はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.4の補足です。

スリーブの事はNo.5の方が説明してくださっている通りです。
スリーブはそのスリーブの前後の位置にある、ギアを移動します。ほとんどの車は、1速と2速、3速と4速、5速とバックギアを移動します。
バックギアにはシンクロ機能がついていないので、バックギアではガリガリとなりやすいのです。(バックギアは必ず止まってやるものなので)
バックギアで、ガリガリとするとスリーブのスプライン部にバリが出来て、その反対にある、5速に入らなくなります。
わからない事がありましたら、また質問してください。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何気にいじっているシフトパターンにも、
実はそういう機械的なからくりがあったのですね。
で、入りにくくなる直接的な原因は、
噛み合い部分のバリなわけですね。

ガリガリ音が鳴る仕組み、
めちゃくちゃやらない限りはそう滅多に壊れるものではないこと、
などなどいろいろよくわかりました。
ご回答くださいました皆様に、
この欄をお借りしてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 21:32

図解が出ていてわかりやすく説明されたサイトがありますので参考にしてください。



ただしシンクロメッシュ機構は省かれていますがおおよそのことはわかると思います。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/zen-q/netgarage/glo …
    • good
    • 2

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。

シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ガリガリやると「あーあ、歯車削っちゃったよ」なんて言いますが、
実はスプラインを削っていた、ということなのですね。
トランスミッションの構造もとてもよくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/23 22:47

こんにちは。

MTでの変速はシンクロナイザーリングによってギヤとスリーブの回転速度が同じになって、かみ合います。
ガリガリという音は、お互いの歯がかみ合う前にクラッチを離すとせっかく合った回転数がお互いに変化して当たってなります。
その事により、ギヤとスリーブの突起部分が変形してしまいます。
症状でよくなりやすいのは、バックギアの時で音が鳴った場合は、その反対の位置にある5速に入らなくなります。特に気を付けてください。
たまにやるくらいなら、車は壊れる事はないと思います。やらないに越した事はありませんが。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「スリーブ」とは、下のご回答の「シャフト」に相当するものでしょうか。

やっぱりたまにやるぐらいなら壊れはしない、ということですね。
安心しました。
あ、でも、安心してガリガリなんてしませんよ。
ガリガリ自体心臓に悪いですから(笑

バックで鳴ったときに5速に入りにくくなる、という症状は興味深いです。
もしよろしければ、その理由についてもお教え下さいませんでしょうか。

お礼日時:2002/02/21 23:47

トランスミッション内部に組み込まれたシンクロメッシュ機構にダメージを与えます。

通常の常時噛合式のトランスミッションでは、バックを除くすべてのギアは常に噛合って回っています。そのうちの必要な組み合わせのみがシャフトとロックされていて、その他は空回りしている状態になっています。このシャフトと選択されたギアをロックする機構がシンクロナイザーと呼ばれるので、ギアとシャフトの回転を同期させる部分(一種の摩擦クラッチのようなもの)とギアとシャフトをしっかり勘合させる部分で構成されています。ガリガリと言う音はこの勘合が不完全な状態でクラッチをつないでしまった時に起こるもので、ギアとシンクロナイザーハブの勘合部が激しくぶつかりあう音です。シンクロナイザーにも複数のタイプがありますが、軽微なものであれば、よほど繰り返さない限り直接故障に結びつくことはすくないはずです。しかし、レーシングユースなどの高回転・高負荷状態でのシフトミスによる物は、一瞬でトランスミッションを破壊する場合もあります。

シンクロメッシュ機構に異常をきたすとシフト操作してもギアの入りが非常に悪くなったり、特定のギアにシフトできなくなるなどのトラブルが出ます。特定のギアでのミスシフトが重なっていると割と短期間(1年~2年程度)でシンクロメッシュ機構がだめになってしまう場合もあります。そうなってしまうとかなり高額な修理費用が必要になりますので、運転操作には注意することをお勧めします。

