インターネットに興味があって勉強しようと思っていますが、いくつか疑問があるので回答をお願いします!

(1)インターネットはネットワーク系エンジニアに分類されるのですか?
(2)インターネットを習得するには何から勉強すればいいのですか?どんな知識が必要ですか?
(3)UNIX系OSを使えなければいけませんか?
(4)インターネットを使った業務にはどんなものがありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

インターネットのどういうことに興味があるのか?とかインターネットって何?から始まる興味なのかをお書きになると、もっと的確なアドバイスがもらえると思うのですが....



> (1)インターネットはネットワーク系エンジニアに分類されるのですか?

インターネットのインフラの技術はたしかにネットワーク技術ですけど、インフラの上で使われている技術は、ネットワークか否かにとらわれない技術も多くあります。takunwebさんがどのレベルのどういうことをイメージして「インターネット」と称しているかによって、回答は変わってくると思いますよ。

> (2)インターネットを習得するには何から勉強すればいいのですか?どんな知識が必要ですか?

まずは「インターネット」ってなに?から始められてはいかがでしょうか?
質問の内容だけで判断させていただくと、失礼ながらtakunwebさんの中で「インターネット」というキーワードだけが一人歩きしているように思われます。

> (3)UNIX系OSを使えなければいけませんか?

そうとは限りませんが、UNIXだけに限らず様々なOS、アプリケーションの基本的な「仕掛け」を知っておく事は非常に役に立ちます。
それに「使える」と一言で言っても、コンピュータや通信の仕組みなどの基礎がしっかり分かっていて「使う」のと、とりあえずコマンドや引数が分かってるだけの「使う」では全く違いますよね?
本格的に勉強するつもりでしたら、どのOS、というよりOSの仕組みをちゃんと勉強する事が重要かと。

> (4)インターネットを使った業務にはどんなものがありますか?


ありとあらゆるもの、としか言い様が無いですよ。インターネットだって1つのインフラなわけで、「電話を使った業務にはどんなのが」という質問と同じようなものです。電話勧誘のように「電話そのもの」を使ったものから、打ち合わせのために電話を使う場合まで、電話を使った業務っていくらでも有りますよね?それと同じです。
インターネットのこんな部分を直接使った業務、とかいう質問でしたら色々な回答ができると思いますけど。

インターネットの入門書みたいな縦書きの本を読んでみて、そこに出てくる用語とかを、チョット詳しい横書きの解説本で調べて...という手順で、まずはインターネットって何もん?と言う事を調べてみてはいかがでしょう?
それに、5,6年ほど前の日経BPの技術雑誌(図書館などにバックナンバーが置いてありますよね?)などだと、創世期のころの技術や仕組みが分かりやすく出てますから、その辺から斜め読みするといいかもしれません。
最新の技術が「どうして」動いている/発明されたかを知ってるだけで、後で理解のスピードが変わりますよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!私の使っていた「インターネット」という言葉は、Yanchaboyさんのおっしゃる通り、あいまいでした・・・。
「インターネットのどういうことに興味があるのか?」ということですが、インターネットの仕組みや構造、セキュリティ、インターネット上のサービス(HTMLやEメール、インターネット広告)に興味があります。
分かりにくくてすいません・・・。

補足日時:2002/02/21 18:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFTTHでインターネットとフレッツ網での速度測定をしましたが。。

Bフレッツマンションタイプを
導入しました。プロバイダはぷららです。
うちのマンションにおいては下り最大100Mbpsときいています。

下りの速度について、

インターネットでは概ね15Mbps
フレッツの速度測定では86Mbps
でした。

この差は何(どこ)が原因と考えられますか?
また改善することができるのでしょうか?
せっかく光にしたのに、今のところインターネットでも意外と遅くて残念です。

Aベストアンサー

インターネットの速度を測定する場合、各測定サイトの混雑具合などによって速度が大きく変わることがあります。
ですから複数のサイトで測定してみましょう。
Yahooなどで「スピードテスト」で検索すれば測定サイトがたくさん出てきますよ。

ちなみにBフレッツの構成は以下のようになってます。
[PC]----[フレッツ網]----[プロバイダ]----[測定サイト]


どのサイトでも遅いとなるとプロバイダ側の問題も考えられます。こうなるとプロバイダを変えるしか方法はありません。

QLinux系、UNIX系、XSP系、Windows系の仕分けに困ってます。

言語・DBからOSを見極めることは可能でしょうか?

例)
VB6.0、SQL-Server
 → OSはどれ? Linux系 or UNIX系 or XSP系 or Windows系

VB.nwt、Oracle
 →OSはどれ? Linux系 or UNIX系 or XSP系 or Windows系

JAVA、Oracle、SQL-Server
 →OSはどれ? Linux系 or UNIX系 or XSP系 or Windows系


見極め方が解れば嬉しいのですが・・・宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

見極められるケースと無理なケースがあります。

他の方も回答していますが、言語やDBには、搭載可能なOSが決まっている場合があります。具体的には、マイクロソフトのDBMS(SQL-Server)や言語(VB)は、Windows系でしか動きません。
但し、DBサーバをLinux系(Oracle)にしておき、端末はWindowsにしてVBからDBサーバにアクセスする事も十分に有り得ますので、VBを使っているから必ずLinux系を使っていないとは言い切れないでしょう。

DBなどのソフトウェアはWindows対応版とかの記載があるのが普通ですので、細かい情報が入手可能であれば、そちらを調査するのも1つだと思います。

Qインターネットの速度測定について

このたびNTT西のフレッツ光ネクスト隼(Ipv6)にしました。

NTT通信網内の速度はIpv6測定で最高747.45Mbpsで、その他の一般の測定サイトでは80~90くらいです。

一般のサイトでも次のサイトは「553.3Mbps」出ました。

http://www.nuro.jp/speedup/nuroCheck.html

次のサイトは一度「155.13Mbps」出ました。

http://www.musen-lan.com/speed/

ほかの一般測定サイトは大体「80~90」くらいなんですが、これは何が考えられますか?こんなもんでしょうか?

PCはWin8.1UPDATEでプラウザはIE11です。もちろん有線接続です。

Aベストアンサー

インターネットは、複数のユーザで共有したものです。
サーバにより経路が異なります。
そのサイトへの速度がそれだけであり、すべてのサイトでその速度が出るとは限りません。サイトによっては、数Mbps以下になる場合もあります

ベストエフォートですから、こんなものってものが、数Mbps以上でも言えたりします。
ただ、90Mbpsとかそれ以上でると現実的には早い方に分類されるのが現状

QSE 業務系の知識の習得

SI企業に就職が決まっている学生です。
文系ですが、インテグレーションエンジニア(システムエンジニア)になりたいと考えています。
配属の前に、エンジニアになった後(後というのは不適切な表現かもしれません。)の進路まで考えなければなりません。
1コンサルタント
2業務系の知識を習得したスペシャリスト
3プロジェクトマネージャー
などなどです。
ここで、2の業務というのはどこの業態(業界?)の業務のことを指しているのでしょうか。また、官公庁向けのシステムがやりたいと考えていますが、この分野で業務系のスペシャリストのニーズはあるのでしょうか?

素人なので、おかしな表現があるかもしれませんが、お許し下さい。

Aベストアンサー

2がわからないと言っていますが、1,2はほとんど同じことです。
3プロジェクトマネージメントは別物ですが、
2ができて提案が出きれば1でしょう。
どちらかと言えば一般的には、
コンサルタント、上級SEと呼ばれるたぐいが、提案したり、方針を決めつつ、スケジュールまでみる人
SE、プログラマー等主に作業者としてすこしずつスケジュールまで見る人に分かれる人で構成されています。
貴殿の要望的にはコンサル?系?それが業務知識という話になっているのでしょうか?ね
現状を踏まえていえば、
現在、業務系に依存する特徴より、企業や公共団体の風土および、担当者によるばらつきのほうが極端に出る世の中になっております。
2の範疇はほとんど考えなくていいでしょう。
以上 参考まで

Qフレッツ速度測定サイトと一般測定サイトとの差は?

最近、ADSLから@nifty光ライフwithフレッツ(戸建、ファミリーハイスピードタイプ) に乗り換えました。
回線のボトルネックとなった部分の改善した結果、フレッツ速度測定サイトでは平均400Mbps出るようになりました。
しかし、Radishなどの一般速度測定サイトでは20~60Mbpsしかでません。
両速度測定サイトの違いは、この質問サイト等で理解しているつもりですが、皆さんの書き込みを見ると、だいたい1:0.7~0.5位のスピード差のようです。
私のように1:0.1の差というのは、あまりにも大きいような気がします。
私は東北のはずれの田舎に居住していますが、Radishなどのサーバは東京が多いようです。このため遅くなっている。また、私の地区へのプロバイダーのバックボーンが細いと思っていたのですが、電話局は違いますが同県の同じプロバイダーの友人は、フレッツ速度測定サイトでは平均180Mbps、Radishなどの一般速度測定サイトでは平均90Mbpsだそうです。
この違いは、何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html
の図を見るとわかるとおり、速度測定サイトはフレッツ網内までの速度、一般測定サイトはA装置~ISP~インターネットを経由した速度です

