昔、給食で牛乳と一緒についてきたものを覚えてませんか?
液体だったか粉末だったかも覚えていないのですが、
入れると牛乳が茶色くなっておいしかったのを覚えています。
あれは一体なんだってのでしょうか。
そして市販されているものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うちの近くのマイカルサティ(大宮)のスナックコーナーでは


給食メニューの変わったお店があります。そちらでこの間
ミルメークを買ってきたので調べてみたら、こんなホームページが
ありました。(下記URL)

後は、スーパーの牛乳コーナーでも、イチゴ味・チョコ味などの
液体の物が売っていると思います!
見つかるといいですねっ♪

参考URL:http://homepage1.nifty.com/nekocame/60s70s/milma …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スーパーの牛乳コーナーにあるものだったんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 13:34

僕が知っているのは、「ミルメーク」という名前の粉末です。


これを入れると牛乳がコーヒー牛乳味になるんですよね。
ここ最近になって、母親が買ってきましたんで、懐かしく飲んでましたよ。探せばまだ購入可能だと思います。
ちなみに、僕が小さい頃には、ちょうどスーパーのうなぎのタレの容器のような先端をねじ切るタイプの容器に入った、液体のものもあったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ミルメークですね。今度買ってきたいと思います。
ものすごくおいしいものだったと思うんですが、
けっこう大人になって飲んでみると印象が変わったりしますよね。

お礼日時:2002/02/21 13:31

以前に同じような質問がありました。


いかがでしょうか。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=104095
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速解決してしまいました。

お礼日時:2002/02/21 13:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魚の身の”茶色の部分”はなぜ茶色?

「魚は頭の方が美味しいか? 尻尾の方が美味しいか?」ということで、鯖の一夜干しを半分に切って食べてみました。噂通り、頭の方が脂が乗っていて美味しかったのですが、そこで素朴な疑問です。尻尾の方の部分の身で”茶色の部分”がありますが、この部分はどういう訳で茶色くなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

「血合い」じゃないでしょうか。
常に泳ぎ回っているマグロやカツオは血合いが多いようです。泳ぐための筋肉組織です。

逆に海底等でのんびりしているヒラメやカレイには血合いはない、と聞いたことがあります。

参考URL:http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/cook/word/ta/chiai.htm

Q学校給食の牛乳について

私は小学校職員です。
毎日、学校で作ってくれる給食を美味しく頂いています。

以前から気になっていたのですが、学校の給食にはどうして毎日のように
牛乳が出るのでしょうか?
私はあまり牛乳信仰がない人間で、カルシウムは他の食材からいくらでも取れるし
単に摂取カロリーが上がるだけではないのか?と考えるようなところすらあります。
実際、私は給食の牛乳は飲みません。

私の息子(4年生)も、給食で1本牛乳を飲むので、家では牛乳は飲ませていません。
親子ともども太りやすい体質で、毎日食べるものに気を使わなくてはいけないからです。

以前、牛乳会社?の上手な売り込み・・・と聞いた記憶もあるのですが、本当のところは
どうなのでしょうか?
個人的には、麦茶やお茶でいいと思うのですが・・・

Aベストアンサー

「なつかしの給食」という本など、いろいろな給食関係の本が出ています。そういう本にも出ていたはずですが、もともとは戦勝国のアメリカのGHQが指導したせいで、そのころの日本は牛乳(脱脂粉乳入り)を含む給食を提供していかないと栄養状態を改善できないとも言われ、指導されたといわれているそうです。それがそのころの日本の経済やアメリカの事情(日本に乳製品を売りたかったとも言われる)も絡んでいるともありました。
また、給食では、決められた給与目標量という栄養値の目標があって、他の食品からカルシウムが摂れるとはいえ、乳製品を組み込まないと到底達成できません。毎日、充足率(つまりその目標値をどれだけ満たしているかのパーセント)がよくなくってもいいのですが、月や週でいい値を出さないと、監査で指導を受けます。
ただ、牛乳を飲んだら太るわけではなく、飲みすぎると乳脂肪のせいで脂質を摂りすぎ、太るかもしれませんが。そして日本人は牛乳を飲んでおなかがゴロゴロするという、乳糖の消化・吸収が苦手な体質の人が多いです。その辺も考えて、どの成分も、動物性・植物性の両方から栄養成分を摂取するのが理想的でしょう。
私もごはんに牛乳?と思いながら育ちましたし、今も日々、大量調理の難しさに悩みながら、新米栄養士をやっています。こんな新米の言ってること、参考になるでしょうか?給食っぽいムードの定食屋も流行っているこのごろ、よかったら給食関係の本も立ち読みでもしてみてください。

「なつかしの給食」という本など、いろいろな給食関係の本が出ています。そういう本にも出ていたはずですが、もともとは戦勝国のアメリカのGHQが指導したせいで、そのころの日本は牛乳(脱脂粉乳入り)を含む給食を提供していかないと栄養状態を改善できないとも言われ、指導されたといわれているそうです。それがそのころの日本の経済やアメリカの事情(日本に乳製品を売りたかったとも言われる)も絡んでいるともありました。
また、給食では、決められた給与目標量という栄養値の目標があって、他の食品か...続きを読む

Q例えば158円の牛乳と198円の牛乳

例えば同じスーパーで、158円と198円の牛乳では、40円の差がありますが、価格、味以外に差はあるのでしょうか?
栄養や安全性などに。卵も10個100円~300円くらいまでいろいろありますが、その差って内容ではどれくらいなんでしょう。私が一番気にしているのは安全性なんですが、所詮庶民の日常で手に届く金額ではそれほど差はないのかな?今、味で198円~の牛乳を選んでるんですが、ナカミが左程かわらないのなら、40円×30日=1200円も1月で差が出るんで、考え直そうかと思ってます。まして、228円なんての買ったら月にかなり差が出るし。
食品の価格の差はどれくらいから安全がかえるのかな?
野菜などは国産を選んでます。特に冷凍食品の残留農薬事件から、その国のものは選ばなくなったんですが、かなり安いですよね。安全がそうかわらないのなら、安い方を選びたいと思えてきました。国産でも、よく交通量の多いところにある畑もみかけるし、こういうところからのだったら安全なんてないのかもと感じてきてます。
また、より安全に食すことができる、買ってきてからの処理方法などありますか?