具体的には確実なクラッチワークとシフトワークが最重要なのはいうまでもありませんが、アクセルワークも重要なポイントです。シフトアップ操作をする時にアクセル完全に離していないため、エンジンの回転が上がってしまい、シフトアップ後のエンジン回転数と大きくかけ離れていたり、シフトダウンの時に急激に操作しすぎていたり、一段飛ばして操作しているなどの無理をすると、シンクロメッシュ機構には大きなストレスとなります。急激なシフトダウンが必要な場合は、クラッチを踏み込んだ時にアクセル踏み込んで、シフトダウン後のエンジン回転数にエンジン回転数を合わせてやるとシンクロメッシュ機構に掛かる負担を低減できます。ただし、しっかりと回転数を合わせられずむやみに回転をあげるようなラフな操作では逆効果です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます。
トランスミッションに関する知識が皆無に等しいので一応確認ですが、
各速のギアがそれぞれエンジンに直結している状態で、
それぞれの速さでグリグリ回っているところに、
クラッチを切るとどこからも動力が加わらないシャフトとかいうのをガチョンとつなげる、
つながったらクラッチをつなげて駆動輪に動力が伝わる、
でもシャフトに動力をつなげるためには同期しなくちゃいけないから、
レバー操作時にシンクロとかいうものがうまいこと回転数を合わせてくれて、
回転数がうまく合ったところで実際にシャフトとギアがつながる、
といったイメージでよいのでしょうか。
とすると、ガリガリの仕組みというのは、ギアとシャフトが同期して、
あとはつながるのみというときに、
シャフトにクラッチ側から外力を加えることによって回転速度がずれて鳴る、
という実に絶妙なタイミングで起こっているんですね。
ちゃんと自動車学校で習った通りに変速操作すれば、
ガリガリなんて滅多に起こさないってことみたいですね(笑

とりあえず、軽微なものであればちょこっとぐらい大丈夫、とのことで、
正直このお言葉で少し気分が楽になりました。

お礼日時:2002/02/21 23:42

どれくらいで壊れるかというより


致命傷を与えれば一度に壊れてしまいます。

これをやるとシンクロのスプライン部を欠損してしまい
ギアチェンジが困難になります
バックギアの場合は歯車自体を欠損する場合もあります

ギアチェンジはニュートラルで間をとって落ち着いて
する事がベターです
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
主にシンクロのスプライン部、というのが壊れるんですね。
ところで、致命傷というのがいまいちどんなものかよくわかりませんので、
具体的にどんなことが致命傷になるのかお教え下さいませんでしょうか。

>ギアチェンジはニュートラルで間をとって落ち着いて
はずかしながら、レバーの動作が落ち着いていても、
私の左足がどうやらせっかちらしく、時々ガリガリやってしまうようです。

お礼日時:2002/02/21 23:24

 専門的なことは何も分かりませんが、俺も話が聞きたいので便乗させてください。



 俺の場合、もっと多いです。
 俺の車はもう古くて、回転数が合わないと、クラッチを完全に踏んでいてもガリガリなってしまいます。
 最近は少なくなりましたが、最初の頃はそれこそ3日に1回はやってました。

 でも今のところ、これといったギアボックス周りの異常は起きてないです。
 もちろん気になってはいますが(^_^;
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もしや自分より強者が?と一瞬思いましたが、
deagle さんのご事情ですと別の要因がありそうですね。
私も前の車(軽)で質問文よりもうちょっと多い頻度でガリガリやってましたが、
4年ちょい、距離にして13万キロでもギアボックスやクラッチに異常はなかったです。
でも、やっぱり気になりますよね(^^;;;

お礼日時:2002/02/21 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシフトミスでギギーッ!ダメージはどのぐらいですか?

今日運転していて3速から4速へシフトアップする際にミスしてギギーッ!といわせてしまいました。

どういう操作をしたのか詳しく覚えていないのですが、ちょっと焦って操作していました(4速に入りきらないところでクラッチを繋げ始めた?)。

その後15分ほど運転して特に問題は無いようでしたが、ギギーッ!といわせてしまったらギアにどういったダメージがあるのでしょう?

また、今までバックギアに入れる際に2回、2速に入れる際に1回やっちゃっているのですが、こういうミスってギアにかなりのダメージを与えてしまっているのでしょうか?

