親から子供に1,000万円を贈与した場合、贈与税はどれくらいかかりますか?だいたいでいいので教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.hiroshima.nta.go.jp/zouyo/zouyo3.html
贈与税計算サイトです
これで1000万円の贈与は260.5万円です。

住宅取得資金等の贈与の特例を受ける場合
http://www.hiroshima.nta.go.jp/zouyo/zouyo6.html
これで1000万円の住宅資金の贈与(これのみ)は45万円です。
    • good
    • 0

贈与税の額は他の回答の通りです。



又、親から子供に住宅資金を贈与した場合は550万円までは、特別控除が有り非課税になります。
これは、贈与税の申告をすることを条件に適用されます。
    • good
    • 0

贈与税の基礎控除額は一律110万なので、110万


                        までは税金がかかりません。

1000万の贈与だとそこから110万を引いた額
                        (890万)が税金の対象になります。計算方法は

1000万ー110万基礎控除額×45%ー140万

これに当てはめると贈与税の額が出てきます。

したがって贈与税の額は260.5万円となります。

注:計算式の45%ー140万と言う額は贈与の額に

よって違います(13段階に分けられる)
    • good
    • 0

 (1,000万円-110万円)×45%-140万円=260万5千円となります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈与税計算

国税庁HP掲載の計算式より
贈与税計算を行ったのですが以下の通りで間違いないでしょうか?
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

①祖父から孫(20歳以上)への贈与
贈与額 255万円
贈与税=(255-110)×15%-10万円=11.75万円

②曾祖父から曾孫(未成年)への贈与
贈与額 255万円
贈与税=(255-110)×15%-10万円=11.75万円

③祖父から孫(20歳以上)への贈与
贈与額 361万円
贈与税=(361-110)×15%-10万円=27.65万円

④曾祖父から曾孫(未成年)への贈与
贈与額 361万円
贈与税=(361-110)×15%-10万円=27.65万円

⑤曾祖父から孫の嫁への贈与
贈与額 361万円
贈与税=(361-110)×15%-10万円=27.65万円

以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

①特例が使えますが、影響はないです。
 255万-110万=145万に課税されます。
 145万×●10%=14.5万

②は一般贈与となりますが、①と同様
 です。
 145万×●10%=14.5万

③特例が使えますが、影響はないです。
 361万-110万=251万に課税されます。
 251万×15%=27.65万
 合ってます。

④⑤は一般贈与ですが、影響はないです。
合ってます。

しかし
①~⑤までの受贈者(贈与を受けた人)は
全部別々の人ですか?
それならば、
それぞれの計算は間違いないですが、
例えば、
①と③の孫
②と④の曾孫
が同一人物だったら、
●贈与の金額を合計したもので
計算となります。

例えば②と④曾孫が同じ人物なら
255万+361万=616万
616万-110万=506万
506万×30%-65万=86.8万
となります。

いかがでしょう?

Qこれって贈与税がかかりますか?

(1)私の名義のお金を仮に300万を嫁さんの名義に変更したら贈与税がかかりますか?

(2)150万ずつ二人の子供の名義にしてやると贈与税はかかりますか?

(3)いくらなら贈与税がかかりませんか?

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、2
かかる可能性があります
また、名義を変更しなくても、実質的な管理者が変わり、新たな管理者が自由に使えるようになれば、贈与とみなされる可能性があります

3
原則、貰う側ひとりあたり年110万ですが、いろいろ特例がありますので、下記のサイトをご覧になってみてください

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/ZOUYO.HTM,http://www.zeirishi.or.jp/topics zouyo tokurei.htm

Q贈与税の計算について土地と上物を贈与してもらう場合の税額は、両方を合わせた課税価格で計算されますか

贈与税の計算について
土地と上物を贈与してもらう場合の税額は、両方を合わせた課税価格で計算されますか?それとも別々に計算されますか?
それによってトータルの税額が変わってくると思うのですが?

Aベストアンサー

贈与税は「もらう人」が「1月1日から12月31日の間」にどれだけ贈与されたかを基準にします。
Aさんから貰った土地にはいくらの贈与税、Bさんから貰った土地にはいくらの贈与税、合計していくら納税するという計算ではありません。
従って900万円の土地と200万円の建物の贈与を同年内に受けた場合には、合計した額1,100万円が贈与税の計算をする基準になります。
「土地は土地、建物は建物で計算する」ものではありません。

同年内でなければ、当たり前の話ですが別々の年での贈与になります。

平成27年に土地900万円の贈与し、平成28年に建物200万円の贈与を受けた者がいて、それ以外には贈与を受けてないとしますと、
平成27年分は900万円から110万円の基礎控除を引いた額に贈与税が課税。
平成28年は200万円から110万円を引いた額に贈与税が課税されます。

土地と建物を同年に贈与を受けるのではなく、別の年にすれば、当たり前ですが贈与税は節税できます。

Q保険金、1,000万円の貯蓄など

父の保険金などで1,000万円ちょっと入ってきました。とりあえず、どう貯蓄すればいいでしょうか?

