韓国政府が行っているという、クレジットカード利用促進策について詳しく
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さい。いつ頃から、どのよう
な経緯で、どういった施策を、行っているのかなどしりたいです。どうぞ、
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 まず、1999年、商店でのカード取扱いを促進するため、カードを取り扱わない商店に対して税務調査を強化したり、カード使用に限り、交際費の損金算入を認めたりすることから始まりました。

現在では利用額は日本を越えています。
 参考
http://members.kr.inter.net/fukano/column/column …
 なお、下記も参照願います。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/t-at/asia-paific.htm
    • good
    • 0

韓国には詳しいのですが、政治・経済には全く弱いので、うまく説明できるかわかりませんが・・・


給料のはっきりしている会社員に比べ、自由業の所得申告に不正が多く、所得があるのを隠して、脱税する人がたくさんいます。
会社員の1ヶ月平均所得が、二百数十万ウォンであるのに、百万ウォンにも満たないと申告する医師、弁護士があとをたたず、大きな店を経営していても、所得をとても低く申告するので、庶民が、金持ちの医師や弁護士よりも高い税金・医療保険費を払わねばならない、という矛盾が生じました。
国税庁が税務調査を行っても、隅々の商店にまで行き渡りません。
そこで、所得隠しをなくすため、国民たちにクレジットカードの利用を推進しているわけです。
クレジットカード使用金額に対し、年間給与総額の10%をこえる額の20%を所得控除し、年末にその分の税金が免税されて返ってくる事になっています。
でも、最近、カードの普及によって、カード詐欺・カード代金滞納による信用不良者の激増・手数料の問題など、様々な問題も持ちあがっています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング