【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。

過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うおおおおお
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」

「やはりこれだ」と思います。(次は英語の問題ですけどねw)

本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/06/19 13:57

ことばは「的」ではなく,文化そのものだと思います。

そのアメリカ人が本気で日本語を勉強中で,しかも質問者さんあなたが本気で(日本人として)説明したいのなら,日本語を,英語の文法によってではなく,日本語の文法に従って正しく理解している必要があります。


その場かぎりのお手軽な説明でよければ,
昔わたしが外人(シンガポール人でしたが)に下のように説明したら(いろいろ理屈をこねずに)分かってくれました。(多くの方の回答と同趣旨ですが) ご参考までに……
ありがとうございます≒Thank you for you do it.
ありがとうございました≒Thank you for you did it.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですね。

文化的な問題はちょっと難しいですね・・

でも
ありがとうございます≒Thank you for you do it.
ありがとうございました≒Thank you for you did it. ←これは非常に参考になりますよ~

ご返答ありがとうございました。m(__)m

つまらない質問でしたが
皆さんどうもありがとうございました!、

Thank you VERY MUCH for Great advices でしょうかね。。。(^^

お礼日時:2006/06/19 13:32

英語の仮定法過去と日本語の助動詞「た」とはまったく異なります。

心が同じなんて、いったい何のことだか。正反対と見るほかないのに。

前者は事実(事実とはすなわち現在のことです。いま、現在、ここ、で展開している物事のことです)に反することを述べるために過去形(過去とは現在とは無関係、もはや己との接触が無く、したがって操作も交渉も不能、よって確からしさの落ちる代物です)を引っぱり出すのであり、後者はまぎれもない事実と認定するために「た」が出てくるのです。

「ありがとうございました」は「ありがたい」と思う事象およびそれに対する判断の確からしさが非常に高いことを表しているのです。もはや動きようがない、変化しないだろう、ひっくりかえりそうもない、そう思うときに「た」が出てくる。

「ありがとうございます」と言っているときは、ものごとがまだ流動性を残しているのです。決着がついていないのです。

逆に言えば「ありがとうございました」は決着をつける言葉なのです。これで会話を打ちきるよ、って宣言にもなるでしょ? ものごとがすべて決着した、確定した、不動となった、という認識を表示するから、もう話すことはないってことになりましょう? もちろん、決着した事実を前提として、そこから話が始まることもあるよ。考え方次第なの。確実さの評価を表してるの。主観的なものなの。

だからね、「た」は過去の助動詞じゃないの。ぜんぜん違うの。過去を《たまたま》とまでは言わないしても《結果的に》表すこともあるだけくらいのもんで。本質的には「完了」と「継続」で、この相反する二つを統合するなら「確述」なの。でもこの言葉はなぜか全然受け入れられていないの。

あとは文法書を見てください。とりあえず、「た」が問題とされるときに「過去形」なんて言葉を(便宜的にとか比喩的にとかいうんではなくて真っ向から)使う人の言うことは真面目に聞く必要はありません。

「ありがとうございました」は"I thanked you"じゃない、って当たり前でしょ? そりゃ過去形じゃないからですよ。そんなこと言ってないじゃない。そんなことがわからないのかねえ。

助動詞「た」は過去を表すんじゃないの。そういうこともあるだけなの。で、「ありがとうございました」は過去を表していないの。なんでこんな当たり前のことを縷々言わねばならんのだろう。
    • good
    • 0

逆に、次の二つの文章の違いをお尋ねになってはいかがでしょうか?



Can you close the door?
Could you close the door?

心は同じだと思います。
心の遠距離感は、丁寧さを増すことが多いようです。ドイツ語、フランス語などにもこのような例があると聞いています。

ちなみに、日本語の助動詞「た」の心は、以下の全部がひっくるめられたものです。

過去: きのう雨が降った
完了: やっと終わった、その映画は見た
存続: 錆びたナイフ、ずっと歩き続けた
確認: そこは雪国であった
命令: さあ、行った行った
詠嘆: 勝った、勝った、また勝った
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

非常に参考になりました。

明日でも説明するつもりです!

お礼日時:2006/06/19 13:37

#9です。



#10の方のコメントで思い出しました。このコメントも一面では正しいです。

日本語には実質、時制がありません。複数形もありません。外人の方には理解しがたいかもしれませんが、複数形がないのは韓国語も中国語も同じです。

「ありがとうございます」も「ありがとうございました」も同じ意味で、話し手が自由に使い分ければいいと思いますよ。過去形を使うと、言い方が引き締まるだけの話です。

そうゆう意味で、時制の国からきた外人さんにはカルチャーショックかもしれませんね。
    • good
    • 0

またこれか。

要点だけ言います。日本語に「過去形」なんてものはないのです。「ありがとうございました」が過去形だなんて言っていたらこれはいつまでたっても解きようのない謎に終わります。助動詞「た」がどのような働きをするか、それを総合的につかまえることが肝腎です。あーあ、もうよそうよ日本語論じて過去形とか言うの。
    • good
    • 0

英語には



Thank you in advance.