アバウトな質問ですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここ30年くらいの日本車であれば多少のことでは大丈夫ですよ。

クラッチ踏まないで変速できないかーとか無理なことを頻繁にすればさすがにシンクロが壊れます。

多少ギヤをならしてしまい...金属片がごくわずかに発生したとしても
ギヤボックスの中にはマグネットが入っていて吸着できるようになっているはずです。

また変速がしにくいような(ギヤが入りにくい)となってしまったらギヤボックスは基本的に分解.....
ですか最近は分解できない整備士さんも多いので交換です。
メーカーによってはギヤボックス(トランスミッション)は永久保証もあります。
何度でも無償交換という場合もあります。(クラッチは含みません)
このあたりはメーカーや車種から調べていみましょう。

Qギヤ鳴きについて

 私はMT車(アコード・ユーロR CL7)に乗っているのですが、最近2速ギヤが変速時「ガリッ」というようになってしまいました。
 毎回ではなく、意識的にクラッチを強く踏み、シフトノブを左側へ押し付けるように動かせば、音はしないのですが、普通にリズミカルに1速、2速、3速と変速しようとすると音が発生します。
 原因として思い当たる節としては、(1)2速で急激なエンジンブレーキを掛けてしまったこと。(2)冬にミッションの入が悪くなったのでギヤオイルにTOTAL社のZZ-Xを入れたこと。(3)変速時入れるギヤを迷い、レバー操作がゆっくりになった際、弾かれるような感触がしたこと。があります。
 (1)に関しては以前、こちらで質問させていただきました。質問No.1331568(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1331568)

 長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギアがガリって鳴る原因は
1)クラッチが切れきっていない。
2)シンクロがいたんでいる。
3)ギアオイルが不足もしくは適性でない

などです。
で2速の時のみ音が鳴るとのことですがシンクロは大体2速か3速から痛んできます。
ですので、多分シンクロがいたんでいるのだと思います。

ですが普通は1万1千キロでは痛みません。
普段クラッチが完全に切れていない状態でギアチェンジをしていないのが原因で壊れたように思われます。
それは、操作が悪いか、もしくはクラッチ関係の故障です。
もし、クラッチを底まで踏み込んだ状態でギアチェンジしていないなら、操作が悪いのが原因となります。

一度痛んだシンクロは元に戻りません。
シンクロを交換するまでずっとなりっぱなしです。
もし、クラッチ関連の故障ならクラッチ関係を直せばギア鳴りも直るかもしれません。

私の経験上ホンダのシンクロは3速から壊れて2速が次に壊れるイメージがあるので、そのまま乗っていると多分3速が壊れると思います。

余談ですがホンダのギアオイルは他のメーカーと比べて粘度が低いと聞いた事があります。ですので、私がホンダ車に乗っていたときはホンダ以外のギアオイルを入れるのはやめていました。
オイルを交換することも検討したほうがよいと思います。

ギアがガリって鳴る原因は
1)クラッチが切れきっていない。
2)シンクロがいたんでいる。
3)ギアオイルが不足もしくは適性でない

などです。
で2速の時のみ音が鳴るとのことですがシンクロは大体2速か3速から痛んできます。
ですので、多分シンクロがいたんでいるのだと思います。

ですが普通は1万1千キロでは痛みません。
普段クラッチが完全に切れていない状態でギアチェンジをしていないのが原因で壊れたように思われます。
それは、操作が悪いか、もしくはクラッチ関係の故障です。
...続きを読む

Qマニュアルに乗っています。最近何度かミッションをガリっという音をしてし

マニュアルに乗っています。最近何度かミッションをガリっという音をしてしまう無理な、いれ方を何度かやってしまいました。ガリっという音が何度かしてしまったので、ギアがすれてドレーンボルトの磁石に鉄粉がくっつくのでしょうか?ミッションオイルを交換する時、お店の人はミッションのドレーンボルトの磁石についた鉄粉も取ってくれるのでしょうか?ミッションオイルは交換した方が良いのでしょうか?ミッションは大丈夫でしょうか?4つの質問に答えてくれる方を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

元某ディーラーのメカニックでした。
クラッチが切れなくなった故障車を何回も自走して、工場まで運んだ経験がありますしモータースポーツもやってました。ギアは何度もガリガリやりましたが壊れた物は1台も有りませんし簡単には壊れません
万が一ギアが欠ければ走行中異音がでるか走行出来なくなります、シフトの入り云々は気のせいです。ドレンの磁石にくっ付いてる鉄粉に関しての回答は他の方に譲ります。

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

QMT車のブリッピングについて質問です!

MT普通自動車のブリッピングについての質問です。


1.ブリッピングとはシフトチェンジの際にクラッチを踏んでからアクセルをふかすという認識でよろしいでしょうか?



2.また、どのようなシチュエーションでなんのために使うのでしょうか。


3.ブリッピングのコツやアクセルのふかし加減など、アドバイスがあればよろしくお願いします!!

