次のような実験を行いました。
1.塩化ナトリウム標準液を用いて、モール法で硝酸銀標準液の濃度を  標定する。
2.1で標定した硝酸銀標準液を用いて、ファヤンス法で水道水中の塩  化物イオン濃度を標定する。
そこでいくつか疑問の思ったことがあります。
(1)硝酸銀標準液は、なぜ濃度標定する必要があるのか。ラベルに書いて 濃度を用いてはいけないのか。
(2)ファヤンス法で、強い酸性溶液を用いた場合、どのような影響がある のか。
(3)この実験で、塩化銀と硝酸銀の溶解度は求めることは可能か。可能な らば、どのようにすれば求められるのか。
色々質問してすみませんが、回答待っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 レポート課題では、という疑問が消えないので、ヒントだけ。

特に、困り度3ということだと、その匂いが強くしますので。

(1) 標定する試薬は、放置していると、その力が落ちるからです。落ちる理由は、水酸化ナトリウム水溶液なら、空気中のCO2と反応して中和されるからです。この場合は、中和反応ではなく、・・・
(2) 生成した沈殿は、強い酸と反応して・・・
(3) 溶解度は、粉末を実際に溶かさないと計算できません。この場合、全て水溶液なので。
 溶解度ではなく、溶解度積でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いや、疑ってしまうような質問ですみません。

お礼日時:2006/06/16 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸銀水溶液による塩化銀の沈殿

河川の水質を調べるというテーマの過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定の問題で、
滴定をする前に河川の試料に水、硫酸、硝酸銀水溶液を加えるとあるのですが、その理由を答えよ、というのが設問(1)で、答えは

試料水溶液中の塩化物イオンを塩化銀として沈殿させて除去する

とあります。

解説には

この実験では試料水溶液中に含まれる有機物を過マンガン酸カリウムで酸化分解するので
還元性のある塩化物イオンなどをあらかじめ除去する必要があり、そのために硝酸銀水溶液を
加えている。

とあります。

疑問点は

なぜ塩化物イオンだけなのか。ほかの含まれるイオンは沈殿しないのか。
塩素は陰イオンになりやすく塩化物イオンのままでいようとすると思っていたのに
なぜ塩化物イオンが還元性を持ち塩素になろうとするのか。

また、硝酸銀水溶液はこのように使用することはよくあることか。調べてもあまり見当たらない。
定番の知識ではなくその場で考えさせる設問なのか。

などです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硝酸銀は塩化物イオンと沈殿する性質を持つので、
塩化物イオンの検出に使われますので、このように使うことはよくあることと言って良いです。
(というかこの手段の時はやるべきことなのですが、その場で考えられることでもありますね)

銀イオンと結合して沈殿する陰イオンにはクロム酸イオンがありますが、通常環境中にはほとんど含まれていません。
また、フッ化物イオンを除くハロゲン化物イオンも塩化物イオン同様に沈殿します。
しかしこれら臭化物イオンやヨウ化物イオンは塩化物イオンに比べて量が少ないですし、
塩化物イオン同様に過マンガン酸カリウムと反応してしまうので除去したいイオンのうちの一つです。

塩化物イオンにはそれほど強い還元力はないのですが、相手が強烈な酸化剤の過マンガン酸カリウムなので、塩化物イオンが酸化されてしまうのです。
Cl2よりもCl^-が安定なのは通常環境下の話であり、過マンガン酸カリウム共存時の話ではないですから。

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。

Q塩化ナトリウムと硝酸銀

塩化ナトリウムに硝酸銀を混ぜたときに、白色沈殿を生じることを詳しく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

塩化ナトリウムを水に溶かすと、塩化物イオンとナトリウムイオンに分かれます。
硝酸銀を水に溶かすと、硝酸イオンと銀イオンに分かれます。
これらを混ぜると、その水溶液中には上記の4種類のイオンが存在することになります。
そのなかで、銀イオンと塩化物イオンの組み合わせによって生じる塩化銀は極めて溶解度が低いために、溶けきらずに沈澱が生じます。

水溶液中に銀イオンと塩化物イオンが残っている限りは上述の反応が進みます。
NaCl → Na+ + Cl-
AgNO3 → Ag+ + NO3-
Ag+ + Cl- → AgCl

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。

Q硝酸銀を用いた塩化物濃度の定量について

硝酸銀と反応させて、生じた沈殿の量(濁度)から、塩化物濃度を調べたいと考えています。
JISなどを参考にすると、硝酸銀を加える前に、硝酸を加えるようですが、なぜ硝酸を加えるのでしょうか?

Aベストアンサー

 銀イオンは、中性~アルカリ性に傾くと、水酸化銀→酸化銀の褐色沈殿が生じてしまうからです。
 酸性にすれば何でも良いかと言うと、塩酸や硫酸では又別の沈殿を作るのでバツ。
 銀の可溶性塩を形成する硝酸又は酢酸で酸性にします。

Q沈殿滴定で海水を分析・・・

実験で沈殿滴定を今行っているのですが、今度海水を試料として使って実験することになりました。
これはどんな結果を求めるために行うのでしょうか?過去の質問を検索して海水のうち96.6%が水で、残りの3.4%の塩分のうち
塩化ナトリウム(NaCl):77.9%
塩化マグネシウム(MgCl2):9.6%
硫酸マグネシウム(MgSO4):6.1%
硫酸カルシウム(CaSO4):4.0%
塩化カリウム(KCl):2.1%
その他:0.3%
というのを知ったのですがここからどんなことを求める実験なのか教えてもらえませんか?私の予想としてはやっぱり塩化ナトリウムが関係すると思っているのですが・・・。お願いします。