もう少し入ってくると思います。1,500ぐらい?!

すぐに使うとは考えていませんが、半年前後に商売をします。
*300万円~500万必要

新居も欲しいと考えていました。

保険金が入ってきたので、前向きに考えられます。


今は、ゆうちょ銀行に入金されたままなので、勧誘とかはきていません。

商売、新居も考えて銀行にした方がいいと思うのですが、普通に預けるだけでいいでしょうか。
いい方法があれば、ご教授お願いします。

商売の資金はありますが、これからの信用のために借りた方がいいと聞きました。

Aベストアンサー

金融資産を保全しながら増やす方法は、高金利の定期預金、個人向け国債や社債などいろいろありますが、
商売、とくに新居のことをお考えならば、そうした地元の顧客のニーズに親切丁寧に応えてくれる信用金庫に今後の取引のために定期と普通半々ぐらいにして預けて置くのが得策だと思います。
そうすれば、その信用力で住宅ローンの優遇金利や事業資金の融資が受けられるでしょう。
例えば、自分の場合も下記の大手信用金庫(財務も経営理念も信じられない位立派なものです)から事業資金の融資(変動金利で現在1.70%)を受けていてとても助かっています(出資金配当もここ数年は年6%の高配当です)。
なお、ATMは全国の信金で無料で使え、並ぶ必要がないのでとても便利です。

参考URL:http://www.jsbank.co.jp/service/kariru/myhome/index.html

Q贈与税の計算について

例え話なのですが
成人している私が親からお年玉を120万円もらった場合、贈与税はいくらかかるのでしょうか?
110万円までは贈与税はかからないそうなので、差額の10万円に対して贈与税がかかるのでしょうか?

贈与税の早見表を見たら、基礎控除後の課税価格が200万以下なら税率が10%なので、
10万×10%=1万円の贈与税がかかると言う事であってますか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>親からお年玉を120万円もらった…

その年のうちに、同じ親からはもちろん他人からも含めて、他の贈与は一切ないという前提であれば、

>10万×10%=1万円の贈与税がかかると…

で合っています。

Q1,000万円の定期預金

亡き父から相続した自宅を売却し、手元に1,000万円少々のお金が入ってくる事になりました。

私はあまり財テクなども興味がありませんので、普通に貯金をしようかと思ったのですが、どうせなら定期預金にするなどして、多少なりとも金利を高くできないかな・・・と考えています。

そこで、ご意見を伺いたいのですが、1年~の定期預金で金利が高いのは、どこの銀行の商品でしょうか?

どなたか、アドバイスをいただけると有難いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どこの銀行というのではなく、
日ごろお付き合いのある銀行に
相談してみてください。
商品を買うとき店員さんと値引き交渉をしますでしょ。
銀行の金利もいっしょです。
あそこは金利いくらだったから、オタクはお付き合いもあることだし
あそこの銀行以上には勉強してくれますよね。
これで、かなり店長決済とかなんとかで、なんとかなりますよ。
なんせ1000万円です。すこしは頑張って交渉してください。
ダメなら、隣の銀行へいってください。
何とかなります。

Q住宅取得資金の贈与税の計算あってますか?

たとえば3000万円の住宅取得資金を親に贈与してもらった場合
現在は
相続時精算課税だと
非課税枠1000万円を除いた特別控除枠内の2000万円が
相続財産で精算することになるかと思いますが

これが暦年課税だと
3000万円-1110万円=1890万円
1890万円×0.5-225万円で720万円もの贈与税がかかるということになるんですか?
720万円の税ってすごいことになりますがこの計算はあってますか?
もしあってるならこれではさすがに暦年課税はできないですね。

たとえば住宅取得資金は親の年齢条件がないわけなので
毎年ローン額分を110万以内ごとに贈与を受ければ
贈与税はかからないということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

暦年課税だとその通りです。贈与税が一番税率が高いのは、贈与することで逃れられる税金があるからでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

たとえば住宅取得資金は親の年齢条件がないわけなので毎年ローン額分を110万以内ごとに贈与を受ければ贈与税はかからないということになるのでしょうか?>
最初からそういう話になっているのであれば、初年度に全ての贈与があったことになりますので贈与税が掛かります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

贈与税を払いたくないのであれば、親が出した資金分の持分登記をするのも一つの方法です。将来相続することになりますので、兄弟が居れば簡単にはいかない可能性もありますが…。

