江戸時代の貨幣で、丁銀なるものがあります。
時代劇で見て、その不思議なる形を不審におもい調べたのですが、形や重さが一定しない貨幣のようです。
http://homepage3.nifty.com/harupii/cyomame.htm

どうしてこんな不思議な貨幣が流通したのでしょうか?
大きさ、形、価値が一定であってはじめて貨幣の意味があると思うのですが。
またなまこ形のものはいびつで、非常に重そうですね。
どうしてこんなへんな形に鋳造したのでしょうか?
中世以降の海外でもこんな特殊な貨幣がありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

丁銀、豆板銀というのはいまのお金のように1個いくら、1枚いくらというのではなく、秤量貨幣で何匁でいくらというように重量で価値が決まりました。


もともと江戸時代以前は金銀は重量で計って取引していましたが小判などが出るにつれて金については1枚いくらというようになりましたが、銀はそのまま重量での取引だったので1枚いくらという銀貨幣は幕末近くまで出ませんでした。
丁銀はそのままの形でも流通しましたが、場合によっては切断して使うこともできました。また端数が足りないときのために小粒の銀貨の豆板銀もあり、これらを組み合わせて必要な価値にあわせました。
    • good
    • 0

天秤で量って使っていました。


おつりは、それを切って渡していたこともあったようですね。

現在は、お金というと、抽象的な価値観ですが、金本位制度の時代までは、貴重な物質というものが貨幣でした。
米もそうでしたね。

海外と交易するようになって、世界と共通の重量の金貨をつくりました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時代劇について

時代劇についてどう思いますか?また時代劇のよさとは何だと思いますか?また時代劇から何を学びましたか?何でもいいので時代劇について語ってください。

Aベストアンサー

>何でもいいので時代劇について
細かい所も忠実に再現してほしい!ということで、
登場人物の歩きについて、「難波歩き」で終始やって、と。
   (たぶん、笑っちゃうだろうなぁ。お許しを・・・・平に、平にm(_ _)m )
月代(さかやき)の処理シーンも見てみたい。
   (これもたぶん、笑っちゃう。えっ五十叩き?ご勘弁を・・・・)

Q江戸時代、貨幣改鋳の素材について

元禄時代、幕府は貨幣を改鋳しています。
そのときの貨幣の素材の事情ですが、「鎖国までに相当量の地金(金)が輸入されていたので、改鋳用の素材としては銀貨に比べてはるかに余裕があったといえる」と、ある本に書いてあります。
「鎖国までに相当量の地金が輸入されていた」ということですが、誰が、どこから、どのくらい輸入したのでしょうか。
ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

根拠を示せない推測で申し訳ありませんが、考えられる合理的な解釈は幕末時と逆のことが起こったのではないでしょうか、アジア経済ばかりでなくヨーロッパも含めて。
世界遺産登録でもめた岩見銀山の発見後、日本では銀余りとなり金の価値が高騰します。ポルトガル、スペイン等が金を持込銀を買い中国で金に返還する。利ざやかせぎですね。
これだけでは、金がふえつずけ金の流出量の説明がつきませんが、鉄砲、奢侈品、特に硝石などの輸入品の支払いは金で行われていたのでしょう。

Q時代劇っていつからいつまでなんでしょう?という質問です。

最近ずっと疑問に思っていたのですが、テレビや映画などで、よく時代劇をやりますよね?
私は祖父母と同居してましたしチャンバラや殺陣が好きなので、テレビでも映画でも時代劇には興味があります。

ただ思ったのは、いつの時代からいつの時代までが俗に言う「時代劇」というものなのかと。
これにはもしかして定義があるのでしょうか?

たとえば大河ドラマで言えば、かなり幅が広いように思います(大河はあまり見ていないのですが)。
だいたいは戦国時代が多いのでしょうが、昨年は幕末でしたし…。
チャンバラや合戦があるから時代劇なのか、それとも今現在より過去の歴史の話だから時代劇なのか、区別とか境界線みたいなのが、はっきりわかりません。
過去の歴史の話なら、第二次世界大戦だって時代劇になってしまいますよね…。
それとも戦争も時代劇の部類に入るんでしょうか?

みなさんは「いつからいつまでが時代劇と言われるのか」、ご存知ですか?

Aベストアンサー

手元の辞書によりますと、「明治時代以前(主として江戸時代)までの時代に取材した劇や映画」とことなので、「無制限~江戸時代」ということになるのかと。

Q古銭に詳しい人、教えてください。 江戸時代の1斗と10文って現在の貨幣価値で幾らくらいですか? 斗と

古銭に詳しい人、教えてください。

江戸時代の1斗と10文って現在の貨幣価値で幾らくらいですか?

斗と文だと斗の方が高価?

Aベストアンサー

斗はお金の単位じゃないので比べられませんよ。

Qテレビで時代劇の番組が減っていませんか…?

テレビで時代劇の番組が減っていませんか…?

NHKの大河ドラマぐらいしか時代劇を放送していないような気がしてしまうのですが…。


最近の人たちは時代劇が嫌いになったんでしょうか…?

Aベストアンサー

ひとつには放送しても、スポンサーの経済効果がないからです

時代劇の好きな年齢層は高く
視聴率はいいのですが
番組中の広告に効果がでないのです

番組放送にはスポンサーとして莫大な出資をしますが
いくらコマーシャルを流しても
モノが売れないのです

若い人向けの番組でしたら
中学生、高校生などは
コマーシャルに反応してすぐに買ってくれますが
年齢層の高い60台70台の人達は
買ってくれないのです

というわけで
決して時代劇に人気がないわけではありませんが
お金を出して放送しても
この年齢層にはモノが売れず
この不景気でスポンサーにはいつまでも
放送することを優先するには
限界が来たということです

マスコミは時代劇の終わりだとか言っておりますが
本当は企業の経済効果の判断ということですね

NHKぐらいしか放送していないのも
スポンサーに関係がないからです

人気はあるのです

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Q時代劇スターに期待すること

不況ですね。ということで時代劇スターにでもなろうかと考えています。


そこでお伺いしたいのですが、
●次の時代劇スターにはどんなことを求めますか?どんな人物なら見たいと思いますか?時代劇スターに特有のものって何だと思われますか?

●時代劇のなかでも喜劇やら勧善懲悪物などいろいろありますが、これから見たいジャンルは何ですか?どんなストーリーがいいですか?

少しでもお答え頂ければうれしいです。
※あくまで日本の時代劇においてお考え下さい。

Aベストアンサー

(1)
衣裳がハマる方だと「おお!」と思います。
ただ、洋服で素敵と思わる体型より、がっちり・ふくよかな感じになると思うので、本当に時代劇だけという人じゃないと難しいかもしれませんが。
立ち居振る舞いも、無理が見えずそれっぽいと素敵です。

(2)
あんまりマンガっぽい設定じゃない方が好みです。
「実は強い主人公が、悪党をやっつける!」というわかりやすいのがすっとします。(笑)
あと、おいしそうなものが出てくると楽しいです。
池波さん作品が好きなので!

不況→時代劇スターとは、面白い発想ですね。
実際の難しさはわからないのですが、時代劇好きなので答えさせていただきました。
素敵な時代劇スターになってください^^

Q江戸時代貨幣

江戸時代に10文銭はあまり使われなかったそうですが4文銭と2朱銀の間の貨幣がないと不便じゃなかったのでしょうか?まあ天保通宝が幕末近くにあったけど。

Aベストアンサー

江戸時代の貨幣で金、銀、銭はまったく別系統でありふつうは両替して使うもので、金貨を出して銀貨や銭でおつりをもらうことはまずありませんでした。
それで銭は1枚1文で、4文銭や10文銭も1文と大きさや形状、あるいは素材が大きく異なるわけではなく間違えて使いやすいこともあるので一般庶民には使いにくかったのではないでしょうか。

Q時代劇のテーマって何がありますか?

最近、キムタク主演だった「忠臣蔵1/47」を見て時代劇に興味をもちました。

ただ、私の時代劇のイメージというと
水戸黄門、大岡越前、忠臣蔵、新選組
の4つ位しか思いつきません。

他によくある時代劇のテーマってなにかあるでしょうか?
あと、おすすめの時代劇があれば教えてください(できればDVDなどで見れる物で)

