『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

以前はアイマールが10番だったのに、今回はリケルメが10番。
監督もアイマールではなくリケルメ中心の戦術ということで10番で先発で使っているのでしょう。

しかし、アイマールのほうが上手いと思うのですが、実際どうなんですか?

二人のプレースタイルはどのようなプレースタイルなんでしょうか?

まったく違うタイプなで、FW陣もリケルメの方があっているなら
仕方ないですが、僕としてはアイマールが好きです。

この二人のプレースタイルについて簡単で良いので教えてください

宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アイマールが使ってもらえない最大の理由は、これまで怪我がちだったからですよ。

ワールドカップでは怪我人続出することが結構ありますからね。メインの選手が怪我人になってからチームのスタイルを変えるのはちょっと。

ちなみに、戦術と言う面からはアイマールのほうが監督にとっては使いやすい選手です。りケルメは現代サッカーの戦術に適合しない選手と言われています。リケルメの得意技はどんな苦しいパスでもちゃんと受け取ってくれ、ボールをキープし続けられること、そしてもっともゴールに結び付けられそうな選手にパスできる判断なのですが、その間はボールが止まってしまうため、スピード重視の現代サッカーにはあわないのです。また、リケルメはボールを敵から奪うということは苦手で、走るのも遅い(というかそもそも走る気ないかも)ので、リケルメを使う場合には、敵にしつこく追いすがってボールをとるいわゆるファイタータイプの選手がいることが必須となります。とにかくリケルメには守備の仕事は期待できません。

この点、アイマールは前線からのプレスなど現代サッカーで使われる戦術である前からの守備の仕事もリケルメと違ってこなせますが、レッドカードが続出するような試合になったときに、相手につぶされて大怪我をする可能性があります。リケルメは自分からはボールを取りにいかないけれども屈強な敵に囲まれてもボールをキープし続けてパスを送ることができます。

というわけで、パスをFWに送るという点ではどちらも大差ないと思いますが、敵に対する安心感と言う点ではリケルメのほうがいいんでしょうね。
    • good
    • 0

 私はNo1さんのように専門的な回答は出来ないのですがそれでも良かったら聞いてみてください。



 まず、リケルメは私が見たところ典型的な司令塔タイプの選手だと思います。
つまり、前線へのスルーパスやミドルシュートの精度が高い選手で、同じような系列の選手だと、中村俊輔なんかが同じようなタイプでしょう。
そして日本と同じように3-5-2のフォーメーションだとトップ下でないと使えない選手だと思います。
あまりドリブル突破なんかもしませんし・・・足が遅いのでしょうかねぇ・・・(苦笑
 それに対してアイマールは司令塔にもなれるし1.5列目から飛び出してゴールも狙えるタイプの選手です。同じような系列の選手を挙げるならブラジルのカカーあたりでしょうね。
また、アイマールはドリブルも上手いので苦しいときには一人で場面を打開することも出来ると私は思います。

そんなこんなで二人を比較するとしたらリケルメは周りの選手がいて初めてその価値が評価されるタイプで、アイマールは一人でも輝けることの出来る選手、というのが私なりの見解でしょうか。
 あと、現代サッカーだとリケルメのほうが希少な存在でアイマールのような選手の方が格段に多いと思いますよ。と、いうよりリケルメのプレースタイルは少し古い時代のサッカーを受け継いできたような感じがしますね。上で中村俊輔が同じような系列と挙げましたが思い返せばストイコビッチなんかもリケルメタイプでしょう。

 好みの問題で言うならば私も質問者様と同じくアイマールのほうが好きですね。
と、いうよりも私個人の見解だけでいうと前回ワールドカップの時のキャプテンだったヴェロンがアルゼンチンの選手の中では一番好きですね。ですから、今回彼が代表に入っていないのがとても悲しいです(T-T
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3バック、4バックの長所、短所

タイトルのまんまです。
3バックと4バックの長所と短所を教えてください。

現在の主流は4バックのようですが(チェルシー、ユベントスのように)、日本代表は3バックになじんでいます。
やはり4バックのほうが屈強なDFを必要としますか?