4.教習生や運転初心者には高度過ぎてやらないほうがいいですか?



ご意見待ってます!!!!

Aベストアンサー

そうですねぇ、ブリッピングと言う言葉自体を忘れた方がいいと思います。

サーキットなど全開、フルブレーキを繰り返す場合はブリッピングしないと危険な状態になりますけど。
今、日本で発売しているMT車はおそらく誤操作防止のためと思いますがヒールアンドトゥがしづらいペダル配置にしてあります。
輸入スポーツカーにはやりやすい様に配置してあるのも一部ありますが。

公道を走る分には何もしないでギアチェンジして大丈夫です。

Q2・3・4速で変速ショックを無くすために(半クラッチ?)クラッチを痛めますか?

こんにちは
今度レンタカーで久しぶりにMT車に乗ります。

タイトルの通りなのですが、クラッチは一気に繋ぐのが良いらしいと言うのは聞いたことがあります。っが、2・3速あたりで繋ぐと隣に乗っている人が前後に揺れてしまうので、ほとんど無意識のうちに半クラッチ(というより1速→2速の半クラッチとは違い、2速→3速のときに急に0から100繋ぐのではなく0~100まで0.5秒くらいで繋ぐ感じです。その時アクセルも連動してじんわりと)をしてしまいます。

さすがに高速道路など高速域ではショックも少ないので、一気に繋ぎますが、低速域の加速中にこういうクラッチの繋ぎ方をするのはダメでしょうか


個人的に、極端なクラッチの磨耗がなければ、何年かごとに交換すればいいかと思っています。
心配なのは、急に繋がらなくなったり、発熱などの問題がおこらないか?と言うことです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバックラッシュだけでカウンターギヤも抜けるし、エンジンrpmが下がったところに上のギヤ突っ込むから変速ショックは皆無。(但し、車によってrevの下がり方とギヤ比は違うので慣れは必要です。)
ちょんってきるだけで変速できるから基本的に切っている時間も最短、更にショックがないってことはクラッチの負担が無いって事。慣れた車だとクラッチ切らずにシフトアップ/ダウンができるはずです。(←一番クラッチは減らない ^^)
競技で加速し続ける必要がある時には当てはまらないけど、質問者様はそうでないと思いますから。
シフトアップで変速ショックが無い運転は上手だと感じます。
あと、よっぽど半クラ使う人でも滅多にクラッチのすべりは発生しないので、質問者様の意識レベルでレンタカーならば全く問題なしのはずです。クラッチ磨耗は前兆がありますから、急に繋がらなくなる事はありません。
敬語、言い切り表現混在で失礼しました。仕事中なもので -_-;

もちろんクラッチはなるべく滑らせない方が減りは少ないです。
但し、良く「スパッと繋ぐ」とは書かれているが、勘違いしているヤツのに乗ると「ガツン」と来て甚だ乗り心地悪し。
物理的に一番負担が掛かっているのは停止-1速、次に1-2速であるから、
バランスから言ってここを0.3secぐらいで繋げばBestだと思っています。
それ以上はそんなに気にしなくてもショック無しで変速できるはず。
コツはクラッチを切る1秒ぐらい前に(同乗者に気付かれない程度に)アクセルを抜いてやるコト。
下のギヤのバ...続きを読む

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。

Qクラッチの交換時期

マニュアル車のクラッチの交換時期についてお伺いします。

「マニュアル車のクラッチは、どんなに上手に繋いでも6~7万キロもすれば滑り始める。その結果、交換することになる」という話を聞いたことがあります。

しかしその一方、「10万キロくらいは平気で使えるよ」という話も聞いたことがあります。車の使用状況や運転者の技能にも大きく左右されると思うのですが、どちらの説が正しいのでしょうか?また、滑り始めの兆候や、滑っている・滑っていないのチェック方法をお教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

No.6の者です。
半クラを使わないと言っても全く使わないわけではありません。
しかし、シフトアップ時なんかは、
タコメーターを見て回転を合わすようにしてポンと繋いでいました。

それから、サイドブレーキを引いてのチェックは
もちろんテストの時だけです。
日常的にするのなら、寿命も縮むでしょうが数回位では全く影響ないです。

実際、テストした私が16万キロ走行後も全く滑らなかったわけですから・・・
乗り換えた理由は他のクルマに乗りたかっただけで
クルマ自体は絶好調でした。

ちなみに、クルマはホンダのスポーツ系でした。(高級車ではありません。)

Qバックギアになかなか入らない! (MT車)

三菱GTO初期型に乗っています。

最近中古で購入したのですが、バックギアになかなか入らなくて非常に困っています。
1~5速はスコスコ、スムーズに入るのですが、バックギアに入らないときは気合でも入りません。。

気まぐれなのか、入るときはスコッとはいるのですが、入らないときは

ゆっくり入れる×
素早く入れる×
何回か連続で入れようとしてみる×
ニュートラルでクラッチを繋いで再度挑戦×
少し前進して再挑戦×

この前立体駐車場で本当に困りました。。
周りの方はMTのギアが入らなくてピンチ状況をわかってくれないみたいで、クラクションが飛んできます…

ミッションオイルはザーレンの物に最近交換しています(デフオイル等も)

なかなかバックギアに入らないときは、なにかコツ等あるのでしょうか…?

Aベストアンサー

ミッション車は初めてですか?
GTOに限らず良くあることです。

1、一旦ローに入れる。
2、バックに入れる。
3、スコーンと入る(笑)
です。

これでもだめなら…オーバーホールしてください。
って言うか、クラッチ踏んでおられますよね??(爆)

QMT車の停止状態からのフル加速

突然なんですが、MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?
先日、友人が運転したときに停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつないでいました・・・があまり早いスタートには感じなかったことと、あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・(>_<)
もう二度とあんな走り方はしないようにしたいと思いますが、車にはどんなダメージが残ると思いますか?これまでそんな走行をしたのはその時1回だけです。
また、正しいスタートダッシュのテクニックがあればぜひ教えてください。
ちなみにテンロクのノンターボ車です。新車から1000キロ越えたところです。
よろしくお願いします
m(__)m

Aベストアンサー

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順次シフトアップ(例えば2→3速)していくのが、1番早いでしょうね。

例えば、停止状態から1速発進全力加速し、レブリミット手前7000回転でクラッチペダルを踏み2速へシフト、その速度での2速の回転数にまでエンジン回転が下がったら(下がり過ぎたらアクセルペダルを踏みその回転数まで回転を上げてやる)クラッチペダルを戻しクラッチをつなぎ(この時、エンジン回転が急激に上昇したり下降したりするのであれば、その回転数分だけエンジンとトランスミッションの回転が合っていない、という事です)、再び全力加速・・・これを繰り返せば、ディスクの磨耗も最小限に抑え、かつ1番早く加速出来るのです。

●あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・

→車が温態時(走行開始から20分以上経過し、エンジン等の部品が充分温まった状態の事)ならば、レブリミットぎりぎりまで全力加速する事は、通常の加速よりは負荷は大きいものの、メンテナンスがちゃんとされている車ならば問題はありません。
・・・が、あなたの車はまだ走行距離が1000km越えたばかりで、大体の慣らし(新品部品のなじみ)が終わったばかりなので、まだこの様な走行はしない方がいいと思います。

●車にはどんなダメージが残ると思いますか?

→あなたの友人は車にうとい方、ではないでしょうか?車の知識がある人は、この様な摩擦材であるディスクを傷めるつなぎ方はしないと思います。(1000kmそこそこで、レブリミット全力加速をする事もしないでしょう)

さて、どんなダメージが残るかですが、この一気にクラッチをつなぐ(クラッチペダルを一気に離す)事を数回繰り返した位では、ディスクが滑る程の磨耗には至りませんので安心して下さい。
各メーカー共クラッチペダルの耐久試験はしていますし、この程度で一気に滑り出してしまう物では不合格になってしまいます。
・・・が、普通のつなぎ方(エンジンの回転とトランスミッションの回転を合わせてからつなぐ)よりもディスクの磨耗が増すので、これを何10回と繰り返せばディスクが使用限界まで磨耗し、滑り出してしまいます。
エンジン等への悪影響も、この程度の走行を1回してしまった程度でしたら、まず問題は無いと思います。

*新車後1000km越えたのでしたら、エンジンオイル(エンジンオイルフィルター)やトランスミッションオイルやトランスファオイルやデフオイル(4WDのみ)の交換をすると良いですよ。
過酷な走行をする事が多いのでしたら、オイル交換等のメンテナンスも普通以上に念入に行いましょう。

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング