キャピラリー粘度計の原理がわからなくて困ってます。
どなたか詳しい方がいましたら教えください。
(ちなみにW社製ーGPCV2000に詳しい方
いましたらお願い致します。あの装置がよくわからないもので・・)

A 回答 (2件)

 ずばりの装置操作方法は分かりませんが、原理は下記URLで、



毛管粘度計、ウベローデ、キャノンフェンスケとかの名前で検索すると、いろいろ参考となる文献に行き当たりますので、そこら辺が参考になるかと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8845 …
    • good
    • 0

 お書きの装置そのものは判りませんが,一般的なキャピラリ-粘度計の原理であれば「物理化学」の教科書の「粘度」の所に出ていると思います。



 その装置の事は,W社へ直接問い合わされれば良いかと思います。最近であれば,メ-ルでの問い合わせも可能だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャピラリーの作り方

大学の有機化学の研究室に在籍しています。

TLCを行う際にキャピラリーを使うのですが、
私の作り方が悪いのか、中の詰まったキャピラリーばかりできてしまい
目的の物質を吸い上げることができません。

作り方としては、1cm程度の太さのガラス管をガスバーナーで熱し、
軟らかくなったところで左右に引っ張って作っています。

元のガラス管の太さや、ガスバーナーでのあぶり方等、
キャピラリーを作る時の何かコツのようなものはないでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

有機化学の研究室なら先輩に手本を見せてもらって、自分のやり方を見てもらって解決しそうな気がしますが。

中が詰まる、ということから炎から出さずに引いているのではないかと思います。TLC用のキャピラリーなら大して細い必要もないので、あえて加熱不足で引くようなことを試してみてください。どのぐらい加熱するとどのぐらい伸びるかの感覚がつかめるようになると思います。

難しいのであればガラス管はもう少し細い方がいいでしょう。
また、パイレックスは長く加熱しないといけないので軟質ガラスが簡単です。ガラス管の穴を覗き込む方向から見てガラスが青みがかっているのが軟質ガラスです。パスツールピペットがあればそれを使う方が簡単でしょう。

Q回転粘度計による液体の粘度の測定方法

回転粘度計で液体の粘度を測るとき、液体の粘度に応じて、LVFかRVFか、何番のローターか、回転数はいくつにするか、そういうものが記載されている表を過去に見たことがあるような気がするのですが、どこで見たのか思い出せません。ご存じありませんか?

Aベストアンサー

アナログ式の粘度計を使うときに、そのタイプと粘度を測定するコーンの種類というか番号では?
ブルックフィールドのものを例示します。

http://www.eko.co.jp/eko/c/c02-fr.html

Q電気泳動の際の、キャピラリーの利点について

ゲル電気泳動で、キャピラリーを使うと、分離能が大きくなると聞きました。なぜ、大きくなるのでしょうか?単に、ゲルの密度があがるからですか?

Aベストアンサー

最大のメリットは拡散が防げることと展開中に層が乱れないことです
次は口径が小さいので使用する電流が小さくて済むことです。

Q原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点

原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点とは何なのでしょうか。装置上の違いについても知りたいです。
また原子吸光光度計は金属元素の微量分析に適した装置ですが、検体となる試料溶液の調製にはどんな注意が必要でしょうか。

Aベストアンサー

簡単に書くと、原子吸光光度計は試料を燃やして原子化し、ランプから出た光の吸収具合で濃度を測定するもので測定対象によってランプを変えてやる必要があります。また、試料を燃やすので燃焼ガスや助燃ガスなどが必要です。

紫外可視近赤外分光光度計は、重水素ランプとタングステンランプで測定対象が吸収する波長の光を作り出し、その吸収具合で濃度を測定するものです。

原子吸光光度計で注意するのはバーナーの汚れや燃焼状態ですね。試料は酸で溶解(標準液や試料の酸濃度は一定にする)しますが、測定物質や試料によっては測定に影響する物質が含まれていますので、対策が有る場合は試料に試薬を添加したりします。
元素にもよりますが、高濃度の検量線は検量線の上の方が垂れますので、直線性の取れる濃度の検量線を作りそれに入るように試料を希釈して下さい。また、微量分析全般に言える事ですがコンタミに十分注意して下さい。

