江戸時代の貨幣で、丁銀なるものがあります。
時代劇で見て、その不思議なる形を不審におもい調べたのですが、形や重さが一定しない貨幣のようです。
http://homepage3.nifty.com/harupii/cyomame.htm

どうしてこんな不思議な貨幣が流通したのでしょうか?
大きさ、形、価値が一定であってはじめて貨幣の意味があると思うのですが。
またなまこ形のものはいびつで、非常に重そうですね。
どうしてこんなへんな形に鋳造したのでしょうか?
中世以降の海外でもこんな特殊な貨幣がありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

丁銀、豆板銀というのはいまのお金のように1個いくら、1枚いくらというのではなく、秤量貨幣で何匁でいくらというように重量で価値が決まりました。


もともと江戸時代以前は金銀は重量で計って取引していましたが小判などが出るにつれて金については1枚いくらというようになりましたが、銀はそのまま重量での取引だったので1枚いくらという銀貨幣は幕末近くまで出ませんでした。
丁銀はそのままの形でも流通しましたが、場合によっては切断して使うこともできました。また端数が足りないときのために小粒の銀貨の豆板銀もあり、これらを組み合わせて必要な価値にあわせました。
    • good
    • 0

天秤で量って使っていました。


おつりは、それを切って渡していたこともあったようですね。

現在は、お金というと、抽象的な価値観ですが、金本位制度の時代までは、貴重な物質というものが貨幣でした。
米もそうでしたね。

海外と交易するようになって、世界と共通の重量の金貨をつくりました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丁銀・なまこ銀

江戸時代の丁銀・なまこ銀って秤で計らないといけないお金でしたっけ?

Aベストアンサー

江戸次第の金銀貨は、江戸は金つかい、上方は銀つかいといわれ、東西で主につかわむる貨幣が違っていました。
銀はもともと重さによる秤量貨幣で、丁銀、豆板銀、なまこ銀、小粒銀などはすべて重量を軽量して使いましたが、のちには一分銀、一朱銀などの銀の定位貨幣も発行されるようになりました。
もともとは丁銀を端数はつかったりしていましたが、それでは不便というので豆板銀が作られました。
なまこ銀や小粒銀は西日本の一部で使われていた秤量貨幣です。

Q【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?織田信長は安土城を地

【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?

織田信長は安土城を地方の大名に見せるときに見学料として100文を摂取したそうです。

Aベストアンサー

当時は、金1両は約4000文でした。
1貫文は1000文で、1貫=10万円程度なので、4000文は4貫=40万円。
したがって、100文は1万円程度だと思います。
なかなか金儲けに長けている金額ですが、当時の安土城が見られるならば、私だったら1万円でもいいかな。

Q長さの一町(丁)と広さの一町(丁)

いつもお世話になっています。

長さの一町(丁)と広さの一町(丁)。

どうして、広さと長さで同じ単位を使うのでしょうか? どういう関係にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

百科事典で調べてみました。

おおむかしの日本では
1辺のながさ1町の正方形の面積を1町という。
ながさの1町は60歩。
ながさの1歩は1間ともいう。
1辺のながさ1歩の正方形の面積も1歩という。
面積1歩を1坪ともいう。
1坪はまた、1間四方ともいえる。
面積の1町 = ながさの1町 × ながさの1町
= ながさの60歩 × ながさの60歩
= 60間 × 60間
= 3600坪
したがって、面積の1町は3600坪になる。

太閤検地により面積の1町は3000坪にあらためられたため、以後 ながさの「町」と面積の「町」に直接の関係はなくなった。

百科事典で調べた結果をわたくしなりにまとめると以上の様になります。

Q大正時代の貨幣価値を現在に

とある雑誌で東京駅について、大正3年に総工費280万円かけて建設された、とあったのですが、現在の価値にするとどのくらいの額になるのでしょうか。
曖昧な質問ゆえ、大まかな値で結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

米の値段を物価の基準として考えます。
(参考URLに400年間の米の価格が載っています)

それによれば大正3年の米10kgの価格が1.08円です。現在の米の価格を10kg5000円とすれば、当時の価格を5000倍したものが現在の価格と考えられます。

すなわち280万円×5000=140億円
ということになります。

ちなみに六本木ヒルズの建設費が約2700億円(土地代含まず)、東京都庁が1600億円、国立新美術館(六本木ヒルズ近く)の建設費約400億円ということですけれど、現在はIT関連や空調・電気系統など内部設備に大正の頃よりも金がかかりますしそれと比較してみて高いか安いかの判断は難しいですね。

