元社員が社長の給料未払い等でモメています。
元社員は幾度となく催促するのですが
そのつど社長の発言は二転三転します。

そこで元社員はイザというとき(裁判)のために
ポケットに録音機を忍ばせて
社長の発言を録音しておこうと考えました。


ここで質問です。
この会話内容は証拠品として認められますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 その録音内容は、重要な証拠品となります。

このような事案の場合には、言った、言わない、聞いていない、などの水掛け論となって、結局あやふやなままで終わってしまう場合がありますが、動かぬ証拠になります。

 裁判という方法もありますが、社長と元社員との問題ですので、できれば話し合いで解決が出来ればよいのですが、難しい場合には労働基準監督署や、都道府県庁の労働局総務部企画室で、弁護士や大学教授などで構成する紛争調整委員会が無料で解決をしてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanbo さん ご回答有難うございます。

事情は下の方へのお礼にも書きましたが、
そうですよね~ 証拠になりますよね。

有難うございました。_(_^_)_

お礼日時:2002/02/21 13:33

ん~困りました。

録音した内容は証拠として取っておいて、こうなったら

いきなり調停立てた方が早いでしょう。未払い額にもよりますが数十万単位なら

簡裁で少額訴訟ですね、簡単に訴訟を起こせて一日で終わるそうです。早期解決ならこの方法です。

額が高ければ地裁ですけど、訴えを起こすのもお金かかりますし、ここで必ず取れると言う核心が持てればいいんですけどね。

裁判所で決定が出ても社長に払う意思がなければ無駄なんですよ、強制執行なんかもいくらかかるかわからないし。民事事件は警察も関与できないので警察に言っても意味ないし。

弁護士に相談しました?訴訟を起こす際の注意事項や不利になる点など詳しく説明受けてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

未払い期間は半年で、その方(元社員)は月40~50万位もらっていたようです。相手の社長は金は十分持っているようなので支払い能力はあると思います。

アドバイス頂きましたことに関し情報を集め、先程その方(元社員)に渡してきました。お陰さまで次の手を打つ準備ができると喜んでおりました。

有難うございました。 _(_^_)_

お礼日時:2002/02/21 17:09

 No2です。

そうですね、確かに「誘導」ということも懸念されるでしょう。しかし、会話内容は事実ですので、絶対的な証拠品とはならなくても参考証拠程度にはなると思います。いくら誘導をしてとしても、払いたくない人が「払います」とまでは言わないでしょう。

 監督機関から命令が出ているのであれば、悪あがきをしていると、命令以上の措置になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。仰るように監督署では命令以上の措置(具体的には何なんだろう?)の準備はしている、と話していたようです。

有益な情報、アドバイス、有難うございました。

お礼日時:2002/02/21 17:05

はい、認められます。

録音しなくても口約束は法的にも承諾したと言う事で認められます。(録音してない
                        時は水掛け論になりやすいので証拠がないとなかなか認めて貰えませんが)

しかし裁判・・・そこまでしなくても方法はありますよ。内容証明送っちゃうとか、労働基準局に言えば

鶴の一声みたいなものです。もう辞めてるんだから
なんでもありでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chewaisen さん、早速のご回答有難うございます。

既にその方は労働基準監督署にも、更に警察や
税務署(賃金未払い、脱税などの書類を保持)に
駆け込み、先日労働基準監督署からも支払い命令が
出ているにも関わらず、未だ悪あがきをしている
ようなのです。

このような質問をしたのは・・・
 「相手に録音することを承諾してからでないと、つまり
  録音行為が双方承諾のもとでなければ、
  記録する側(元社員)による「会話内容の誘導」が
  可能なため、証拠品にならないよ」
なるアドバイスを受けたらしいのです。

お礼日時:2002/02/21 13:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脅迫被害証拠として録音する際に日付の証拠を入れる方法。

脅迫被害の証拠として脅迫セリフを録音するという方法がありますが
いろいろ検索した結果、「会話内容に名前や日付も入るようにしておくと良い」ということを知りました。
でも名前は自然に会話中に入れられそうですが
日付を会話中に入れるというのは難しいというか、不自然ですよね。
「テレビ(ニュースなど)の音声をバックに流しておく」という手もあるらしく
テレビやラジオがある場所で脅迫されるのなら使える手ですが
そんな都合良くいかない時のほうが多いでしょう。
ですので、やはり会話の中に自分の声か相手の声で
日付をさりげなく入れるという方法が良いと思うのですが
さりげない方法が自分では思いつきません。
会話で、さりげなく日付を入れるお知恵を貸して頂きたく思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

金品の要求じゃないから、約束するというのも難しそうだね。
いつごろから脅迫されているのかな?

たとえば、
「今日は2月12日ですよね。最初に言われた(脅迫された)のがいつだったか憶えてませんけど、
かれこれもう1ヶ月ぐらいやられてこっちも参ってるんです。もう勘弁していただけませんか」
とかね。

脅迫された期間もさりげなく言えればいいし、会話に「参ってる」とか「怖い」などと入れておけば、
相手はそれを認識しながらやってるということで、後で言い逃れがしにくくなるよ。

QICレコーダー録音した発言と、裁判時の発言

お世話になります。

慰謝料請求の訴訟を起こされた時の事を考えて、相手方との会話を常にICレコーダーで録音しております。

起きた事態に対して、「私が100%悪いから。」、「私に原因があるから。」、
などの会話が録音されているのですが、
裁判等の時に、「私はそんなこと一言も言ってない。」となった時に、このICレコーダーの録音は証拠になるのでしょうか?

当初は、訴訟を起こす気は無いと言っておりましたが、心変わりがあった様な感じが伝わってきます。

ご回答を何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

”このICレコーダーの録音は証拠になるのでしょうか?”
    ↑
証拠になるか、という意味には二つあります。

1,証拠能力の問題
 つまり、法廷に証拠として出せるか、という問題ですが
 これは文句無しに出せます。

2,証明力の問題
 法廷に出された証拠について、どの程度の証明力が
 あるか、という問題です。
 これは、弁護士を含む当事者の主張から、裁判官が
 判断します。

”裁判等の時に、「私はそんなこと一言も言ってない。」となった時”
    ↑
これは証明力の問題ですから、どちらが説得力ある
論旨を展開できるか、によって決まります。
録音した日時場所などが判るようにしておくと
説得力が増します。
それから編集などはむやみにしないことです。
ありのままを録音しましょう。
あとは、録音するとき、あいての言葉をわざと復唱
しておくとか、抽象的な言葉を、具体的に言わせるよう
巧みに誘導尋問するとか
テレビの音も拾うようにしておく
とか、いろいろな技術が考えられるところです。

「私が100%悪いから。」、「私に原因があるから。」、
   ↑
これだけでは弱いです。
なぜ、どんな理由、根拠で悪いのか、原因があるのかを
できるだけ詳細に、具体的に録音しておくことです。
それを言わせるよう、誘導するのです。
相手に怪しまれないようにしましょう。
秘密裏に録音するのは、原則違法ではありません。

”このICレコーダーの録音は証拠になるのでしょうか?”
    ↑
証拠になるか、という意味には二つあります。

1,証拠能力の問題
 つまり、法廷に証拠として出せるか、という問題ですが
 これは文句無しに出せます。

2,証明力の問題
 法廷に出された証拠について、どの程度の証明力が
 あるか、という問題です。
 これは、弁護士を含む当事者の主張から、裁判官が
 判断します。

”裁判等の時に、「私はそんなこと一言も言ってない。」となった時”
    ↑
これは証明力の問題ですから、どちらが...続きを読む

Q社長が元社員からお金を取りたがっています

○△社長の社長は「退職した人の面倒は見ない」との考えで
退職者への給与の一部を支払わずにいる、運よく今までの退職者は
この会社との関わりを避けたいために泣き寝入りをしてきた。
今度 退職をしたA子さんは財形貯蓄があるので、その金額どころか給与も支払いたくないと考えた○△社長は、A子が在職中に会社命令で取得させた費用と資格手当の返還の請求書を送りつけ、請求金額を支払わねば財形も給与も支払わないと言い切った、これに怒りを覚えたA子は労働基準監督署に申告をして請求を取り下げてもらい給与と財形を取り戻したが、このことに納得にいかない○△社長は、競合避止という法律を利用して、退職から半年経過したA子に支給した書類を利用して「持ち出し禁止の書類の返還がない」と言いがかりをつけ競合避止という法律を利用してA子さんから損害賠償という理由をつけて財産を奪おうとしている。 このことは法律的にどうなるでしょうか?○△社長の言い分は通るでしょうか?
A子さんは○△社長の行為により就職もできずに、精神的ダメージをおっているが、このことも社長の目的に1つである
他の要点は・・・・
(1)就業規則に競合避止についてのことは書かれておらず、在職時に、これに関わる文書もA子さんは誓約を交わしていない
(2)○△社長は、払いたくもない給与と財形貯蓄を支払ったので、その腹いせにA子さんの財産を奪うことが目的である
(3)○△社長はA子が在職中に業務上のミスがあり損害を受けたとの内容でも損害を考えている。

○△社長の社長は「退職した人の面倒は見ない」との考えで
退職者への給与の一部を支払わずにいる、運よく今までの退職者は
この会社との関わりを避けたいために泣き寝入りをしてきた。
今度 退職をしたA子さんは財形貯蓄があるので、その金額どころか給与も支払いたくないと考えた○△社長は、A子が在職中に会社命令で取得させた費用と資格手当の返還の請求書を送りつけ、請求金額を支払わねば財形も給与も支払わないと言い切った、これに怒りを覚えたA子は労働基準監督署に申告をして請求を取り下げてもらい給与...続きを読む

Aベストアンサー

(1)競業避止 → 競業避止義務というのがありますが、一従業員のA子さんには、そも関係ないでしょう。書類の返還云々も本当に重要書類ならばともかく、どうせ言いがかりでしょう? 立証責任は、相手の社長でしょうから、裁判でも「どうぞ、証拠を出してください」と。
(2)、払いたくもない給与と財形貯蓄・・・、その腹いせにA子さんの財産を奪う
→ 給与等は、当然に払う義務があるのです!腹いせに財産を奪うというのは、違法行為とか犯罪行為によってということですよね。犯罪ならば警察に。
(3)業務上のミスがあり損害を受けたと・・・
→ 社長が立証責任を負うわけですからね。きちんと証拠を出せるのですかね。
困った会社社長ですね。逆に被害者ですね。
相手の出方次第では、専門家に相談した方が良いと思います。

Q社長の発言は

毎度お世話になっています。宜しくおねがいします。

1、社長が労使の席上で辞める(廃業)と発言する事 は雇用関係上違法ではないでしょうか。
 また廃業するまでの通告期間などは有りますか。

2、新入社員がいきなり在籍者よりも基本給を多く  貰う事については裁量権の範囲であり何も異論は出 来ないのでしょうか。。
 それならばと在籍者全員の底上げを要求する事を考 えますが、何か善後策をご承知なら教えて下さい。

3、この経過説明を求めるときの要求書に取り入れる 必要事項が有りましたら教えてください。
 

Aベストアンサー

廃業する会社でなぜ新入社員に多めの給与を支払うのか、イマイチ理解できませんが・・・

(1)会社は社長のものであって、社員のものではありません。従って、事業を継続するか止めるかを判断するのは社長です。経営権は社長に属し、従業員には発言権はありません。

廃業する場合、雇用面では解雇扱いになります。チェック事項としては、労基法で定められた解雇の手順を踏んでいるか、経営危機の程度と生活保障のバランス。後者について、経営危機に直面していないのに廃業するのであれば補償金を多く要求すべき(生涯賃金に相当しますので、1人につき少なくとも1億円以上)ですし、極度の経営難に直面しているのであれば、法律通りの解雇手当1ヶ月分が妥当でしょう。

とりあえず「社長の都合で廃業するのですから、労組としてはすべての従業員に対する生涯賃金を補償金として支払うよう要求します」くらいのことを言い返してやり、反応をうかがってみてはいかがでしょうか。

(2)不思議な質問だと思いました。普通は就業規則の一部として給与規定があり、それに基づいて支払われるはずです。給与規定より低い支払いは違法ですが、高い支払いは直ちに違法とはなりません。

しかし平等性、透明性の観点から問題がありますし、廃業を予定している会社で新入社員に多めの給与を支払うという自己矛盾していますので、労組として社長に対し厳しい態度で納得のいく説明を求め続けるべきです。社長の説明が感覚的であって理詰めでない場合に在籍者全員の賃上げを要求する案には賛成です。

善後策としてすぐに思いつくものがありませんが、基本は労組側が(余計なことを言わずに)「なぜか」と問いつめ、社長に返答させる。社長の返答の矛盾をついて、「不透明である」「恣意的判断であり到底認められない」とつるし上げることでしょうか(笑)。恣意的な判断は将来裁判するときに有利です。

あと、事件と団交の経緯をよく従業員に説明し、組合への支持が高まるよう日頃の活動を重視してください。

余計な発言をする社長という印象も受けましたので、団交で交わされる会話を録音に取っておくとよいでしょう。

(3)全ての財務諸表を労組に提示させ、「数字に基づき労使が共通の認識を持つことができるまで交渉する。経営者は合理的な説明をもって従業員を納得させなければならない。」という姿勢を明確にしてください。数字に基づかない、社長の感覚的な判断に対しては、拒否反応を明示してください。

社長が「経営上の秘密」を理由にして詳細な財務諸表の提示を拒否する場合は、社長と労組の間で守秘義務契約を結び、財務諸表を提出させます。このプロセスは賃下げなどの案件を裁判で争うときに用いられる手法ですので、堂々と主張してください。社長が根拠を示さないなら、労組も個々の従業員も譲歩する必要は全くありません。

廃業する会社でなぜ新入社員に多めの給与を支払うのか、イマイチ理解できませんが・・・

(1)会社は社長のものであって、社員のものではありません。従って、事業を継続するか止めるかを判断するのは社長です。経営権は社長に属し、従業員には発言権はありません。

廃業する場合、雇用面では解雇扱いになります。チェック事項としては、労基法で定められた解雇の手順を踏んでいるか、経営危機の程度と生活保障のバランス。後者について、経営危機に直面していないのに廃業するのであれば補償金を多く要求す...続きを読む

Q裁判時の録音証拠

相手の発言を、相手方の了解なく録音したものは、証拠として裁判では認められないのでしょうか、お尋ねします。

Aベストアンサー

これには、違法説、合法説、中間説などが
あります。

刑事事件ですが、判例は、警察の録音について
個人の法益と保護されるべき公共の利益との権衡などを考慮し、
相当と認められる限度においてのみ、録音を合法として
証拠能力を認めています。

誘拐事件などで、録音できない、というのでは
困るからです。

民事では、おそらく証拠能力は認められると
思います。
ただ、録音するならアナログの方がよいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報