Qキャピラリー電気泳動のオンライン濃縮法

ストレスマーカー(8-ヒドロキシデオキシグアノシンなどのDNA付加体)をキャピラリー電気泳動法で分析をしています。試料を濃縮する方法として、スタッキング法とスウィーピング法というオンライン濃縮法があるのですが、これらの方法の原理が分かりません。大至急教えてください。

Aベストアンサー

「大至急」とありますが日が経っているようですのでもう不要かも知れませんが、一応…。

スウィーピング法はMEKC(ミセル導電クロマトグラフィー、分離剤として界面活性剤を入れる。)モードに限った濃縮法ではないでしょうか?。DNAの分析のことは全く知りませんが、モードが違って適用できないかも知れないのでお調べください。
私の理解では、
・スタッキング法
試料ゾーンに電解質を入れず、伝導度を低くしておきます。すると、試料ゾーン内の電場が他の部分より高くなります。(キャピラリー内は至る所電流値一定の条件から。) その結果、試料ゾーン内のみ泳動が速くなり、泳動溶液との界面に物質が蓄積されます。
・(MEKCでの)スウィーピング法
試料物質は電荷を持たないという前提があります(すなわち、界面活性剤があって初めて泳動するとします)。
試料ゾーンには界面活性剤を入れないでおきます。電気泳動を始めると、泳動溶液中の界面活性剤が試料ゾーンに進入し、横切って行きますが、この「横切って行く界面活性剤」の領域の先頭に物質が濃縮されます。ちょうど、「箒で掃いたときに、箒の先頭にゴミが溜まっていく」イメージです。
ただし、ミセルへの分配比が低いと濃縮の程度が下がります。

※単に話として知っているだけで、装置には触ったこともないので、「自信なし」とします。(ウソの可能性あり。)

「大至急」とありますが日が経っているようですのでもう不要かも知れませんが、一応…。

スウィーピング法はMEKC(ミセル導電クロマトグラフィー、分離剤として界面活性剤を入れる。)モードに限った濃縮法ではないでしょうか?。DNAの分析のことは全く知りませんが、モードが違って適用できないかも知れないのでお調べください。
私の理解では、
・スタッキング法
試料ゾーンに電解質を入れず、伝導度を低くしておきます。すると、試料ゾーン内の電場が他の部分より高くなります。(キャピラリー内は至...続きを読む

Q定電位定電流電源装置と電流計と電量計を直列でつないだ際に、定電位定電流

定電位定電流電源装置と電流計と電量計を直列でつないだ際に、定電位定電流電源装置と電流計の電流の表示値が異なるのはどうしてだかわかりません(>_<)
教えていただきたいです。困っています。

Aベストアンサー

電流計は,いくつ,どう入れようと,そしてそれがどういうタイプであろうと,直列に入っている限り,そして電流計が狂っていない限り,すべて同じ値を示します.内部抵抗があってもそうなります.
したがって,電流計の表示が違うのは,二つの場合しか考えられません.ひとつは,直列に入っていない.もうひとつは少なくともどちらかの電流計がなにがしか狂っている.
直列に入っていないというのは,なんせ,直列につないだと言ってるのに対し,こちらとしてはそれが正しいのかどうか確かめる方法がないので,可能性を指摘するに留めます.ただし,電源装置側の電流計がどのような配線で組み込まれているかわからないので,ひょっとしたら直列位置に入っていないという,信じがたい構成になっているという可能性もぬぐえません.
電流計が狂っているかどうかも,校正で確かめるしかないでしょう.