Aベストアンサー

3バック
攻撃や守備の移り変わりが楽
カバーリングなどの役割が明確にできる
ラインコントロールが楽
1人もタックルやヘディングに強くてはいけない
中央のDFの統率力、優先順位の判断力が重要
サイドハーフの豊富な運動量が必要
サイド攻撃に弱い
3トップに弱い

4バック
3バックからの転換が出来る
SBの攻撃参加が魅力
DFの役割分担がはっきりする
SBがボールをとられた後のカウンターに弱い
中盤にバランスの取れるピポーテが必要
CDFのカバーリングに頼れない

などなどです。あとは下の方が書いているとおりです。

Qアイマールの背番号

スペインのバレンシアに所属するMF、
パブロ・アイマール選手は、今では21番をつけていますが、
移籍してきたばかりの年は、22番をつけていた、
という話を聞いたことがあります。

チャンピオンズリーグでは35番をつけていたらしいのですが、
リーガでは何番をつけていたのでしょうか?

どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

アイマールがバレンシアにやってきた00-01シーズンでは確かに22番をつけていますね。リーガ・エスパニョーラでの試合のことで、雑誌で確認しました。そして翌シーズンから21番に変わっています。No.2の方がおっしゃっているミジャ選手が00-01シーズンを最後に引退しているので、それで21に変えたのではないでしょうか。

Qアーセナル03-04の無敗優勝時のメンバー

アーセナル03-04の無敗優勝時のメンバー を知りたいのですがアンリ、ヴィエラ等しか知りません。ウイイレで再現したいのでご存知の方がいれば、教えてください。 あと、その時のフォ

Aベストアンサー

フルメンバーだと、こうなります。

GK 1 イェンス レーマン:ドイツ
GK13 スチュアート テイラー:イングランド
GK24 ラミ シャーバン:スウェーデン
GK33 グラハム スタック:アイルランド

DF 3 アシュリー コール:イングランド
DF 5 マーティン キーオン:イングランド
DF12 ローレン:カメルーン
DF18 パスカル シガン:フランス
DF20 フィリップ センデロス:スイス
DF22 ガエル クリシー:フランス
DF23 ソル キャンベル:イングランド
DF26 イゴール ステパノフス:ラトビア
DF28 コロ トゥーレ:コートジボワール
DF31 セバスチャン スバルド:デンマーク
DF45 ジャスティン ホイト:イングランド

MF 4 パトリック ビエイラ:フランス
MF 7 ロベール ピレス:フランス
MF 8 フレデリク リュングベリ:スウェーデン
MF 9 ホセ アントニオ レジェス:スペイン
MF15 レイ パーラー:イングランド
MF17 エドゥ:ブラジル
MF19 ジウベルト シルバ:ブラジル

FW10 デニス ベルカンプ:オランダ
FW11 シルバン ビルトール:フランス
FW14 ティエリ アンリ:フランス
FW25 ヌワンコ カヌー:ナイジェリア
FW30 ジェレミー アリアディエール:フランス
FW32 ミカル パパドプロス:チェコ
FW37デイビッド ベントリーイングランド

基本フォーメーションは、4-4-2(4-3-3かもしれません)になります。
GKが「レーマン」、「キャンベル」と「トゥレ」の両CBに右サイドが「ローレン」左サイドが「コール」というDF陣です。

中盤は中央に「ヴィエラ」と「ジウベウト」右に「フレディ」左に「ピレス」を配置し、ゲームメイクは主に「ピレス」が担当していました。

攻撃陣は、「ベルカンプ」と「アンリ」となります。

控えには、「リュングベリ」、「ヴィルトール」、「カヌー」、「パーラー」、「エドゥ」といった、フルメンバーと同等な力を持った選手がそろっていました。

攻撃は、「コール」・「ピレス」がいる左サイドがメインです。そこから、ボールの持てる「ベルカンプ」へのポストプレイや「アンリ」が敵DFを引きつけておいて、空いたスペースに他の選手が飛び込んで、「アンリ」のパスに合わせるというのが、主流の得点パターンでした。

フルメンバーだと、こうなります。

GK 1 イェンス レーマン:ドイツ
GK13 スチュアート テイラー:イングランド
GK24 ラミ シャーバン:スウェーデン
GK33 グラハム スタック:アイルランド

DF 3 アシュリー コール:イングランド
DF 5 マーティン キーオン:イングランド
DF12 ローレン:カメルーン
DF18 パスカル シガン:フランス
DF20 フィリップ センデロス:スイス
DF22 ガエル クリシー:フランス
DF23 ソル キャンベル:イングランド
DF26 イゴール ステパノフス:ラトビア
D...続きを読む

Qぶっちゃけオコチャなのかヒデなのか?

中田選手のボルトン移籍うれしく思います。以前からプレミアのチームではマンU、ボルトンは中田選手に興味をしめしてましたよね。
そんな事はさておき、ボルトンにはナイジェリアのスター選手JJオコチャがいますよね?中田選手は当然トップ下の位置を希望するだろうし、かぶりませんか?オコチャはおもにどういった位置でボルトンで出ているのでしょう?セコンダプンタ?ストライカー?それともヒデともろかぶりのトップ下?

Aベストアンサー

日本に住んでいて、去年ボルトンの試合をチェックしていたというマニアな人はなかなかいないと思いますし、私も憶測で書かせていただきます。

今年のボルトンのシステムは4-3-3と予想されています。このシステムであれば、トップ下をおかないので、中田がトップ下を希望しても受け入れられないでしょう。3センターハーフの一角を担うはずです。私は、このポジションこそ中田に一番合っているシステム&ポジションだと思っています。3センターがバランスを取りながら攻撃にも積極的に参加できるし、かといってトップ下ほどのゴールを要求されるわけでもない。例えて言うなら、バルセロナのデコやチェルシーのランパードが4-3-3の3センターの代表例で、中田に見習って欲しい選手です。

私は本来、中田にはトップ下の適性はないと思っています。ヨーロッパでのトップ下はゴール又はゴールに結びつく決定的な仕事を要求される、半フォワード的な存在です。中田の特性は豊富な運動量と戦術眼にある一方で、リスクのある決定的なパスやゴールに向かう姿勢に欠けていて、いつも安全な選択ばかりしています。このような日本的な文脈での司令塔は、ヨーロッパでは、トップ下というよりもむしろセンターハーフ(ボランチ)かリベロの仕事でしょう。実際、中田はヨーロッパでトップ下で成功した試しがないのに、センターでは高い評価を受けています。

オコチャは典型的なトップ下という感じですが、4-3-3であれば、3トップのサイド(バルサのロナウジーニョのような位置)が一番合うと思います。玉離れの悪い選手なので、中田と一緒に中盤をやる姿が想像できません。専門家の予想では、オコチャも3センターの一角で、中田はI.カンポとポジションを争うとなってましたが。。。

日本に住んでいて、去年ボルトンの試合をチェックしていたというマニアな人はなかなかいないと思いますし、私も憶測で書かせていただきます。

今年のボルトンのシステムは4-3-3と予想されています。このシステムであれば、トップ下をおかないので、中田がトップ下を希望しても受け入れられないでしょう。3センターハーフの一角を担うはずです。私は、このポジションこそ中田に一番合っているシステム&ポジションだと思っています。3センターがバランスを取りながら攻撃にも積極的に参加できるし、かといってト...続きを読む

Q日焼け後で、皮がボロボロ取れている最中ですが、早く皮が全部とれるには?

非常に日焼けをしたのですが、やっとほてりも収まったところで、顔の皮がボロボロ取れ始めてきました。
「これは皮が顔のほとんどがむけるな」とは分かっていたのですが、顔が水虫みたいな皮がまだらに細かくむけ、その無数の細かくむけた皮が全体的にみると顔が白く見えてします。
ローションを塗ると、その白く見えるの直るのですが、すぐに乾燥してまた、白くなります。
要するに早く全部の皮がむければいいのですが、
お風呂で、体を洗うヤツでゴシゴシやれば全部取れそうですが、なんかヒリヒリしそうで、かつ、真っ赤になりそうで恐いです。
何かいい方法ありますか?
それともやはり、我慢して自然にボロボロ取れるのを待つしかないですか?
3日後には何とか見れる顔になっていたいのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは、

皮がむけるというのは日焼けで皮膚の表面の細胞が死んでしまったカスということですから、新しい皮膚の細胞が再生しないことには話しになりません。

むりやり皮をはがすと、皮膚が再生しきっていないので、赤くなったりひりつくのは仕方ないです。
なので無理やりはがすのは厳禁。
できることは少しでも皮膚の再生が早まるようにケアすることくらいかなあ。

私なら、できるだけ刺激のない敏感肌用や無香料の乳液や美容液、クリームでしっかり保湿をこころがけます。とりあえずメーカーブランドといません。男性であれば、ドラッグストアなんかにあるニベアなんかでもいいともいます。

やけた肌は極端に乾燥していますから、ローションだけだと水分だけなのですぐに蒸発してしまします。
ローションの水分を閉じ込めるためにも、そのあと乳液やクリームでふたをするようにすると効果も違います。

乳液タイプのほうがのびがよいので使いやすいかもしれませんね。乾燥を感じたらマメにぬるようにしてやると、新しい肌の保護もかねるので古い皮がはがれるのが早まると思います。

もちろん、お風呂あがりは肌がやわらかく特に敏感になっていますので、乾燥を感じる前にローション、乳液でのお手入れは忘れないようにするといいと思います。
もし、ごしごししたくなったら、乳液をたっぷりつけてマッサージするように手でやってみてください。もちろん、体洗うタオルなんか使わないで下さいね。
皮膚が乾燥しているはずなんで、一回たっぷりやっておくと粉ふき状態が改善されると思います。

こんにちは、

皮がむけるというのは日焼けで皮膚の表面の細胞が死んでしまったカスということですから、新しい皮膚の細胞が再生しないことには話しになりません。

むりやり皮をはがすと、皮膚が再生しきっていないので、赤くなったりひりつくのは仕方ないです。
なので無理やりはがすのは厳禁。
できることは少しでも皮膚の再生が早まるようにケアすることくらいかなあ。

私なら、できるだけ刺激のない敏感肌用や無香料の乳液や美容液、クリームでしっかり保湿をこころがけます。とりあえずメーカーブ...続きを読む

Qオフ・ザ・ボールの動きが良い選手って?

たまに「オフ・ザ・ボールでもよい動きをしていた」という評価がされている記事を見ます。
具体的に、どんな動きがよい動きなのか、
そこに注目して試合観戦しても面白そうだなと思ったので、
オフ・ザ・ボールの動きに定評がある選手を教えて下さい。
日本人選手のほうが観られるチャンスが多いので、
できれば日本人が良いのですが、
世界トップレベルの動きも知りたいので、日本人以外でも構いません。

FW,MF,DFのそれぞれで求められる事は違うと思うので、個別にお願いします。
この選手のこういう動きにしびれる!なんていうのも、是非お伺いしたいです。

また、チーム全体のレベルが高いというか、
そういう視点で観たときに面白そうなチームもあったら教えて下さい。
こちらもJリーグでもそれ以外でもOKです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。 #3の再入場です。

松木安太郎さんが編集された『オフザボールの動き』の説明とその中に引用されているサンフレッチェ広島佐藤寿人選手の動きを添付します。

http://www.youtube.com/watch?v=2XqUfDeO3II

佐藤選手は身長170cmと小柄なFWで、特別に足の速い選手でもありません。 それなのに、今シーズンJリーグの得点王を独走中で、チームも首位に君臨しています。 彼は相手DFとの駆け引きに優れ、味方がパスを出しやすいところにタイミング良く顔を出す動きに優れています。 

松木さんの説明も具体的でわかりやすいと思います。 何かの参考になれば幸いです。

Q1GBはYouTube視聴何分にあたりますか?

スマホでYouTubeを見ていると、1GBを超えてしまい、通信制限されることがあります。
スマホでYouTubeを視聴する場合、1GBはだいたい何分くらいにあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

画質が360pの場合で約2時間とされています。

格安SIMの先駆けである日本通信が、1GBで何がどれくらいできるか、説明ページを作っており、これがとても参考になります。
http://www.bmobile.ne.jp/fair/about_1gb.html

5分強の動画だと、24本の視聴で規制基準に達します。


人気Q&Aランキング