロゾルOT(スルホこはく酸ジイソオクチルナトリウム)の構造式を教えてください。

A 回答 (1件)

化粧品等に用いられる界面活性剤ですね。



ROCOCH2
    |
ROCOCH-SO3Na   R:(CH3)2CHC5H10-
    • good
    • 1
この回答へのお礼

夜分遅くありがとうございました。これで卒論がかけます。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 04:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアロゾルについて

大気エアロゾルと浮遊粒子状物質の違いは何ですか?あと、大気エアロゾルを4段ろ紙法(ニールフィルターホルダー)で捕集しているのですが、いいデータになりません。なにかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

「浮遊粒子状物質」は,行政的には環境基準に定められているもので,直径10μm以下の粒子をさします.
ただ,ごく一般的な用語としては同義と考えてよいと思います.

4段ろ紙法というのは,私自身経験がなくよくわかりませんが,1段目でエアロゾルを,2段目以下でガスを測る方法ですよね?1段目の試料(エアロゾル)のイオン分析で,検出できないほど低濃度ということでしょうか?ろ紙は何を使用されていますか?分析にかかるだけの採気量は確保していますか?採取しているエアロゾルの粒径範囲はどうなっていますか?
というように,分析結果は,サンプリング方法,分析方法によりますので,そのあたりを1つ1つ詰めていく必要があります.

超音波にかけたりや振とうしたりして抽出するのが,通常行われる方法と思います.
イオン成分の中で最も主要な硫酸イオンのデータをまずチェックすることをおすすめします.塩化物イオンや陽イオンは,一般に硫酸イオンにくらべて濃度が低いです.

Qスルホサリチル酸と鉄(III)の錯体構造

実験でスルホサリチル酸と鉄(III)の錯体を作ったのですが、どの原子が鉄(III)に配位するのかわかりません。
鉄(III)はフェノールで呈色するので「OH」の「O」かと思ったのですが、http://f61.aaa.livedoor.jp/~chemical/experiments/SalicylicAcid/では、「COOH」でも配位しています。そうすると、「-SO3H」でも配位出来そうな気がします。
一体、どの原子で配位しているのか、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

硫酸イオンやスルホン酸イオンは、鉄とは安定な錯体をつくらない
(ヘキサアコ錯体のカウンターアニオンにはなりますが)ことから
推測すると、miso_loverさんご自身が参考に引かれているURLに
あるサリチル酸の場合と同様に配位しているものと思います。

*同じ酸素原子で配位する場合で比較した場合、
 アニオン化による安定化の寄与が大きいもの(スルホン酸など)ほど
 配位結合をつくるよりもアニオン化した方が安定なので、
 配位子にはなりにくいはずです。
 (例えば水では、10^-7程度が電離、残り99.99・・・%は電離せずに
  水分子のまま ⇒OH-になるよりH2Oとして配位することで安定化)
 (塩素等、原子が異なる場合は、別に考える必要があります)

Qエアロゾルのアルベド

人間の産業活動で排出される硫酸エアロゾルなどが太陽光を反射して地球温暖化を緩和するアルベド効果があると聞きましたが、それぞれのエアロゾルは単位量当たりでどれぐらいのアルベドを持っているのでしょうか。

Aベストアンサー

ゾル粒子の拡散状態で変化するからそんなもの計算できないよ
ばら撒いて実測するだけだね

Qハイドロキシアパタイト(Ca10(PO4)6(OH)2)の構造式を教えて下さい

カルシウム10個、リン酸6個、水酸基2個
で構成されているハイドロキシアパタイトの構造式もしくは組成式ともいいますが、これを教えて下さい。
        H H H
        │││
構造式  H-C-C-C-H  プロパンの場合
        │││
        H H H
こんな感じの表し方で教えて下さい。
もしくは乗っているWEBを教えて下さい。

Aベストアンサー

ハイドロキシアパタイトはイオン結晶を作っているので、その構造を教えてくれということでしょうか。
プロパンは原子の間の結合が共有結合でできていますので、イオン結晶とはいささか異なりますが。

参考URLは英語ですが、真ん中辺に出てくる、六角形の中に星が描かれた図がそれです。
ハイドロキシアパタイトではこのような層がたくさん積み重なっているのですが、同じ図を60度ずつ回転させながら上下に積み重ねた結晶構造をとるよ、と書かれています。

参考URL:http://www.uvm.edu/~swgordon/131-01/131web/caseymorley/growth.html

Q硫黄ガスが硫酸エアロゾルになる過程

火山が噴火する際に吹き出される硫黄ガス(亜硫酸ガス、硫化水素など)が原因で硫酸エアロゾルが形成される過程を簡単に説明したいのですが、以下のような解釈で正しいでしょうか。

1)硫黄ガス(SO2,H2Sなど)が大気中の水分(H2O)と混合して硫酸(H2SO4)になる。
2)硫酸が粒子化して硫酸エアロゾルになる。

また、硫黄ガスには無害のものもあるのですか?
是非とも教えてください。

Aベストアンサー

この程度の反応なら難しくないので、ヒントを出すので自分で考え直してみてください。

1)硫黄ガス(SO2,H2Sなど)が大気中の水分(H2O)と混合して硫酸(H2SO4)になる。

SO2が水と反応してもH2SO3にしかなりません。
H2Sも水に溶けて一部解離するぐらいでH2SO4にはなりません。
SO2やH2Sの硫黄の酸化数とH2SO4の酸化数は一緒ですか?