ですので、フレッツ網内までは比較的空いているが、A装置~ISP~インターネットのどこかがボトルネックになって20~60Mbpsに落ちているということになります

ファミリータイプでも近所の人たちと、
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071225/290222/zu02.jpg
のような感じで光ファイバの帯域を共有しますが、田舎だとユーザが少なくて共有している人数が少ないのかもしれません

Q専門業務知識の習得

31歳男です。
システム開発を3年ほどしておりますが、自分の将来性
に最近不安を感じるようになりました。

特に自分に専門業務知識がないことが不安です。
自分的には会社内の会計や配送などの業務を勉強したい
と志望しておりますが、仮に転職する場合どのような
方向性が考えられるでしょうか?。

・社内SE
・業界を変えて総務や経理

などがぱっと思いつきますが・・。
専門業務知識があって設計もできる、というのが
ベストですよね。あまり技術にはこだわってないです。
なかなか志望にマッチする開発もないもので・・。

ご意見などお手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の者です。補足ありがとうございました。

既に31歳になってらっしゃることを考えると、SEを続けるにしても戦略が必要(今後PMの方向に向かっていくのか、それとも・・・?)でしょうし、
まったく方向転換をするにしても、急ピッチでその世界で一人前になっていかねばならない年齢に差し掛かってらっしゃるように思います。。。

やはり、人材バンク等で相談されるのがベストとは思うので、以下、私見を(1つだけ)記させてください;

-----

業務知識を身に付けたSEとして進んでいければ・・・というのがtahakodaさんのベストの選択肢でしょうか? とすれば、この数年は、ある業務知識に特化した仕事を続けられるような環境に身をおくよう、努力されるのがよいかもしれません。
例えば会計システムでいくのであれば、この数年は会計システム周りの仕事をしながら、必要に応じて簿記・法人税などの関連資格をとられる、といったスタイルです。

ユーザサイドから見れば、「業務知識を熟知している、信頼できるSEがいる会社は、それだけで契約を続ける価値がある」といえる部分があるようです。
実際、ある業務システムの下請けに一度入ってしまうと、その会社はずーっとそこで枢要な役割を占めているケースは多いようです。(元請会社は、システムの詳細部分に詳しくなかったりするので、下請会社なしでは仕事が進められない、といった状況が・・・)

ですので、ある業務知識を継続して吸収し拡大できるような、そんな職場・PJにめぐり合われることを最優先されるのが良いのではないか? と思う次第です。。。

-----

No.1の者です。補足ありがとうございました。

既に31歳になってらっしゃることを考えると、SEを続けるにしても戦略が必要(今後PMの方向に向かっていくのか、それとも・・・?)でしょうし、
まったく方向転換をするにしても、急ピッチでその世界で一人前になっていかねばならない年齢に差し掛かってらっしゃるように思います。。。

やはり、人材バンク等で相談されるのがベストとは思うので、以下、私見を(1つだけ)記させてください;

-----

業務知識を身に付けたSEとして進んでいければ・・・と...続きを読む

Q回線速度測定について

いまNTTのフレッツ光を使ってます。

ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。
しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、
【あなたの回線速度は94.034M】

どっちが正しいですか?
その理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、【あなたの回線速度は94.034M】

NTTの顧客情報サービスサイドとは、正しい名称は、NTT東(西)の「サービス情報サイト」で、旧「フレッツスクウェア」のことですね。(名称が変更になったと、画面に出ています)
こちらの測定サイトは、プロバイダの混み具合も、プロバイダへの接続回線等々も、「含んでいない」測定サイトです。
この測定サイトはNTT東(西)のフレッツ網内での測定サイト、プロバイダや回線等の混み具合に影響されません。

なお、この、NTT東(西)の「サービス情報サイト」(旧フレッツスクウェア)は、NTT東(西)のフレッツ契約のインタネット回線だけに無料で接続できるサイトです。
フレッツ契約以外のインタネット回線は、接続出来ません。
フレッツ契約なのに、NTT東(西)の「サービス情報サイト」へ接続出来ないかたは、接続用の設定が出来ていないと思われます。

フレッツ契約かどうかを確認するには、NTT東(西)からの請求書・契約書等のインタネット回線にフレッツと付いているなら、フレッツ契約です。
または、プロバイダとの請求書・契約書等の料金プラン名に、やはり、「フレッツ」、または、「FOR フレッツ」と付いているなら、フレッツ対応のインタネット回線です。

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線...続きを読む

Q金融系のシステムエンジニアに就職したい

私は国立大学工学部の3年です。タイトルの通り、自分は証券などの金融系に非常に興味があります。大学を受験するときも最後まで経営学部と工学部で迷い、(もともと理系だったので)早慶文系は無理だと諦め、けっきょく行けそうな入試レベルの高かった工学部へ進みました。
現在、得意とし、興味があるのがプログラミングなど、ソフトウェア開発に役立ちそうな分野なので、システムエンジニア(以後SE)に就職したい、さらに金融系に携わるSEに就けたら最高だと考えています。

しかし就職情報サイトなどを見てもこの分野の募集をあまり見かけないような気がします。
もしかしたら金融系のSEは、SEとしての募集ではなく、一般の総務?として募集して、その中からSEとして選ばれるのでしょうか?もしくは金融系企業は、他の会社のSEに委託してソフト開発してもらうのが一般的なので、自分の会社でのSE育成はしていないのでしょうか?または私の調査が甘いのかもしれませんが。

そこらへんの理解がイマイチできていないので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>ということは裏を返せば、企画、人事のようなことをやりたいのであれば金融系のSEは良い仕事ということでしょうか?
人を管理する立場であって、当然システムに対する高度な知識も必要です。普通の企画・人事には到底無理な仕事です。しかし、金融システムに携われるチャンスです。

>これをやると最初からSE(のような仕事)として入社するよりも待遇がよくなるということでしょうか?
少なくとも生活を保障された正社員でしょう。SEの8割は派遣社員ですので、今日のめしがあっても明日のめしがあるとは限りません。こんな危ない仕事は多少給料が高くてもやめといたほうが賢明です。

SEは派遣じゃなくて、正社員じゃないかと反論出るかもしれませんが、これはあくまで企業がSEを安く雇おうと違法な闇派遣が横行したため、国が失業対策の一環、苦肉の策として、闇派遣を正規雇用社員として認めてしまったのです。よってSEは表面上は正社員であって、実は派遣社員なんです。中には社内SEみたいにブラックじゃないSEもいますが、それが前述の銀行証券などのSEです。

金融SEは高度な専門知識とITスキルが求められ、国の振興発展に大きく貢献し、前述のよう医者・弁護士と肩を並べる職業です。本来は。
単純計算でいうと、月単価200万~300万でしょうか、二流とは言わず、三流の医者・弁護士には及ぶでしょう。

しかし、国がSEの派遣を認めてしまったせいか、国が一歩譲れば、民間では百歩進みます。現在のSE業界では派遣・偽装請負・多重派遣が横行し、200万で仕事を取っても元請で50%ピンはねされ、二次請けで20%、三次請け以降で10%、わが社には70万程度しか入ってきません、保険税金会社維持費を払ったら25万も残りません、激安給料ではないが、納得いく話ではありません。いくらもらおうと当然200万の仕事求められるのだから、だからSEはきついのです。

日本のシステム業界の構造はこうなっているので、あえてSEになる必要はありません、まずはほんとの正社員になって、それから考えましょう。

>ということは裏を返せば、企画、人事のようなことをやりたいのであれば金融系のSEは良い仕事ということでしょうか?
人を管理する立場であって、当然システムに対する高度な知識も必要です。普通の企画・人事には到底無理な仕事です。しかし、金融システムに携われるチャンスです。

>これをやると最初からSE(のような仕事)として入社するよりも待遇がよくなるということでしょうか?
少なくとも生活を保障された正社員でしょう。SEの8割は派遣社員ですので、今日のめしがあっても明日のめしがある...続きを読む

Q複数の速度測定で結果バラバラ

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0

回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/
サービス/ISP:光プレミアム ファミリータイプ/その他
サーバ1[N] 16.1Mbps
サーバ2[S] 17.1Mbps
下り受信速度: 17Mbps(17.1Mbps,2.13MByte/s)
上り送信速度: 32Mbps(32.1Mbps,4.0MByte/s)
診断コメント: 光プレミアム ファミリータイプの下り平均速度は
31Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、
もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から30%tile)

PCはバイオノート ペンティアム4 2.4G メモリ1Gです。
この測定ってどのように判断すればいいのですか?
下の測定が正しいならちょっと遅いような気がしますが・・・。
何か設定があるのでしょうか??

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版...続きを読む

Aベストアンサー

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大速度を知るためであるため、遠く離れた海外のサイトで速度を測って、遅いなぁという結果が出てもあまり意味はありません。
ですから、自分の回線からより近く、太い線でつながっている信頼できる速度測定サイトの結果を信用するのがよいと思います。

フレッツの場合、フレッツスクエアに速度を測る場所があり、ここで計るとインターネットのバックボーンの影響を受けずに正確な数値が得られます。
http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html など
フレッツ以外でも例えばeoなどのプロバイダは、自己のネットワーク内に独自の速度測定サイトを持っているのでそう言ったところを利用するのも方法です。

それらが無い場合は、インターネット上のサイトを利用するしかありませんが http://netspeed.studio-radish.com/ などが正確な結果を出しているように思います。
ある程度混雑の影響を受けるため、正確な結果を得たいのなら、最も空いている平日の午前4時頃に利用すると良いかと思います。

注意しなければならないのは、これらの方法で計った言わば最高速度はネット上では出ない場合がほとんどという事です。
ネット上では相手までの回線全てが影響しますから、最適な環境で測った速度はほとんどアテになりません。
最高速度を測るのは、問題のない環境で接続できているかの確認、他の人と比べて早いかどうかといった事に使われることが大抵です。

お使いになっている環境を見る限りPCの性能は不足していないと思いますよ。
上りがやや遅いですが、これはAFDの設定で改善できるかもしれません。
Nettuneを使用すれば簡単に設定できます。
あるいは、無線LANを使っているならそれくらいで妥当だと思います。

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大...続きを読む

QIT系企業における、スキル習得時間の量

ソフトウェア開発会社といいますか、システム会社における、勉強時間といいましょうか。労働時間における技術を学ぶ時間の割合に関するデータを探しています。
探している目的は、私の勤務先は世間と比較してこの点がどうなのかな、と知りたいからです。
 プライベートも含めて、エンジニアは月に1.5万ほど、スキルアップにコストをかけている、といった情報はどこかで知りました。なるべく、でしたら、労働時間といいますか、マネジメント側が、技術者に、どのぐらいの量を課しているか、というオフィシャルなデータを探しています。
 グーグルやAmazonで”IT 労働時間 教育 習得 比率”、といったキーワードを組み合わせて検索してみましたが、いい情報にあたらなかったので質問させてください。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「エクセレントなITカンパニー」には当てはまらないとは思いますがそこそこの規模のSierに勤務しているものです。
オフィシャルなデータではないのですが、自分の経験から参考に。
今年度、会社に費用負担してもらった研修は「15日間約50万円」と「2日間約10万円」です。
社内では、自分の行きたい研修を申請し、人事部の教育担当が認めてくれれば、会社持ちで参加できる制度があります。単純なスキルアップの場合もあれば、資格取得のためのものもあります。またこの研修は当然業務として業務時間中に行っています。
会社のマネジメント側は必要な技術及び知識、資格等の取得を当然のように課しますが、その取得に費用がかかれば、必要な費用を出してくれます。
※資格試験等の受験費用は一応自腹ですが、合格すれば試験代は後日払ってくれます。不合格の場合は、自腹のままですが...。
私の今年度の例はどちらかというと特殊ですが、1人当たりの教育研修費は10万円/年程度のようです。

「技術を学ぶ時間の割合」という意味では、会社での研修等は当てはまりますが、自分の場合もやはり圧倒的にプライベートな時間の中から捻出しているのが実態ではないでしょうか。

「エクセレントなITカンパニー」には当てはまらないとは思いますがそこそこの規模のSierに勤務しているものです。
オフィシャルなデータではないのですが、自分の経験から参考に。
今年度、会社に費用負担してもらった研修は「15日間約50万円」と「2日間約10万円」です。
社内では、自分の行きたい研修を申請し、人事部の教育担当が認めてくれれば、会社持ちで参加できる制度があります。単純なスキルアップの場合もあれば、資格取得のためのものもあります。またこの研修は当然業務として業務時間中に...続きを読む


人気Q&Aランキング