Aベストアンサー

時代劇といっても色々なジャンルがありますね。

剣劇(チャンバラ時代劇):剣(日本刀)による殺陣を主軸とするもの。時代劇の大多数を占める。
剣術・武士道や忠誠などをテーマとしたもの
股旅もの(任侠もの)
捕物帖(勧善懲悪)もの:テレビの時代劇は、これが主流。悪人サイドが家老や藩主やその跡取りといった場合は実在しない藩になる。水戸黄門シリーズは藩主まで悪人になることはないため実在の藩が登場する。
将軍もの(副将軍ものを含む)、奉行もの
「鬼平犯科帳」は奉行ものであるが、勧善懲悪よりもドラマ性や風俗描写を重視しており、下記の文芸ものの要素が高い。
岡っ引もの、同心もの、十手もの
義賊もの
合戦もの:戦国時代の合戦や大名の興亡を描いたもの。『影武者』やNHK大河ドラマ、TBS『関ヶ原』など。
文芸もの:小説などの文学作品を脚色したもの(ただし、剣劇を除く)。
江戸文学の映画化:西鶴一代女・近松物語・西鶴一代男など大映の時代劇に多い。
江戸市井もの(東映「冷飯とおさんとちゃん」など)
大奥もの

以上ウィキペディアより

テレビはあまり見ないのでドラマはあまり知りませんが、
映画でお勧めは・・

藤沢周平原作の映画は若手俳優が起用されています。
「武士の一分」(木村拓哉 檀れい)
「花のあと」(北川景子)→最近観ましたが良かったです。
「山桜」(東山紀之 田中麗奈)
「蝉しぐれ」「たそがれ清兵衛」も有名です。

人情ものでは「あかね空」(内野聖陽 中谷美紀主演)も良かったですね。

ちょっと変わったところでは「武士の家計簿」(堺雅人 仲間由紀恵)
宣伝コピーは「刀ではなく、そろばんで家族を守った侍がいた」

「忠臣蔵」といえば最近公開された「最後の忠臣蔵」は見ごたえがあったと思います。
佐藤浩市、役所広司主演。
「忠臣蔵」を題材にした映画はこれまで沢山作られています

役所広司の「どら平太」もおもしろかったです。

もう放送終了していると思いますが、
市川由衣主演の「桂ちづる診察日記」がおもしろそうだなと思いました。
都合があって観られませんでしたが。
女医の主役の時代劇は珍しいと思います。

時代劇といっても色々なジャンルがありますね。

剣劇(チャンバラ時代劇):剣(日本刀)による殺陣を主軸とするもの。時代劇の大多数を占める。
剣術・武士道や忠誠などをテーマとしたもの
股旅もの(任侠もの)
捕物帖(勧善懲悪)もの:テレビの時代劇は、これが主流。悪人サイドが家老や藩主やその跡取りといった場合は実在しない藩になる。水戸黄門シリーズは藩主まで悪人になることはないため実在の藩が登場する。
将軍もの(副将軍ものを含む)、奉行もの
「鬼平犯科帳」は奉行ものであるが、勧善懲悪よ...続きを読む

Q江戸時代の貨幣制度について

お世話になります。
江戸時代の貨幣価値を,およそ1両=10万円とした場合,1文=25円になります。
でもそれだと25円が最低単位になってしまいます。
それ以下の物ってたくさんあったと思うんですが,そういう場合の取引ってどうやってたんでしょうか?

Aベストアンサー

このような話は江戸時代に限らず、現代でも起こっています。

たとえば「ネジ」などは、一つ一つがとても小さな部品で、しかも安いので、1個の価格を出すと0,1円とか0,3円という金額になります。
そのため、このようなものを小売すするときは1個で売らず、10個程度まとめて販売することになります。
会社同士の大口の取引の場合は、1個を0.1と計算した上で、まとまった時点で清算することもあるようです。

また、日本では0.1円でも韓国に行けば1ウォンとして取引が成り立ちます、韓国ウォンは10ウォン=1円で、日本の額面からすればさらに一桁少ない金額でも額面貨幣があるからです。

ですので、韓国では1個1ウォンで売ることができるものが日本に来ると10個でまとめないと1円として取引できないことになります(もちろん、為替の問題とか輸入にかかる輸送費は別としています)

25円程度までの価値をあらわせる額面貨幣があれば、現実としてはまったく問題がなかったはずですし、現代のように商品が豊富でやたらに安売りが横行しているということも無かったはずですから、十分対応できたはずです。

このような話は江戸時代に限らず、現代でも起こっています。

たとえば「ネジ」などは、一つ一つがとても小さな部品で、しかも安いので、1個の価格を出すと0,1円とか0,3円という金額になります。
そのため、このようなものを小売すするときは1個で売らず、10個程度まとめて販売することになります。
会社同士の大口の取引の場合は、1個を0.1と計算した上で、まとまった時点で清算することもあるようです。

また、日本では0.1円でも韓国に行けば1ウォンとして取引が成り立ちます、韓国ウォンは10ウォン=...続きを読む


人気Q&Aランキング