Q年収1,000万円くらいのご家庭は、

年収1,000万円くらいのご家庭は、
年間どれくらい貯蓄していますか?
参考までに教えて下さい。
ちなみに我が家は200万円~250万円くらいです。

Aベストアンサー

結婚10年ちょっとの夫婦です。
子供はいません。
年収1000万円ちょっとくらいかな。

貯金は年間400~500万円くらいです。
給与からの自動天引きなどの固定が160万円で、残りは生活費の余りです。

生活のレベルは下記を参考に。

・パソコン関連費用は年間30万円くらい
・5年1度400万円くらいの車の買い換え(現金一括)
・食料品はデパートか信頼できる個人商店で(スーパーは使わず)
・夫のスーツやシャツはイージーオーダーで、被服費は年間30万円くらい
・妻の化粧品と美容院と被服費で年間30万円くらい
・妻のスポーツクラブ費用は会費とドリンクとウエア類で年間27万円くらい
・猫を飼っています。毎年の健康診断や予防注射や食費で年間5万円くらい
・妻の趣味の習い事の機材費や材料費など年間、平均50万円くらい(かなり増減します)

もし子供がいれば、一人あたり100万円くらい年間の貯金額がマイナスになるかな~。
(子供が小さい間は100万円も減らないと思うけど余った分は教育費用の積み立てに)

Q「住宅取得等資金 贈与税の非課税」制度を利用金額の相続時の計算

例えば、本人(私)、妻、子供二人(長男、長女)の4人家族とします。
数年前に長男が家を新築する際に「住宅取得等資金 贈与税の非課税」制度を利用して、1000万円贈与し、長男が4000万円の戸建て(長男夫婦の共有名義)を購入していたとします。

その後、本人(私)が死亡した場合、私の財産が5000万円あったと仮定した場合、妻、子供二人(長男、長女)の、それぞれの相続金額は、いくらになるかをお教え願います。


(1)法定相続額
〇妻 :5000万円×1/2=2500万円
〇長男:5000万円×1/2×1/2=1250万円
〇長女:5000万円×1/2×1/2=1250万円

(2)実際の相続(下記のどれが正当でしょうか?)

①「住宅取得等資金 贈与税の非課税」制度を利用して先に贈与した1000万円は、無視して、上記(1)の通りの金額を新たに、相続する。
従って、結果的に、長男は、先の贈与分とあわせて合計1250万円+1000万円=2250万円 を相続することになる。

②上記(1)で計算した、
長男:5000万円×1/2×1/2=1250万円から、先に贈与した1000万円をマイナスして計算する。
従って、長男は、新規には、1250万円-1000万円=250万円 相続することになる。
(※ マイナスして残った1000万円は、再度、法定相続割合で按分しなおす。)

③上記②としても、「住宅取得等資金 贈与税の非課税」制度を利用して、先に贈与した1000万円は、私が死亡時には、家の価値が変動(低下?)しているでしょうから、マイナスする金額は1000万円のままの金額で計算してよいかも疑問です。

④上記以外の計算方法。
(上記①~④のどれも適切でない。)

※住宅取得等資金の贈与に係る贈与税の非課税措置
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/property/156.htm

上記の通り、不勉強で、初歩的な質問ですが、よろしくお教え願います。

例えば、本人(私)、妻、子供二人(長男、長女)の4人家族とします。
数年前に長男が家を新築する際に「住宅取得等資金 贈与税の非課税」制度を利用して、1000万円贈与し、長男が4000万円の戸建て(長男夫婦の共有名義)を購入していたとします。

その後、本人(私)が死亡した場合、私の財産が5000万円あったと仮定した場合、妻、子供二人(長男、長女)の、それぞれの相続金額は、いくらになるかをお教え願います。


(1)法定相続額
〇妻 :5000万円×1/2=2500万円
〇長男:5000万円×1/2×1/2=1250...続きを読む

Aベストアンサー

>(2)実際の相続(下記のどれが正当でしょうか?)
④ですね。
「贈与税の非課税特例」ですから、税金上は相続財産には含めません。
ただ、実際の遺産の分割協議では、住宅取得資金で贈与された分は「特別受益」にあたるので、それを考慮するのが妥当でしょう。

参考
http://www2.odn.ne.jp/~cjj30630/kiyo.jueki.html

Q1年間限定1,000万円。

現在手元に1,000万円あります。来年の8月にマンション購入の頭金として使う予定です。

このお金を1年間どこかに預けたいのですが、いい案があれば教えて頂けないでしょうか。

・ローリスク
・株式は、対象外。
・できれば中途解約可能ななもの。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住宅ローンを申し込む予定の銀行に定期預金します。利率は度外視です。ローンをスムースに通す信用を得るためと思ってください。お金には代えられないでしょう。
もっとも、今の銀行は預金を欲しがりませんが、、、。


人気Q&Aランキング