例えば同じスーパーで、158円と198円の牛乳では、40円の差がありますが、価格、味以外に差はあるのでしょうか?
栄養や安全性などに。卵も10個100円~300円くらいまでいろいろありますが、その差って内容ではどれくらいなんでしょう。私が一番気にしているのは安全性なんですが、所詮庶民の日常で手に届く金額ではそれほど差はないのかな?今、味で198円~の牛乳を選んでるんですが、ナカミが左程かわらないのなら、40円×30日=1200円も1月で差が出るんで、考え直そうかと思ってます...続きを読む

Aベストアンサー

 おはようございます。

 一概には言えませんが,価格差は仕入れ価格が反映されます。メーカーが販売促進のために納入価格を下げたりすることがありますから(新製品の知名度を上げるなど),中身は対して変わりは無いと思いますよ。また,スーパーがメーカーとタイアップして,販売促進のために値段を下げている場合もありますしね。
 実際に,1リットル200円前後の牛乳を飲み比べてみて,味の違いがわかる方はほとんどいないのではないでしょうか。
 また,安全性についてですが,雪印の事件以来,安全面での配慮はメーカーの命ですから,心配は無いと思うのですが……

 今の時代,食の完全な安全を求めるのは不可能と割り切るしかないです。それを求めるなら,自給自足しかないです(笑)。
 例えば,自然に飼われた鶏の卵は餌なんかも良いのが使われて,通常の卵より高いですよね。中身は確かに良いかもしれないですが,自然を売り物にしすぎて洗卵(通常の卵は大抵,洗われて出荷されるそうです)をしなこともあるそうですので,卵の殻に眼には見えないかもしれませんが,糞が付いているかも知れないですよね。そうすると,理論的には今問題になっている鳥インフルエンザの菌に接触する機会が高くなると言うことになりますよね。
 こうなって来ると,一概に自然農法が良いとはいえませんし,何が安全で,何が危険かは,自分で色々な情報にアンテナを張り巡らせて仕入れるしかないですね。

 より安全な処理方法は,加熱すること以外には無いでしょうね。農薬は無くなりませんが,少なくとも細菌は死にます(笑)。なお,冷凍しても死なない菌がいますので,冷凍は過信しないで下さいね。

 おはようございます。

 一概には言えませんが,価格差は仕入れ価格が反映されます。メーカーが販売促進のために納入価格を下げたりすることがありますから(新製品の知名度を上げるなど),中身は対して変わりは無いと思いますよ。また,スーパーがメーカーとタイアップして,販売促進のために値段を下げている場合もありますしね。
 実際に,1リットル200円前後の牛乳を飲み比べてみて,味の違いがわかる方はほとんどいないのではないでしょうか。
 また,安全性についてですが,雪印の事件以来,安全面での配慮は...続きを読む

Q低脂肪牛乳はなぜ普通の牛乳より安いのですか?

生乳50%だからでしょうか?

また、低脂肪牛乳というのは
水やほかの液体で牛乳を薄めてるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>低脂肪牛乳はなぜ普通の牛乳より安いのですか?

ちょいと、バター、チーズに必要な、無脂乳固形原料・乳脂肪原料を取り省いているからです。

Q『低脂肪牛乳』と『成分無調整牛乳』の違いについて?

ヨーグルトができるのかどうかとか
判りやすい違いってあるのでしょうか?
成分無調整の方が若干薄味のように思うのですが・・・
その他もあれば違いを教えてください

そして体にはどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

牛乳は工業製品ではないので、乳牛の個体によって、また飼料の種類や質、地域や季節などによっても、成分組成が変動します。
このため、無脂乳固形分や脂肪分の組成を商品として一定の範囲に収めるように標準化(成分調整)を行います。この標準化を行っていないものが、成分無調整牛乳です。

ひとくちに牛乳といっても、「牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」など、それぞれ厳密な定義と規格基準があります。規格基準の内容と意味を正しく理解した上で、品質表示欄をよく確かめて選んでください。

詳しくは、下記。
『乳及び乳製品等の成分規格に関する省令』(通称:乳等省令)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=hourei&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=654
「乳等省令に基づく定義」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hyouji/nyuutou-01.html

『飲用乳の表示に関する公正競争規約』(公正取引委員会が認定した業界基準)
http://www.jfftc.org/cgi-bin/data/bunsyo/A-1.pdf

牛乳は工業製品ではないので、乳牛の個体によって、また飼料の種類や質、地域や季節などによっても、成分組成が変動します。
このため、無脂乳固形分や脂肪分の組成を商品として一定の範囲に収めるように標準化(成分調整)を行います。この標準化を行っていないものが、成分無調整牛乳です。

ひとくちに牛乳といっても、「牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」「加工乳」「乳飲料」など、それぞれ厳密な定義と規格基準があります。規格基準の内容と意味を正しく理解した上で、品質表示欄をよく確かめて選んで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報