参考URL:http://www.shizuoka.info.maff.go.jp/nousei/data/bekatai.htm

Q明治時代 貨幣について

こんにちは。高校で日本史Bを学んでいるものです。
歴史カテゴリーか経済カテゴリーかで迷ったのですが、明治時代の貨幣について質問したいと思います。

1、「日本銀行は1885年に正貨と不換紙幣の価値がほとんど同じになった時、銀兌換紙幣を発行した。」とあるのですが、どうして日銀は正貨と不換紙幣の価値が同じになった時に銀兌換紙幣を発行したのでしょうか?

2、1872年の国立銀行条例の際にできた銀行は、兌換紙幣を発行しましたよね。この時代、不換紙幣やら、兌換紙幣やらがごちゃ混ぜになって流通していたのでしょうか?それなら、その紙幣を使う人々は混乱しなかったのでしょうか?

3、「1886年に日本銀行は政府紙幣も銀と兌換するようになったのです。」とありますが、政府紙幣とは何なのでしょうか?不換紙幣とは別なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しい学習のためには、教科書や学校配布の資料だけ読んでいても、理解しにくいこともあるでしょう。図書館や書店を利用しましょう。インターネットを使えるなら、なぜ日銀のサイトでお調べにならないのですか。

日本銀行金融研究所 - わが国の貨幣史
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
日本銀行金融研究所 - 『金融研究』巻頭エッセイ
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra.htm

以上を読めばご質問の答は分かるはずですが、読んでも分からないという場合のために、下手な解説を書いておきます……。

1. 「1885年に正貨と不換紙幣の価値がほとんど同じになった」とは、インフレなどがひとまず収まったという意味でしょう。明治初期、不換紙幣が乱発されたことがあり、その後、金融情勢が一旦安定するのを待って、日銀券発行のタイミングとしたわけです。
また、金兌換ではなく銀兌換としたのは、銀の保有量に余裕があったためです。建前としては金本位制だったのですが、外国から銀が大量に流入して金が流出し、実質的に金銀複本位制になっていました。

2. 「1872年の国立銀行条例の際にできた銀行」は、実は民間銀行でした。その民間銀行に紙幣を発行させるのですから、保証が必要です。政府は銀行に、紙幣発行の裏付けとなる正貨(金銀貨)の保有を義務付けました。したがって、兌換紙幣となります(ただし、のちには不換紙幣化した)。
一方、日本政府自体は、大量の紙幣発行の裏付けとなるほどの金を保有していなかったので、政府紙幣(の多く)は不換紙幣です。不換でも、「政府発行」という信用で次第に流通するようになりました。
「この時代、不換紙幣やら、兌換紙幣やらがごちゃ混ぜになって流通していた」ため、「その紙幣を使う人々は混乱」することもありました。

3. 「政府紙幣」とは、日銀が発足する前に日本政府が発行していた紙幣のことです。多くは不換紙幣ですが、兌換紙幣もありました。
明治初期には日銀が存在しませんでした。誕生した日銀は、紙幣を発行する唯一の機関となり、政府紙幣や国立銀行紙幣は新規発行停止になって、徐々に日銀券に交換されていきました。
なお、「1886年に日本銀行は政府紙幣も銀と兌換するようになった」のは、政府紙幣が一気に日銀券と交換されるのを回避するためと思われます。日銀券は兌換なのに、政府紙幣が不換のままでは、人々は政府紙幣すべてを一気に日銀券と交換したくなります。しかし、それでは日本政府の能力を超えてしまいます。政府紙幣はかつて乱発されたこともあって、総額が大きいからです。そこで、人々がしばらくは政府紙幣を持っていても不利にならないように、政府紙幣も銀と兌換できることを保証したのでしょう。政府紙幣、国立銀行紙幣の通用が停止されたのは、1899年(明治32年)のことです。

詳しい学習のためには、教科書や学校配布の資料だけ読んでいても、理解しにくいこともあるでしょう。図書館や書店を利用しましょう。インターネットを使えるなら、なぜ日銀のサイトでお調べにならないのですか。

日本銀行金融研究所 - わが国の貨幣史
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
日本銀行金融研究所 - 『金融研究』巻頭エッセイ
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra.htm

以上を読めばご質問の答は分かるはずですが、読んでも分からないという場合のために、下手な解説...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報