という表現があります。何か将来にいいことをしてもらうため、あらかじめお礼をいうことです。

日本語が過去の行為に対してお礼をいうのと、逆ですね。

文化的な食い違いは相当根深いかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね・・

英語も難しいですけど、(←個人的な話です。スイマセン~)

やっぱ日本語も難しいそうです。

ご返事有難うございました!

お礼日時:2006/06/19 13:44

日本語の「有難うございます」はThank youという意味ではないからですね。



(I) thank you.は、「あなたに感謝します。」という意味ですが、
日本語の「有難うございます」は、「有ることが難しいことです」=「貴重なことです」と言う意味なので、過去形もありうるのです。

つまり
「あなたにして頂いたことは、有難い=存在することが困難な=貴重なものです(でした)。」
ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うおおおおすげぇぇぇぇぇぇ。そうですねぇ~~。

とても分かりやすくご回答いただき、
私も勉強になりました。

ありがとうございました!!!!!

お礼日時:2006/06/19 13:16

過去のことについて感謝の気持ちを


表すときに「ありがとうございました」と
言うんですが、今も感謝の気持ちは続いているはず
なのに過去形にするのはおかしいという説もあります。

ただ「ありがとうございます」より言葉として
丁寧な印象を受けるのも事実です。
どうしても曖昧で論理的に説明できない
こともありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね・・

英語も難しいですけど、(←個人的な話です。スイマセン~)

やっぱ日本語も難しいそうです。

ご返事有難うございました!

お礼日時:2006/06/19 13:46

私見ですが…



未来のこと(例「来週お手伝いします」)に対しては現在形「ありがとうございます」で謝辞を述べるけど、過去のことにたいしては現在形・過去形の両方が使えます。現在形を使う理由は感謝の念が今も続いているから、と説明されたら如何かと。
また、過去のことを報告された時点では、「(お手伝いいただいこと、および、ご報告いただいたこと)ありがとうございます」を兼ねると考えれば自然な挨拶と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなつまらない質問にわざわざ・・・

感動しちゃいました~

そうですね。

明日でもぜひ説明しますよ!

ありがとうございました!

お礼日時:2006/06/19 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「有り難うございます」と「ありがとうございます」

メールでのお礼の言葉で、私はいつも漢字を使って「有り難うございます」と書くことが多いのですが、私が受け取るメールでは「ありがとうございます」と殆どが平仮名なのです。

どちらでも正しいとは思っていますが、平仮名の方がより丁寧なのでしょうか?それとも何か理由がありますか?

ビジネスでのメールですが、社内でも社外の方とのメールでもそうなのです。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

「何か理由」は、ないと判断します。私は(ちょっとした物書きですが)、「ありがとうございます」ですが、ご質問の例示のほか「有難う御座います」などもありますネ。
「有り難う」には当てはまりませんが、常用漢字の範囲内とか、JIS第1水準の範囲でとか、いろいろ自分で決めれば、それが最高と思います。
ちなみに私は、原則「常用漢字」ですが、自分で例外を決めています。完全に常用漢字で、ということになると、「な良」「くま本」としなくてはいけません。また、「全」は常用漢字ですが、それには音訓の制約があって、「全く」は使えても「全て(すべて)」は使えません。
私自身の基準は、多くの人が接するであろう新聞の表記基準を参考にしています(自身は、新聞記者などではありませんが)。それによると、「めったにない」(有ることが難い)意味では漢字で「それは世にも有り難いことだ」「彼は有り難い才能の持ち主だ」としますが、感謝の表現では「ありがとう」「ありがたいお言葉で」「ありがた迷惑」のように漢字を使いません。私もそうしています。
ご参考まで。

Qありがとうございました(過去形)は間違い?

先日FMで、お名前を忘れたのですが、
おそらく言語博士か国語研究家の方なのですが
「『ありがとうございます』は正しいけれど、
『ありがとうございました』と過去形にしてしまうのは間違っている使い方だ。」
というような内容を話していたのですが、
実際どうなんでしょうか?間違いですか?

その方の説明では、
気持ちを表現する言葉なので
「現在も感謝している」現在進行形はあり得るが..といった見解でした。

Aベストアンサー

 前にも同じような質問に回答しました。「ありがとうございました」の「た」は単純に過去を表しているんじゃないと思うんですが。下記の#5を見てください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=490669


人気Q&Aランキング