Aベストアンサー

 やはり、「塩素イオン量を求める」ためでしょう。陽イオンの事を考える必要は有りません。
 銀電極を用いて電位差滴定すると、厳密には沃素→臭素→塩素の順でJumpが表れ、分別も可能ですが、海水中の塩素以外のハロゲンイオン量は少ないので、曲線は殆ど分かれた様には見えないと思います。

Q塩化ナトリウムに硝酸銀溶液を加える

塩化ナトリウム水溶液(NaCl)に硝酸銀溶液(AgNO₃)を数滴加えると白くにごりますよね。この変化を化学式で表すとどういう感じになるのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

下記のようですね。
NaCl + AgNO3―→
AgCl + NaNO3
塩化銀と硝酸ナトリウムが出来ますね。

参考URL:http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/yakuhin/yak/141.htm,http://www.istone.org/element/na.html

Q塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作る

塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作るには、塩化水素と水酸化ナトリウムはそれぞれ何g必要か?
お解りの方がおられましたら、ぜひ教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.塩化ナトリウムの式量を調べる。
2. 58.5gをその式量にグラムを付けた質量で除す。
3. 2.で塩化物イオン、ナトリウムイオンの物質量(モル数)が分ったので、その物質量(モル数)と塩化水素の分子量、水酸化ナトリウムの式量をそれぞれ乗ずる。

おしまい。

Q混合物との反応に生じた塩化銀の沈殿を表す式

塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物4.15gを溶かした溶液に硝酸銀水溶液を十分に加えると、塩化銀の沈殿が8.61g生じた。

塩化ナトリウムをXmol、塩化カリウムをYmolとすると、
塩化銀の沈殿8.61gを表す式を示せ。


という問題で、
塩化銀AgCLは108+35.5=143.5(式量)というのはわかり、この式量143.5*塩化銀のmol=8.61gだと理解したのですが、
その塩化銀のモルがなぜX+Yなのかわかりません。

なぜ塩化ナトリウムと塩化カリウムのmolを足すと塩化銀のmolになるのですか?
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

blv89さん、はじめまして。

まずどのような反応が起きたのか、化学式を書いてみる事が基本です。

塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物を溶かした溶液に
硝酸銀水溶液を十分に加えた時に塩化銀が沈殿する反応は
NaCl、KCl別々に考えると、

XNaCl+ZAgNO3→XAgCl+XNaNO3+(Z-X)AgNO3
YKCl+ZAgNO3→YAgCl+YKNO3+(Z-Y)AgNO3

よって、混合物全体と見ると下記の化学反応式で表せます。

XNaCl+YKCl+ZAgNO3→(X+Y)AgCl+XNaNO3+YKNO3+(Z-Y-X)AgNO3

(Zは十分にある硝酸銀のmol数)

化学反応の前後で原子のモル数は変化しません。
AgClのClに由来するのは、NaClとKClそれぞれのClですが、
塩化ナトリウム分子のmol数がXということは、
それに含まれるナトリウム原子も塩素原子もそれぞれXmol存在します。
塩化カリウムも同様に、塩素原子はYmol存在します。
(ここで、もしこれが2価の塩、例えばMgCl2などだと、
マグネシウム原子はXmolに対し、塩素原子は2Xmolということになります。)

以上で塩化銀のモルがX+Yということはお判り頂けましたか?

ここからは余談となりますが、実際にXとYを求めてみましょう。
塩化銀の式量(分子量)は、ご存知の通り143.5ですよね。
塩化銀の沈殿が何mol出たかというのは、反応により生じた
塩化銀の質量を、塩化銀の質量で割れば求められますので、

8.61/143.5=0.06

となり、0.06mol塩化銀が生じた事になります。
このことより、塩化カリウムを(0.06-X)molと置けますね。

ここで塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物が4.15gですので、
塩化ナトリウムの分子量=23+35.5=58.5
塩化カリウムの分子量=39+35.5=74.5
より、

58.5X+74.5(0.06-X)=4.15

となり、これを計算するとX=0.02となり、
Y=0.06-X=0.04 となり、
塩化ナトリウムが0.02mol、塩化カリウムが0.04mol存在した事がわかります。

blv89さん、はじめまして。

まずどのような反応が起きたのか、化学式を書いてみる事が基本です。

塩化ナトリウムと塩化カリウムの混合物を溶かした溶液に
硝酸銀水溶液を十分に加えた時に塩化銀が沈殿する反応は
NaCl、KCl別々に考えると、

XNaCl+ZAgNO3→XAgCl+XNaNO3+(Z-X)AgNO3
YKCl+ZAgNO3→YAgCl+YKNO3+(Z-Y)AgNO3

よって、混合物全体と見ると下記の化学反応式で表せます。

XNaCl+YKCl+ZAgNO3→(X+Y)AgCl+XNaNO3+YKNO3+(Z-Y-X)AgNO3

...続きを読む

Q塩化ナトリウムとブドウ糖の混合液の濃度

20%の塩化ナトリウム水溶液200gと5%のブドウ糖600gを混ぜると5%の質量パーセント濃度になるらしいのですが、これは何故でしょう?混合液の場合、大きいほうの濃度が適用されるのだろうか?

Aベストアンサー

塩化ナトリウムとブドウ糖を混ぜるとからさと甘さが中和されるからです。

塩化ナトリウムの質量=200×0.2=40(g)
ブドウ糖の質量=600×006=30(g)
よって、溶質の質量は70(g)です。

これに対し、溶液の質量は200+600=800(g)
ですので、中学校レベルでは質量パーセント濃度は
(70/800)×100=8.75(%)となります。

しかしながら、甘辛中和係数をかけると、
溶質の量は、(40-30)×4=40(g)になりますので、
(40/800)×100=5(%) となります。

しかし、この理論はとても難しいので私とこの問題を教えてくれた人の
二人しか理解できないでしょう。


おすすめ情報