2)硫酸が粒子化して硫酸エアロゾルになる。

硫酸が粒子化ということは粒子化する前の硫酸はガスでいるということ?

Qアスパラギン酸グルタミン酸の構造式の覚え方

この二つはかなり似ていますが、ぱっと見分けるための覚え方(ごろ、名前の由来)などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

アスパラギン酸の構造式は、

あ す ぱ ら

と唱えながら炭素を4つ書いて、その両端をカルボン酸として、一方のカルボン酸のとなりにアミノ基をつければ出来上がり。

グルタミン酸の構造式は、

ぐ る た み ん

と唱えながら炭素を5つ書いて、その両端をカルボン酸として、一方のカルボン酸のとなりにアミノ基をつければ、同様に出来上がり。

私はこのように覚えましたよ。


ちなみにリシンの炭素数は

りしんりしん

で6個と覚えました。

Qガス・エアロゾルについて

ガスとエアロゾルは化学的にどのように違うのでしょうか?
わかる方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化学的に?物理的にではなく?

Qトリステアリン酸グリセリドの化学式・構造式

トリステアリン酸グリセリドの化学式・構造式が
何処を探しても分かりません(汗)助けてください<m(__)m>

Aベストアンサー

ステアリン酸は飽和脂肪酸の一種で、C17H35COOHです。
「トリ」なので、これが3つあります。
グリセリドということは、グリセリンC3H5(OH)3のOH部分と脱水縮合させればよいことがわかります。
よって、C3H5(OCOC17H35)3となります。

Q大気エアロゾル

以下の質問文においても誤った理解をしている可能性があります。その点につきましてはどうかご容赦頂きたく存じます。又、その誤って理解している点についてもご指摘頂ければ幸いです。
----------------------------[以下質問文]------------------------
 理論的に電磁波(光)の波長が物体の粒径よりも小さければ捕捉する(見る)ことが可能だったと思います。そこで疑問なのですが、
 大気エアロゾル粒子は太陽光を吸収、散乱する作用があり、普通のカメラには写らない(可視光画像では撮影できない)という旨の記述を読んだ覚えがあるのですが、もし、エアロゾル粒子の粒径の方が可視光の波長より大きい場合は普通のカメラに写る(可視光画像で撮影できる)可能性はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

エアロゾルの大きさの範囲は大きいので、大きいものは可視光での撮影は可能です。ただ、ふつうは、光学顕微鏡ごしの撮影になりますね。
リンクでは、花粉、アスベスト粒子なども例にあがっており、これらは大きいので光学顕微鏡で観察可能ですよ。

参考URL:http://www.jaast.jp/hanashi/

Q(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(1)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(2)過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応式を書く

(3)シュウ酸ナトリウムと過マンガン酸カリウムおよび、過酸化水素と過マンガン酸カリウムの反応を、電子の授受が明らかになるように、酸化反応と還元反応の2つの反応に分けて示せ

教科書を見てもわかりません↓
どなた教えていただけませんか?

Aベストアンサー

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+2
x=+7
酸化数が減少するので還元反応になります。

(2)酸化還元される元素に着目し、その元素の数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  <2>CO2
MnO4^- ⇒ Mn^2+ ※加算なし

この場合CO2の炭素元素に着目し、左辺の炭素数2に合わせます。

(3)それぞれの反応式にH2O、OH^-を加え、両辺の酸素元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- ⇒ Mn^2+ + <2H2O>

(4)H^+を加えて、両辺のH元素数を合わせます。
C2O4^2- ⇒  2CO2 ※加算なし
MnO4^- + <4H^+> ⇒ Mn^2+ + 2H2O

(5)e-を加えて両辺の電化数を合わせます。この過程によりいわゆる
半反応式が完成します。
C2O4^2- ⇒  2CO2 + <2e->
MnO4^- + 4H^+ + <e-> ⇒ Mn^2+ + 2H2O


(6) (5)で完成した半反応式の電化数を合わせます。
今回の場合では還元側のシュウ酸の電子数にマンガンの電子数を合わせたほうが楽です。

C2O4^2- ⇒  2CO2 + 2e- ※変化なし【基準】
2MnO4^- + 8H^+ + 2e- ⇒ 2Mn^2+ + 4H2O ※両辺を2倍にする

(7)両方の半反応式を足して、電子が消滅したら酸化還元反応式が完成します。
C2O4^2- + 2MnO4^- + 8H^+ ⇒  2CO2 + 2Mn^2+ + 4H2O



(2)と(3)の一部もこの要領で解けると思います。
詳しくは高校化学1Bを確認してください。

(1)では酸化剤:過マンガン酸カリウム(還元反応)、
還元剤:シュウ酸ナトリウム(酸化反応)になります。

行うべき行程は下記のとおりです。

(1)酸化還元反応が行われる物質間の酸化数を算出し、
参加する物質と還元する物質を明白にする。
※ポイント;酸化数が上昇⇒酸化、下降⇒還元です。
酸化数は化学の教科書に出てくるでしょう。

C2O4^2- ⇒ CO2
2x+(-2)×4=-2 x+(-2)×2=0
x=+3 x=+4
酸化数が上昇するので酸化反応になります。

MnO4^- ⇒ Mn^2+
x+(-2)×4=-1 x=+...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報