ところで,定電圧定電流電源装置はいいですが,定電圧モードで使ったんでしょうか,定電流モードでしょうか.電源装置の電流表示は,実測値ですか,ほんとに.設定値だったりしませんか.どういう設定でどういう電流を流そうとしていますか?

電流計は,いくつ,どう入れようと,そしてそれがどういうタイプであろうと,直列に入っている限り,そして電流計が狂っていない限り,すべて同じ値を示します.内部抵抗があってもそうなります.
したがって,電流計の表示が違うのは,二つの場合しか考えられません.ひとつは,直列に入っていない.もうひとつは少なくともどちらかの電流計がなにがしか狂っている.
直列に入っていないというのは,なんせ,直列につないだと言ってるのに対し,こちらとしてはそれが正しいのかどうか確かめる方法がないので,可...続きを読む

Qエアコンフル充填

ガスの充填の仕方を教えてください。
フル充填のやり方をですが、
真空引きした後に、ポンプをボンベに付け替え高圧、低圧バルブ(六角)を空けエアコンのスイッチを入れてガスのバルブを開けて充填するのでしょうか?全量のガス充填の仕方がいまいち分からないのです。
補充の場合だとエアコンを動かして充填しますが、フル充填の場合だと
エアコンのスイッチを入れてもコンプレッサーが動かないと思うのですが、それでも充填していたらコンプレッサーも動きだしてそのまま充填できるのでしょうか?

Aベストアンサー

真空ポンプよりホースを取り外しボンベ側に取り付けそのホース内のエアーパージをし、エアコンのスイッチは切ったまま高低圧のバルブを緩めて自然充填します。
自然充填で規定量に達しないときは、補充時運転方法(低圧側バルブのみ開)で規定量まで充填します。

QE型粘度計について

E型粘度計についてわからないことがあります。
(1)ローター(3°×R14)の側面にインキが0.5mm以上付着していると正確な粘度が出ないと聞いたのですが、本当でしょうか?
(2)ローターを掃除する場合、外して掃除しているのですが、外したほうが良いのか、それとも外さないほうがよいのか、外す場合、取り付ける際にギャップが狂ったりローターの取りつけ角度が狂ったりしないのでしょうか?丁寧に取り付ければ、狂わないような設計になっているものなのでしょうか?
以上、2点について教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

3(R14)は0.5mm? 0.5mLですよね。0.5mLで測定します。

ローターは交換するように出来ていますので、
取り付けの際、説明書の注意書き通りにすればいいです。
オートロック機構があるものは、測定後、軸受けがロックされますので、
傷めず取り外しが出来ます。

Qキャピラリー粘度計について教えてください。」

キャピラリー粘度計の原理がわからなくて困ってます。
どなたか詳しい方がいましたら教えください。
(ちなみにW社製ーGPCV2000に詳しい方
いましたらお願い致します。あの装置がよくわからないもので・・)

Aベストアンサー

 ずばりの装置操作方法は分かりませんが、原理は下記URLで、

毛管粘度計、ウベローデ、キャノンフェンスケとかの名前で検索すると、いろいろ参考となる文献に行き当たりますので、そこら辺が参考になるかと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8845/buturi/nendo.html

Q粘度計の自動滴定装置

粘度を多数測定する必要がある部署にいます。

考えてみると、自動測定装置があっても良さそうに思います。
サンプルをターンテーブルにセットして、自動的に回転する資料を測定するようなものが理想なのですが。。。

どなたか、粘度の自動測定装置をご存知の方がいらっしゃったら、是非教えてください。

宜しくお願い致します。

追記ですが、PH測定の同様な自動測定装置はあるでしょうか?


.

Aベストアンサー

pHの方でしたら東亜DKK株式会社様にお聞き下さい。
http://www.toadkk.co.jp/
こんなのがあります。
http://www.toadkk.co.jp/product_ex/rseries/rseries4.html

粘度は専門外です
m(_ _)m


人気Q&Aランキング