人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今、宮脇檀について調べています。住宅建築という側面は情報が集まってきているのですが、他の面(絵、旅、料理など)断片的にしか分りません。どうか知っている方情報をください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。



ご質問にあるとおり、宮脇檀さんは住宅作家としてとても有名です。そして同時にエッセイストとしてもかなり知られていると思います。エッセイが何冊も文庫になっている建築家なんて宮脇さん以外にはいないんじゃないでしょうか。

宮脇檀さんのエッセイを何冊か読めば、旅や料理については分かると思います。No.1の方が紹介されている本もそうですが、

「旅は俗悪がいい」
「住まいとほどよくつきあう」

などの本では住宅や住むということに対する宮脇さんの考えが分かりやすく書かれています。建築家の書いた本、というとちょっととっつきにくい印象がありますが、宮脇さんの本はとても読みやすいです。ただ手に入れるのが難しいものもあるかと思いますが…。図書館などで借りてみてください。もっとも、近年、名著が新装版で再刊されているので、宮脇人気おとろえず、といったところでしょうか。

建築家としての宮脇さんについては確かに住宅作家なんですが、集合住宅や商業施設も評価が高いです。

歯に衣着せぬ物言いでも知られていて、昔の新建築とかを読めばきっと面白いかと。

他には、亡くなる直前まで矩形図を手離さなかった、というエピソードをどこかで聞いた記憶があります。ディテールに大きな労力をかけていたんでしょうね。

宮脇檀論としては、分量も少なくちょっと異色なんですが、「建築ツウへの道」という本の中で書かれていた宮脇檀論(論、にも満たないたった2ページですが)が面白かったです。宮脇檀は亡くなった後、信奉者がぞくぞくと出てきている、といったような話です。

こんな感じでよろしかったでしょうか?
他に知りたいことがあれば補足質問してください。
宮脇檀調査、うまくいくといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速、図書館でバックナンバーや本をあさりました(笑)。私も、今では、宮脇信奉者の一人になってしまいました。

お礼日時:2006/07/04 01:05

専門はそれてしまいましたが、昔、学生の頃から宮脇さんの建築・エッセイに引かれた自分を思い出します。


住宅作家としての彼は専門家が見ても、一分野を確立した感があるようです。
僕はどちらかと言えば、学生時分に買った文庫本エッセイが未だに、建築の仕事をする上で参考(専門は違います)になります。
建築のみならず、広い知見から社会を考察する彼なりのアプローチの仕方にある種共感出来る部分はあると思います。
面白い本は「日曜日の居住学」・専門的な内容では「宮脇檀の住宅設計テキスト」などはどうでしょうか?
また、「建築知識6月号」でも特集してました。(チラット見ただけですが。。。)
参考にどうぞ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も色々読んでいくうちに宮脇檀という人間に惹かれていきました。

お礼日時:2006/07/04 01:01

ずばりご本人がそれを書き表した本がありますが、もうご覧になりましたか?


前書き、あとがき、抜粋などが覗けます。

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4569575153/ref …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4569575153/ref …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますっっ!!!!!!!!!!!!早速見てみます♪

お礼日時:2006/06/18 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング